365日と日本橋(日本橋)

開発の目まぐるしい日本橋。ビジネスマンに数に対して、飲食店の数が足りて無くて、ランチ時は難民がでるというような話を、よくガイアの夜明けなどでやっています。テイクアウトのお店も足りていないらしい。

そこで、新たな商業施設を作る時に、人気店を誘致。日本橋高島屋の新館に誘致されたのが、代々木八幡の人気のパン屋さん「365日」。行列の出来るお店なんですが、ちょうどイートインのランチの終わる直前ぐらいだったので、お客さんが切れた瞬間。ラッキー!

イートインのカフェタイム。多くのメニューが売り切れていたので、アボカドとサーモンのサンド1100円と、アイスラテ500円。イートインなので消費税10%の160円がついて、1760円。まあまあいいお値段。

パンはディンケル小麦だそうですが、ドイツパンで一般的な小麦らしいですね。

食べ終わってからパンのショーケースを覗いていたら、食パンを1cm四方ぐらいにカットした物を、いろいろ試食させてくれました。今、流行りの高級食パンみたいな感じじゃなく、素朴でありながら、しっかりとした味わいのパンが多いですね。

■365日と日本橋
■東京都中央区日本橋2-5-1 日本橋髙島屋 S.C.新館 1F
■営業:
7:30~20:00(月〜金)
10:30~20:00(土日祝)
■定休日:高島屋に準ずる
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

BARA cafe(銀座一丁目)

番組で毎回全国の銘菓を食べるコーナーがあって、来週は茨城県なので、茨城県のアンテナショップ「SENSE SHOP」にやってきました。かつては「茨城マルシェ」という名前だったのですが、県の魅力度で毎年最下位になる事のイメージアップ作戦でしょうか?とってもオシャレになっていました。

県のアンテナショップって2種類あって、こういう風に品数を絞ってオシャレ度をアップする所と、ドンキホーテのようにとにかく物産を詰め込むタイプの所がありますが、最近はオシャレ系が増えていますね。北関東組の群馬も銀座にあり、名前は「ぐんまちゃん家」ですが、オシャレです。

「SENSE SHOP」に銀座の一番端っこで、行列の出来るパン屋さん「セントル ザ・ベーカリー」のお隣です。

こちらには、「BARA cafe」という茨城の産品を使ったカフェも併設されているのですが、今の時期は、県の名産「メロン」を使ったスイーツが人気です。

今は、アールスメロンを使ったパフェ、1600円が。このメロンも旬の時期で、品種が変わります。

ちなみにアールスメロンとマスクメロンの違いですが、マスクメロンは、網目があって香りが高いメロンの総称で、品種ではありません。なので、マスクメロンは、アールスメロンの一部の事。クラウンメロンは、静岡産のブランド名です。

高級メロンのアールスメロンですが、これって切り方が難しいんじゃないかと思いました。貧乏性で皮のギリギリまで切り取ると、青臭さが残ってしまし、せっかくの高級メロンの甘味が薄れてしまいます。

現役時代の長嶋さんはスイカの先っぽしか食べずに、あとは残していたという伝説がありますが、高級メロンも金持ち食い、先っぽだけ食べるのが一番旨いのでは?なので、どの部分まで残すか、切り方が難しいなあと思いました。

■BARA cafe
■東京都中央区銀座1-2-1 IBARAKI sense内
■営業:
11:00~23:00(ダイニング)
11:00~21:00(カフェ)
■定休日:年末年始
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ