ナポリピッツア・デルフィーノ(幕張)

バイシクルセオ

久々にバイシクルセオ西千葉店まで。
ワンオーナーの掘り出し物の中古があるというので、
江古田の友人にお勧めして、買いに行く事に。
そして、そのまま乗って帰ります。

標識

千葉から東京方面って、国道14号の千葉街道か、
国道357号の湾岸道路となるのだけど、どちらもトラックが多くて走りにくい。

千葉西警察入り口

そこで、今回は裏道開発で、千葉西警察署の所で東関道が見えて来たら、
信号渡って裏道へ。
いつもは信号を渡らず、左方面に行きます。
左右が千葉街道の本線の流れ。

新検見川駅

信号を渡ると、新検見川という案内表示が出るので、そちらに向かいます。

旧千葉街道

すると道はこんな感じ。
14号、千葉街道の船橋から市川あたりの雰囲気にちょっと似ています。
でも、交通量は、半分以下というか、ほとんど走ってません。
たぶん、バイパス的な今の千葉街道が整備される前の、
旧千葉街道なんじゃないかと思うのですが…。

こういう感じ、よく街道沿いにあります。
市街地を通り抜けるのが、旧街道みたいな。

デルフィーノ

※このお店は閉店したそうです。

その途中に、オープンカフェっぽいお店が。
止まってみると、石窯ピザのお店でした。
ナポリピッツア・デルフィーノ。

コルナゴ

あ…こちらが友人が買ったコルナゴのCXL。
こうやって並べてみるとリドレーは、直線的だなあ。
コルナゴの方が丸みを帯びている。

石窯

ガレージみたいな所がオープンカフェになっていて、石窯が設置されています。

ピッツア

ピッツアは大きめだったので、二人で1枚。1400円。
大きさを聞いたら、生地は薄めで、割とすぐに焼き上がるので、
一枚食べてみてから、次注文するか決めたらどうですか?と。

まあ、小腹を満たす程度で良かったので、これで十分でした。
しかも、なかなか美味しかった。

パッと目に入った店に、自転車止めて、さっと入ってみる。
これ、車だと駐車場探したりしなきゃいけないし、
実はなかなか出来ない事だったりするんですよね。
ロードを始めた方、こういうチャリカフェ、ぜひやってみてくださいね。

※このお店は閉店したそうです。

■NAPOLI PIZZA DELFINO
■千葉県千葉市花見川区幕張町4-818-9
■営業:
11:00~14:00
16:00~20:00
■定休日:月・火
場所はこのへん

インター

裏道は、京葉道路、幕張ICの手前で14号千葉街道に再び合流。
このまま行くと、恐怖のIC内走行があるので、
正面の黄色い看板のコジマの裏手を通って、
インターの脇をくぐり抜ける迂回ルートを選択。

裏道

すると、住宅街を京葉道路と平行に走る道があるので、
しばらくは、それを真っ直ぐ。
案内表示あるように、回避した14号と357号の間を走ります。

京葉道路

谷津干潟のあたりから京葉道路の脇の道を。
花輪インター回避のトンネルをくぐり、船橋競馬場の脇へ。

防波堤

すると、船橋港にぶち当たります。

地図

実は今回確かめたかった事があります。
地図の下に赤い矢印をつけたのですが、
地図では海になっているけど、航空写真見たら、水門がある模様。
だったら、その上を通れるんじゃないかと思った訳です。

通路

という訳で来てみると、案の定、自転車で通っている人がいます。

水門

押し歩きという条件ですが、水門の上を通れます。
14号回避の超裏技。

京葉道路

水門で船橋港を横切ったら、再び、京葉道路脇の道へ。

裏道

後は、以前開発した裏道と同じルート
よし!これで荒川の新小松川大橋からの車を避ける裏道が開発出来た!

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

カフェえどもんず(浜金谷)

鋸山

記念すべき500軒目のお店。
それは偶然見つけた素敵なお店でした。

「岬」の背後は鋸山。
採石場になっていたので、不思議な形に削れています。
で、ここに展望台があるので行ってみようかと。

有料道路

ただ、すぐ近くにある鋸山登山自動車道は、二輪禁止。
もちろん自転車も。
せっかくヒルクライムしようと思ったのに。

金谷港

帰りの電車の時間が決まっているので、金谷港に戻って時間をつぶす事にしました。
落ちくつわ〜。こういう風景。

古民家

そんな港周辺を走っていると、古民家の中にポツンと「珈琲」ののぼりが。
え?ここ喫茶店?

庭

門から覗いてみても、こんな感じで店なんだか、何なんだかわかりません。

えどもんず

建物には合掌館と名前がついていますが、
玄関の前に黒板が置いてある以外、店らしき雰囲気ゼロ。

看板

で、黒板に近寄ってみると、
「cafe Edomons」の表記がありました。

縁側

恐る恐る扉をあけると、よさげな古民家カフェでした。
靴というか、ビンディングシューズを脱いで上がります。
サイクルジャージとレーパンで、完全に浮いています。
古民家カフェにサイクルジャージは合いません。
雰囲気ぶち壊しです。

先日買ったraphaの長袖だと、シンプルでまだいいのだろうけど、
この日は半袖ジャージだったので柄が派手だったのですよ。

店内

築230年の飛騨高山の古民家を移築したそうで、
広間が文字通り、広い。
どこに座ってもいいという事だったので、大広間の大テーブルに一人ポツンと。
他のお部屋では、ねっころがったりしてる人達も。

店内

ちょっと薄暗さもあり、無造作に置かれている絵から
何か妖気が放たれているような気がします。

バームクーヘン

頂いたのは、本日のブレンドコーヒーと、バームクーヘンのセット、1000円。
コーヒーはプレス方式で提供されます。
バームクーヘンは炙った上にホイップクリームを乗せて。

バームクーヘンとコーヒーなんだけど、
器と古民家の中で頂くと、和の雰囲気ですね、コレは。

電車までの時間、無になったようにのんびりと。
今度はゆっくり来たいな。

こちらのお店、テレビなどの取材は一切拒否らしいです。
こんなお店偶然見つけるなんて。
これは天からの500店目というボーナスプレゼントなんですかね?

■カフェ えどもんず (Cafe Edomons)
■千葉県富津市金谷2185-2 合掌館
■営業:12:00~18:00
■定休日:月〜木
場所はこのへん
オフィシャルサイト

浜金谷

帰りは浜金谷から輪行。
今回はコレも目的の一つ。

さざなみ4号

館山から新宿行きの「さざなみ4号」が出ているのですが、
これだと新宿で大江戸線に乗り換えるだけで済むので、大分輪行が楽になります。

輪行

「さざなみ」は、最後尾の椅子の壁際に固定のテーブルがあるので、
椅子後ろに入れるのは、折り畳み自転車じゃないと無理でした。
そして、最後尾の車掌スペース前は、館山からの輪行組が。
…という訳で、他の空いてるスペースを探しました。

結構混んでるし、途中からもどんどん乗ってくるので、新宿まで立ちを覚悟。

ビール

輪行だし、立ち飲み開始です。
500店達成にカンパーイ!

いろいろ寄り道したので、片道ほぼ120㎞でした。

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村