ポタリング最強キャップ「エアピーク」を買ってみた

「ガイアの夜明け」でやっていて気になっていた帽子「エアピーク」

アスリートの頭を冷やす為に開発されたキャップで、競歩の50km全日本選手権優勝の鈴木雄介選手などが使用している他、駿河台大学駅伝部の選手が猛暑の大会でかぶり、自己ベストを更新した模様どを放送していました。

風を取り込み、従来の帽子比べ、温度を13.6度、湿度を30%カットします。

というのが売り文句なんですが、実際の所はどんなもんか、実際に買ってかぶって実験です。

「エアピーク」は、レーシングカーのボンネットについているエアインテークのような発想のキャップです。

放送されてからすぐに品切れになっていたのですが、amazonに入荷するという情報を得て、すぐGET。ちなみにメッシュ加工のアスリート用PROは、今年の分は完売してしまった模様です。それぐらいの反響だった訳です。

ちなみに僕が買ったのは、ランニング用の「SPEED Ⅱ」というモデル。これならポタリングの時に、空気を拾って快適なのではないかと購入しました。

全面から風を吸入して、頭部の上を通して、後方に逃がし、頭部を冷却するという構造。

また頭部が2重構造になっていて、キャップの上と、頭の間に空間が出来るようになっています。なので頭が蒸れにくいという触れ込みです。

内部はこんな構造。額を支えるベルトのような物があるのですが、それがちょうど眉毛の上ぐらいに来ます。その上に3㎝ぐらいの所まで何も当たらない空間が出来ます。外から見ると2段になっているキャップのツバの付け根が、生え際のちょっと下に当たり(生え際に、かなり個人差がありますが)、眉毛上のベルトとの間の額部分は完全フリー。

つなり、キャップのエアインテークから吸入した風が、直接額に当たります。

想像していたような、メチャクチャ冷えるという感じではないのですが、時折、「あ、冷えてるな」というのを感じます。

そして、頭部が2重構造になっているので、そこから頭の上を風が通り抜けて、後ろから排気するいう理論。

こちらは、正直言ってそこまで通る風を感じたりしないのですが、キャップを脱いでも、頭部が蒸れているという事はありませんし、汗もかきにくいので、効果があるのかもしれません。

この日は台風前夜で、強風が吹いていましたが、無風の時に走った方が、帽子を通り抜ける風を感じやすいかもしれませんね。

もう少し使用してみますが、今みたいな酷暑の時にはいいかもという感じはしています。

さて、自転車乗りの方は、ロードバイクに乗るとき、ヘルメットの下にかぶったらどうなるだろう?という疑問を持つ方がいると思います。

たしかにキャップのツバは、空気を拾うのですが、ヘルメットの下にサイクルキャップをかぶる場合、ツバを上げる人が多くないですか?額に当たる風は、そっちの方が大きいと思います。ヘルメットをかぶると、せっかく2重構造になっているキャップの上部が潰されてしまうので、スキマが無くなってしまい、頭部の上を風で冷やすという効果は消されてしまうと思います。

なので、ロードバイクより、スピードの出ないミニベロでのポタリング的な時に、ちょうどいいキャップだと思います。

Pocket
LINEで送る

天気の子

新海誠監督の「天気の子」を観て来ました。

主人公が16才だから、「君の名は」よりも、さらに厨二病というか、童貞臭のする少年映画テイスト。「あの子好きなの?」で慌てふためくとか、もう自分の中から消えてしまった感覚。

よくラジオ通販などで耳にするのですが、細胞を活性化させ老化を防ぐ「アルファリポ酸」は、加齢と共に体の中から減少しますが、体内で作る事は出来ないので、サプリで補充するしか増やす方法が無いというフレーズ。

中学生のような恋愛のドキドキとかって、もう自分自身の心の中では作れないので、こういう映画を観て補充するしかないんじゃないですかね?

こういうオッサンなので、ストーリーの起承転結の転が訪れるまでは、16才のぐずぐずではっきりしない青い生活が描かれるので、「早く行動しろよ」とかじれったいし、退屈。転が来るまで、じっと我慢なのでした。

ネットでは本田翼さんの起用が賛否を呼んでいましたが、実際に観ると違和感がなく、逆に世界観とマッチしていました。Twitterでも、本田翼さんに「懐疑的になってすまん」というツイート多数。小栗旬さんも、ちょっと藤原啓治さんっぽい感じで、とても良かった。

それよりも、老刑事役で平泉成さんが声を当てているのだけど、まんま平泉さん。あの声で出て来られると、人情で何か解決するのでは?と勝手にスイッチが入ってしまうのですが、ただの老刑事。なんか声がすっごい邪魔。

あと、これはアニメ好きの方と意見が違うのでしょうが、主人公の演技が、若手声優にありがちな台詞の前に「あっ」とか「うっ」とか毎度毎度入る息演技で、吹き替え声優好きの視点から聞くと、生理的に受け入れられませんでした。ストーリーが「転」する前の前半ね。未熟な少年を描くシーンなので、台本かもしれないですけど、やりすぎ。もし台本に「うっ」とか書いてあったののならゴメンなさい。

新海誠監督が描く東京の風景は、あいかわらず美しいのですが、おなじみのドコモビルのある代々木付近を中心としつつも、今回は池袋、目白付近のシーンがふんだんに出て来ます。

大事なシーンで出てくるのが、池袋の東口と西口を繋ぐ地下道。

そして地下道からあがるスロープで、徐々に物語は佳境に。

坂の上

予告編にも出てくる雑司ヶ谷の「のぞき坂」

絵馬

こちらも予告編に出てくる、高円寺の気象神社。

そしてかなり重要なシーンで描かれるのが、自分が新目白通り方面からの急坂対策で使っている目白の裏道。

ブログを書くために、自分が自転車で走った事がある風景がふんだんに出てくるので、たぶん他の人より、疾走感は倍増されていると思います。脳内4DXでした。

やはり電車や車で走りながら見る風景と違って、自転車で観た風景は、こんなにも脳内に刻まれているのかという驚きもありました。

Pocket
LINEで送る