Airpods proを買ってみた!

iPhone用にAirpods proを買いました。ほぼ3万円。品切れで予約しても入荷待ちだったのですが、ようやっと来ました。買おうと思ったきっかけは、もう一度、音楽をちゃんと聞こうと思ったからです。

番組で扱った記事なんですが、「33才を超えると新しい音楽を聞かなくなる」というものがありまして、仕事などの時間の制約で新しい音楽に手を出さなくなるというのと、老化で新しい音楽についていけなくなるという2つ側面があるそうです。

自分が担当している昼から夕方のラジオって、それこそ33才以上の人がメインなんですが、基本、若者が聴く音楽にはついていけない層が多く聞いています。

ところが、あいみょんとか、official髭ダンディズムは好きという人達が多いのです。

あいみょんは、源流がスピッツや小沢健二で、そこに通じる物があるから入りやすいというのは、よく言われている事ですが、official髭ダンディズムは何なのだろうか?とか、興味が湧いてきたのです。

また、紅白歌合戦が、サブスクリプションの再生回数を選考の基準に入れてきたというのもあり、音楽について「昔は良かった」とか言ってたら、俺、マスコミの人間として終わるなと危機感を持ち、通勤の行き帰りにサブスクで、流行りを聞きながらリハビリしようと決意した訳です。

そんな中で、どうせならいい音で聞きたいなというのもあり、色々リサーチしたら、今はアップルの「AirPods Pro」とソニーの「WF-1000XM3」の戦いになっている事がわかりました。

そこで、ビックカメラで試聴したのですが、コードがついているイヤホンと違い、Bluetoothは自分のiPhoneとペアリングさせて試聴するというタイプでした。

すると、音はソニーの「WF-1000XM3」がいいかなと思ったのですが、iPhone愛用者からすると使い勝手は「AirPods Pro」の方が、断然いい訳です。

初回から、こうやって蓋を開けただけでペアリング完了です。楽ーーー!

自分がiPhoneを使い出したのはiPhone 3Gからで、2008年なので、ショップに行くと履歴を見られた「えええ?3Gから使ってるんですか?」と、若い店員さんに驚かれた事もあります。電話じゃないけど、携帯情報端(PDA)の、Palmとかもガンガン使っていた世代です。

あの時代は、いろんな物が互換性がなく独立していたので、今みたいに蓋を開けたらペアリング完了とか、もうびっくりな進化ですよ。

実は、以前のAirPodsからそれは実現していたのですが、これまでのiPhone付属のイヤホンなど、あのオープンエアな形が自分には合わずに使わずに来ました。耳の穴の形と合っていないので、すぐ滑り落ちるのですよ。さらに、音漏れしてシャカシャカいっているのを聞くと、使うのをためらいました。

しかし、今回のAirpods proは、カナル型。密閉されているかどうかテストモードもあり、自分の場合イヤーパッドが標準のMサイズの場合、音漏れするので変えろという指示があり、Lサイズに変えました。

密閉された状態で、ノイズキャンセンリングを使うと、電車の走行音なども消され、音楽に没入出来るのです。ただ、ノイズキャンセリングされているので、ガタガタガとか言わないで、急に揺れるのでびっくりする事もあります。音と揺れが分断されているのです。

これまで約3000円だった、SoundPEATS Q30を使ってきたので、約3万円のAirpods proは10倍の値段ですが、音楽の聞こえ方もそのぐらい違います。

ボーカルだけじゃなく、バンド物だったら、それぞれの楽器が立体的に聞こえてくるのです。

もう入りにくくなっている若者の音楽を体に入れる事を考えたら、3万円という投資は悪くないなと思いました。

ただ、髭ダンとかKing Gnuとは、すーっと入ってくるのに対し、BPMが高いMrs. GREEN APPLE とかは、より疲れて老化したオッサンの体には入ってこないというのもわかりました。やっぱ、年だね。全部は無理だわ。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

日芸祭2019

「その人それぞれに、やっぱ地獄があると思うんですよ。私には私の地獄があるし、あなたにはあなたの人生の地獄があるのだから」

…と言ったのは、元TBSアナウンサーの宇垣美里さんですが、今年の日芸祭のテーマは「地獄ゑ図」。「芸術における地獄とは何だろうか。」というものでした。

アートやエンタテインメント、作品を生み出す「生みの苦しみ」を地獄と称したように、サークル系の楽しいノリの催し物よりも、授業の延長線上にある作品展やオリジナルの物販などの方が面白かったです。

映像制作を学ぶ学科もある大学らしく、今年はVRを使った展示が目立ちましたね。入り口の所にあるのは、GoProで撮ったカリフォルニアの映像を、アメ車に乗ってVRゴーグルをかけて楽しむという物。また西棟の3階ではVRで長岡の花火大会が楽しめる部屋もありました。

個人的には西棟を、上から順に見てくるコースがオススメです。

7階は美術学科のアトリエで、油絵やイラストなどの展示があり、美術館的な楽しみ方が出来ます。写実的な物も良いのですが、現代アートのような抽象的な物、絵の具を塗りたくった物の方が、学生ならではのエネルギッシュなパワーを感じました。


面白いなと思ったのは、数人の同級生をモデルに、様々な魔女のキャラクターを作り上げたという作品。同級生の写真と共に魔女が描かれているのですが、似顔絵のエッセンスを取り入れながらも、その顔からインスピレーションされる魔女を作り出している所。同級生の見た目やキャラであだ名をつける事がありますが、それを魔女という絵で表現しているのが面白いなあと。

スマホでいろんなキャラになれるSNOWとかあるけど、それのアナログ版というか。イラストでなりたい自分に変身させてもらう二次元コスプレとか。なんか今風だと思う。

5階は文芸学科だったのですが、自分たちで作った本などが売られていました。いろいろペラペラめくって行ったのですが、面白かったのは「想像上の路地」という作品。

空想の街の地図が描かれた物が付録としてついている本で、その空想の地図を見ながら、仲間が集まってその街を舞台とした物語を書いているという短編集。小説やエッセイやマンガを読みながら、登場する場所は地図で確認出来るという文芸シムシティ。この本、買っちゃいました。

西棟の2階はデザイン学科で、実用的な小物やアクセサリーがいっぱい。何年か前に江古田のイベントでお世話になったKazariorという団体も後輩に受け継がれていました。イヤリングとか女子向けの物がメインだったので、女子高生とかが食いついていましたね。

東・南棟は、サークル系の企画が多かったのですが、自由すぎて少し焦点がボケてしまった気がしました。どこか縛りがあった方が、そこからはみ出すパワーと面白さがあるのでは無いかと思いました。

そんな中で地味ながら(失礼)いいアイディアだなと思ったのは、文芸の「誤字脱字」企画展。いわゆる校閲をテーマにしたクイズ形式の展示で、1枚の原稿用紙に書かれた文章の中から、誤字を3つ見つけて丸をつけて提出するという物。間違い探しの文芸版。


毎日新聞の校閲部が、Twitterで出題している物にちょっと似てるけど、日芸の「誤字脱字」は、誤字を探すクイズの為に、自分が読んで欲しい文章を書いているという仕掛けが面白かったです。僕も好きなんですが窪美澄さんの「ふがいない僕は空を見た」が、いかに好きかというペラ1枚の原稿に、誤字クイズが仕込まれていました。

これって、誤字を三つみつけてつなげると一つのワードになるという、リアル脱出ゲームのクイズとかにも出来そうで、面白いアイディアだなあと思いました。

ギャラリー棟で行われていたのが、放送9課というサークルが制作するラジオの公開生放送。ラジオの制作スタッフとしては、一番気になった企画です。「どうぞ中でご覧ください」と声をかけてもらったのですが、中は音がハウる為か音量低めで声がこもりやすいので、外部に向けているスピーカーの前が一番聞きやすかったです。

男性の喋り手は、若手声優のようないわゆるイケボに憧れてか、あまり声を張らない人が多かったですね。流行りなんでしょうか?

一つの設定をもうけて、まったりと喋る番組が多かったですが、もっと乱暴でもいいので「好き」という熱量だけで伝えるような熱い番組も聞いてみたかったです。

女性だけの女子会風の番組で言っていた「放送学科は女性が7対3ぐらいで、女子校みたい。人前で着替えるのとか全然平気」というような話を聞いて、自分ならそういう日芸女子あるあるを掘り下げたいなと思いながら聞いていました。

全体的には屋台とかより、授業、専攻の延長での展示が、他の大学では見られない感じで面白かったです。個人的には西棟7階の美術学科の皆さんが優勝かな?一番、熱量を感じました。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ