「CHROME」と「Panaracer」のコラボ・スニーカーレビュー!

メッセンジャーバッグから出発したサイクルアパレルブランド「CHROME」

その運営の「CHROME INDUSTRIES JAPAN(クローム・インダストリーズジャパン)」様から商品をレビューをして欲しいという依頼を頂きました。

提供して頂いたのは、SOUTHSIDE 3.0。自転車のタイヤメーカーPanaracerとコラボしたソールを持つスニーカーです。

僕のポタリング時の愛車、ミニベロのKHS-P20Rは、Panaracer(パナレーサー)のMinits Lite(ミニッツライト)「20×1.25 32-406」というタイヤを履いています。

それでこの依頼が来たかどうかはわかりませんが、パナレーサーユーザーとして、パナレーサーをソールに使用したスニーカーのレビューが出来るというのは嬉しい事です。マジで興味がありますので。

ミニベロにパナレーサーを選んだのは、グリップの良さとスポーツ走行がしやすいという事で、ロードバイクチックに使っているユーザーが多かったというのが選択の理由。確かに転がりが良いので、走っていて楽です。

こちらがご提供頂いたCHROMEのSOUTHSIDE 3.0。

ハイカットのモデルです。

パナレーサーとコラボしたというソールがこちら!まだ履く前で手で触っただけですが、一般的なスニーカーより生ゴム感が強いです。普段履いているスニーカーのソールはプラスチック感が強いのに対し、生ゴム、タイヤ由来なんだなあという実感が。

ソールには、Panaracerの文字も。

オフィシャルサイトより
CHROMEが理想としたFOOTWEARにおける唯一無二の強みは、Panaracerがシューズでは初となる、ゼロから開発を担った新素材のソールラバー。

地面との転がりを重視するタイヤの特性から、シューズに求める特性へ振り切った配合のバランスを追求した結果、ソールラバーにおいて相反すると考えられてきた“グリップ力”と“耐摩耗性”を高次元で両立。事実、研究段階で実施したソールラバーの性能テストで、名だたるサイクリング向けスニーカーを凌駕する数値を叩き出した。

タイヤ視点からのスニーカー、楽しみになって来ました!

パナレーサーとコラボした「CHROME」のスニーカーでペダルを回し、それがパナレーサーのタイヤに伝わりグリップし走る。パナレーサー三昧。

商品を提供して頂いたからのヨイショではなく、ペダルへのグリップが良いのです。動力伝達のロスが少なく、踏んでいるのが路面に伝わっている感がして、乗っていて気持ちいいです。

こちらのワンランク上のSOUTHSIDE 3.0 PROは、SPDのビンディングに対応しているので、ポタと言ってもロングライド系だったらそちらも視野に入れた方がいいかと思います。

ここの所、雨続きでしたが、

【オフィシャルより】
タフな1000デニールのハイドロフォビックナイロンアッパーは、疎水性が高いため水が浸入しづらく速乾性に優れる

撥水加工も嬉しい。

やはり気になるのが、滑りやすい場所でのグリップ。タイルが敷き詰められた場所とか、屋内でもスーパーの床とか滑りやすい場所は多いです。生鮮食品売り場とか、冷気を常に出しているせいか、結構滑りやすいんですよね。さらに雨の日になると、お客さんが持ちこんだ水滴なんかもあったりして。

ここは郵便局のバリアフリーのスロープで小雨が降った後だったのですが、足をスライドさせてみても、滑る事はなく、きっちりグリップ。

グリップ、撥水性など、サイクルアパレルだからこその視点で、そこを強化して来たと思うのですが、普通に雨が多い日のスニーカーとして優秀です。

CHROME
レビューしたSOUTHSIDE 3.0
ビンディングに対応・ローカット

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

中和抗体検査キットで抗体が出来ているか調べてみた!

とりあえずワクチン接種2回目から2週間がたちました。ワクチン接種後、抗体が出来ると言われている時間の目安です。

7月9日に職域接種でモデルナワクチン、1回目の接種。腕は3日間痛みましたが、熱は平熱。

8月6日にモデルナワクチン、2回目の接種。腕を完全脱力していたので、いつ打たれたのかわからないぐらいノーダメージ。熱も出ず。出た副反応といえば、めちゃめちゃ腹が減るという現象ぐらい。これは調べたら結構多くて、自分が「ワクチン接種後、食欲が凄い」とつぶやいたら、多くのリツイートといいねがつきました。

職域接種の2回目で、仕事仲間で熱が出なかったのは自分だけらしく、「ホントに抗体出来てるんですか?」とかからかわれたので、シャレ半分で、中和抗体検査キットを買ってみました。

「2回目受けた方にオススメ」的なフレーズをみて、Amazonでポチり。

8月19日で、ワクチン接種後、2週間経過という事で、抗体が出来ているとされているラインまで来たので、好奇心半分で調べてみます。

キットの中身はこんな感じ。

真ん中のパウチに入っているアルコール消毒で指を消毒、オレンジの物は押しつけるとバネの力で指に針が刺さる道具、これでパチンと指を刺して血液を出して、スポイトで吸います。

こちらのキットのハート型でマスキングした所に血液を垂らし(リアルなので隠しました)、紫の容器の液体を垂らすと、真ん中の窓の方に液体が広がって行きます。試験紙で繋がっているので。

CとTの両方にラインが出来ると、中和抗体が出来ているというサインで、Cは出たけどTが出ないと抗体なし、それ以外のパターンだとエラーという事になるので、とりあえず中和抗体は出来たみたいです。

もちろん、油断は出来ません。ただしTVは危機を煽った方が視聴率が取れる為に、2度接種してもブレイクスルー感染するというのを言い出しています。確かになる人はいるけど、今の感染者の多くが未接種者です。大多数です。接種者は重症化を防ぐだけでなく、発症も防ぎます。

自分のまわりには、モデルナの副反応が怖くてファイザー待ちしている人もいるのですが、最近ではモデルナの方が半年後も抗体の力が持続するというデータも出て来ているので、チャンスがあれば比較の上、接種をご検討ください。

抗体も確認した所で、マスクなしで飲みに行ったりという油断はしませんが、「入院出来ない」「自宅療養で重症化する」という大騒ぎからは離脱、解放されました。ワクチンを打ちたくても予約が取れないという人も多いと思いますが、職域やキャンセルで打てるチャンスがあるのにどうしようと躊躇している方は、迷わず打った方が、精神的に楽になれるので、接種をオススメします。

ワクチン打った自慢ではなく、打つとこんなに精神的に楽になるという事を、迷っている方々にお伝えしたくて、これを書きました。

あとワクチン打ちたくない派はご自由に。自分なりのかからない努力すればいいと思います。幸運を祈ります。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ