激坂チャレンジ、目白のぞき坂

立体

ヒルクライムをしていて、徐々にボスキャラの山道になると、
激坂とよばれる区間が含まれてくるようになります。
今でも勾配15%オーバーで、ヒーヒー言っているのに、
20%度クラスの坂が、ポンポン出てくるようになるのです。

そこで、20%オーバーの坂の練習として、目白にやってきました。
ここは通称目白台地、関口台地があり、
神田川に削られた段丘があります。

のぞき坂

まずは、目白の「のぞき坂」にやってきました。
ここは、勾配22%、
23区の中でもトップクラスの激坂として知られています。

かつてクロスバイクに乗っている頃に挑戦し、
何度か失敗の後にやっと登れたのでトラウマにもなっている坂です。

ただ当時は登り方を知らなかったです。
助走と勢いをつけて、ギアもキツくなってから変えていました。
最初からインナーローという一番軽いギアで、ゆっくり登れば、
楽に登れるというのを知ったのは、ヒルクライムをするようになってから。
インナーローだとミニベロでも、楽に登れました。

今回実験したかったのは、アクションカムのAS300を買ったので、
どのようにしたらブレを最小限に抑えて登る事が出来るのか。

ダンシングという立ちこぎだと、登りやすいけど、横振れします。
シッティングだと、ブレが少ない代わりに、フロントが浮きそうになります。
そこで、ドロップハンドルの下、下ハンを持ってシッティングとか色々試してみました。
結果、下ハンでも前輪が浮きやすくなってしまいました。
やっぱりダンシングしか無いのかな?

のぞき坂

のぞき坂を上から見るとこんな感じで、
もう少し前に出て覗かないと見えないので
「のぞき坂」という名前になったんでしょうね。

登れるんだけど、ブレないフォームやポジションは、もう少し研究が必要です。

富士見坂

そして、目白には色々と激坂があって、
こちらは日本女子大の方に近い富士見坂。
人によっては、のぞき坂よりキツいという人もいます。
一説には、最後の方の傾斜が25%あるという人も。

僕が登った感じでは、のぞき坂の方がキツいと感じたのですが、
こちらは、細いのに結構車が上ってきて、
横振れしないように、端っこを登る必要があります。
そういう意味では、ちょっとナーバスになるのかも。

富士見坂

護国寺の講談社が近いせいもあるのか、
この坂は、いろんな漫画に登場します。

有名な所では、アニメ「時をかける少女」で、
倉野瀬商店街の坂道のモデルに。
真琴が思いっきり自転車を漕いで
ブレーキが効かなくなってしまった坂のモデルはこの富士見坂です。

まあ、途中二叉に分かれて、そこに古民家が鎮座しているので
フォトジェニックな坂というのも、あるのでしょうが。

さて、激坂に挑戦の模様は、アクションカムのAS300をハンドルにマウントし、
撮影してみました。
ハンドルにつけると、低速でフラフラした時に横振れがすごいので、
横振れ対策として、ステムのトップキャップにマウントしてる人も多いみたい。
でも、それだと画角の関係で、腕が映り込んでしまうのですが。
このマウントの方法は、まだまだ検討材料がありそうです。

あとは風切り音対策。
台風前で、風が強かったのもあり、かなり風切り音でノイズが出ていました。
あとは下り坂もね。
この辺は、ICレコーダーで取材する時の対策を応用してみたいと思います。

まあ、とにかく今自転車乗りに人気のSONY アクションカム AS300,
買っちゃいました。

これから色々車載動画、撮っていきたいと思いますので、お楽しみに。

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

竹寺ヒルクライム

バス

子の権現や竹寺への起点、中沢のバス停は1日4便しか止まらないのですが、
なんとその中の1便と遭遇する事に。
これって、ドクターイエローと遭遇する並に、貴重な体験なんじゃないでしょうか。
ちなみにお客さんは一人も乗っていませんでした。

分岐

竹寺と子の権現の分岐点。
飯能のラスボス、子の権現との戦いは置いといて、
まずは中ボス、竹寺を倒しに行く事に。

世間ではポケモンGOで、ポケモンとの戦いに夢中ですが、
こっちは、坂道と戦う、山頂へGO!
この辺が激坂が沢山出現する、スポットなのです。

仁田山

分岐を竹寺方面に左へと進むと、山肌にガードレールが。
あれは竹寺ではなく、前回登って来た仁田山峠への道です。
竹寺は、あれより厳しいと言われているので、
もっとキツい斜度を登らなければいけません。

2㎞

その仁田山峠への道と合流する所に、竹寺あと2㎞の看板が。
いよいよですな。
心の準備はOKです!

500m

ゆずの庄で出会ったサイクリストに、
「竹寺は、あと500mの看板が見えてからが一番キツいです」
と言われていたのですが、その看板が見えてきました。

いよいよ戦いの始まります。
入り口で、すでに10%オーバー。

激坂

つづら折りで、13〜14%に跳ね上がります。
もちろん、外側をゆっくり走って行きます。

あ、ちなみにここからは激坂なので、写真は帰りに撮ったものです。

激坂

上から見ると、短い距離でかなり登っているのがわかると思います。
このつづら折りの後が一番キツくて、
自分のガーミンで、14%〜15%がずっと続きました。

未舗装

激坂を登り切り、あと200m。
少し斜度がゆるくなります。
激坂を登ると、その後の斜度がゆるく感じる、激坂麻痺にかかりますが、
それでも10%ぐらいはあるんじゃないですかね。

ここからは未舗装区間のグラベル。
鋭利な意思の破片を拾ってパンクしないように気をつけながら、
慎重に進んでいきます。

山門

そして茅の輪をかたどった山門。
ここまでなんとか足つき無し!

やったー!竹寺GETだぜ!

正面の駐車場にバイクラックがあるので、
そこにロックして、竹寺をめぐる事に。

牛頭天王

本尊「牛頭天王(ごずてんのう)」を祀り敷地内に「薬師如来」もある、
東日本で唯一残る神仏習合のお寺。

明治時代に神仏習合の慣習を禁止する「神仏分離」が行われたのですが、
なぜかこの竹寺は、残されています。

ちなみに、牛頭天王のブロンズ像は、平成4年に設置されたもので
お腹に真実の口のような穴が開けられおり、
手を入れると、牛頭天王の男性自身を握れるように作られています。

僕も手を入れてみようかと思ったのですが、
穴からトカゲが顔を出していて、
守り神のようにこちらを見ていたので、やめときました。

茅の輪

お寺なのに鳥居があるのは、神仏習合の証。
他でも、お寺なのに鳥居がある場合は、かつて神仏習合していた事になります。

茅の輪をくぐって本殿へ。

トーテムポール

ちなみに本殿の脇に、焼け焦げたトーテムポールがあったのですが、
平成11年に本殿が火事で焼失した時に、まわりの木も焼け、
その残骸を利用して掘ったものだそうです。

景色

標高は490m。
晴れていれば新宿の高層ビル群まで見えます。
この日も見えたのですが、
コンデジのズームでは映像はとらえきれませんでした。

本殿

こちらの御利益は、疫病消除、除災招福、出世開運だそうです。
どうか、病気や災難に遭いませんように。

竹寺立体

残り500部分を立体で見ると、こんな感じです。
イメージしやすいかと。

竹寺

【↑フリー素材】
竹寺ヒルクライム立体図。
竹寺へ登った記事のブログやツイッターなどに自由にお使いください。

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村