アエル コーヒーストップ(赤羽)

岩淵水門

サイクリストの皆様!朗報です!
荒川サイクリングロード岩淵水門の近くにカフェが出来ました!
しかも隣はロードバイクのお店になる予定!
岩淵水門といえば、下流から来て、ここで折り返し。
または、上流に行ってきて、帰りはここから一般道へ。
など、サイクリングロードの休憩スポットとなっている場所です。
前々から、この付近にチャリカフェがあればいいのにと思っていましたが、
ようやく、そういう文化が花開きそうです。

荒川CR

では、その新しいカフェへの行き方です。
カフェに行くには、この写真の見た目の背中側、
つまり上流方面へと向かいます。

荒川CR

サイクリングロードの本線は、右土手下へと下っていくのですが、
下らずにそのまま土手の上を直進してください。

スロープ

すると国道122号線の岩槻街道の橋、新荒川大橋が見えて来るのですが、
その手前に土手下左へと向かうスロープが見えてきます。

桜

ソメイヨシノは散ってしまいましたが、
4月5日(木)現在、八重桜の一種、フゲンゾウが満開となっています。

岩淵橋

スロープを下ると、岩淵橋が見えてくるので、それを渡り、
突き当たりを、右手へと進みます。

スロープ

降りたら左に曲がり横断歩道を渡ります。

路地

そして、路地を入っていきます。

八雲神社

入ってすぐの所に八雲神社がありますが、そこの立て看板によると、
この付近は江戸時代に、岩槻街道の最初の宿場町、岩淵宿でした。
一般の旅人は日光街道を使い、北千住を宿場町としていたのですが、
徳川将軍は、岩槻街道を使って日光に向かっていたそうです。
そのため、将軍専用日光社参専用道路、日光御成道とも呼ばれました。
徳川家康の遺骸を、静岡の久能山東照宮から、
日光東照宮に移送する時に、初めて使われ、
そこから将軍の日光参りの道となったようです。

路地

その路地を進んで行き、正面にピンクの建物が見え、
銭湯の煙突が見てきたら、目的地は、もうすぐです。

銭湯

岩の湯は、男湯と女湯の間に、ペンキ絵の富士山が鎮座する
昔ながらの銭湯です。
営業時間は、15:30~24:00で、金曜日が定休日。
夏とか、ひとっ走りして、銭湯でスッキリというのもいいかもしれません。

アエル

そのすぐ近くに出来た待望のカフェが、アエル コーヒーストップ。
いろんな人に会えるという意味合いがあるようで、
この左隣に、ロードバイクのサイクルショップが出来る予定です。
となると、後楽園のリンズ・トーキョーのように、
自転車屋さんと、カフェが並ぶショップとなります。
自転車屋さんは、R-Factoryというお店で、5月にオープンの予定だとか。

自転車

今のところ、隣に自転車屋さんが入っていないので、
このように塀の中にも駐輪出来るし、お店からも見えるので安心です。

自転車屋

この付近は、古くからの長屋が多いのですが、
それだと高齢者しか住まないので、
思い切って一体をリノベーションして、
若者の集まる店舗を入れて、活性化しようという試みです。
左の建物の手前が、サイクルショップに。
その隣が、アエル・コーヒー・ストップで、
その右隣の建物は、今のところ空き店舗で、
月1ぐらいで、「宿場町まるしぇ」が開催され、
いろんなお店の出店で、賑わっているようです。
楽しそう!

ホットサンド

さて、この日、頂いたのは、カプチーノ550円と、ホットサンド、800円。
豆はオーストラリアから輸入しているそうで、
この日、そのコーヒー農園のオーナーが遊びに来ていました。
ラグビーとかやっていそうな、ごっつい人でした。
フレンドリーな若いご夫婦でやっているお店で、
いろいろ教えてくれました。

朝7時からやっているので、早朝サイクリングで朝活した後に、
寄っていく人も多いそうで、すでに週末にはサイクリストも多数。
前から、この付近にサイクリスト向けのカフェが出来ると、
絶対に人気になると提唱して来たので、
ついに出来たか!と、感動しております。

■アエル コーヒーストップ (AERU COFFEE STOP)
■東京都北区岩淵町15-8
■営業:7:00〜18:00
■定休日:水曜日
場所はこのへん
お店のfacebook

Pocket
LINEで送る

ハッピータイム(吉見町)

上江橋

荒川サイクリングロード、久々に上江橋を越えて上流へ。
橋の中央から降りて中州で一休み。
前はボトルに水を入れていたのですが、
塩分が失われてしまうと足を痙攣する確率が上がったので、
必ずスポーツドリンクを補給するようにしました。

菜の花

この日は風も無く快適なサイクリング。
花鳥風月の花で、満開の桜を見るために北上しているのですが、
土手の菜の花にも反応をしてしまいます。

分岐

途中、比企自転車道との分岐が現れるのですが、
そのまま荒川サイクリングロードを進みます。
そういえば、比企自転車道って、行った事ないなあ。
今度行ってみよう。

桜堤

そして、やってきました、吉見町の「さくら堤公園」。
東京は、ほぼ散ってしまっていた桜も、
少し北、埼玉の吉見町では、ちょうど満開。
サイクルコンピュータを見ると、練馬から北に40㎞。
東京と埼玉は、お隣同士ですが、
こうして、同じ時期でも少し気温が違うんですね。

トンネル

桜のトンネルの真ん中を荒川サイクリングロードが通ります。
この時期は、お花見客も多いので、超徐行で通ります。
ちょうど風が吹いてきて、チラチラと花びらが舞います。

桜並木

実はこの場所、土手の下は菜の花畑になっていて、
上が桜のピンク、下が菜の花の黄色の二色構造。
花見客は、菜の花の中にシートを敷いたり、
折りたたみのチェアを置いたりして、楽しんでいました。
これも東京の花見とは、ちょっと違う感じですね。

ハッピータイム

吉見で人気なのが、ガーデンセンター「さにべる」の敷地にある
ログハウスのカフェ「ハッピータイム」
壁際に長いベンチがあり、順番待ちのお客さんが並んで座っています。
行列ですが、立って並ばなくていいので助かりますね。

バイクラック

荒川サイクリングロードから、10分ぐらいの所にあるので、
サイクリストも多く、バイクラックも完備されています。
この日は、僕の前に並んでいた人もサイクルジャージの方で、
お店の方に、一緒のグループにされそうになりました。

こいいちご

ハッピータイムの名物となっているのが、
凍ったイチゴを削る「ここいちご」そこに練乳がかけられています。
これは、さらにバニラアイス、ホイップクリーム、イチゴソースをかけた、
「ここいちごスペシャル」900円。
かき氷のイチゴ味ではなく、完全にイチゴそのものです。
前から思っているのですが、イチゴ味のお菓子とかって、
もっと本物に似せられるハズなのに、
あえて歯磨きのイチゴ味の方面に寄せていますよね。
この本物のイチゴを食べれば、
イチゴ味が、本物のイチゴとはかけ離れている事が実感出来ます。
美味しかったー。
かき氷とは、全く別次元です。

■ハッピー タイム (Happy Time)
■埼玉県比企郡吉見町谷口205 ガーデンセンターサニベル
■営業:11:30 〜 18:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のサイト

本田

行きは天気もよく風も無く、穏やかなサイクリング日和だったのに、
帰りは、強い風が吹き始め、完全な向かい風。
他のサイクリストも、前傾姿勢を低くする為にみんな下ハン持っています。
さらに気温も下がったので、秋ヶ瀬公園の自販機で、
暖かい缶コーヒーでも買おうと思ったら、
4月になったからか、見事に全部、冷たい飲み物。
一緒に休憩していた方も、「あ!冷たいのしか無い!」と言っていて、
そこから、向かい風でしんどかったトークで盛り上がりました。

Pocket
LINEで送る