STYLE-B(大崎広小路)

五反田に新しいサイクルカフェが出来ました。

今、五反田から出発する東急電鉄池上線の高架下に、
新たな町を作ろうという試みが行われています。
五反田付近は、渋谷より家賃が3割近く安い為に、
ベンチャー企業が集まってきていて、
そういう所で働く高感度な人達の遊び場を作ろうという計画です。
その名も「池上線五反田高架下」。

そこに、サイクルカフェが出来たのです。

こちらは、いわゆる赤提灯が並ぶ新橋的なガード下ではなく、
バルやビストロが並ぶ、おしゃれな高架下とし、
30前後の若いサラリーマンをターゲットにしています。

STYLE-B

その高架下の大崎広小路側、山の手通り側に出来たのが、
サイクルショップやカフェを複合させた、
STYLE-Bというショップ。
手がけるのは、西五反田に本社のある、
日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社。
IT企業なんですが、駐輪所の運営の他、シェアサイクルも開発してて、
自転車文化を創ろうという一環で、
このサイクルショップも作られたようです。

施設の設計は、しまなみ街道サイクリングの拠点として人気の
広島県尾道市の倉庫改装ホテル「ONOMICHI U2」を手掛けた、
「SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd.」です。

STYLE-B

CYCLE & CAFEというネオンがあるように、
自転車ショップと、サイクルアパレル、
ドーナッツプラントというドーナツ屋、
今、話題の旬八という八百屋さん、
コインランドリーに室内駐輪場とロッカー&シャワーと、
自転車移動の拠点にしようという試みのようです。

カタログ

取り扱う自転車は、ピュアサイクルという日本初上陸のLAのブランド。
価格は6万から8万円前後で、8段ギアのクロスバイクがメイン。
だいたいTOKYO BIKEとユーザー層が重なる感じで、
シティーライドを想定した、リーズナブルなスポーツバイクです。
ドロップもあるけど、ロードバイクとしては物足りないかも。
そのほか、ファミリー層向けに、YAMAHAのPASも扱っています。

ラック

高架下の隣の棟に、メンテナンスの工房があり、
そちらにバイクラックが設置されています。
こちらに停めて、この背中側のカフェに行くのが良いかと。
経営は同じなので大丈夫でしょう。

また、この付近のベンチャー企業などに自転車通勤する人向けに、
室内用の駐輪場もあります。
ロッカーとシャワールームもセットになっているので、
夏場とか、こちらでサッと汗を流してスーツに着替えて出勤!
…という事も可能です。

入るのには、ICカードのルームキーが必要なので、
安心して停めておく事が出来ますね。
また、コインランドリーも設置されています。

カフェ

サイクルショップの向かいにあるのが、
ニューヨークで⼈気の『DOUGHNUT PLANT』の国内4店舗目。
お客さんは、やはりIT企業の方々が多いです。
パソコン開いて、打ち合わせしたり、
プレゼンの前の打ち合わせをしたりしていました。

ドーナツ

頂いたのは、カフェラテ450円と、ドーナツ380円。
『DOUGHNUT PLANT』は、合成着⾊料・保存料・化学調味料・
⼈工⽢味料、卵を使⽤していない手づくりドーナッツなのですが、
やはり、そこはアメリカ発なので、甘〜い。
補給食としてはいいですけどね。

3年前ぐらい前に、サイクルカフェが出来ては消えという感じでしたが、
2年後の東京オリンピックに向けて、
シェアサイクル文化が少しずつですが、根付いてきました。
ロンドンオリンピックの時も、市内の交通規制をした為に、
シェアサイクルが一気にブームになったのですよね。
東京は地下鉄も張り巡らされていますが、
所詮地下移動なので、町の風景は見逃しています。
一駅分なら、徒歩移動した事があると思いますが、
2駅〜5駅ぐらいならなら自転車移動の方が、楽しいというのが、
徐々に浸透していくといいですね。

■STYLE-B
■東京都品川区西五反田1-22-4
■営業:12:00〜20:00
■定休日:水曜
場所はこのへん
お店のサイト

■DOUGHNUT PLANT
■営業
8:00~19:00
9:00〜19:00(土日祝)
■定休日:水曜

Pocket
LINEで送る

フランクリンアベニュー(五反田)

フランクリンアベニュー

以前から行きたかった五反田のフランクリンアベニューへ。
品川方面に来たので、これがチャンス!と立ち寄る事に。
グルメバーガー界のレジェンドと称されるお店で、
ハンバーガーといえば、まだファストフードだった1990年代、
グルメバーガーを生みだし、
ディナーとしても通用する事を証明したお店です。

お子様連れ

大人の為のレストランという形式を取っているので、
お子様連れには、注意点があって、
ベビーカーの持ち込みは禁止。
子供が泣いり騒いだ場合は、一旦退出してあやす事。
…という注意書きがされていますので、ご注意を。

テラス席

天気のいい日はお庭のテラス席もいいですね。
ちょうど今の時期ぐらいが、暑くもなく寒くもなく、いい感じ。
自転車日和は、テラス席日和でもありますね。

こちらの女性店員さん達、どこかエステの店員さんのような感じの、
美しい人達揃いなので、ちょっとドキドキ。
お客さんの層もちょっとお金持ちのマダム系が多く、
たぶん、そういう雰囲気に合わせているんでしょうね。

民家の一階部分に相当する部分も、ぶち抜きで広いスペース。
もともとお金持ちに家だったのでは?という感じです。

チーズバーガー

ハンバーガーは、肉のサイズが選べるのですが、
こちらは、チーズバーガー(Medium112g)で、1,100円。
ドリンク込みで、1680円でした。
外税だったかな?

ハンバーガーをディナーに昇格させたレストランという事で
基本は、ナイフとフォークで食べるスタイル。
お願いするとバーガー袋も出してくれますが、
四角い紙を折って、三角にしたスタイルなので、袋がちょっと浅め。
でも、個人的には、バーガー袋の方が美味しく食べられるような気がします。

グリルで脂を落としながら焼いたパティは、肉の旨みを存分に感じられます。
野菜も新鮮だし、バンズもバランス良く、
シンプルな味付けで上品なハンバーガーです。

なので前半戦は、素材の旨みを味わいながらシンプルに頂き、
後半線は、ケチャップ&マスタード投入で、ジャンクに行きました。
1コで2度美味しい作戦。

塩コショウも置かれているので、コショウ投入も面白かったかも。

基本は上品な客層に合わせたハンバーガーレストランなのですが、
お願いすればバーガー袋もあるし、調味料投入でジャンクに出来ます。
自分流にアレンジ出来るので、いろいろ自分好みに調整してみてください。
それも楽しみの一つです。

■フランクリン・アベニュー
■東京都品川区東五反田3-15-18
■営業
11:00~21:00(月〜土)
11:00~18:00(日祝)
■定休日:無休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る