マドラグ(神楽坂)

神楽坂

この日は歩くと決めていました。飯田橋をスタート地点として神楽坂に行ってから靖国神社方面、そして武道館へ。ウォーキングDAYです。

まずは神楽坂。日曜だったので日本人が多かったですが、平日は外国人率がぐっとアップします。英語で外国人用のメニューが張り出されているお店もあったりして。

歩いているうちにパラっと雨が降ってきたのですが、傘を差すほどでもないだろうと思ったら、意外と強めの雨に。ドラッグストアに安い折りたたみ傘があったので手に取り、外国人観光客の多い街だからQRコード決済あるかな?とレジを覗いたら無くて、Suicaでお支払い。

銀座のショップに勤めている知人によると、銀座は中国人観光客が多いので、QRコード決済が出来ないと商売にならないそうです。中国では現金を使わず、ほとんどがQRコード決済だからで、使えないとわかると他のお店に行ってしまうというのだとか。

Pay PayのMAPを開いてこの辺の使えるお店を確認てみたら、BARなどの飲み屋さんばかりでした。Pay Payは、中国の「Alipay」と提携しているので、中国人観光客対策になるのですが、雑貨とかテイクアウトのお店とか、その辺は、まだまだですね。

ラカグ

さて神楽坂を登り切った所にある「la kagu」へ。こちらは2014年に新潮社の倉庫をリノベーションして作られた「衣食住+知」のライフスタイルストアで、アパレルを中心に日用雑貨や家具を扱い、その1階にマドラグというカフェが入っています。

ところが、2019年の1月一杯で「la kagu」は閉店し、「AKOMEYA TOKYO in la kagu」へ業態変更する事になりました。米に焦点を当て、和の雑貨を扱うライススタイルショップです。

やはりこの神楽坂も、2014年ぐらいから4年もたつと客層にも変化が見られ、インバウンドやミドルシニア層が増え、神楽坂らしい和のテイストを求める人達が増えた事が、業態変更の理由だそうです。

こうして街を歩いてみて実感するインバウンドの影響。この後、靖国神社に行ってみるのも、最近ニュースになる外国人訪問者の様子などを、実際に目で見てみたいなと思ったからです。

メニュー

さて、「la kagu」に来た、最大の目的は1階のカフェ「マドラグ」です。和のコンセプトに業態変更する影響を受けて、1月一杯で閉店してしまう事になったからです。マドラグは京都のお店で、惜しまれつつ閉店してしまった京都の「レストラン コロナ」のたまごサンドを継承したお店です。京都の本店に行けば、今後もたまごサンドを食べられますが、東京で食べられるのは、あと一ヶ月ちょっととなってしまいました。

プアハウスの閉店ショックから立ち直れない江古田民達は、閉店情報に敏感で、集まれば「あそこ閉まるらしいよ」という情報交換。江古田ではないものの、東京から撤退してしまうと聞けば、行っておかねばと足を伸ばした訳です。

席についたら、可愛いイラストのメニューを渡され、それで決めたらレジに行って注文。番号札を受け取って席で待つスタイルです。

卵サンド

コロナの玉子サンドは、FULLは4切れで850円。Halfは、2切れで650円。4つ食べられる自信は無かったのですが、食べきれない分はテイクアウトにしてくれるというので、FULLをオーダー。インスタの写真をみたら、圧倒的に4切れの方が写真映えするんですよ。カフェラテは、ショートで500円。

お隣のテーブルで食べていたプリンアラモードも美味しそうだったんだけど、さすがにこれ以上は無理だわ。

「コロナ」の「玉子サンド」のファンだった「喫茶マドラグ」のご主人が、コロナのご主人に作り方を教わり、直々に「コロナの玉子サンドを名乗ってよし」とお墨付きを頂いた一品です。

実際には、コロナのファンだったお客さんたちが食べに来て、「もっとこうだった」と思い出補正でダメ出しをするので、思い出補正に耐えられる進化版としてアレンジされているそうです。よく老舗の2代目も常連に同じような事を言われ「親父を越える新たな味」を作り出さないとダメと言われますが、そんな感じなんでしょうね。

ふわふわした厚焼きの玉子を挟む食パン。持つところを考えないと、バランスを崩して卵焼きがポロンと出て来てしまいますが、食パンの内側に塗られたマスタードなどが味を引き締め、甘いだけじゃない絶妙の玉子サンドに仕上がっています。

この味が東京で食べられるのは、1月いっぱい。滑り込みセーフ。気になっていた方は、お早めに。

■マドラグ (LA MADRAGUE)
■東京都新宿区矢来町67 ラ カグ 1F
■営業:11:00~20:30(L.O.20:00)
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る

LINE Pay 20%還元に参加してみた!

Pay Payの20%還元があっという間に終わり、間に合った、間に合わなかったというのが話題になっています。僕はコンビニで2回支払ったのと、参加した飲み会の飲み代が100%還元が当たり、2万円がチャラになったという感じでした。

知り合いの中では、Mac Book Proを買った人、買い換えを考えている間に終わってしまった人など、悲喜こもごも。とりあえず、ニュースとしてだけじゃなく、体験談として伝えられるのが、うちの番組の強みです。

さて、Pay Pay20%還元ロスのさなか、今度はLINE Payが20%還元を始めました。期間は12月14日から12月31日まで。そこで来週の放送に向けて、こちらにも参加しておく事にしました。

とりあえず、5千円分チャージ。

LINE Payって意外と使いにくいなあ。カードと紐付けしただけではオンラインでチャージ出来ず、銀行とも紐付けしないといけません。そのほか、コンビニでチャージするとか。カードからのチャージが出来ないので、カード分のポイントが取れず、なんだか損した気分です。

LINE Payをよく使っている大学生に聞いたところ、元々ラインスタンプを買うために銀行と紐付けしていた所、このLINE Payが始まったので、飲み会の時などにこれを使って割り勘しているとの事。

しかし、一から始めるんだったらPay Payの方が便利で簡単。Pay Payから流れてくる客を捕まえるハズが、使ってみて「使いづらい」「不親切設計」とつぶやいている人も一定数いたので、やっぱり使いづらいのでしょう。

そして、20%還元の内容もショボいです。

Pay Payは、5万円まで還元されましたが、LINE Payは5千円まで。という事は2万5千円分の買い物までという事になります。まあ、これはいいとして、ローソンやファミリーマートで使えるのですが、ココカラファインは、使えるけど20%還元対象外。さらに、酒、タバコ、書籍などは対象外との事なので、自分の場合、実質、昼飯を買うときぐらいしか20%還元が生かされないのです。

で、酒は還元されないというのを覚悟した上で、酒込みでつまみなども買い物してみました。どのように酒抜きでの還元が表示されるのだろう?と思ったら、還元率が表示されません。ただの、買い物分だけの表示。これはPay Pay派の人達が多くつぶやいていました。還元分の表示がないので、得した実感が全くなくて、祭りにならないと。

Pay Payの方は、このように還元分が下に表示されるので、わかりやすかったのです。

ところで、いろんなニュースでPay Payの100億還元、間に合った人、間に合わなかった人のニュースをやっていた中で、あれは第一弾で、近いうちに第二弾があるハズと専門家達が、予想していました。使わなくてもダウンロードして準備しておいた方がいいですよ。

Pocket
LINEで送る