カフェ・レーヘンボーフ(東十条)

 レーヘンボーフ

※このお店は閉店しました

スピリチュアル系のものはあまり信じない方なんですが、
時折「お店に呼ばれたんじゃないかな?」という感覚を覚える事があります。
こちらもその一つ、東十条にある「cafe Regenboog(カフェ・レーヘンボーフ)」。

たぶん居酒屋さんとか焼き鳥屋さんだった物件を改装したお店だと思われます。
左手には何かをテイクアウトしていたような小窓が。

入り口

現在はそこにコーヒーなどのマシンが置かれています。

サンドイッチ

グラハムトーストのサンドイッチ・クロケット(ポテト)は735円。

料理が運ばれてきた時に「写真を撮ってもいいですか?」と聞くのが
お決まりの儀式。
もちろん勝手にパシャパシャ撮って、嫌な雰囲気を作らないというのもありますが、
聞くことによって、そこからコミュニケーションが生まれる事が多いからです。

「もしかしてブログ見ていらしたんですか?」
「いえ、カフェの本です」
という話から雑談が始まり、
「実は、このお店12月15日で終わっちゃうんです。
良かったら店内、いろいろ撮って行ってください。」
という話に。

帰宅してからお店のブログを読んだのですが、
保育園などの問題で、子育てに専念する事にしたのだそうです。

カプチーノ

カプチーノを頂きながら、雑談をしていていたら、
一人でいらっしゃっていた女性のお客さんのお話も聞くことが出来ました。

「実は幼稚園に通っている息子がここの二階が好きでねえ」
というので、
「実は、ここの二階の写真をカフェ本で見て、素敵だなと思って来てみたんです」。
と、答えました。
するとお店の方が
「良かったら二階も見ていってください。」
と…。

二階

そこで、お言葉に甘えて二階にあがらせてもらいました。
想像通りのなごみの空間です。

二階の窓

男のコが好きだった、二階と窓。

二階の窓

男のコは、この二階から向かいのお花屋さんを眺めるのが好きだったそうです。
きっと、心の優しい男のコなんだろうなあ。

花屋

お店の向かいには、そのお花屋さんがありました。

「このお店が無くなったら、どうしたらいいんだろう」
その女性のお客さんにとっては、ツイッターなどでの人との繋がりもあるけど、
リアルで人と人とがつながる大切な場所だったようです。

そんな風に愛されていても、お店を閉めるという決断も良くわかります。
よくよく考えたうえで、
今の自分に一番大切な方を選択をしなければならない時もあるからです。

お客さんと、お店の方の想いが交わる小さなドラマ。
そこに居合わせた事の、奇跡。
「お店が呼んでくれたに違いない」
そんな瞬間に、ふと、そう思ってしまったのでした。

お店が無くなる前に呼んでくれてありがとう。

■cafe Regenboog(カフェ・レーヘンボーフ)
■東京都北区神谷1-26-23
■営業:
11:00〜18:00(月〜金・日)
11:00〜20:30(土曜日)
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のブログ

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村