VIA(指扇)

土手

榎本牧場からの帰り道、川越線の踏切を越えると土手の上のサイクリングロードは閉鎖されていました。工事案内図には「天端サイクリングロードは利用出来ないので迂回してください」との表記が。荒川サイクリングロードじゃなく、この区間「天端サイクリングロード」って言うの?って思ったのですが、調べてみると「天端」とは土手の一番高い部分の名称だそうです。ちなみに「天端」と書いて「てんば」と読みます。

さあ、あなたも使ってみましょう。友人に「この前、土手の上を散歩してたんだけど」言われたら「ああ!てんばね」

迂回路

「天端」から右側の西遊馬公園の方に降りていって、突き当たりの所から、土手下の迂回路を進みます。

桃月園

ちょうど、桃月園があるあたりです。いまやサイクルオアシスとなった桃月園、この迂回路でより近くなった為か、この日はものすごい多くのサイクリストが訪れていました。

メニュー

かき氷の「ライアンマルニ」の1階には、「桃月明水堂」があり、釜茶の他、朝がゆとかフォーとかも出しているみたいです。そういえば、こちらの2店は未訪問だなあ。

VIA

さて、VIAのサイクルラックがものすごい事になっています。僕が最初にここを訪れたのは、2015年の5月だったのですが、その時、ここはまだ知る人ぞ知るお店で、行ってもサイクリストは、2〜3人というような感じでした。それが今や、ロードバイクが5台止められるサイクルラックが、5セットあるのに満車。25台以上のロードバイクが一堂に会しています。

ブロンプトン

さらにテラスの上には、折りたたみのブロンプトン置き場も。

このブログを始めた2010年、8年前って、女性サイクリストがほとんどいなくて、オジサンサイクリストばかり。だからどのサイクリストのブログ見ても、ライドの途中で、蕎麦がうどんという時代。違うのは牧場ジェラートと、越生のシロクマパンぐらいでした。これじゃ女性ウケしないい!…と自転車でカフェめぐりを提唱して「チャリカフェ」という言葉も作り、ブログで紹介して行った訳です。

ヒントになったのは、ラジオで新城幸也さんをゲストに迎えた時に、「オフシーズンのトレーニングは、タイとかインドネシアでやるんだけど、美味しいコーヒーとか探して、ロングライドしますね。コピ・ルアクというコーヒーは、ジャコウネコがコーヒーの果実を餌として食べ、体内で果肉部分は消化されるんですけど、種の部分が消化されず糞として排泄されるんです。それを糞の中から取り出して集めて洗ったのがコピ・ルアク。これが糞の中から取りだしたのに、世界一高い値段がつけられているんですよ。これが美味しいんです」という話をしてくれました。

そのときに「これだ!」って思ったんですよ。自転車でコーヒーを飲みに行くをコンセプトに「チャリカフェ」というブログを始めました。当時はまだクロスもロードもミニベロも持っていなくて、ママチャリだけだったので、ご近所めぐりから始め、すぐにGIOSのクロスを買って、まずは23区喫茶店めぐり。そして奥多摩、檜原村まで制覇して、次は埼玉へと距離を伸ばして行ったんですね。

自画自賛すると、今のチャリカフェ文化に、かなり貢献してると思うんだけどなあ。

ケーキ

この日は、店内もテラスもサイクリストでいっぱい!注文をすると名前を聞かれ、出来ると名前で呼んでくれるシステムでした。

カフェオレ

頂いたのは富有柿とゆずのケーキとカフェオレ。この日、約半年ぶりぐらいのロードバイクでのサイクリングでしたが、ベニーノ ヴィッラでピザ、榎本牧場でジェラートとココア、VIAでケーキとカフェオレ飲んで食べ過ぎかなと思ったのですが、翌日、1㎏痩せていました。ジムでランニングしても500gぐらいしか痩せないのに、やはりロングライドは、長時間のエアロビクスで、脂肪燃焼にいいんですね。

今年は、珍しく冬も走ろうかな。

■VIA(ヴァイア)
■さいたま市西区西遊馬3131
■営業:10:00〜17:30(土日)
冬季は15:30閉店?
■定休日:月〜金
場所はこのへん
お店のfacebookページ

Pocket
LINEで送る

榎本牧場フォルトゥーナ

トンネル

荒川サイクリングロードの上流は、土手の工事の影響でコースが変更となり、回避コースが設定されています。一つ手前のエントリーで西遊馬公園のコース変更を書きましたが、その先、上江橋の下をくぐって榎本牧場へ行くトンネルも閉鎖されていました。

看板

設置されていた看板をみると、右のトンネルをくぐり迂回路を通って行くように指示がありました。

迂回路

トンネルをくぐったら、左方向に道なりに進んでいきます。

看板

大宮国際C.Cの看板がある交差点を左。

CC

そして大宮国際カントリークラブを右に進みます。

看板

結構進んだなあ。本当にこの道で迂回路は合っているのかなあ?と思った頃、土手に向かう指示が出て来て、一安心。合っていました。

土手

土手に登る道は途中で分かれていました。これ、どっちかなあ?通常の道は左で土手の上へ。右はサブの道として、下道へのアクセスに使われる場合もあります。選択に悩みましたが、ここに進行方向の指示がないので、左を選択し、通常コースの土手上部に進む事にしました。

回避

結果、失敗でした。上の道は途中で閉鎖され、大きく迂回するように指示がありました。下道の方はストレートです。あーあ!サイクリングだから笑い話ですが、人生の選択だったら行き止まりです。これは何か、今後選択ミスをするなというお告げなのかもしれませんね。笑

榎本牧場

その後は、いつも通りとなり榎本牧場へ。夏場は満載のサイクルラックもスッカスカ。そういえば、荒川サイクリングロードも思ったより、サイクリストが少なかったなあ。サボっていたのは僕だけじゃなく、他のサイクリストもそうなんでしょうか?Twitterやインスタでフォローしているサイクリストは、毎週アクティブに出かけていたので、みんながそうだと思い込んでいたのですが、土曜の晴れで、この閑散とした感じは…。

盗難

ところで、榎本牧場にはこんな注意喚起の看板があります。実は榎本牧場では過去にロードバイクの盗難事件がありました。なんか、ここに来ると「自転車に乗ってる奴に悪いヤツはいねえよ!」的な気分になるのは事実なんですが、ロードで来てないヤツが、ロックされていない自転車をみつけて、さっと乗って帰るのです。その後はネット販売したりするんでしょうが。

この日も、この看板の下に止めてあったウィリエールがロックされていませんでした。モデルが女性モデルのStellaだから女性サイクリストですね。完成車で30万超えるんだから、気をつけてくださいね。「ひょっこりはん」なれぬ「うっかりさん」をよく見かけるので、ここは注意喚起したい所です。

知り合いの女子もマンションの共同玄関内にロック無しで置いておいて盗まれ、その後、後悔してました。ロードは地球ロックが基本です。自分はロックしても盗まれる報告をみて、軽量で便利だけど、ペンチ一発で切れるワイヤーロックはやめて、チェーンロックにしました。

榎本牧場

さて、寒いけどジェラート。

ジェラート

基本、牧場だけにシンプルに濃厚な味が楽しめるミルクは外さないのですが、もう一種は、目新しい物をチョイスします。キャラメル&アーモンドのプラリネにも惹かれたのですが、今回はティラミスをチョイス!でも、個人的なオススメはラムレーズンです。

ジェラート

左がティラミスで、当然冷たいのですが、味が濃厚だから、脳が錯覚するのか、ケーキのティラミスを食べているような感覚になるのですよ。ジェラートを食べているのに、頭の中に浮かんでいるのはスイーツのティラミス。冷たいという感覚が飛びます。脳って騙されやすですね。

ココア

とはいえ、体は冷えるのですが、そんな時に目に飛び込んで来たのが「ホットココア」という文字。それまで、冬場はこの敷地にホットコーヒーのワゴンとか出したら、結構需要あるだろうなあと思っていたのですが、お店にホットココアがあったんですね。しかも生クリームの代わりに、ミルクジェラートをワンスプーン浮かせるというじゃないですか。それは飲んでみたくなるでしょう。と、再注文。

冬場、ここまで来て「寒い!」と思った方は、迷わず頼むべし!旨いです!

ホットココアを飲んでいると女性サイクリストから「あ!マルコさん!」という声があがりました。振り返ると後ろにサイクルジャージの「カペルミュール」のモデルを務めているスキンヘッドのイタリア人のマルコさんが。女性のジャージをみたらカペルミュールで、パンフレットとかで見ていたんでしょうね。マルコさんは自転車ではなく車で来た模様でしたが、僕もパンフレットでお見かけしたお姿に遭遇して、チラ見してしまいました。

■榎本牧場フォルトゥーナ
■埼玉県上尾市畔吉736-1 榎本牧場内
■営業:10:00~18:00
■定休日:正月1〜3日
場所はこのへん
オフィシャルサイト

Pocket
LINEで送る