【番外編】江古田Instagram研究会

ぽかんと

インスタ研究会と言ってもメンバーは自分を入れて二人だけ。
あとは、江古田の行きつけのレストランバー「ぽかんと」のマスターmamoさん。
飲みながら、僕が最近あげたインスタの写真についての感想聞いたり、
インスタってどう使ったらいいのかなど、
互いにわかった事を情報交換しているだけなんですが。

そんな雑談をしながらわかった事。

人気店の人気メニューを載せると、
同じ物を食べた人から、いいねが来やすいという事です。

新大塚の人気店「CAFE SOROR」の位置情報をつけて、
人気のストロベリーのベイクドチーズケーキを載せたところ、
割と、トントンと「いいね」がついていきました。
勢いが良かったからか、「CAFE SOROR」の位置情報を見ると、
最初のオススメの9枚に自分の写真が入ったのです。
すると、さらにいいねが加速!

どうやら、ハッシュタグや、位置情報の、最初の9枚に入るというのが、
いいね獲得にとって大切なようです。

そんな事を研究しながら、試行錯誤し、
これまでの最高記録となったのが、赤羽のanzu to momo。

このお店は、この時点で開店一ヶ月で、
カフェマニアにとっては、新しい情報である事。
その中での、人気のメニューであるストロベリーブラマンジェ。
女子が好きそうな旗立っているという事。
さらに、女性が好きな花が写っている。

たぶん、これらの要素から、いいねが多かったんだと思います。

ここで、もう一つ疑問が。
人気のお店の人気のメニューを載せると、
仲間意識から「いいね」がつきやすい事はわかったのですが、
初めてのメニューで「いいね」を100集めるには、どうしたらいいのだろう?
誰も食べていないのだから、完全に見た目勝負になります。

で、自分の最近のインスタを見返してみて、ある事に気づきました。
今ブームの、人気の焼き菓子なども載せたりしているのですが、
焼き菓子は、やっぱ色が地味なんですかね?
正直、いいねの出足が悪いのです。
やはり、それより色鮮やかなスイーツ系の方に、いいねがつきやすかったです。

そして、高得点の「いいね」に共通していたのは、
イチゴが乗っていた事です。

これもそうです!

そこで、ある実験がしたくて、「ぽかんと」のmamoさんにお願いをしました。
「イチゴを使ったメニューを、本日のオススメで作ってくれませんか?」
レギュラーメニューにない物をインスタに載せて、
これで100を獲得出来るのでしょうか?
そんな実験です!

mamoさんが作ってくれたのは、トマトの代わりにイチゴを使った、
水牛のモッツァレラのカプレーゼ。
「去年、桃のカプレーゼが流行ったから、イチゴでも行けるんじゃないかと。」
確かに!トマトよりは少し甘いけど、酸味は共通していてモッツァレラに合う!
「オススメは白ワインかな?」
という事で、見た目スイーツのオードブルが完成。
まあ、実際、スイーツとして食べてもいけるんですけどね。

誰も食べた事ないメニューで、100行くか?実験!

行ったぞ!
やはり、スゴイなイチゴ!
シャア専用ザクなみ!赤い彗星の破壊力!

かつて、人は見た目が9割という本がヒットしましたが、
インスタは、見た目が9割!
そして、イチゴは強い!
色味がいいうえに、形もカワイイ。
バイトのyuukaちゃんも、運びながら「カワイイ」を連発!
女性はイチゴに弱いですね。

ちなみに、このインスタ!
アイドルが二人いいねを押してます!

イチゴ載せて100いいね!行こう作戦は見事に成功し、
次はハッシュタグの使い方ですねと、mamoさんと話していました。
人気のインスタって、ハッシュタグは、関連の他に、
なにげに面白い物とか、流行の物を忍ばせているんだよねえ
…という話を。

そしたら、次の日の、POCANTのインスタ!

「仔羊ウデ肉とサルシッチャのトマト煮込み」
ハッシュタグの #じっくりコトコト は、まあわかる。
なんだよ、その後の

#ブルゾンちえみ

ちゃっかり仕込みやがったな!

#じっくりコトコト #ブルゾンちえみ

■ぽかんと(POCANT)
■東京都練馬区栄町3-5
■営業:18:00~1:00(料理L.O.0:00)
■定休日:日曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

迎賓館赤坂離宮の一般公開

迎賓館

ミニベロで麹町から渋谷方面に向かう際に迎賓館の前を通ってみました。
自転車乗りは、よくこの前で写真を撮っており、
マネして自転車の写真でも撮ろうかな…と。
ところが、迎賓館の前に大勢の人が行列を作っていました。
すると警備員の方が、メガホンで説明を始めたのです。

「本日は予約無しでも、迎賓館を参観できます」

ええーー!迎賓館って入れるの?と、並んでみる事にしました。
入場までに、1時間弱かかったでしょうか。
まず、迎賓館の正門の前で、30分ぐらい。
そこで、待たされ30〜40名づつ、西門に向かわされます。
西門への通路が狭いので、正門前で規制されていたのです。

西門から入園すると、チケット1000円を買う前に、手荷物検査があります。
空港と同じく、手荷物はトレイに入れてX線を通し、
人間は金属探知機ゲートをくぐって、チェックを受けます。
面白かったのは、ペットボトルやポットを持っている人は、
警備員の前で一口飲んで、怪しい液体ではない事を証明しなければいない事。
ここまで+20分ぐらい。

こうしたチェックを受けた後に、1000円の入場券を買います。
千円札しか受け付けてくれないので、事前にお財布をチェック!
その後、並んで入場を待ちます。
ここでも、20人ぐらいずつしか入れてくれないので、規制されます。
入退場が同じ入口なので、20人ぐらい出たのを確認してから、
その分入場させるという方式でした。
さらに、+10分ぐらい。

館内は写真撮影はもちろん禁止です。
さらに、壁、ドアノブ、展示物、カーテン、装飾品、全て触るのは禁止です。
事前に、何度も説明があるのですが、
お爺ちゃんとか、つい材質を確かめるように壁をノックしたり、
おばあちゃんが、説明文の書かれたパネルを指でなぞったりして、
いろんな所で、警備員に怒られていました。
人生の大先輩なのですが、ちょっとおバカな方々が多かったです。

館内は、それは絢爛豪華でした。
石膏で浮き彫り装飾された壁に金箔が貼られています。
豪華なシャンデリアが華やかな光を放ちます。

主庭

撮影出来るのは、外の風景だけ。
こちらは、普段は目にする事の出来ない主庭。
南側の庭で、大きな噴水があります。

前庭

ちなみに、前庭のみなら、並ばずに自由に観覧出来ますので、
正門前の警備員さんに聞いてみるといいでしょう。
ちなみに、正門から入ると、主庭と館内の参観は出来ません。

入口

唯一、絢爛豪華さを表現出来るのは、正面玄関のドア。
こちらは外観なので写真に収めることが出来ました。
迎賓館の壁は、様々な装飾がなされ、
このような感じで出っ張りの所に金箔が貼られて輝いています。
並ぶけど、あの豪華さは、見ておく価値ありだと思います。

カフェ

ちなみに主庭には、ワゴンのカフェが出ています。
主庭のみなら、並ばずに無料で入場出来ます。

看板

この日は、ちょっと寒かったので、
ホットのストロベリーショコラを。500円。

カフェラテ

「ちょっくら、迎賓館でお茶していかない?」
なんて事も体験出来ちゃう訳です。
Instagramネタに、いかがですか?

公開日は、内閣府の迎賓館の公開日スケジュールでチェック!

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村