ウミネコカレー(幡ヶ谷)

哲学堂

今年もこの季節がやってきました。
お花見の季節でもありますが、日中の寒暖差が激しく、自分が体調を崩しやすい季節です。日中は20度近くまで上がるので、ウインドブレーカーを着ていると暑く、脱いでポタリング。しかし、夕方になると一気に気温が下がり、油断をしていると、急に体が冷えてしまいます。暑がりとか、寒がりという言葉がありますが、僕は、1日の気温差にとっても弱いのです。

この体調を崩しやすい季節は、自分の場合年に3回あり、春のこの時期と、外が猛暑なのに、局内の冷房が強くて、体がついていかない真夏。そして、猛暑で夏バテ気味の時に、急に涼しい日が続く、秋の始まり。

雨が降りそうになると、関節が痛くなったり、季節の変わり目にめまいを感じたり、天気の変化で起こる不調の総称を「気象病」というそうですが、たぶん、それですね。

そんな時、いつもは江古田のプアハウスの極辛カレーを食べて、汗を噴き出させると、体にカツが入り、一発で回復するのですが、プアハウスは、ご主人の怪我の為、長期休業中。必殺技を一つ封じられてしまいました。

前日の夜、「あれ?寒気?」みたいな感じもあったので、すぐに葛根湯を飲み、サムゲタンのレトルト買ってきて、体内温度を上げていったので、それ以上悪化しませんでしたが、本当に油断の出来ない時期です。ラジオは声の仕事なので、風邪は大敵で、同情されません。「は?自己管理出来てないの?」的な、冷たい目で見られ「近づくな!」「休めよ!」と、突き放されるので、風邪に対しては、異常なぐらいビビりまくりです。なので、自分の体調の変化には、神経質なぐらい敏感になってしまうのです。

中野通

そういう流れで、頭がカレーを欲してしまったので、美容室にいくついでに、中野方面でカレーを食べる事にしました。中野通りの桜のトンネルは、満開の桜を撮影する人も多く、トンネル込みで撮ろうと、道を走るこちらの方にカメラを向けて来る人も多かったので、なんだかスター気分。まあ、ちゃんと自転車に乗るオッサンの姿は、きれいにフレームから外されていると思いますが。

ウミネコカレー

幡ヶ谷の駅の近くの路地裏にあるのが、ウミネコカレー。西永福で人気だったお店ですが、昨年いっぱいでお店を閉め、今年の2月に、幡ヶ谷に引っ越してきました。すでに人気のお店で、店内、店の外に順番待ちをする人が。ご近所のお婆ちゃんが、並んでいる人に「ここ美味しいの?いつも人が並んでるけど」と聞いていました。

二色盛り

頂いたのは、チキン、ポーク、ひよこ豆とある中で、チキンカレーと、ひよこ豆の2種盛りで、サラダとスープがセットになって、1200円。スープは、とろろ昆布とパクチーが入ってて、パクチーは抜くかどうか、聞かれ、とろろ昆布は、よく混ぜながら飲んでくださいと言われます。

カレーはすべて無添加の素材で作られていて、尖ったスパイシーさではなく、奥の深い味でありながらマイルド。チキンは、玉ねぎの甘さが際立ちます。小さいジャガイモのように、ホクっとしたひよこ豆の食感が楽しい。体にカツを入れるような辛さではありませんが、とっても優しい、カレーです。

■ウミネコカレー
■東京都渋谷区幡ヶ谷1-32-16
■営業:
12:00~15:00
18:00~21:00
■定休日:月曜日 火曜日はランチのみ営業
場所はこのへん
お店のサイト

ブルーラグ

帰りに幡ヶ谷のブルーラグへ。

Tシャツ

目的な自転車モチーフのTシャツ探し。上の段にあるのは、虎ノ門にあるバイシクルコーヒーのTシャツです。僕は、下のクランクモチーフのTシャツをGETしました。うちのTシャツは、自転車柄ばっかりです。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

LUG (幡ヶ谷)

BLUE LUG

サイクルジャージは、最近は北参道のraphaで買いますが、普段着のTシャツ系は、幡ヶ谷のBLUE LUGで探す事が多いです。自転車モチーフのTシャツなんかがあったりするのです。

今回、購入したのは、こちら!「CHARI&CO」のTシャツ。

ニューヨーク発のブランドで、自転車パーツからアパレル、サイクルジャージまで様々なアイテムを発信していますニューヨーク在住の後藤雄貴さんと上別府陽介さんの2人が、英語読みした時に「チャリ エン コ」となるように、ネーミング。街を駆け巡るメッセンジャーたち向けに、サイクルアパレルやパーツをの店を立ち上げた所、大成功。BLUE LUGでは、それを逆輸入して、置いているのです。

アメリカのブランドだと、ワンサイズ大きくて、このTシャツも、LだとLLぐらいの感じだったので、Mをチョイス。実際に見にいって良かったです。通販だったら、L買ってたと思う。セーフ!

タイレル

お店の外に止めてある、お客さんの自転車が目にとまりました。TyrellのIVE(タイレル イヴ)。ブロンプトンの折り畳みに似たシステム。ブロンプトンは、内装のギア変速だけど、こちらは、外装。前にブロンプトンに乗せて頂いた時、6速の変速に慣れるの必要でしたが、これ良さそうだなあ。

LUG

さて、このBLUE LUGが経営しているカフェが、幡ヶ谷にあるLUG。かつては別の場所にあったのですが、移転して広くなりました。

看板

以前は、自転車は店内持ち込み可だったのですが、お店の裏側にバイクラックが設置されました。

バイクラック

サイクルラックは2台あるので、結構止められます。でも、ロードバイクだと裏側なので、ちょっと心配でしょうね。

工房

お店の隣には、店内で繋がっている工房があり、カスタム中の自転車が何台か置いてありましたが、こちらに置かしてもらえたら、安心なんですがねえ。最近は、ロードバイクが集まる所専門に狙う、自転車泥棒もいるし。埼玉の、榎本牧場なんかでも盗難がありましたしね。シマノのカフェ、オーブがそんな感じですね。

カウンター

お店は広くなり、夜はディナー&バータイムに。自転車の方は、お酒はダメですよ。

サドル

甲州街道に向いているカウンターは、椅子がサドルになっていました。ポロのスティックが置かれていますが、バイクポロなんかも、やったりするんでしょうか?それとも、このサドルで気分を味わうという物でしょうか?

サンドイッチ

頂いたのは、チキンのサンドイッチ、ドリンク付きで1100円。行ったのが、土曜日だったからか、外国人のグループは、昼間からビールで乾杯していたし、年配のお客さんは、ワインを楽しんでいました。町中なのに、リゾートのような雰囲気。

かつては、知る人ぞ知るお店という感じでしたが、甲州街道の面する通りに移転して、通りかかる人達が覗いて行くので、幡ヶ谷の休日の拠点みたいになって来ています。お店って、こうして成長していくんですね。

■LUG (ラグ)
■東京都渋谷区幡ヶ谷2-19-1 カーサ幡ヶ谷 1F
■営業:
[火~土]
11:00~15:00(ランチ)
15:00~18:00(カフェ)
18:00~翌02:00(ディナー)
[日]
11:00~15:00(ランチ)
15:00~18:00(カフェ)
18:00~23:00(ディナー)
■定休日:月曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ