ECODA HẺM(江古田)

江古田ヘム

飲食店の多い江古田ですが、15時から17時にかけては、
グルメ空白時間帯となります。
ランチが終わった後の、店員さんのお昼休憩タイムとなるからです。
家で原稿を書いていて、うっかりランチタイムを過ぎていると、
ママチャリという名のラクダに乗って、
やるせない気持ちで、グルメ砂漠を放浪する事になります。

家で食べろよと思われるかもしれませんが、
原稿を書いていない時は、一旦、資料や原稿から離れ
気分転換をしに、外に出たいのです。
ここまで書き終わったという、小さなご褒美のような感じで。
なので、チェーン店はやってるんですけど、
出来れば個人店の美味しいお店に入りたいのです。
小さな発見やワクワクを感じに。

この日も「しまった!」と思いながら、江古田を徘徊していたのですが、
ECODA HẺMが開いている事に気がつきました。
柵が閉まっているで、閉店しているのかなと思っていたのですが、
足元の看板には、「16:30LO〜17:00」の文字があります。
3軒屋台ゾーンがあるのですが、手前の一軒だけ開いていたのです。
まさに、グルメ砂漠の中でオアシスを見つけたような気分でした。

店内

屋台は3軒あって、ヌードル、ライス、カフェに分かれているのですが、
平日は、手前の一軒だけ営業なんですかね。
他は、開いていませんでした。

バインミー

豚肉がガッツリのったコムディアという料理と、
ベトナム風サンドイッチの、バインミーがあったので、
バインミーを選びました。
具材は、豚肉の甘辛焼きか、しうまいのトマトソースの2つから選べます。
豚肉の甘辛焼きをチョイス。
マンゴージュースがセットになって、900円。

家で原稿を書けるのって、いいねと言われる事があるんのですが、
やった人ならわかると思いますが、意外とキツいのですよ。
オンとオフのスイッチが切り替わらないので、
ずーっと仕事モードになりがちだったりもします。
あと、番組によって文体を変えなければいけなかったりもしますので、
頭の切りかえも大事です。

そういう時は、一度、仕事以外の事を考えるのが一番です。
なので、こうして美味しいサンドイッチを食べながら、
「おお、パクチーが効いてるな」とか
「唐辛子に気をつけて食べてくださいと言われたけど、
ほどよい辛さで、ちょうどいいな」
と、全然関係ない事を考えて、前の仕事の事を忘れる事も、
ただご飯を食べているように見えて、必要な時間だったりします。

フランスパンだけどベトナムの味。
うん、パクチーの香りがたまらない。
こういうちょっとした刺激で、リフレッシュスイッチがオンになります。
カーリングじゃないですが、こういう「もぐもぐタイム」必要なんです。

■ECODA HẺM(江古田ヘム)
■東京都練馬区旭丘1-74-9
■営業
2:00~17:00(16:30L.O.)  
■定休日:毎週火・水曜日
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る

ぐふたす珈琲(江古田)

看板

雑誌「Hanako」の「喫茶店に恋して」という特集で、
江古田の喫茶店が取り上げられていました。
中盤に学生街の喫茶店という事で、
「モカ」と「林檎」「ヴィエイユ」
小竹向原の「音楽喫茶acacia]
新江古田の「江古田珈琲焙煎所」が取り上げられていたのですが、
前半の「ネオ喫茶の新世代マスター」という特集で、
「ぐふたす珈琲」が大きく取り上げられていました。

南口の江古田コンパから練馬総合病院方面に向かい、
いつもチョークで道路に標語みたいなのを書いている、
ゴミ屋敷ような謎の家を通過したあたりにあります。
路地に入る角の所に、ベルベットの椅子に置かれた看板があり、
この路地を入ります。

かつては、といってもかなり昔ですが、
このちょい先に青果市場のようお店があり、
その向かいに肉屋が二軒、隣にパン屋、定食屋と、
ちょっと賑わっていた一角なんですが、
青果店の撤退と共に、いっきにそれぞれのお店が閉店し、
すっかり寂しい一角となってしまいました。
和定食の「平和」は、よく通ったなあ。

ぐふたす珈琲

外観からは想像できないのですが、
Hanakoの記事によると、以前はスナックだった物件のようです。

店内

店内はカウンターがメインで、
自分が座っている店の奥にソファー席が。
昭和感漂うベロアの椅子や、ファーの壁材ですが、
逆に今、モダンな感じがするから不思議ですね。
スナックとは違う重厚感があります。
リノベーション系だから、新店なのに懐かしい感じが漂います。

トースト

トーストを注文すると、
「千川通りのヴィエイユの物を使っています。
 今出ていったのがご主人なんですよ」
と、教えてくれました。
トーストは、400円。
ミルクとマンデリンの2層からなるカフェオレグラッセ650円。

最近、読書といえばエッセイばかりだったのですが、
映画「祈りの幕が下りる時」を観てから、
東野圭吾の加賀恭一郎シリーズで、
映像化されていないものを制覇しようと読み始めました。
電車で読んでいて、もうちょっと読みたいなという時に、
お店に入って続きを読んだりするのですが、
このお店、読書によさそうだなあ。
適度な静けさがあって。

■ぐふたす珈琲
■練馬区旭丘1丁目56-13
■営業:10:00〜18:00
■定休日:水曜
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る