疾風スプリンター

疾風スプリンター

公開初日に「疾風スプリンター」観てきました。
客入りは半分ぐらいかなあ。
女性客が多かったのが意外でした。

自転車ロードレース好きなのかなあ?
それとも香港映画ファン?
出演者にもいるK-POPアイドルグループ、スーパージュニアのファン?

中にはもろ自転車ファンで、raphaのRCCのジャージ着ている方も、
松葉杖ついてましたけど、落車ですかね?お大事に。

さて、映画は

香港アクションの人気監督ダンテ・ラムが、
自転車ロードレースの世界を舞台に
プロ選手たちの夢と友情、栄光と挫折を描いたスポーツドラマ。

あらすじは…

エースのジウォン率いる強豪チーム「ラディアント」に
アシストとして所属することになったチウとティエ。
互いに切磋琢磨しながら友情を深め、チームの主力選手に成長していく。
しかし、チームが資金難に陥ったことから、
ジウォン、チウ、ティエンの3人はそれぞれ別のチームに移籍し、
ライバルとして競い合うことになるのであった。

去年、「パンターニ/海賊と呼ばれたサイクリスト」とか
ランス・アームストロングを描いた「疑惑のチャンピオン」とか、
ドキュメント系の映画を観てきたので、最初、そんなマインドだったのですが、
完全なエンターテインメント。

弱虫ペダルみたいな世界を実写化したというより、
一昔前の韓流ドラマの、ベタで詰め込みすぎ感あるテイスト。
いつの時代のドラマだよ!とツッコミたくなるベタすぎる展開とシーン。
だけど、このマンガ的ベタな表現を一度受け入れると、
これが面白くなっていくから不思議です。

まず、日本では出せないスケール感。
市街地を封鎖して、本物と同じスケールの大エキストラのプロトンが疾走。
世界で最も過酷といわれる太魯閣ヒルクライムも出てくる。
そして、砂漠の強風の中を斜めに隊列組んで走る。
それを空撮とか、がんがん入れて撮ってる訳ですよ。

しかも、スタントマンじゃなく、役者がトレーニングして実走。
エンドロールのNG集でわかるのですが、
3本ローラーでトレーニングしたり、
チームでトレイン組んだり、
まさに、ロードレースチームというようなトレーニング。
撮影もガチだから、けが人80人で、骨折5〜6人。

というような迫力シーンで、どんどん進行していくから、
弱ペダみたいな、変な技を下り出す必要もない。
それで十分マンガ的世界が実写で描かれているのです。

自転車ロードレースを知っていると、より楽しいし、
全く知らない人は、アクション映画として、楽しめると思います。

ベタな展開だから、脳内で、「こうなったら面白いのにな」と思った通りに
どんどん展開していくのも、逆に面白い。
最後なんて、まさか…と思っていた通りになって、スカっとしました。

男同士の友情、ライバル、裏切り、絆が描かれているから、
腐女子の方々の、脳内変換がはかどりそうな要素が満載!
オススメです!

あ、言い忘れましたが、ちょい役でルイ・コスタが出ます! 笑

くれぐれも、マジ映画として見にいってはダメです。
詰め込みエンタメを、マンガ的視点で見ると、めちゃ面白いです!

単館系なので、東京は、新宿武蔵野館と、立川シネマシティ。
埼玉は、MOVIXさいたま。千葉は、T・ジョイ蘇我。
神奈川は、シネマ・ジャック&べティ。
やってない県もあるので、オフィシャルサイトを要チェックです!

全く関係ないんですが、エンドロールが中国人名がずらりと並ぶので、
「李○○」みたいな3文字セットが、きっちり並んでいるのが、不思議。
李が多すぎて、間違い探しみたい。 笑

Pocket
LINEで送る

パンターニ/海賊と呼ばれたサイクリスト

ランス・アームストロングを描いた「疑惑のチャンピオン」。
こちらと共に見ておきたいのが、
マルコ・パンターニを描いた「パンターニ/海賊と呼ばれたサイクリスト」

「疑惑のチャンピオン」は、ベン・フォスターがランスを演じたのに対し、
こちらの映画は、実際の映像と身近な人達のインタビューで構成された
ドキュメンタリー作品です。

2人には共通点があり、
ランスは、ガンからの生還と、復活。
パンターニは、交通事故で重体になりながらも、復活。
そして、その後、ドーピング疑惑で世間を賑わせ、堕ちていきました。

ただし、知っておいて欲しいのは、2人だけの問題ではなく、
長い歴史の中で、始まった時からすでにツールはドーピングまみれだった事。

初期は、悪路に体が耐えられず、
痛み止めとしてありとあらゆる薬が使われていました。
それが次第に、勝つための手段として薬が使われるように。

戦後5回優勝したジャック・アンクティルの言葉
「ミネラルウォーターでは勝てない」

ジロ・デ・イタリアで最高峰となる峠は「チマ・コッピ」と呼ばれますが、
それは名選手「ファウスト・コッピ」の栄誉を称えたもの。
しかし、彼もテレビ番組で、薬を常用していた事を告白しています。

そして、ドーピングは次第に金儲けの材料として使われていきます。

パンターニは、プロと契約する前に1度「自転車をやめたい」と語っています。
理由はマフィア。

そして、色々な証言で、当時の裏側が形成されていくのですが、
若くて有望な選手に目をつけ、ドーピングによってスターに祭り上げ、
スポンサー料などの収入で莫大な金を稼ぐエージェントがいる事、
こちらは、疑惑のチャンピオンでも描かれています。
その中には、勝つためには薬をやれと強要する人もいたのでしょう。

どちらかというと、下ハンを持って、飛ぶように登って行く、
パンターニの凄い映像が観たくて買ったので、
映画の前半は、そんな迫力ある映像に驚いて観ていたのですが、
後半は、避けては通れないドーピング問題中心。
観ていて重苦しい感じになってきてしまいます。

そういう映像を純粋に観たい人は、
1998年のツールドフランスを観た方がいいように思います。

ただ、過去にはそんな間違った時代もあった事からは目をそらさず、
でも、今はクリーンである事を信じたいです。

SKYのクリス・フルームが強すぎてドーピングを疑われた時、
アンチドーピングを掲げるSKYは、
ランスの疑惑を徹底取材で明かしたジャーナリスト、
デイヴィッド・ウォルシュを帯同させて、チームを監視させ、
身の潔白を訴えています。

ともかく、今はクリーンと信じて、
今年のツールを楽しみたいと思います。

Pocket
LINEで送る