珈琲茶館 集 赤坂見附店(赤坂)

集

赤坂で飲み会があったのですが、早めに着いたので、喫茶店で時間つぶし。
最近増えてきた高級喫茶店を売り物にするお店の一つ、
珈琲茶館 集 赤坂見附店に入りました。

とある立ち食いのお店で、お客さんがマスターに、
「コメダ珈琲って、そんなに安くないのに何で客が入るんですかね?」と、
未だにデフレマインドで話をしていました。
コンビニコーヒーだの、マックのコーヒーなどで、
コーヒーは安いみたいなイメージがついていますが、
実は、かなり前から喫茶店は、デフレを脱出する方向で来ています。

コメダはファミレス代わりに使う、ファミリー層も取り入れていますが、
安いのでおなじみのドトールも、シニア層を狙って、
別ブランドの「星乃珈琲店」を展開しています。
「ドトール」は持ち帰りや短時間のお客さんが主ですが、
「星乃珈琲店」は、ゆったりした落ち着いた空間で、客単価は2倍。

高級喫茶店の走りである椿屋珈琲店の、東和フードサービスも好調で
シニア層狙いで、客単価は1000円以上ですもんね。

喫茶店は、若者と年配客と、ブランドを変えてターゲットをしぼり、
徐々に脱デフレにシフトして来ています。

という訳で、そんな高級志向になりつつある喫茶店の一つ
「集」を偵察する事に。

店内

ご覧のように店内は落ち着いた雰囲気で、
普通の喫茶チェーンに比べて高級志向。
お客さんは見事にシニアが多く、
品のようさそうな、お婆ちゃんが、一人でお茶してたり。
若者がいないので、お店は静かで、それが人気の一つなのかもしれませんね。

ケーキ

せっかくなんで、プレミアムリッチと呼ばれるアイスコーヒー、750円と、
苺のババロワをベースにした、苺のシャルロット、660円。

ところで、シニア向けと書いてきましたが、
いったい何歳からがシニアなんでしょう?

僕が毎年参加している富里スイカロードレースは、
40才以上がシニアの部で、僕はこちら側です。
ところが、映画館では、60才以上からシニア割がはじまり
東京ディズニーリゾートでは、65才からなので、
まだそちらには、属していません。

シニア=リタイアの香りもしたりするので、
まだそちらには入りたくない気もするのですが、どうなんでしょう?
初老は、元々40才の事だと知ってビックリした事があるのですが、
寿命が長くなった今では、60才ぐらいを指すように変化して来たそうです。
シニアは、いったい何歳からなんだー?

「おばさんじゃなく、お姉さんでしょ!」の仲間なんですが、
シニアと呼ばれるのを敬遠する人が多いためか、
TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブでは、
60才以上を、シニアと呼ばず、プレミアエイジと呼んでいます。

Tカードを分析して、一番お金を使うのは60代以上という結果から、
プレミアエイジと呼び、そういう人達をターゲットにした
大人向けの高級TSUTAYAを作る事にしました。
それが、代官山の蔦屋書店。

別荘、家、旅行、ヨット、骨董、医療に食、クルマ。
徹底的にこの層を狙った品揃えにしたそうです。
営業時間が、7時からなのは、60代プレミアエイジの朝が早いから。
でも、その高級路線がオシャレだっていうので、
割とお金を持ってる若者にもウケているそうですが。
ミニ情熱大陸みたいな番組「セブンルール」で、
前田敦子さんが、DVDを選んでいたのも、この代官山蔦屋でしたもんね。

一番お金を使うプレミアエイジをターゲットにした高級路線は、
いろいろ始まっている訳ですが、
今回は、まんまとその戦略に乗ってしまったようです。
表でメニューを見たとき、正直、ちょっと高いかなあと思ったけど、
「いや、このぐらい出せる」みたいな見栄が湧いてきて、
結局入っちゃった訳だから。

■珈琲茶館 集 赤坂見附店
■東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル 1F
■営業:
9:00~23:00(月〜土)
10:00~23:00(日祝)
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

最後に一つ、怖い話を。
こういうシニアをターゲットにした商売が出てきて、
高齢化社会が近づいて来ているなと、何となく思う訳ですが、
ユニチャームによると、2012年に、
子供用のオムツと、大人用のオムツの売り上げが逆転しているそうです。
子供用1390億円:大人用1590億円。
日本総介護時代!
きゃーーーーーーーーーーーっ!

Pocket
LINEで送る

オーセンティック(赤坂)

オーセンティック

音楽が引き金となり、それを夢中で聴いていた頃を思い出し、
ちょっぴりせつない気分になったりする事があります。
引き金は、食べ物だったり、写真だったり、
最近ではSNSのオススメに、懐かしい顔が出てくるというのも、
思い出タイムスリップのきっかけの一つかもしれません。

このお店の近くの道を通ると思い出すのが、
テレビ番組の構成作家をしていた時代です。
正しくは構成作家見習い時代。

六本木通りから、全日空ホテルのあたりで左折し、赤坂に抜ける道は、
テレ朝で仕事をして、TBSに向かう時によく通っていました。
先輩がいればタクシーだったのですが、一人の時は徒歩。
赤坂寄りにはお城の形のラブホがあったりして、
いけない場所に来た感もあり、
若かった当時、通るだけで心拍数が少しあがっていた気がします。

そんな道の中程に、今のラジオ番組を担当している制作会社があり、
2週間に1度全曜日のスタッフが集まり、制作会議を行っています。
すぐ近くに、旨いハンバーガーショップがあるのは知っていたのですが、
いつも、会議の時間ギリギリに飛び込むので、ここまでお預け状態。

そこで、今回は早めに行って、ランチをしてから仕事に行くことにしました。
赤坂と溜池山王のちょうど中間ぐらいにある、
オーセンティックというお店です。

店内

このお店、ランチは4時までなのですが、
ラストオーダーが始まるちょっと前に行ったので、
お客さんは、店内に僕一人。
普段ならすぐにスマホを取り出して、
Twitterやらインスタなどを見てしまうのだけど、
腕組みしながら、TV時代の懐かしい光景を思い出していました。
一人だから雑音も聞こえず、ひたってしまったんでしょうね。

それはまだ放送作家見習いだった駆け出しの時代、
扱いはほぼADと同じで、雑用、使いっ走りがメイン。
先輩のタバコを買いに走らされたりしたのですが、
売っている所の少ないレアな種類の物だったりすると、
「売ってませんでした」と報告出来ず、とにかく探しまわりました。
当時のテレビ業界は、今で言うブラック企業で、パワハラなんて当たり前。
なので、怒鳴られるのが怖くて、そのレアなタバコを見つけた際に、
次に言われた時用も買って、鞄にKEEPして置くという技も身につけたり。

TVの収録では、華やかな芸能人を遠目で見ながら、
モデル会社から派遣されたアシスタントを目で追ってたなあ。
仲良くなりたいけど、なかなかハードルが高かった。
番組の打ち上げがあっても、そういう子達は、
プロデューサーやら、チーフディレクターの脇が指定席で、
僕らは、メイクさんのアシスタントとか、歌番組のバックダンサーとか、
「ただいま修行中」のグループが出来て、飲みながら夢を語ってたなあ。

遠い目…。

テレビからラジオへと主戦場は変わったけど、
その時代から、なんとか仕事を続けて来れた所は、
自分を褒めてあげてもいいのではないかな。

チーズバーガー

あの頃、本当にお金が無くて、
マクドナルドでビッグマックなんて注文出来なかった自分が、
その頃を思い出しながら、1100円のチーズバーガーを食べています。
ドリンクつけたら、+190円。

あの頃の自分は、ハンバーガーといえばマクドナルドで、
こんなハンバーガーがある事さえ知りませんでした。

ふわっとしていて、鉄板で焼いた面がパリっとしたバンズ。
シンプルな味付けのパティに、絡まるオーロラソースとチーズ。
新鮮なレタスの食感。

おーい!あの頃の自分!
君は、おっさんになってもその仕事を続けていて、
旨いハンバーガーを食えるようになってるぞ!

■オーセンティック (Authentic)
■東京都港区赤坂2-18-19-101 赤坂シャレー2 1F
■営業
月〜金
11:00~16:00(ランチ)
17:30~21:30(ディナー)
土日祝
11:00~19:30
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る