ハリマ・ケバブ・ビリヤニ(上野)

先日、江古田のマヒグローバルダイニングで食べた骨付きの羊肉のスパイス煮「ニーハリカレー」。これが気になって色々調べたのですが、そんなに多くのお店で出している物ではなさそうです。

ただ、他のお店の味はどうなんだろう?と気になり、リサーチしているうちに、上野の「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」が美味しいと書いているブログをいくつか見つけて、行ってみる事にしました。

店名にあるように、ビリヤニが一番の名物なんですが、今回は「ニーハリ」狙いです。

昼はコスパのいいランチで人気のお店なんですが、ディナーはちょっとばかり高級志向。と言っても、メニューはアラカルトで頼めるので自由な組み合わせで料理を楽しむ事が出来ます。

こちらの事をかいていあるブログなどを読むと、頼んでいないのにサービスでどんどん出てくるお店と書かれた記事が複数ありました。小食だし、それは逆に困るなあと思っていたのですが、僕が行った時は、この豆粉を使った、スパイシーなインドせんべいパパドのみ。ホッとしつつも、少し寂しかったり。どっちやねん。

インド料理の前菜なので、料理が来る前にコレを食べて場つなぎするのですが、上にちらしたトマトやピクルスっぽい野菜が意外に美味しかったです。

ディナーなので、セットではなく、単品で注文したのは「ニーハリカレー」。1428円。骨付きのラム肉を、玉ねぎ、ハーブ、そして沢山の香辛料でコトコト長時間煮込んだもの。

そしてナンではなくロティをチョイス。ナンはどうも油っぽくて、全粒粉を使った無発酵パンの一種、ロティの方が合うんじゃないかと予想。インド人は実はナンは外食で、ロティが家庭の味とか言うのをよく聞くのですが、低糖質ダイエットの時も、ロティの方が低糖質と言っていましたね。

あと、ラッシー。

「ニーハリカレー」は、江古田で食べたのと味の方向性は同じでした。こちらの方が少しとろみが濃いかな?パクチーを散らしてあるのですが、そのほか、ハーブやスパイスがふんだんに使われていて、少し薬草っぽい香りも。骨付きのラム肉がゴロゴロ入っていて、食べ応えあり。

辛さは注文の時店員さんに「少し辛いヨ」と言われていたのですが、そんなにビリビリ来るような刺激的な辛さはなくて、じんわりという感じ。

なのに、食べているうちに滝のような汗が。おしぼりで拭いても拭いても出て来ます。

なんだ?これは?何のスパイスが入っているんだ?風邪をひいた時の漢方系の薬って、効いているのか効いてないのか、手応えがあまりないのですが、このスパイスは目に見えるぐらい汗を出す作用があります。スゲーってびっくりするぐらい。激辛じゃないのに。

なんかスパイスってスゲーんだな。風邪をひきやすい時期にこの「ニーハリカレー」最高ですよ。

■ハリマ・ケバブ・ビリヤニ
■東京都台東区東上野3-36-7 1F
■営業
11:00-15:30
17:00-22:30
■定休日:不定休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る

サウナ&カプセルホテル北欧(上野)

番組で、思いのほか自分のサウナ話がウケました。それは千川の銭湯サウナ、クアパレス藤に行った時の事。サウナには自分ともう一方の二人のみで、その方がサウナハットをかぶっていたので、勇気をだして話しかけてみたというエピソードです。

「そのサウナハットは、どちらで買われた物ですか?」と聞いたら、「池袋のタイムズスパ・レスタで、無料でサウナハット体験会みたいなのがあって、それで良かったので買いました」というお返事。

「僕も、タイムズスパは、先日行きました」というと、互いにオススメサウナの話に。先日最終回を迎えたドラマ「サ道」の世界に近かったので、「そういえばサ道見て、上野の北欧行って来たんですよ」というと、「僕も10回以上行っています」と、盛り上がり。その方が、「お先に!」と上がる時「また、どこかのサウナで!」と言ったという話をしたら、DJやスタッフが何かドラマのようと、盛り上がり。

それきっかけで、その日は、出会った人と去り際に話した一言というので、番組が盛り上がりました。ラグビーW杯で外国人に写真を頼まれた時「Enjoy TOKYO」と言ったら、喜んで貰えたとか。この外国人とのふれあいを、来年のオリンピックまでKEEPしたいねとか。

さて、9月最後の金曜日、プレミアムフライデーに行ったのが、サウナーとの会話でも出て来た、上野の北欧です。

10月10日から、料金改定で、クイック3時間が1400円になるのですが、それでも他のサウナに比べれば格安。僕が行った9月27日は、タオルセット&館内着付きで1000円でしたから、これまでが安すぎでしょ!

ドラマ「サ道」で、本拠地となっていたのが、この北欧で、なんたって露天の整いスペースが充実しているのがいいです!

サウナ、水風呂が凄い所は多々ありますが、その後に外気浴をしながら休憩する椅子やビーチチェアがふんだんに用意されている所って意外に少ないのです。

北欧は、大きめな露天風呂を囲むように、椅子が何脚もあるので、サウナが混雑していても、椅子が満席という事はほぼありません。整いやすい条件が揃っているのです。

さて、北欧に来たかったは、サ道のロケ地というのもあるんですが、その中でも荒川良々さんの回が最高に好きで、家でも会社にも居場所がなくて、一人、この席で飲んでいる時に、一つ前の席で飲んでいた主人公の原田泰造さん達のグループに話しかけられ、嬉しそうに笑顔を浮かべるというシーンが感動的でした。

その荒川良々さんの座っていた席で、同じようにビールを飲んでみました。ドラマのようには話しかけられませんでしたが、この出来事が冒頭のクアパレス藤での、逆に話しかけてみるというのに繋がるのです。

なんか、ますますサウナハマるなあ。サウナ沼ですわ。

Pocket
LINEで送る