グレイテスト・ショーマン

グレイテスト・ショーマン

グレイテスト・ショーマン観たけど、
自分にミュージカルを楽しむ才能が無いことがわかって、つらい。
子供の頃にミュージカル映画を観なかったからでしょうか?
「サウンド・オブ・ミュージック」とか観ておけば良かったのかなあ。
感情移入しているのに、
歌われると急にササーっと醒めていく自分がいました。
元々ミュージカル苦手でしたが、レ・ミゼラブルで感動したから、
もう、大丈夫だと思っていたのに。

人生に絶望していた男が、
Aメロで嘆き、Bメロで立ち上がり、サビですっかり元気で前向きに。
曲の最後は、もう皆でパーティーみたいなモードになってる。
立ち直り早すぎない?
ついてけない…というか、ツッコミたくなる。

歌凄いでしょ!ダンス凄いでしょ!を前面に押してくるんだけど、
肝心のストーリーが薄い。掘り下げない。
だから、歌って誤魔化すなよ…という気分になりました。

最近、ドキュメントばっかり観ていたからか、
ミュージカルを楽しむモードに頭が切り替わりませんでした。
うーん、頭が固いんだな。
こういう場合、どうすればいいんだろう?

P.S.
落ち込んでいたら、Twitterで、
確かにグレイティスト・ショーマンはテンポが速過ぎるので、
もっとゆったりとした、ドリームガールズを観てみては?とお勧めされ、
すぐに、観てみました。

お!面白いじゃないですか!
監督、脚本は、グレイティスト・ショーマンにも参加してるビル・コンドン。
だけど、音楽の使い方が、僕には合っていました。
そもそも、グレイティスト・ショーマンの主演、
ヒュー・ジャックマンの歌や演技だって、
レ・ミゼラブルでは感動してるんだよな。

みんなが面白いと言っているものが、自分に刺さらなかったので、
ミュージカルを楽しむ、素養とか才能が無いと落ち込みましたが、
ああ、自分には合ってなかっただけなんだと思えるようになり、
少し、ホッとしています。

Pocket
LINEで送る