有間峠ヒルクライム(下り編)

有間峠

標高1142mの有間峠から、今度は秩父方面にダウンヒルです。
雨や台風、崖崩れでちょいちょい閉鎖される、この峠、なので、長い間リベンジのチャンスを逃してきました。だから今回、有間峠に登ったのも初なら、秩父方面に下るのも初です。秩父側の方が、若干、路面がいいそうなので、ここから颯爽とダウンヒルという気分です。

下り

ところが、この下りが、結構長い!新緑の森の中を下っていくので、木が生い茂り眺望が良くありません。はっきり言って、同じような景色ばかりで、ちょっと飽きます。

それにしても有間峠は、動物類が沢山いるようで、猿やリスらしき物も見ましが、一番驚いたのは、キジが3羽集団で走って道を横切った事。なんか、ジュラシックワールドに出てくる、小さい恐竜みたいでビビりました。頼むから熊だけは出ないでくれよと祈りつつも、ブレーキ握りっぱなしで、慎重に下っていきます。

橋

唯一景色が開けるのは、谷を渡る橋のような部分。ここはいろいろな人の有間峠ヒルクライムのブログ記事にも出てくるスポットです。欄干のようなガードレールが出てきたら、お写真スポットです!ここを逃すと、なかなかいい眺望の所は無いので注意してください。あの山の稜線から下ってきているので、かなり下った事になるのですが、ここから、まだまだ下っていきます。

せせらぎ

木々が風で揺れる音だったり、鳥のさえずり、そこに人工的なカンパニョーロ・ゾンダののラチェット音。都心部にいたら、音として聞き逃している物たちが、鈍っていた五感に語りかけてきます。いつしかそれに加えて川のせせらぎの音が。そうかあ、音として聞こえるほど水量がまとまってきたのか。という事は、かなり下って来たんですね。

定峰峠からの下りだと、ジェラテリアHANAの手前がこんな感じですね。じゃあ、そろそろカフェ的な物でも出てくるのでは?…と思っていたら出てきたのは!

アート

不思議なアート。
浦山地区にある毛附(けつけ)トンネル付近には、来る物を拒んでんだか、歓迎してんだかわかならい、不思議アートが並んでいます。

渓谷

渓谷沿いを走る道は、ツール・ド・フランスとかに出てきそうな雰囲気。ダウンヒルしてきた集団が、そろそろ本気出して、逃げ集団を吸収しようとするのが、こんな風景。

裏山

浦山大橋を、残り何㎞かのゲートに見立てて、下っていきます。さすがにこの付近はブレーキ開放なので、フルームのクラウチングスタイル気分です。ホントは、普通にサドルに座っているだけですけど。

ところで、この橋の名前を検索しようとちら、「浦山大橋+心霊スポット」とかが検索窓に予測で出てくるのね。不思議なアートがあった浦山地区も、実は廃村マニアに人気のスポットだったり。なにかが起こりそうなスポットを、何も起こらずに通過できてラッキーでした。

浦山ダム

順調に下って、浦山ダムに到着!

ダム

重力式コンクリートダムとしては奥只見ダムに続き全国2番目の高さを誇るそうです。高さ、156.0m。

安産

ダムには、いろんなオブジェが配置されているのですが、何気なく停めた所にあったのが、「安産守尊像」丸いところをなでると安産になるという説明書きがあるのですが、コレ、形が直接的過ぎません?笑っていいとも時代の、タモリさんの安産祈願のメモもそうでしたが。アートにしても、御利益にしても中途半端な気が。というつつ、出産間近が友人がいるので、一応、指示通り、丸い部分をなでておきましたが。

城峰山

ダムの正面、その奥に薄らと見えている山脈の、一番高い所が、城峯山だそうです。かつて、あをこに登ったんだなあ。今や、タダの貧脚ヘタレになってしまいましたが、4年前は、まあまあ頑張って色々登ってたんだなあ。

インド料理

秩父の市街地に戻ってきました。その中でちょっと気になって足を止めて写真を撮ったのが、真ん中ののぼり「インドおせち」3000円。インドおせちって何?タンドリーチキンとか、そういうのの詰め合わせ?それはいいとして、もう6月!おせちって、どういう事?

武甲山

お出かけなんだけど、毎度ヒルクライムの終わりに見てるからなんだか「お帰り」の雰囲気の漂う、武甲山。

体調万全では無かったですが、閉鎖の噂を聞いて
「無理して登った有間峠」
「無理して登った有間峠」

小学校の教師が考えそうな卒業式シュプレヒコールが、頭の中で、リフレインしたのでした。

下りだけで、西武秩父駅まで23.5㎞。結構あるね。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

有間峠ヒルクライム(登り編)

名栗湖

7月にまた有間峠が閉鎖されてしまうと聞いて、じゃあ、今のうちに登っておこうかとリベンジしに来ました。
4年前の秋に上まで行ったんですが、日没が16時半で、15時半で、稜線の大岩のあたり。残りの稜線部分4㎞を往復すると、真っ暗な中を走る羽目になりそうだったので、泣く泣く暗くなる前に引き返したのです。

今回は日没の心配は無いのですが、気温30度を超える天候なのか、BAD DAYなのか、名栗湖までの坂も、いつもよりキツい。今シーズンは、仁田山1本と、完全に練習不足。さあ、どうする?

DNS、やめとくか…そんな風に止める方に傾いた時、一人のバイカーに話しかけられました。
「7月に名栗峠の林道が閉鎖されるっていうので、走っておきたいんですが、この先でいいんですかね?」
「この奥に走って行って、有間渓谷観光釣り場を越えたら、二股に分かれるので、右に行ってください。」
「ありがとうございます。今日はヒルクライムするんですか?」
「え?考え中です」
「自転車の人達って、自力で登るなんて凄いですね。頑張ってください!」

いやいや、まだ登るとか言ってないから。なんか、登らざるを得ない雰囲気じゃないですか。じゃあ、行けるところまで行って、駄目だったら無理せず引き返すか。…と行ってみる事にしました。

カヌー

湖の奥の方に行くと、徐々に木々に囲まれて、日差しが遮られ、少し涼しくなって来ました。お!これは行けるか?

ゲート

観光釣り場を越えたら右、有間峠へ向います。広河原逆川林道のゲートが見えてきました。7月になるとここが施錠され、通れなくなるので今のうちです。さて、ここからは写真を撮る余力がありませんでした。

まずは、ゆっくりながら順調に登っていきます。ただ、ガーミンで14%のあたりになると、時速は5㎞前後までダウン。これで距離が短ければ、無理矢理頑張るのですが、先が長い事はわかっているので、のんびりと。

すると、意外な伏兵というか、息も足も大丈夫なのに、突然持病の腰痛が襲ってきました!頭の中でドラクエのモンスター登場の音楽が鳴ります。
「♪ヒュルルル〜腰痛が現れた」
ガシガシに腰が固まっていきます。我慢して、我慢して、巻き貝っぽくなっている外側を通り、その後、ゆるい直線っぽくなった所で、状態を起こして伸び!

続いては、心拍数と息。これは暑さなのか、体力不足なのか、稜線付近に近づき、あと1ターンぐらいか?と回ると、まだまだ直接で登るコースが見えて、心折れそうになります。ナビは使わない派なんですが、今回ばかりは、今どこを走っているのか、地図で知りたかったです。

大岩

稜線に出てからは、完全に乳酸ですね。斜度がゆるくなり、時折下りも入るのに、足がまわらない。前に登った時は、こんなにツラくなかったぞー!やっぱり練習不足なんでしょうね。

大岩を過ぎてから、稜線が見通せた場所を探して、写真を撮ろうと思ったのですが、新緑の季節で、青々とした木々に囲まれて先が見通せません。秋には、見えたんだけどね。

有間峠

なんとかたどり着きました有間峠。
記念撮影したいのに、ちょっとー!どういう事?バイクの人が峠の票の前に停めてどっか行って、なかなか帰って来ません。しばらく待ったんだけど、全然、帰ってこない!この日の山頂は、なんだかヤブ蚊の大群が凄くて、払っても払っても、ヤブ蚊に囲まれてしまいます。

有間峠

仕方がないので、いびつなトリミング。せっかく登ったのに、コレかよ。バイクの人は、どこ行ったんだ?立ちションか?野ぐそか?峠の標の前にバイク置いて塞いでいなくなるのやめてっ!

名栗湖

おお、あそこから登ってきたのだね。名栗湖が見えます。標高, 1142m。んー本調子の時にリベンジしたいけど、しばらくはいいか。7月閉鎖を言い訳に、他の峠でトレーニングする事にしましょう。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ