カフェ・ジョイナス(下赤塚)

下赤塚

板橋区立美術館で行われている「探幽3兄弟展」を観る為に、下赤塚へ。
この道は、荒川サイクリングロードに出る時にも、よく使う道です。

ジョイナス

その前に、下赤塚で腹ごしらえ。
駅の北口から、ちょっと東武練馬方面に戻った所、
ライフ赤塚店の向かい付近にあるのが、カフェ・ジョイナス。

店構え的には、どうだろう?
昔、パン屋さんとか、そういうお店だった所を改装した系ですね。

本棚

カフェに入ると、そこの本棚を覗くクセがあるのですが、
ここの本棚は自分好み。
上段の「美味しんぼ」じゃなく、下段です。

   

下段、右から4〜6冊。
泉昌之の「食の軍師」がある!

最近だと、久住昌之+谷口ジローの「孤独のグルメ」が、
ドラマ化されたりして人気だけど、
久住昌之+和泉晴紀=泉昌之の方が好きだったります。

泉昌之の「カッコいいスキヤキ」は名作。
「孤独のグルメ」につながる粋な食べ方について書いた作品。
グルメというより、見栄とか、みんなで鍋をつつくルールとか。

そこから発展して、いろんなスマートな段取りを解説する
「ダンドリくん」へと発展するのだけど、もうこれは中古しかないんだね。
声優の山寺宏一さんと、よく好きな漫画の話しをするんだけど、
2人で盛り上がるのは、この「ダンドリくん」。
飲み会のダンドリとか、ちっちゃい段取りをマジメに解説してる漫画です。

おおひなたごう

そしたら本棚に似たようなテイストの漫画見つけましたよ!

 

おおひなたごうの「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」
amazonみたら、やっぱ「ダンドリ君を思い出した」というレビューが。

一話目の「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」は、文字通り
目玉焼きの黄身をどうやって食べるか?という問題について書いた作品。

彼女は、黄身だけとっておいて、最後に黄身だけパクっと食べるのだけど、
彼氏の方は、黄身をつぶして、白味に絡めないと目玉焼きの旨さが出ないと、
そういう食べ方問題で、つねにモメるという漫画。

こういうのって、月見そばの、黄身はどこで崩すとかあるよね。

その他、ショートケーキのイチゴは、どの時点で食べるか?
最後までとっておけばケーキがバランス崩して倒れるし、
最初に食べちゃうと後は、延々生クリーム問題。

串盛りで、焼き鳥の串をバラしていいか聞かずに外すのは許せない問題。
揚げ物に勝手にレモンをかけるな問題。
など、飲み会でのモメごとも。

ちなみに、うちの仕事関係では、柑橘系アレルギーがいるので、
飲み会では、レモンをかけてもいいか聞くのは必須事項です。

つけ麺は、なんで食べるのか?は共感。
最初の一口、二口目は旨いのだけど、
どんどんスープがぬるくなって劣化していく、つけ麺は、
料理として未完成だと思っている派なので。
異論は認めます。

焼きカレー

前置きが長くなりましたが、頂いたのは、
温玉焼きチーズカレー、780円。
こちらのタマゴは、最初から崩しました。(笑)

カレードリアみたいになっているのだけど、
チーズが結構糸を引くので、
チーズの糸とどう戦いながらスマートに頂くか問題に挑戦しました。
ダンドリくんっぽくて、楽しかった。

いいね、いろいろ自分の好みと合うわ。

■カフェジョイナス (Cafe Join us)
■東京都板橋区赤塚1-3-10
■営業:11:30~19:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のブログ

松月院

そして、この日は、ゆったりポタリングなので、
いつもはスルーしていた松月院にも行ってみました。

大砲

敷地内には、大砲のオブジェがあるのですが、
幕末には砲術家の高島秋帆が、ここに本陣を置き、
高島平あたりで演習をしていたそうです。
高島平というのは、高島秋帆から来た地名だそうです。

写真を撮っていると外国人のカメラ好き女性と、目があい会釈。

乗蓮寺

で、次にすぐ近くにある、東京大仏のある乗蓮寺へ。

東京大仏

こちらに行ったら、先ほどの外国人女性がいて、
またまた、会釈。
「♪こういうのって、恋に発展するパターンじゃないの」って、
どぶろっくみたいな事を言ってみる。

絵馬

さて、絵馬ハンターの自分がみつけた、今回のMVP。

モーニング娘。のパフォーマンスが絶頂だったと言われながら、
売り上げや露出的にはどん底だったプラチナ期を支えた、
高橋愛の参加ラストシングル
「この地球の平和を本気で願ってるんだよ!」にも、通じる世界観が。

このCDのカップリングは、「彼と一緒にお店がしたい!」だったけど
つんく♂さんのコアな歌詞世界にも迫る、絵馬です。
この絵馬を書いた彼なら、どんなカップリングタイトルにしたのだろう?

赤塚植物園

続いて、すぐ近くにある板橋区立赤塚植物園へ。

園内

この植物園は、武蔵野の丘陵地を活用した植物園なのだけど、
この時期だから、ほとんど花が咲いていません。
高齢者の方が多かったのですが、みんな熱心に観て回っています。

案内図

この時期だから、野草系の小さな花しかないのですが、それでも皆さん、
「つぼみが膨らんで来ているね」
などと、つぼみを愛でる余裕がある訳ですよ。
なんだろ?
年を重ねてきているハズなのに、そういう余裕がない。
人間が出来てない証拠ですね。

板橋区立美術館

さて、目的の板橋区立美術館へ。
隣接されている公園では、梅祭りが開催されていました。

梅

梅って、桜に似た花なのに、桜の花見ほど盛り上がってないのは何故?
梅だって十分綺麗なのに。

梅祭り

花より団子って言葉があるけど、みんな食べ物に夢中。
しかも団子じゃなくって、こういうイベントだとケバブとか人気なのね。
花よりケバブ。

アメ横のガード下とかもそうだけど、
こういう食べ歩き系、屋台系の食べ物って、エスニックの進出がめざましいですね。

そういえば、今年の花見はどうするって話しがチラホラ。
毎年、花見の時は泥酔してしまうのですが、今年は気をつけられるのかしら?
無理だろうなあ。

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

カフェ・ド・ルポ(下赤塚)

光が丘

そもそも運動するようなキャラじゃなかったのに、
気がつけば、すっかり体育会系になっています。
でも、色々手を出してみてわかったのだけど、向き不向きというのがあります。
瞬発系のスポーツは向いていません。
フットサルもそうだったし、きっとバスケとかもそうだと思います。

光が丘公園に行くと、いろんなスポーツをやっている人がいて、
それを見ながら、そんな事を考えてました。

光が丘

テニスもきっとダメだろうなあ。

意外と向いているのは、持久力勝負みたいなヤツの方。
自転車も、もちろんその一つだし、登山もそう。
来年はフルマラソンにも挑戦しようと思っています。
人にはドMですねといわれるけど、達成感が欲しいんでしょうね。

富士登山もそうだったし、自転車140㎞ツーリングもそう。
「え?オレって出来ちゃうんだ」という快感がスゴイんですよ。
それと、死ぬまでにコレはやっておきたいという物があって、
いずれはスカイダイビングとかもやってみたいのです。
高所恐怖症のくせに。

ルポ

そんな事を考えながら散策していた光が丘公園の裏手にあるのが、カフェ・ド・ルポ。
一軒家の自宅を改装したカフェです。

店内

公園に面しているので、自宅の庭を含め、窓から緑が。
しかも、サンルーム的な作りになっているので、この冬でも暖かいのです。
お店の人が言っていたのですが、冬でも暖房いらず。
実際に、この日も2台あるエアコンは運転を停止していました。

カレー

カレーセットは、950円。
カレーとサラダ、そしてドリンクがつきます。
おうちカレーのようなほっとする味。

夏のクーラーって、体がかゆくなるような不自然な涼しさがあって、
とっても苦手なんですが、
サンルームで太陽の日差しで暖まってみると、
暖房の暖かさも、不自然な暖かさである事に気づかされます。

ポカポカって表現は、こんな感じなんだ。
エアコンの温かさは、ポカポカじゃなく、モワだな。

こんなポカポカの所で読書したら、気持ちいいだろうなあ。

■cafe de Repos (カフェ ド ルポ)
■東京都板橋区赤塚新町3-30-9
■営業:11:00~19:00
■定休日:月火
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村