熱烈中華食堂 日高屋(江古田)

全然、カフェじゃないんですが、あまりにも面白かったので、番外編として!

昨日、2月21日に江古田にオープンしたばかりの日高屋に行って来ました。オープンしたてなので、バイト君も大量投入で、1店に10人ぐらい。でも、高校生ぐらいでバイト初経験という感じの子たちばかりで、何をどうしていいのかわからずパニックになっているのですよ。

ちょい飲み推奨の食堂ですが、まず、高校生だからお酒の事が全くわからずに、生ビールならまだしも、ハイボールやウォッカソーダ割りになると頭が真っ白になっている様子。

またお客に手渡された食券は、厨房前の壁にマグネットで止めるのですが、席の番号の書かれたマグネットじゃなく、手近にあった物で止めたバイト君がいて、オーダーがゴチャゴチャに。

オープンしたばかりなので、本社から派遣されたらしい、店員さんが、そのパニックのバイト君達に、次々に指示を出して回そうとするのですが、バイト君たちは聞き違えたりして、「そうじゃない!そっちそっち」と、てんやわんやは続きます。

そんな中、「あのー、こんな所申し訳ないのですが、お時間なので帰ります」というバイト君。「いいけど、頼んだ掃除は終わったの?」「いえ、まだだけどお時間なので」「んー、じゃあ今度からお時間までに掃除終わらせるようにして」「では失礼します」と、いきなりの戦力ダウン。

映画「カメラを止めるな」が大ヒットしましたが、「オーダーを止めるな」という演劇をしている、劇場型レストランという視点で見ると、そうとう面白いです。

さらに、そこに押し寄せる老人達。食券制なのに、そのまま席に行こうとして「お先に食券をお願いします!お先に食券をお願いします!」の声が飛びます。

しかし、老人達はタッチパネルが使えない。パネルの前で「ビールは・・・・ああああ・・・・」とフリーズ。2台あるタッチパネルの前で老人達が固まり、その後ろに行列が。結局、店員さんが飛んで来て、代わりに買ってあげる為に、つきっきり。

すると、リーダー的店員さんの支持を欠いた厨房前で、バイト君達がパニック!

もう、リアル「カメラを止めるな」ですよ!熱烈中華食堂ならぬ、パニック食堂。ただ、これはオープン2日前の慣れないオペレーションでしょうから、これが見られるのは、多分今だけ。なので、今のうちに足を運んでパニックを楽しむ事をオススメします。

そー考えると、この状態を二人でこなしている「福しん」って凄いんだな。

Pocket
LINEで送る

食堂八(豊島園)

外観

豊島園の食堂八は、映画を見る前によく行くのですが、なんとなく最近味が変わったなあ?でも、自分の勘違いかな…ぐらいに思っていました。

そんな時に今発売中の「POPEYE」パラパラめくっていたら、昨年末から「食堂八」の経営は、幡ヶ谷の「しゃけスタンド」のグループ入りをしていたのですね。しゃけスタンドのオーナー「小林雄一」さんの特集で、食堂八の事も書かれていました。

子育て中の奥様や、昼間営業で厨房に立っていたご主人も、最近は顔を出していませんが、経営権を譲ったのでしょうか?それとも、グループ入りしただけ?詳しい所はわかりません。

ただ、やはり見た目は変わらずとも、味が変わったのは事実です。

こちらが、見た目は変わりませんが、味が変わった3色カレー。以前は濃い茶色の方のチキンが、青唐辛子のようなヒリヒリする辛さだったので、下の黄色いカレーと混ぜながら頂いていたのですが、最近は、3色どれも辛くないのです。

辛くなくなっただけで、美味しいのは変わりませんが、でも、以前の刺激ももうちょっと欲しいなあという感じもします。

■食堂・八
■東京都練馬区練馬4-15-18
■営業:
16:00〜22:00(水木金)
12:00~21:00(土日祝)
■定休日:月火
場所はこのへん
お店のツイッター

Pocket
LINEで送る