かえる食堂(要町)

季節の変わり目のルーティンである要町の「かえる食堂」。

今回は、もう一つ目的があってやって来ました。

ハウスの「選ばれし人気店」というレトルトカレーで、かえる食堂の黒坦々カレーが発売されているので食べてみたのですが、なんとなく方向性は遠くないのだけど、もうちょっとパンチが欲しい感じ。

かえる食堂のお店のカレーを食べた事がない人のレビューを読んでみると、花椒が効き過ぎとか、辛すぎとか書かれている物もありましたが、お店のカレーは、もっと辛いし、痺れます。

それで、このレトルトに何を足したらお店っぽくなるのかというのを確かめに来ました。

黒坦々カレーに、手羽元1本プラスして、1100円。

やはり、お店で食べるカレーの方が刺激があります。ハウスのレトルトの開発秘話の所にも書いてありましたが、提供する直前に黒胡麻、黒胡椒、花椒をひいて香りを立たせています。これはレトルトだと難しいんでしょうね。

なんとなく、黒胡麻、黒胡椒、花椒がポイントである事はわかりました。

個人的には、もう少し辛みも欲しいので、お店でも使っているカイエンペッパーも用意しましょう。

という訳で、レトルトをお店の味に近づける実験を開始。

まず、通常はこんな感じ。まず本物と比べて一番足りないなあと思ったのが、黒胡麻です。お店のには目立つぐらいどっさり入っています。

そこで、レトルトの上に黒胡椒を擦ってパラパラと。そこに花椒も足して香りを立て、カイエンペッパーで辛みもプラス。

そして最後に黒胡麻もどっさりかけてみました。

根菜類の食感が楽しいのは、お店に近いので、スパイスで香りを足してみたのですが、黒胡椒を足したのがいい感じです。花椒の痺れ刺激をプラス。黒胡麻は直前に擦るようにすれば良かったかな。

でも、レトルトがより美味しくなった感じがします。

この名店シリーズは色々出ているので、お店の味とレトルトの食べ比べというのも、面白そうですね。

■かえる食堂
■東京都豊島区池袋3-6-1 第2京花荘 1F
■営業:11:30~17:00
■定休日:日月
場所はこのへん
お店のツイッター

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

藤香想 (要町)

今年は帰省しないっていう人も多いようですね。そういう自分も故郷が岩手ですから、東京からコロナを持ちこむな的雰囲気もあり、帰省する予定は無しに。

県境をまたぐのも気がひけるし、まったく旅気分の無いこの夏、近場で旅気分になれる場所に行く事に。

ミニベロで要町の藤香想へ。

緑に囲まれた民家リノベーションのカフェで、一瞬ですが、都会の喧噪を忘れる事が出来ます。

ところで、最近、カフェ巡りをしていて思うのですが、お店の外観写真を撮るのが難しくなりました。

というのも、「東京都受動喫煙防止条例」で、飲食店の喫煙が禁止となったのですが、その影響で、喫煙者がお店の前でタバコを吸っている率が増えたのです。1本吸い終えて中に入るまで、5分ぐらいお店の前に仁王立ち。なので、お店の中に入るタイミングで外に出て写真を撮るしかないのです。

店内からの景色はこんな感じで、一瞬、高原のカフェかといような緑に囲まれた景色が広がっています。

高原風なんですが、選んだのは海鮮丼の定食「海」。

この日はマグロの赤身に、赤貝、甘エビ。山芋のとろろが添えられているので、上からかけて山かけに。

山にいるのに、新鮮魚介が食べられる、伊豆高原ぐらいの世界に脳内トリップ!今年はこうして、近場で妄想旅行をして満足する事にしましょう。

■藤香想
■東京都豊島区要町1-38-11
■営業:11:30~21:00
■定休日:火曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ