カフェ コムサ 池袋西武店(池袋)

パフェを食べる行為というのは意外とハードルが高いのです。まず開店前から50人近くが並ぶ人気店もあれば、対応しきれなくて、完全予約制になったお店もあるし、だいたい土日は行列が出来ます。なのに、その土日限定の特別メニューのパフェも登場するし、季節のフルーツを使うので、入荷量によって売り切れてしまう事も。人気のお店は「よし!行くぞ」という覚悟と計画性を持って行かなければ、ありつけない事もあるのです。

さらにインスタ映えで人気のお店は、バラの壁紙などメルヘンな内装で、「可愛くイチゴを撮りたい」と目を輝かせる女子でいっぱい。そんな中に、単騎突入するオジサンの覚悟たるや。好奇の目にさらされる、パフェ羞恥プレイが始まります。

女の子達がパフェを撮ろうとした時、黙々と食べているオジサンが映り込み「チェッ」と心の中で舌打ちされて、ソッコー削除で撮り直しという、お店に入る前から被害妄想が頭の中を渦巻きます。

そんな高いハードルをある程度かわせるのが、平日の夕方です。午後3時〜4時ぐらいは、各お店ともお客の入りは少なく、すっと入れる事も多いので、仕事が早く終わった平日にパフェめぐりに行くようにしています。西武池袋の7階にあるカフェコムサも、この時間帯は空いていました。

ちなみに西武池袋は8階が飲食店街なのですが、7階に降りてもお店が見当たりません。やっとフロアマップが見つかったので確認してみると、PARCOとのつなぎ目の方面に。

頂いたのは「いちごモンブランのパフェ」1500円。

最近、海外のミュージシャンがカセットテープでアルバムをリリースする事が増えているのですが、それはサブスクやCDのように、曲を簡単にスキップして聴けないので、アルバムに並べられた曲順で聞いて貰える確率が高いからだそうです。

このパフェというのも、並列に盛られたプリンアラモードとは違い、上から順番に食べて行かなければならず、それを考慮した制作者の意図が込められている事の多い食べ物です。特にパティスリー系の場合。

グラスの上部には、たっぷりのイチゴと栗。その下には花の形のモンブランクリームが。イチゴが多いので先に手前半分だけ食べて掘り進めてみるとモンブランの下は生クリームで、モンブランケーキのようなゾーン。

濃厚なモンブランには、酸味を合わせて味変する事が多いのですが、こちらではその下にストロベリーシャーベットが仕込まれてありました。

その後、食感を変える薄焼きクレープのフィヤンティーヌがサクサクと。中に薄くスライスされたアーモンドが入っていて、香ばしさも口の中に広がります。アレルギー表示を見たら、卵、乳、小麦、アーモンドとなっていたので、間違いないと思います。

最後に再びイチゴでフィニッシュ!

こうして、作者の意図を考えながら食べるパフェは、1つの物語のようだと例えるマニアも多いです。パフェのテストがあったら、「モンブランの下にストロベリーシャーベットを隠しておいた、作者の意図は何でしょう」という問題も出題されるかもしれませんね。

■カフェ コムサ 池袋西武店
■東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 本館7階
■営業:
10:00~21:00(月〜土)
10:00~20:00(日祝)
■定休日:西武に準じる
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

リスカフェ(高田馬場)

コロナ禍でプライベートでの移動は自転車のみです。というとママチャリの方はお住まいの駅周辺を想像すると思うのですが、意外とどこでも行けちゃいます。

ロードバイクを出動させれば、埼玉では熊谷や秩父、神奈川だったら鎌倉や江ノ島、というか横須賀から千葉県の金谷まで東京湾フェリーを使うコースで東京湾も一周しちゃってるし、自分の中での最長では静岡と、意外とどこでも自転車で移動出来ちゃうのです。

ただ、県をまたぐ移動は自粛中で、荒川サイクリングロードや大好きな埼玉の飯能奥のヒルクラムも封印中。もっぱらミニベロで、23区の城北地区をぶらぶらしている感じです。

自転車移動に関してはかなり精通して来ているので練馬区の江古田から今回の目的地である新宿区の高田馬場まで、幹線道路は一つも使わずに、車の通行量の少ない裏道ばかりを組み合わせてやって来てます。

ところで一枚目の写真、目白から高田馬場へむかうこの道、アニメファンの方なら、既視感あるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

天気の子で、帆高と夏美が警察に追われてスーパーカブで疾走するシーン。この場所から線路内に突入していきました。

こうして都内を自転車で走っているので、ドラマや映画、アニメに出て来る都内の風景は見覚えのある場所が多いです。

高田馬場の神田川。本当は左の方向に進んで行くのですが、魚は頭を左に置けというのと一緒で、自転車の写真は頭を右側にという暗黙の了解があります。頭を右にした方が、ギアや変速機のコンポが写り、自転車の構成がわかりやすいという理由からです。

でも実際は、左の方へ進んで行きます。

そういえば高田馬場で行列の出来ているお店があったのですが、何かと思ったら1人焼肉の「焼肉ライク」でした。元々パテーションがついて一人ずつ隔離されているのと、無煙ロースターでの換気がいいので、コロナ禍で一人焼肉は人気を呼んでいます。そういうニュースな現場をこの目で見て感じられるのも、チャリ移動のいいところです。

やって来たのは戸山公園近くのRe:s cafe。名前の由来は、Re:=返信 S=Smile(笑顔)で、笑顔が戻る場所という意味がこめられています。

Instagramでよく流れて来るお店で、予約したとの記述もあったりしたので、一応、電話で問い合わせたら、予約なしでも大丈夫ですとの事。行ってみたらちょうど入れ替わりですんなり入れたのですが、その後、2組ぐらいが外で待つ状態でした。

頂いたのはプリンパフェ。季節によってフルーツが変わるのですが、12月〜5月はイチゴ。6月はメロン、7月〜8月は桃、9月シャインマスカット、10月和栗のモンブランみたいに。季節によって旗に描かれているリスが持つ果実も変わります。

パフェは食べる前に写真を撮りながら、じっくりと構成を観察しましょう。

花のように咲いた苺の下が生クリームなんですが、切れ目からスポンジケーキが見えました。イチゴ&スポンジという事で、ショートケーキ的構成のゾーンがあるなと予想。なので、プリンから食べ進める事にしました。プリンは甘すぎずカラメルほろ苦。

イチゴの下は、生クリームとグラノーラに、厚めのスポンジケーキと、ショートケーキの構成なので、イチゴは多少残しておいて正解。全体としては、イチゴのショートケーキの上にプリンが載っているような構造。そして、最後に再びイチゴがやって来ます。

こちらのオーナーは、元東京ディズニーランドホテルのパティシエだけに、スプーンで掘り進めると、アトラクションのように色々な楽しみが飛び出してきます。イチゴの流通量の関係で途中で休止したのですが、イチゴのモンブランも食べてみたかったなあ。

■リスカフェ (Re:s cafebar&sweets)
■東京都新宿区大久保3-9-5 都営西大久保アパート 1F
■営業
10:00~14:30(火)
10:00~17:00(水木金)
11:00~17:00(土日祝)
■定休日:月曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ