江古田・あぶり家で低糖質ダイエット

あぶり家

低糖質ダイエット出来るお店、
肉好きにお勧めなのが「ふくふく食堂」だとすれば、
魚好きにお勧めなのが「あぶり家」です。

元々は、そば屋の「甲子」だった所に、居酒屋が入店。
実はランチが人気で、平日はこの付近で働いている社会人、
休日は、家族連れでいつも満席です。

メニュー

ランチは千円前後ですが、これでも満席という事は、
知らず知らずのうちにデフレを脱却して来ているんでしょうね。
まだ出せないという人もいるでしょうが、
このぐらいなら出せるという人が多いから満席。
家族4人で来たら4千円だけど、それでも次々に来ますからね。
ピーク時は、満席で断られているお客さんも。
たぶん、江古田のランチで一番流行っているんじゃないでしょうか?

ドリンクバー

ランチは、ドリンクバーと、サラダバーがつきます。

サラダバー

さて、サラダバーといえば、健康的なイメージですが、
糖質ダイエット的には、落とし穴にハマりやすい場所。

あくまでも糖質ダイエットという視点で、
してない人には関係ない事ですが、
見ていると、太っている人は、糖質たっぷりの盛り方をしていました。

右下からポテサラ、サツマイモ、ひとつ飛ばしてパスタ。
これを山盛りで皿にドカ盛りしているのです。
サラダバーといえども、主食を上回る炭水化物の糖質。
それに丼飯食べるのか。
心の中で「うぁああああああ」となりました。

サラダ

糖質ダイエットしてると、やっぱこうなりますね。
ひじき、もやし、ミズナ、青菜。
サラダバーの中身は時間ごとにかわり、
こんにゃくの煮物も出たりするので、その時はラッキー!

定食

あじの開き定食、950円。

さて、富里スイカロードレースまであと一週間なので、
炭水化物も少し入れるようにしました。
これでも「ご飯少なめ」とお願いしたのですが、自分的にはちょっと多い。

そしたら隣の男性が、「ご飯半分で」と注文していました。
そっか、そう言った方が伝わりやすかったかな…と反省。
それにしても、注意して見ていると、ロカボをしている人増えていますね。
男性のサラダを見たら、やはりポテサラやパスタを回避で、
自分と同じような構成になっていました。
まあ、そうなるわな。

ところで、最近、飲食店での食べ残し問題がニュースになったりします。
大盛りのInstagram撮りたさでの食べ残しや、
刺身を注文せずに、寿司のシャリ残しは、論外として、
「残さず食べるのが美徳」的な論調で語られがちですが、
一概にそうは言えないんじゃないかと思います。

チェーン店では、ご飯少なめとか半分でと言っても、
「うちは並み以下の小盛りはやってない」と、並を出される事があります。
飲食店の並みは、家庭の食事の大盛りな訳ですよ。

ファミレスでも、小盛りにすると30円引きとかしてくれる所もありますが、
そういう割引を求められると思って、かたくなに断るんでしょうか?
「並の料金でいいから小盛りにして」と言っても、断られた事ありました。
こういう場合は、残さざるをえないです。

低糖質ダイエットをやってて思ったのですが、
ちょっと禁煙に似てるなと。
タバコも禁煙の途中では、いろいろ思うのですよ。
一服してる方が、アイディアが浮かびやすいとか。

でも、禁煙に成功すると、そんなの関係無かったなとなるし、
タバコを吸う意味さえ忘れてしまう。
何で、あんな物吸ってたの?となります。

炭水化物も一緒で、ご飯やパスタがないと無理!って思っていたけど、
食べないでも平気になると、炭水化物が不健康な物に見えてしまう。
ロカボ仲間も同様で、「焼きそばパン」とか見ると、
「ぎええええ」ってなると。

不思議なもんですね。
この前まで、あんなにご飯やパンが大好きだったのに。

ところで、糖質ダイエットをして、
ちょっと走れなくなった時期がありました。
最初は、エネルギー不足か?と思ったのですが、
データを分析していくと、体が軽くなった分、
気がつかないうちに、オーバーペースで走ってた事がわかりました。

ウォッチ

それまで、1㎞を6分切らないペースを意識してのランだったのですが、
心拍数を意識したランニングをしてみる事にしました。
走れなかった時、最大で180bpmまで上がっていました。
僕の場合、心拍数165ぐらいから、息切れが始まり回復しにくくなるので、
160bpmにアラートをかけて走る事に。
心拍数が160を越えると、
ランニングウォッチが、ブルっと震えて教えてくれます。

心拍

この日は、ペースよりも心拍計を見ながら走りました。
3度ほど、ブルっと来て、心拍数が高すぎるとアラートが鳴ったのですが、
それは上り坂の所でした。
そこでペースダウンして走り、160以下をキープして走る事に。

ペース

結果は、5㎞走っただけですが、1㎞6分を切るペースでした。
4㎞の6分17秒は、3回目のアラートだったので、
ビビって、ペースを落としすぎました。

本番は、5㎞ぐらいまでこのペースで行って、
大丈夫だったら少しペースアップすれば、
念願の10㎞1時間切りが出来るんじゃないかなと思います。

最近、息が上がりやすくて、ちょっと自信をなくしがちでしたが、
原因が「オーバーペース」とわかり、少し安心しました。
さあ、大会まであと一週間です!

ちなみに、僕が使っているガーミン ForeAthlete 35J

●光学式心拍計により、場所を問わず手首で簡単に心拍数をモニタリング
●内蔵GPSでランニングの距離、速度、場所を追跡
●通知機能、Garmin Connectへの自動アップロード、LiveTrack
●ステップ数、消費カロリー、週間運動量(分)、などのライフログ機能を搭載
GPSと心拍計付きでは、最安値なのでは?
初心者だったら、これで十分です。

ペース

上段、走った距離
中段、経過時間
下段、1㎞にかかっている時間(ペース)

1㎞8分オーバーって相当ゆっくりですね。
ウォーキングとかですかね?

心拍

下が心拍計で、心拍画面のまま走っても、
ペース設定をしておけば、
1㎞走った時に、ブルっと来て、上の画面になりますし、
ペースを見ながら走りたい時は、
ボタンを押せば、上の画面に戻ります。

そして自転車乗りの場合、心拍計として、
ガーミン520jとかに転送出来るので、
あのブラジャーみたいな胸の心拍計をつける必要がありません。

お勧めです!

Pocket
LINEで送る

℃-ute さいたまスーパーアリーナ

SSA

℃-uteの解散コンサートが、さいたまスーパーアリーナでありました。
2万人入る会場も、チケットは即完売で、
関係者席も応募殺到で、今回は難しいとの事だったのですが、
僕を最初に℃-uteに誘っていただいた方から、
「見た方がいい」と、譲っていただく事が出来ました。

最初に知ったのは、アイドルとしてというより、自転車の方からでした。
TV番組をなにげに見ていたら、
アイドルが新曲のヒット祈願で、東京から静岡の久能山まで、
ロードバイクで行くという企画。

ちょうどサイクルモードのステージの構成を担当していた頃で、
自転車好きの芸能人を探していた頃だったので、目にとまったのです。

名作と呼ばれるこの企画は、
当時3千円前後だったDVDが、プレミアがついて
今、3万円前後で取引がされています。

このDVDを何度も観て、コースも聖地巡礼しました

アイドルが熱海の山越えをして、250㎞を自転車でロングライド?
そのアイドルこそが℃-uteのリーダーの矢島舞美さんでした。
スゲー、身体能力のあるリーダーだな。
…と調べるうちに、この℃-uteが凄いグループである事がわかってきました。

初めてライブを観たのは、
2012年の11月、神聖なるペンタグラムというツアー。

℃-uteは、8人いたメンバーから3人が抜け、
5人になってから低迷し、動員も減り、
コンサートもガラガラというどん底を味わいました。

そこから、起死回生の為にダンスに力を入れたライブに特化し、

℃-uteのダンスが凄いらしいぞ!

と、伝わって来たのが、このツアーでした。

100m走みたいな全力ペースで、最初から最後まで、ガンガン踊る。
観ている方もそれについていくのが大変で、
「殺人セットリスト」という言葉が生まれたのも、この頃でしょう。

渋谷公会堂の関係者席が、噂を聞いて駆けつけた関係者で溢れ
「℃-uteキテル!」感が、ひしひしと感じられました。
今は2千人前後のホールだけど、これは武道館行くな!
…と感じてから、次に来るアイドルとして℃-uteをマークする事にしました。

この頃は、まだ、冷静に仕事としての目線だったんですよね。
だけど、チェックしているうちに、
徐々にただのファンになってしまいました。
完全に「℃-uteキテル!」の上げ潮に飲み込まれましたね。

忘れもしない2013年4月3日。
この頃、番組にはスタッフのお勧めを紹介するコーナーがあり、
僕は「℃-ute」を紹介しました。
DJは、山寺宏一さんと、中澤裕子さん。
中澤さんと言ったら、ハロプロの初代リーダーですよ。
そのお方に、℃-uteの凄さを紹介する暴挙に出たのです。

今やホールツアー、SOLD OUT連発!
ダンスが凄いグループとして話題で、
関係者席でさえ、席が確保出来ないグループ。
近いうちに必ず武道館行きますよ!

そう紹介した当日、この日は℃-uteがリリースイベントをしていたのですが、
そこで、サプライズがあり、武道館決定の発表がありました。

本来なら、こういうドンピシャな予想は
情報感度が高いみたいな感じで「ほら当たった」と自慢するんですが、
単に、一ファンとして興奮し、嬉しかった事を覚えています。

ここから、友人達を巻き込み、℃-uteのライブに通う日々。
徐々に行くメンバーも増え、男女8人の団体に。
会場も、武道館、横浜アリーナとどんどん大きくなって行きました。

アイドルとして、最高峰のパフォーマンスをするグループは、
勝手にMAXのように、結婚しても続くグループなんだろうなと、
なんとなく思い込んでいました。
しかし、突然の解散発表。

当初は、なんで?と、疑問だらけだったのですが、
この日の解散コンサートをみて、全てが理解出来ました。

歌もダンスも完璧なこのグループのライブは、
失敗が許されないフィギュアスケートのような感覚で観ている
…と、このブログでも書いてきましたが、
本人たちも、選手的なピークの時に、
美しく散りたいと考えていたようです。
このへんも、アスリートだよ。

℃-uteを紹介する時に
「アイドルが憧れるアイドル」というフレーズがありますが、
この日も、AKB、ももクロほか、多くのアイドルが詰めかけました。
そのアイドル達も、口々に、
「アイドルのパフォーマンスの頂点は、℃-ute」
と、発信しました。

「歌って踊れるアイドル」という陳腐な言葉があります。
歌が上手なアイドルは、いっぱいいます。
ダンスも上手なアイドルも、いっぱいいます。
ダンサーとボーカルに別れている、
ダンスも歌も上手なグループはいます。
でも、全員が歌いながら踊って、
歌もダンスも上手なグループ、ほとんどいません。
野暮を承知で言いますが、「生歌」という意味です。
そういう意味で、℃-uteは、奇跡のグループでした。

ラストのライブ。
悲しいハズなのに、なぜか悲しいというより、
多幸感に包まれたライブでした。
のちに、本人たちもブログに書いていますが、
さいたまスーパーアリーナは、
自分達がデビューの時に出させてもらったステージで、
そこに単独で立ちたいという目標がかなった日でもありました。

その引き際が美しすぎて、
すでに、伝説のライブとして、語り継がれはじめています。

あー。その場に立ち会う事が出来て、良かった。
ありがとうございました。

Pocket
LINEで送る