あぶくり(雑司ヶ谷)

鬼子母神

池袋のジュンク堂に行ったついでに、ちょいと足を伸ばして雑司ヶ谷へ。
手創り市の時は大混雑の鬼子母神も、日曜日だというのに人もまばら。

参道

参道も静まりかえっているのですが、
中程にあるキアズマ珈琲だけ、店内がにぎわっていました。

階段

さて、雑司ヶ谷に足を伸ばしたのは、
自転車仲間から、新しいカフェが出来たという情報を頂いたので、
それを確かめにきた訳です。

先ほどの閑散とした鬼子母神も、手創り市になると大混雑。
近くのカフェはどこも満席という事で、
新しいお店をチェックしておきたかったのです。

お店は2階なのですが、階段に置かれているこの看板だけが目印。

雑司ヶ谷の駅、交番から、一つ椿山荘よりの信号の所にあります。
ちなみに、この写真の自販機のある方の坂を下ったところにあるのが、
目白不動尊です。

入り口

階段をあがった所に、こんな入り口があります。

店内

カウンターの所に、いろいろと興味深い本がズラリ。
雑司ヶ谷は、古本市なども行われるので、
こんな風に軽く読書出来る環境は嬉しい。

店内

店内の奥にはミニライブとか行えそうなスペースも。

パスタ

さて、こちらはサンドイッチとコーヒーのお店なので、
当然、そちらを注文しようと思っていたのですが、
他の席のお客さんが頂いているパスタが美味しそうでした。

シェフの気まぐれパスタ、1200円(限定5食)。
あちらの方が一食頂いているという事は、MAXでも残り4食か。
うーん、食べたい!
「パスタまだありますか?」
と、気づいた時には注文していました。
コーヒーは、プラス100円。

この日はペペロンチーノ風のシンプルな味付けでしたが、
大ぶりのベーコンなどにも味がついているので、ちょうどいい。
好みの味です。

定番のサンドイッチは、800円で、こちらもプラス100円でドリンク付きに。
後でわかったのですが…、
雑司ヶ谷で人気のパン屋さんの、赤丸ベーカリーのパンを使い、
コーヒーも同じく雑司ヶ谷で人気の
エスプレッソ・フェリーチェ・ロースターらしいので、
今度こそ、サンドイッチセットを食べようと思ったのでした。

■あぶくり
■東京都豊島区高田1-36-18 ハウスTKA目白 2F
■営業:
9:00~17:00(火〜金)
11:30~17:00(土日)
■定休日:月曜、第3火曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

西洋釣具珈琲店リールズ(雑司ヶ谷)

のぞき坂

YouTubeで
「自転車芸人・安田団長がオススメする東京の激坂ベスト3」というのを見ていたら、
僕が登った事のある雑司ヶ谷の「のぞき坂」が第2位でした。
全長290m、高低差66m、傾斜角13度という都内でも有数の激坂。

僕が前に登った時は助走を長くとったのですが、
団長はほとんど助走をとらずに、いきなり登っていきました。

その登り方を見たら、試して見たくなったのです。
「この坂もまた実に登りたくなる坂である。」は全力坂のフレーズですが、
こちらは自転車で登りたくなる「全力ヒルクライム」の名所なのです。

そこで僕も、今回は助走をとらずに登ってみる事にしました。

僕の自転車は、前が2段、後ろが9段の18段なのですが、
最初からフロントをインナー(前のギアを、小さい方)に入れて、
後ろは、5速ぐらいからはじめました。

坂の3分の1ぐらいまでは、これで行ける。
そこから一段づつ軽くして、後ろは9段中8段まで使って登り切りました。
ただ、激坂の途中でギアを変えると、
ガコーンとチェーンが外れそうなぐらいのショックがあり、
次は、最初から後ろ8段で登ってみようかと思っています。

どうやったらスムーズに登れるのでしょう?
教えて!激坂ヒルクライマーな方!

リールス

坂を登った所は雑司ヶ谷。
そこでお茶をしていく事にしました。
都電「鬼子母神前」の前にある、と、ちょっとややこしいですが、
つまり駅前にあるって事です。

お店もちょっとややこしくて、店名は西洋釣具珈琲店リールズ。
釣りが趣味という店主が、釣り道具のリールも売っている喫茶店なので、
こういう名前に。

張り紙

入り口には、全席喫煙との張り紙があり、
非喫煙者である僕は、ちょいと心配だったのですが、
入り口近くに一つ離れた席が空いていたので、そこに陣取りました。
ここなら煙から逃れられる。

メニューにも「嫌煙権を主張する方のご利用はご遠慮ください」と書かれていて、
今や少なくなった愛煙家の為の、喫茶店のようです。

喫茶店と書きましたが、カフェと地元喫茶の中間ぐらいのお店かな?
カウンターには常連さんが陣取り、世間話に花を咲かせています。
マスターと常連さんとの会話も、ご近所さんという感じでした。

都電

駅前なので、窓からは都電が見えます。

表の風景を眺めていると、この付近は、巣鴨ほどではありませんが、
それでも比較的高齢者が多いようです。
そんな行き交う人々を観察していると、
高齢者の服は、独特の色が多いことにきづかされます。
焦げ茶とエンジとパープルの中間のような。
何色っていうのアレ?
なぜ、年を重ねるとあのような色が好きになるのでしょう?
見事に、その色を着ている年配の方が多かったです。

サイフォン

こちらは最近では少なくなったサイフォンでコーヒーを提供するお店。
注文したのは、ケニア550円と、
本日のデザート、マロン・バニーユ450円。

ケニアを注文したのは、比較的よく知っている味で
サイフォンのコーヒーの違いを比べてみたかったからです。

あくまでも個人的な感想なのですが、
ケニアは比較的酸味が強くフルーティーな感じなのですが、
サイフォンで淹れたこちらは、苦みもしっかりありました。
この方式だと、きっちり濃く抽出されるという事なんでしょうか?
最近、サイフォン方式を飲んでないので、一概に言えませんが、
なんだかそんな感じがしました。

何人かお客さんがやってきたのですが、
「すいません、ただ今、満席でして」と、あやまるマスター。

「今日は鬼子母神で、手創り市をやってるからじゃないですか?」
なんて会話が耳に入り、行ってみる為に、席を立つことにしたのでした。

■西洋釣具珈琲店 Reels (リールズ)
■東京都豊島区雑司が谷2-8-6
■営業:
10:00~19:00(火〜土)
10:00~18:00(日)
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村