カフェ・ジンク(下北沢)

下北沢

年だなあと思うのは、大盛りの料理が嬉しくなくなった時と、
賑やかな街に、気後れしてしまう時です。
自分が青春を過ごし、慣れ親しんだはずの、下北沢なのに、
改札から溢れてくる人の波に、アウェイを感じてしまっています。

学生時代は、一つ隣の世田谷代田に住んでいて、
当時の彼女が梅ヶ丘に住んでいたので、遊ぶのはいつも下北沢でした。
昔は劇団にも参加していたので、
南口前の「OFF OFFシアター」は本拠地だったし、
公演の打ち上げでは、シモキタの居酒屋で飲み明かしていました。

だけど、江古田に拠点を移してからは、来ることはまれ。
三茶とか駒澤とか、あちら方面に向かう時に、
ミニベロで、茶沢通りを通過するぐらいになっていました。
仕事帰りに、そんな下北沢に何故立ち寄ったかというと、
友人のバンドのライブを見るためです。

ロッカー

キャパ200前後のライブハウスでは、鞄が邪魔になるので、
まずは、南口駅前のセブンイレブンに併設されている
コインロッカーに荷物を預けて身軽になりました。
そして、ライブまで1時間あったので、変わりゆくシモキタを、ぶら散歩。

ジンク

南口をスタートし、変貌を遂げる、北口、西口と、
駅周辺を、徒歩でぶらぶら。
南口は混んでいて気後れしてしまうので、
穴場エリアである西口あたりで食事する事にしました。
そこで見つけたのが、こちらのカフェ「ZINC」
亜鉛という意味ですが、色を表す言葉でもあり、
錆色などを表現する言葉でもあります。
…という話を、店名の由来を聞いてきた女性に、
店員さんが説明していました。

こちらのお店、お一人様の女性客が多く、自分以外全員女性客。
パンケーキとか、そういう可愛らしい系ではないのですが、
自分と同じく、シモキタの喧噪を避けて来たのか、
単にこちら側に住んでいるからなのか、
アラサーぐらいの、一人でご飯を食べている女性を、多く見かけました。

チキンカレー

おすすめを聞いて注文したのが、鶏カレー。1205円。
この時間、唯一の男性客なので「ご飯足りなかったら言ってください」と、
親切に声をかけてくれたのですが、正直、この状態で量が多い。
年というのは恐ろしいです。
まず、チキンがコンビニのサラダチキンぐらい大きく、
ジャガイモ丸々2個に、人参も1本分。
さらに、ご飯も小丼ぐらいの量あります。
もう、見た目で圧倒されてしまっています。

カレーはサラサラのスープ状で、
新宿、紀伊国屋書店地下のモンスナックを思い出させる感じです。
カレーにご飯をくぐらせながら、ゆっくり、ゆっくり頂きました。

■カフェ ジンク (CAFE ZINC)
■東京都世田谷区北沢2-22-13 AXアダチ 1F
■営業:12:00~23:00
■定休日:木曜
場所はこのへん
お店のfacebook

シェルター

ボリュームある飯と戦った後は、未体験な空気感と戦う事になります。
ライブハウスの下北沢シェルター、
この日は友人のバンドURBANフェチと、SKILLKILLSの対バン。
まずは、SKILLKILLSの出番なんだけど、
悪そうなHIP HOP、いわゆる「dope(ドープ)」系なんですが、
おっさんとなった自分の中に、HIP HOP文化というのがありません。
低音で刻むビートに乗せて、まくしたてるRAP。
客まで、だいたい悪そうに見えてきて、ちょいビビる。
箱の後ろの方で、チケットと引き換えた酒をチビリとやりながら、
ノってるフリをして、時をやり過ごしていたのですが、
不思議な事に、次第に刻むビートが心地よくなってきました。

そして、URBANフェチ。
ドラムの女子が知り合いなんですが、こちらは変則的ビートが特徴。
ベースの女子が絶叫したり、トリッキーな所もあるんだけど、
なんかツェッペリンを思わせるようなうねりもあって、
聞いてて癖になってきます。
ベースの女子も、ガンガンにスラップ(チョッパー)かますんですが、
聞いていたら、あれ?ギターも一緒にスラップしてる!
あとで聞いたら、元々ベーシストだったから、
ギターでもスラップしちゃうんだとか。
ライブハウスも、下北沢並に久々だったので、
最初はアウェイを感じていたのですが、最後は、だいぶなじみました。

グッズ

変速ビートにハマってしまい、物販でCDとTシャツをGET!
時には、こういう音に触れるのもいいね。
最初の心配は、どこかに消えていました。

P.S.
RIZEのKenKen、来てたんだあ。

Pocket
LINEで送る

モワカフェ(下北沢)

モワカフェ

ブログを読んでくれている人に「どんなカフェが好き?」と聞かれる事があるのですが、
好きなジャンルの一つに、古民家カフェがあります。

まず、チェーン店と違い、店内がどうなっているのか想像しにくいから、
プチ冒険気分が味わえる事。
古さをどのように生かすのか、それぞれのお店でセンスが違うので、個性がある事。
個人の家だった頃の様子を、面影を辿りながら透視し、妄想する楽しみがある事。
そんな楽しみもあるのが、古民家カフェのいいところ。

こちらは、下北沢の南口から徒歩1分という近場にありながら、
静かな住宅街の中にある、一軒家を改装したお店「モワカフェ」。

正面

駅前の細い路地を入ると、すぐにお店がなくなり古いアパートなどが並ぶ住宅地へ。
派手な看板も出ておらず、遠くから見て、お店だとすぐにわかるような作りじゃないので、
えー?ここで良かったんだっけ?と多少不安になりながら、お店探し。
昔の表札も残っていたりするので、
ボーっとしているとお店だと気づかないような佇まいです。

これが日曜日ともなると一変して、若いカップルのデートスポットと化しているので、
お店の前には、人がウヨウヨ。
可能なら平日に行った方が、古民家の雰囲気をより楽しめると思います。

チラリと見えるピンクのクロスバイクは店員さんのでしょうね。
ボクはチャリに乗ってカフェに遊びに行く側ですが、
こちらは、働きに行く側のチャリカフェといった所でしょうか。

看板

ランチメニューは、こんなラインナップ。
よしアレに決めた!

2階

こちらのカフェ、分煙されているようで、
「おタバコはお吸いになれますか?」と言われたので、
「いいえ」と答えると、2階に通されました。

ビフォア・アフターでもよく出てきますが、
古民家をリフォームする時に壁を抜いてワンフロアにするのは、よくある手段。
真ん中に残る柱を見ると、ここも壁があった事が想像出来ますね。
写真の奥が一部屋、手前が一部屋の、計2部屋だったと想像されます。
広さ的には、手前が8畳の、奥が4畳半と言ったところかな?

1階を見てないのですが、2階が2部屋って事は、元々の持ち主は子供2人?
うちの実家の場合はそうだったのですが、
1階がキッチン&リビング1部屋の場合は、8畳が両親で4畳半が子供部屋か?

とか想像しながら、メニューを待ちます。

カレー

チョイスしたのは、サツマイモと鶏肉のエスニックカレー、
サラダとドリンクがついて900円。
ココナッツ系で芋がサツマイモなので、甘めのカレー。
こういうスタイルの場合、ボクはスープカレーと同様に、
スプーンに御飯を乗せたままカレーの方に浸して食べているのですが、
皆さんはどうやって食べてます?

こちらは、リノベーションプランニングが手がけた古民家カフェの1つ。
作品めぐりみたいな感じで、手がけた店舗めぐりしてみるのもいいかもしれませんね。

■mois cafe (モワ カフェ)
■東京都世田谷区北沢2-21-26
■営業:12:00~23:00
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る