ボンベイ(柏)

ボンベイ

超、久々の柏。そしてボンベイ。

関係ないけど、ボンベイって書くとATOKが
「ボンベイ<地名変更→ムンバイ>」って訂正を要求して来ます。
1995年、ヒンドゥー至上主義の極右政党が主導したことにより、
英語での公式名称がボンベイ (Bombay) から、
現地語(マラーティー語)での名称にもとづく
ムンバイへと変更されたそうです。

自国ファースト的な流れは、今に始まった事ではないのね。

サイン

壁にはここを訪れた有名人のサインが描かれていますが、
額に入っているのは「サンプラザ中野くん」
実は、その昔、爆風スランプのスタッフ的な事をしていた時期があり、
柏にもよく足を運んでいたものです。
その頃に、メンバーに食べに連れて行ってもらったのがボンベイ。
店の場所とかは変わっているけど、
懐かしくて寄ってみる事にしたのです。

カシミール

ボンベイといえば、カシミールカレー。900円
そして今回は電車なので、ビールも注文。400円。
メニューにも極辛と描かれているのですが、
確か、遠い昔の記憶では、食べるの必死だった気がします。
ただ、江古田プアハウスの極辛も普通に食べられるようになったし、
多分大丈夫だろうと、カシミールを選択。

カシミール

辛い!
だけど、やはりプアハウスで鍛えられたせいか、
旨辛いと感じられるので、ちょうどいい刺激です。
スープカレーと言ってもいいサラサラ度で、
大ぶりのチキンと、ジャガイモが一つ。

昔食べたのは、こんなカレーだったっけ?
何しろ昔すぎて、当時の記憶を詳細に思い出せません。
でも、たぶん、こんなんだったと思います。

デミタス

こちらは、食後にデミタスコーヒーがついて来るのですが、
これが、「煮え湯を飲まされる」という言葉を使いたくなるぐらい熱い!
辛いより、こちらの熱いが驚いたよ!

■カレーの店 ボンベイ 本店
■千葉県柏市柏3-6-16
■営業:11:30~21:00
■定休日:年中無休(年末年始を除く)
場所はこのへん
お店のサイト

セントバレーハウス

柏には、このボンベイの先に出来た
アウトドアのセレクトショップに用があって来たのです。
「セントバレーハウス」と言って、今年の春に出来たばかりのお店。
ご主人のセンスで集められたアウトドアグッズが。

サドルバッグ

お目当てはこちら!
RawLow Mountain Worksの、Bike’n Hike Bag。
8〜10Lのバックパックにもなるし、
自転車のサドルバッグとしても使える2WAYなバッグです。

輪行の時は、シマノのU-4Eを使っていて、
こちらも輪行の時には優秀なバッグなんですが、
ヒルクライムの時は、何も背負いたくないよなあ…と、
サドルバッグを探していました。

でも、サドルバッグだと、輪行の時の持ち運びが少し不便。
…と思っていたら、2WAYなバッグがあるではないですか!
このバッグ、すでに密かな人気で、販売されると同時に完売。
先日も少量販売されたので、方々に問い合わせたのですが、
どこのお店も、予約分で、完売のようでした。

で、こちらのお店に、少しだけ在庫があって、
電話予約で取り置きしてもらって、買いに行ってきました。
やっと手に入ったよ!

レビューの方は、またのちほど、ゆっくりと。

・ ・ 緊急告知 ・ 夜分遅くに失礼いたします。 ・ ポップアップイベントが終了して、イベント販売用の商品から若干数のストックが出ましたので、ここの所、非常にお問い合わせが多いBike'n Hike Bagの再販を明日5/29 午後19時よりオンラインストアにてスタートいたします。 ・ 今回はターコイズを除く全カラーをご用意。 ・ オンライン限定のネイビーや新色オートミール他、秋までお休みカラーのキャンディアップルレッドもありますよ! ・ いずれも数量に限りがありますので、ご検討いただいていた方はお急ぎオンラインストアまで! ・ 梅雨入り前のツーリングにもなんとか間に合いそうです。 ・ お問い合わせいただいたお客様お待たせいたしました。 ・ ご注文お待ちしています! ・ #rawlowmountainworks #rawlow #bikenhikebag

RawLow Mountain Worksさん(@rawlow_mountain_works)がシェアした投稿 –

こういうサドルバッグが!

・ ・ Bike'n Hike Bag ありがたい事にここのところ毎日たくさんのお問い合わせを頂いております。 ・ 容量約10Lのバックパックにもなるバイクパック ・ 自転車でのアプローチからデイハイクへとシームレスに繋げられるマルチパックです。 ・ 最近バックパックとしてよく使用していますが、気になる箇所や改善点をアジャスト出来るオプションを開発中です。 ・ 現在欠品中で大変ご迷惑をお掛けしていますが、今月末から来月初旬にかけてオンラインストア及び各お取り扱いショップ様へ入荷予定となっております。 ・ ご検討中の方はよろしくお願いいたします。 ・ #rawlowmountainworks #bikenhikebag #bikeandhike #rawlow

RawLow Mountain Worksさん(@rawlow_mountain_works)がシェアした投稿 –

こういう風に背負えるようになる訳です。
こりゃ便利!

Pocket
LINEで送る

ナポリピッツア・デルフィーノ(幕張)

バイシクルセオ

久々にバイシクルセオ西千葉店まで。
ワンオーナーの掘り出し物の中古があるというので、
江古田の友人にお勧めして、買いに行く事に。
そして、そのまま乗って帰ります。

標識

千葉から東京方面って、国道14号の千葉街道か、
国道357号の湾岸道路となるのだけど、どちらもトラックが多くて走りにくい。

千葉西警察入り口

そこで、今回は裏道開発で、千葉西警察署の所で東関道が見えて来たら、
信号渡って裏道へ。
いつもは信号を渡らず、左方面に行きます。
左右が千葉街道の本線の流れ。

新検見川駅

信号を渡ると、新検見川という案内表示が出るので、そちらに向かいます。

旧千葉街道

すると道はこんな感じ。
14号、千葉街道の船橋から市川あたりの雰囲気にちょっと似ています。
でも、交通量は、半分以下というか、ほとんど走ってません。
たぶん、バイパス的な今の千葉街道が整備される前の、
旧千葉街道なんじゃないかと思うのですが…。

こういう感じ、よく街道沿いにあります。
市街地を通り抜けるのが、旧街道みたいな。

デルフィーノ

※このお店は閉店したそうです。

その途中に、オープンカフェっぽいお店が。
止まってみると、石窯ピザのお店でした。
ナポリピッツア・デルフィーノ。

コルナゴ

あ…こちらが友人が買ったコルナゴのCXL。
こうやって並べてみるとリドレーは、直線的だなあ。
コルナゴの方が丸みを帯びている。

石窯

ガレージみたいな所がオープンカフェになっていて、石窯が設置されています。

ピッツア

ピッツアは大きめだったので、二人で1枚。1400円。
大きさを聞いたら、生地は薄めで、割とすぐに焼き上がるので、
一枚食べてみてから、次注文するか決めたらどうですか?と。

まあ、小腹を満たす程度で良かったので、これで十分でした。
しかも、なかなか美味しかった。

パッと目に入った店に、自転車止めて、さっと入ってみる。
これ、車だと駐車場探したりしなきゃいけないし、
実はなかなか出来ない事だったりするんですよね。
ロードを始めた方、こういうチャリカフェ、ぜひやってみてくださいね。

※このお店は閉店したそうです。

■NAPOLI PIZZA DELFINO
■千葉県千葉市花見川区幕張町4-818-9
■営業:
11:00~14:00
16:00~20:00
■定休日:月・火
場所はこのへん

インター

裏道は、京葉道路、幕張ICの手前で14号千葉街道に再び合流。
このまま行くと、恐怖のIC内走行があるので、
正面の黄色い看板のコジマの裏手を通って、
インターの脇をくぐり抜ける迂回ルートを選択。

裏道

すると、住宅街を京葉道路と平行に走る道があるので、
しばらくは、それを真っ直ぐ。
案内表示あるように、回避した14号と357号の間を走ります。

京葉道路

谷津干潟のあたりから京葉道路の脇の道を。
花輪インター回避のトンネルをくぐり、船橋競馬場の脇へ。

防波堤

すると、船橋港にぶち当たります。

地図

実は今回確かめたかった事があります。
地図の下に赤い矢印をつけたのですが、
地図では海になっているけど、航空写真見たら、水門がある模様。
だったら、その上を通れるんじゃないかと思った訳です。

通路

という訳で来てみると、案の定、自転車で通っている人がいます。

水門

押し歩きという条件ですが、水門の上を通れます。
14号回避の超裏技。

京葉道路

水門で船橋港を横切ったら、再び、京葉道路脇の道へ。

裏道

後は、以前開発した裏道と同じルート
よし!これで荒川の新小松川大橋からの車を避ける裏道が開発出来た!

Pocket
LINEで送る