カフェ・ネコカヴリーノ(新江古田)

ネコカヴリーノ

いつもミニベロで中野方面に向かう時は、
この前を通って哲学堂前に出て、そこから中野通りを南下していきます。
白い車体で、赤いハンドルとサドルのミニベロが僕の愛車。

そのいつもの通りの、かつて、黒ぱん屋だった所にカフェが出来ていました。
カフェ・ネコカヴリーノ。
実は、この隣にあった花屋さんの建物が取り壊しになる為、
その花屋さんがこちらに移転してきて、
さらにカフェを併設という事になったのだそうです。

看板

現在は、プレオープン中で、ドリンクとお菓子のみ。
3月になってから、フードなども出す予定だそうです。

店内

店内には、やたらコンセントがあるので、
これは電源ありのカフェを狙ったのか聞いてみた所、
この物件を借りた時点で、すでにコンセントは沢山ついていたのだそうです。
たぶん、この前のオーナーの黒ぱん屋さんに、カフェをやる計画があり、
その時に、コンセントを配置したのでは?との事でした。
実際に、電源を使いたい方は、使っていいそうです。

メニュー

ドリンクメニューから、コーヒーの中煎りを選択。

ケーキ

コーヒーの中煎り、ネコカヴレンドは、500円。
たっぷりポットサイズにすれば、600円です。
この日のケーキは、夏みかんのケーキで400円。
コーヒーは同じく新江古田にある、江古田珈琲焙煎所の豆。
中煎りの方は、エチオピアっぽいスッキリ感のある味でした。

本業は花屋さんの方で、カフェの方は徐々に育てていく感じですが、
江古田界隈には、こういうお店がありそうで無いので、
実は楽しみにしていたりします。

■flower shop +cafe NECO QAVREENO
■東京都中野区江原町1-40-12
■営業:11:00~20:00
■定休日:木曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

江古田珈琲焙煎所(新江古田)

江古田珈琲焙煎所

最近、ナチュラルのコーヒーにハマっているのですが、
ウォッシュドと、ナチュラルの中間の、
パルプドナチュラルは、まだ飲んだ事がありません。

ブラジルでは、ナチュラルやパルプドナチュラルが主流の為、
わざわざ「ナチュラル」と表記しない事が多いそうなんですが、
江古田珈琲焙煎所では、パルプドナチュラルの表記があったので、
ブラジルを飲みに、ちょっくら行ってきました。

ナチュラル、パルプドナチュラル、ウォッシュドの違いはこちら!

ブラジル

「最近、ナチュラルにハマってるんですが、パルプドナチュラル飲んだ事なくて」
というと、
「前回、お越しの時にも、そうおっしゃってましたね」
やば、覚えられている。

自分は人の顔と、数字を覚えるのが苦手な所があって、
仕事では、レコード会社のプロモーターの担当がころころ変わるので、
あれ?だれだったっけ?という事がしょっちゅう。
こういう、接客業の方に、人の顔を覚えるコツを教わりたいですね。

さて、本題に戻りまして…。
パルプドナチュラルと書かれている、ブラジルを選択。420円。
コーヒーのお供に、ティラミスを。

コーヒーの実を機械で剥いた後に、
自然乾燥させたのが、パルプドナチュラル。

確かに濃厚であるのですが、僕が思っていたナチュラルと違う。
自分自身が味に敏感でないのかもしれませんが、
最初にナチュラルを飲んだ時ほどの、驚きはありません。
また焙煎の仕方にもよるのかもしれませんが、
若干、想像していたナチュラルより、苦みを感じます。

エチオピア

あれ?という事で、僕の好きなエチオピアのナチュラルを、おかわり。
これこれ!このなめらかさ。
もともと自分が、すっきりとしたキリマンジャロ系が好きだから、
こういうエチオピアの方が、好みなんだと思います。

ナチュラル、ウォッシュドの他に、
豆の種類、焙煎の方法、淹れ方の組み合わせで、味が変わってくる訳だから
その特徴を、つかむのって難しいですよね。
ホントに自分、理解してんのかな?
やっぱり数をこなさないと駄目なんでしょうね。

目隠しで、ナチュラルと、ウォッシュドを味見させられたら、
間違ってウォッシュドを選んじゃいそうな気がするぐらい、
今はまだ、自身がありません。

■江古田珈琲焙煎所
■中野区江原町2-7-19
■営業
10:30~19:00
■定休日:火曜
地図を表示
お店のブログ

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村