六分儀(盛岡)

盛岡城

※こちらのお店は閉店しました。

盛岡は、ちょうど桜が満開でした。
最近、城にも興味が湧き、盛岡城へ。
天守など建物は残っていませんが、東北では珍しい総石垣の城。

城マニアに言わせると、鉄筋コンクリートで作られた復元天守を作るぐらいなら
逆に何にも無い方がいいそうで、
石垣や城の造り(設計)を眺めながら、
どう攻めたらどう守るかなどを想像しながら見るのが、通なのだそうです。

盛岡城は、北上川と南東部を流れる中津川の合流地点に立てられ、
川を掘に見立てて、造られています。

花見

城内では、ちょうどお花見で盛り上がっていました。

岩手銀行

盛岡城の掘の役割を果たしている中津川の対岸に、
岩手銀行旧中ノ橋支店があります。
東京駅を設計した建築家である辰野金吾の作品。
現在は、保存用の修復工事中でした。

六分儀

その近くの路地を曲がったところに、盛岡では有名な喫茶店、
六分儀があります。

店内

店内はアンティーク調に造られ、静かで落ち着いたお店です。

ホットサンド

頂いたのは、チーズとコンビーフのホットサンド、400円と
キリマンジャロ550円。

素朴でありながらも、丁寧な仕事で美味しい。
たぶんハンドピックなんかもしてるんじゃないかな。
キリマンジャロは、雑味がなく口当たりもなめらかでした。

※こちらのお店は閉店しました。

■六分儀
■岩手県盛岡市中ノ橋通1丁目4-15
■営業:10:00~19:00
■定休日:火曜
場所はこのへん

六分儀

ところで、お店の名前にもなっている六分儀は、
天体観測や、船舶の天測航法用に使用されたもの。
天体の高度を測定し、自分の位置を割り出す道具です。

「自分の立ち位置を見極め迷うことなく進む」
という意味が、店名に込められているらしいです。

実は、今回、盛岡を訪れたのは、父の最後を看取るためでした。
昨年末に入院して以来、闘病生活を送ってきたのですが、
高齢でもある事から、次第に衰弱して来ていました。

もう十分生きたから、このまま逝きたいと言っていましたが、
家族としては、はいそうですかと言うわけにもいかないので、
「せめて誕生日までは頑張ろうよ」
と、声をかけていました。

そして誕生日である4月18日、
午前中に看護婦さんに誕生日を祝って頂いていたのですが、
午後になって容態が変化し、家族全員が揃うのを待って臨終。
家族との約束を守って、旅立っていきました。

実は3年ぐらい前から終活も行っていて、
葬儀会館の会員になり、前払いで葬儀代金の一部も支払われていました。

まさに、この店名の通り、
自分の進むべき道を見極め、その通りに進んだ人生だったんじゃないかと、
家族とも酒を酌み交わしながら、父親の人生を振り返りました。

墓地まで続く道も桜並木で、まるで映画のエンディングのようでした。
ハッピーエンドと言ってもいいんじゃないかな。
父のおかげで、和やかにお別れする事が出来ました。

Pocket
LINEで送る

ナポリピッツア・デルフィーノ(幕張)

バイシクルセオ

久々にバイシクルセオ西千葉店まで。
ワンオーナーの掘り出し物の中古があるというので、
江古田の友人にお勧めして、買いに行く事に。
そして、そのまま乗って帰ります。

標識

千葉から東京方面って、国道14号の千葉街道か、
国道357号の湾岸道路となるのだけど、どちらもトラックが多くて走りにくい。

千葉西警察入り口

そこで、今回は裏道開発で、千葉西警察署の所で東関道が見えて来たら、
信号渡って裏道へ。
いつもは信号を渡らず、左方面に行きます。
左右が千葉街道の本線の流れ。

新検見川駅

信号を渡ると、新検見川という案内表示が出るので、そちらに向かいます。

旧千葉街道

すると道はこんな感じ。
14号、千葉街道の船橋から市川あたりの雰囲気にちょっと似ています。
でも、交通量は、半分以下というか、ほとんど走ってません。
たぶん、バイパス的な今の千葉街道が整備される前の、
旧千葉街道なんじゃないかと思うのですが…。

こういう感じ、よく街道沿いにあります。
市街地を通り抜けるのが、旧街道みたいな。

デルフィーノ

※このお店は閉店したそうです。

その途中に、オープンカフェっぽいお店が。
止まってみると、石窯ピザのお店でした。
ナポリピッツア・デルフィーノ。

コルナゴ

あ…こちらが友人が買ったコルナゴのCXL。
こうやって並べてみるとリドレーは、直線的だなあ。
コルナゴの方が丸みを帯びている。

石窯

ガレージみたいな所がオープンカフェになっていて、石窯が設置されています。

ピッツア

ピッツアは大きめだったので、二人で1枚。1400円。
大きさを聞いたら、生地は薄めで、割とすぐに焼き上がるので、
一枚食べてみてから、次注文するか決めたらどうですか?と。

まあ、小腹を満たす程度で良かったので、これで十分でした。
しかも、なかなか美味しかった。

パッと目に入った店に、自転車止めて、さっと入ってみる。
これ、車だと駐車場探したりしなきゃいけないし、
実はなかなか出来ない事だったりするんですよね。
ロードを始めた方、こういうチャリカフェ、ぜひやってみてくださいね。

※このお店は閉店したそうです。

■NAPOLI PIZZA DELFINO
■千葉県千葉市花見川区幕張町4-818-9
■営業:
11:00~14:00
16:00~20:00
■定休日:月・火
場所はこのへん

インター

裏道は、京葉道路、幕張ICの手前で14号千葉街道に再び合流。
このまま行くと、恐怖のIC内走行があるので、
正面の黄色い看板のコジマの裏手を通って、
インターの脇をくぐり抜ける迂回ルートを選択。

裏道

すると、住宅街を京葉道路と平行に走る道があるので、
しばらくは、それを真っ直ぐ。
案内表示あるように、回避した14号と357号の間を走ります。

京葉道路

谷津干潟のあたりから京葉道路の脇の道を。
花輪インター回避のトンネルをくぐり、船橋競馬場の脇へ。

防波堤

すると、船橋港にぶち当たります。

地図

実は今回確かめたかった事があります。
地図の下に赤い矢印をつけたのですが、
地図では海になっているけど、航空写真見たら、水門がある模様。
だったら、その上を通れるんじゃないかと思った訳です。

通路

という訳で来てみると、案の定、自転車で通っている人がいます。

水門

押し歩きという条件ですが、水門の上を通れます。
14号回避の超裏技。

京葉道路

水門で船橋港を横切ったら、再び、京葉道路脇の道へ。

裏道

後は、以前開発した裏道と同じルート
よし!これで荒川の新小松川大橋からの車を避ける裏道が開発出来た!

Pocket
LINEで送る