タージマハル(東長崎)

東京は日に日にオミクロン感染者が増えていますが、初期に感染拡大した沖縄がピークアウトしたとみられ、今週は軒並み前の週を下回る感染者数だというのが、少しの救いですね。

蔓延防止が発令されてから飲みには出かけていないので、ランチが唯一の楽しみです。

テレワークで家で原稿を書いていると、Apple Watchが「そろそろ立ち上がりましょう」とか「まだ運動出来る時間はあります」だとか、せかしてくるのでランチぐらいは出かけるようにしています。

この日は東長崎北口の駅前の細い路地を入った所にあるインドネパール系のカレー「タージマハル」へ。

お店は居酒屋さんか何かを居抜きしたのか、畳の小上がりがありました。

頂いたのは、キーマカレーとほうれん草チキンカレーのセット、サラダとドリンク付きで800円。

この付近のインドネパール系でこういう2種盛りの仕方をするのは珍しいのでは?スパイスカレーのお店風な一品。この写真、ご飯は少なめでとお願いした物なので、普通はもう少しライスが多いはずです。

辛さはマイルド、普通、中辛、辛口、激辛の5段階で、真ん中の中辛にしたのですが、この辺のカレーでは辛い方。激辛までは行きませんが、おいしさを感じながらも、しっかりと辛さも感じます。辛口に一段階あげたらどうなるんでしょうか?怖いですが、試してみたい気もします。

ヨーグルトもついてくるので、舌がヒリヒリしはじめたらスプーンでひとなめして、再びカレーと向き合います。

最近は、スリランカ系まぜまぜカレー方式を楽しんでいましたが、辛さ甘さのローテーションも新鮮で面白い感じでした。

■タージマハル
■東京都豊島区長崎4-8-12 1F
■営業:11:00~23:00
■定休日:無休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

割烹・定食 さがら(東長崎)

魚定食を求めて東長崎の「さがら」へ。テレビ東京の『孤独のグルメSeason9』第6話に登場したお店です。

井之頭五郎こと松重豊さんは、ドラマの中で「肉となすの醬油炒め定食」「鳥の唐揚げ単品」「冷やし中華」を食べていました。毎度思うのだけど松重さん、あんなに食べられるの?品数が多い方が視聴率が良いとかなのかな?

こちらダイエット目的で食べる量を減らしてから、一般の定食の量が多く感じてしまい、毎回、ライスを減らしてもらっているというのに。

あと500gで70㎏という所まで来ているのに、ここに来て停滞期で、70.5㎏と71.5㎏の間を行ったり来たり。ジムにも行ってエアロバイクを漕いでいるのになかなか減りません。

焼き魚定食が続いたので、この日はサバの味噌煮と山かけの定食1200円。

この付近の定食にしては、まあまあいいお値段ですが、サバの味噌煮は2枚入っているし、山かけにもマグロがたっぷり。

そういえば最近、海外に比べて日本の飲食は安すぎるという特集を多く見るようになりました。NYでもロンドンでもラーメンはだいたい一杯2000円が相場だし、ロンドンにオープンして安いと現地で話題になっている丸亀製麺のかけうどんが、一杯600円。日本は320円。日本の食のデフレは脱却出来ませんね。

それでもやっと、同じハンバーガーでもマクドナルドとグルメバーガーの価値観の違いが浸透しつつあり、美味しければハンバーガー1500円オーバーというのは定着して来ましたが。

話は戻って、サバの味噌煮はちょっと味濃いめ。ご飯が進んでしまうパターンです。そこはぐっと我慢して。

魚定食、この辺あとどこがあったっけ?

■割烹・定食 さがら
■東京都豊島区南長崎5-18-2
■営業:
11:30~14:00
18:00~22:00
■定休日:日曜日,第1土曜日,祝日
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ