エイト(新中野)

マロ

旨いピラフって、どんなんだ?なんて考えなきゃ良かったのに、
考え始めたら、確かめたくなって、どうしようもなくなりました。
そういう、変なツボにハマるよね。俺。
吉祥寺の老舗喫茶ロゼで、ある程度の骨格は見えたのですが、
他にはどんなのがあるんだろう?と、食べ歩きする事に。
近場で中野を探索。
ブロードウェイ裏手のマロは、ドライカラーが美味しいお店だったので、
ピラフも美味しい確率が高いと予想したのだけど、どうでしょう?

アザミ

中野の丸井の並びにあるアザミは、
喫茶店とは思えない、一流の料理を出すお店なので、
あれば、かなり高確率で行けるハズ!
ナポリタンだって、ひと味違うオシャレバージョンだし。

看板

…と思ったんですが、メニューにピラフはありませんでした。

エイト

今回は、新中野まで足を伸ばして、お初のお店に行ってみる事にしました。
中野通りを南下し、青梅街道を越えた所にある「エイト」

ロゴ

漫画家の集まる喫茶店で、こちらの1〜10までの数字を使ったロゴは、
「子連れ狼」で有名な漫画原作者、
小池一夫さんがデザインした物だそうです。

店内

レトロな感じの店内、窓の所に色紙が飾られています。

色紙

こちらは、ゴルゴ13でおなじみの、「さいとたかお」さんの物。
この近くに「さいとうプロ」を構えた時から通っています。
ゴルゴ13と、創業が同じという事ですから、
今年で、50年になるんですね、このお店。
ちなみに、僕が住む江古田にも、
かつて漫画家が集まる小料理屋というのがあり、
お店の看板の文字は、石ノ森章太郎さんによるものでした。
江古田自体は、今も漫画家が多く住んでいて、
シャノアールとかで、ネームを書いている人をたまにみかけます。
練馬駅前には、あだち充さんが、
浅倉南の実家「南風」のモデルにしたという、アンデスがありますね。
漫画家さんと喫茶店は、親和性が高いのです。

ピラフ

ピラフセットは、750円。
プラス100円で、アイスコーヒーや、アイスティーをつける事が出来ます。
さて、念願のピラフ、どうでしょう?
旨い!
うまいけれど、残念ながらこれはチャーハンです。
もしくは焼き飯。
完全に中華寄りの味付けです。
ワカメスープと、お新香がついて来ている時点で、そうだよねえ。

アイスティー

元々、喫茶店のピラフ自体が、概念が曖昧だから、
油断すると、チャーハンに変化していまっているんだなあ。
よし、今度からエビピラフに限定してみよう。
そうすれば、もっと西洋風のピラフが出てくるハズです。
旨い喫茶店のピラフ探しの旅。
これは、ナポリタン以上に難航しそうだなあ。

■エイト
■東京都中野区本町4-37-2
■営業:11:30~15:00(L.O14:30)(月〜金)
■定休日:土日
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る

光珈琲(新中野)

光珈琲

中野に用事があったのですが、カフェっていうとなあ。
最近の中野は再開発が激しくて、資本系のセミチェーンが多いので、
まったりしたい気分の時には、ピンと来るお店が少ないですねえ。

ドリップで美味しいコーヒーを飲みたいと思うと、
真っ先に思い浮かぶのは、丸井裏のムトウ・コーヒー・ロースタリーだけど
この間行ったばかりか…。

という訳で、この日はミニベロだったし、中野通りを一駅分、
新中野まで行って光珈琲へ。

150211hikari02

小さいお店なんだけど、ここが好きな理由は、エチオピアの豆が充実してる事。
自分の好きなキリマンジャロを基準に考えると、好みの味が多い。

かつて、シングルモルトのお店に行ったときに言われたのが
好みのモルトウイスキーを探す時の基準にするといいお酒なのが
「ザ・グレンリベットの12年」。
これを飲んでみて「もっと甘い方が」とか「もっと渋めの方が」とか
好みを探っていくといいと言われた事があります。

ラーメン屋さんも人気メニューじゃなく、
デフォルトの「ラーメン」を頼みます。
一番シンプルなもので、スープと麺の具合を見るという感じで。
その方が味がわかる気がします。

僕の中での珈琲のデフォルトがキリマンジャロなのですが、
酸味系のスッキリなので、雑味が無い事が重要となり、
焙煎とかハンドピックとかの具合がわかるようになります。

そうなると、エチオピアの豆が揃っていると、フィットしやすいですね。
自分の気分ですけど。

再開発するとエスプレッソのチェーン店だらけになりますが、
ドリップが美味しいお店って、貴重だと思うな。
中野周辺だと、ムトウか、ここが好き。

■光珈琲 (HIKARICOFFEE)
■東京都中野区本町4-37-9
■営業:10:00~19:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る