食堂八(豊島園)

外観

ボヘミアンラプソディ、胸熱応援上映会に行ったときの事。映画前に腹ごしらえしようと思ったら、いつもは15時までの食堂八に電気がついているではないですか?中を覗いたら営業をしています。

張り紙

お店の入り口に、張り紙がありました。営業時間が変更になっていまして、月火のお休みはそのままで、水木金は16時〜22時までと、これまでの15時までの営業とは逆に16時からの夜営業にシフト。土日祝は、12時から21時まで。

夜の営業は想定していなかったので、回転寿司とかが候補だったのですが、せっかくなので食堂八に入る事に。

カレー

おでんをつまみに、お酒を飲むスタイルがメインのようで、さらにいろいろな定食も始まってしましたが、やはりそこは3色カレー。

かつては、オレンジがかった向こう側のチキンカレーは、青唐辛子が効いたピリピリ、ヒリヒリする刺激的な味でしたが、この日は、そこまでではありませんでした。手前のマイルドなひきわり豆のカレーと混ぜて中和しなくても、単体で行けます。なので粗挽きラム肉のジューシーキーマと、それぞれ単体で楽しむ事にしました。

かき氷

暖冬と言いつつ徐々に寒くなっていますが、カレーを食べて体が温まったところで、かき氷を追加。かき氷マニアの「かきごおりすと」は冬でも食べるのが普通らしいですが、恐る恐る食べてみても、意外と大丈夫だな。以前は、夏場だけだったかき氷も、カレー、おでんという冬も売れるメニューが定着した事で、共存しながら冬も営業するようです。

冬のかき氷、どうですか?

■食堂・八
■東京都練馬区練馬4-15-18
■営業:
16:00〜22:00(水木金)
12:00~21:00(土日祝)
■定休日:月火
場所はこのへん
お店のツイッター

Pocket
LINEで送る

さとう(江古田)

さとう

明日、11月30日からサブウェイで、期間限定の「金格バーグ」が復活します!熟成肉の格之進とコラボしたメニューで890円と少々お高く、ガイアの夜明けで取り上げられた時「コスパが」「サブウェイに求めてるのはそっちじゃない」と、散々の前評判でした。でも、蓋を開けてみたら1週間限定の予定が、開始1〜3日でどの店舗も予定数に達し、販売終了。出遅れた人達から「食べて見たかった」「食べれば良かった」と後悔のツイートが乱れ飛びました。

僕は2店舗売り切れで振られた後、3店舗目で滑り込みセーフで、実食。ファストフードの薄っぺらなハンバーガーのパテに慣らされているので、手ごねハンバーグのような肉の柔らかさにビックリしました。

さて、その格之進とコラボしたメニューが再開するニュースで思い出したのが、江古田の「さとう」。格之進の経営者のお兄さんが運営する牧場「いわて門崎丑牧場」の門崎牛を使ったハンバーガーが食べられるお店です。

半生バーガー

半生バーガーセットは、900円でランチコーラ250円。ハンバーガーは、門崎丑牧場の牛肉のミンチを炭火焼きしたもので、ミディアムレア。バンズにはそのハンバーグだけが挟まっているので、肉の味そのものが味わえます。そうか!これが噂の門崎牛か!

その代わり、プレートにはたっぷりの野菜が!話題になっているのがキャベツの芯。普段なら切り落としてしまうこのキャベツの芯が、めっちゃ柔らかで甘い!キャベツの芯だけをメニューにしてもいいぐらい旨いのです。

一つ前のブログで、江古田ランチに「あの店のアレが食べたい」が無くなって来たと書きましたが、あったわ!これだ!さとうの半生バーガーとプレート野菜のキャベツの芯だ!

■肉と野菜とナチュラルワイン さとう
■東京都練馬区栄町40-12
■営業:
11:30~16:00 
18:00~22:00
■定休日:不定休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る