きりんかん(日の出町)

秋川

檜原村から、来るときに登ってきた檜原街道を引き返しました。
帰りはそんなに漕がなくても、サーっと下って行き、スピードも出ます。
帰路について少しホッとしているのか、気持ちも晴れやか。
下り路線に沿って秋川の渓谷も続くので、景色もいい。
来る時には見る余裕の無かった風景達が目に飛び込んで来ます。

武蔵五日市

あっという間に武蔵五日市の駅前に。
ここで二叉に分かれるので、来るときに使った五日市街道ではなく、
日の出町へ向かう秋川街道に入りました。

看板

途中から登り道になり、それを登り切ると日の出町の看板が。

きりんかん

道沿いにコーヒーカップの絵の描かれた看板のあるログハウスを見つけ、
ここで休憩する事にしました。
「手づくり工房&cafe きりんかん」。

店先で奥様らしき人が、すすきを切っていたので、
「はいれますか?」と聞くと「どうぞ〜!」とのお返事。

店内

2階にも席があるそうなのですが、
一人だし、お店の方とお話したかったので1階のカウンターへ。
1階は、カウンター席のみ。
それ以外は手作り工芸品が売られていました。
その他、ログハウスに必要な丸太や板なども売っているようです。

ちょうどこの付近は、秋祭りの時期だった為に、
町内会の方が「表に飾ってくれや」と提灯を持って来ました。
提灯は電気でなく、蝋燭でつけるタイプ。
なんだか風情があるなあ。

自分の田舎の岩手の宮古市では、お盆の時に「松明かし」と言って、
門や玄関先に、松を細く裂いた物を重ねて、火を燃やす習慣があります。
そして子供達は、そこで花火をやっていいというもの。
コレ、どこの家でもやります。
もし東京でやったら放火騒ぎになったり、クレームがガンガン入るんだろうなあ。

蝋燭の火の提灯も、都心だったら禁止されそう。
こういう風情は、やはり郊外に来ないと味わう事が出来ません。
日本の古くからの伝統なんですけどねえ。

アイスミルクティー

アイスティーオレは400で、ケーキは3種類あってどれも250円。
ドライフルーツのケーキを選んでみました。

かつては、この並びにもギャラリーカフェがあったそうですが
この一帯では、今ではこちらの一軒だけだそうです。

同じ日の出町でも、圏央道の日の出ICの方にいけば、
イオンモールなんかもあって、スタバとかキハチなんかもあるようですが、
わざわざ遠くまでサイクリングに来て、都心と同じお店に入ってもねえ。
この景色、風情ならではのお店に入りたいですもの。

お店の方も、檜原村の「せせらぎ」が好きでたまに出かけるそうです。
やっぱそうですよね。

■手づくり工房&cafe きりんかん
■東京都西多摩郡日の出町大久野1157
■営業:10:00~18:00
■定休日:月火
場所はこのへん

184号

帰りは都道184号を使って、福生方面へ。
この道が、こんなに広いのにトラックやダンプどころか普通の乗用車も少なく、
自転車にとって走りやすい!気持ちがいい!
しかも、日の出町からはずっと下り!
ヤッホーッ!

今回の走行距離107㎞。
10月に出場するツールド千葉は136キロ!
あと約30キロ走らなきゃならないのかーー!
どんだけだよー。

わかりやすく日本橋から国道一号で東海道を辿り、136㎞地点とを探してみたら
なんと静岡県の沼津だった…。
Oh,my God!
走れんのか?マジで。

地図

自転車で都内のカフェ制覇の旅。
日の出町、制覇の巻!

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村