ソトカワダ(和泉多摩川)

8月に入ってから、梅雨みたいな天気が続いて、
夏気分が味わえず、9月を前にすっかり「夏の終わり」みたいな気分です。
こんな事になるとは思わずに、
6月に、夏の思い出を作る計画を立てていました。

江ノ島に知人が集まってBBQをする計画があり、
それに自転車で向かう事にして、写真を「写ルンです」だけで撮る事に。
これを夏の終わりに現像すると、
タイムカプセルのように、思い出がよみがえるし、
フィルムの風合いもあって、少々セピア色になって趣もあるのでは?
という訳で、写ルンですを持って、江ノ島までのサイクリングに。

高円寺から水道道路を通って、狛江まで。
そこから多摩川沿いを走り、和泉多摩川へ。
多摩川沿いの「川田旅館」。
ここを週末だけ屋外のカフェにしてしまおうというのが「ソトカワダ」で、
サイクルラックも設置されてて、多摩サイの人達にもすでに人気のお店です。

■ソトカワダ (SOTO KAWADA)
■東京都狛江市猪方4-1-20
■営業:10:00〜18:00
■定休日:月〜金
場所はこのへん
お店のFacebook


ところで、この夏の思い出といえば、小学生の絵日記ですが、
ネットでは、「小並感」という言葉をよく見かけます。
「小学生並みの感想」の略なんですが、
この記事に限っては、「小並感」でやった方が味が出るのでは?と、
iPadのクレヨンアプリを使い、タッチペンで左手で書いてみました。
そしたら、小学生の絵日記っぽくなるかなあと。

たまがわをわたります。

まちだから、サイクリングロードに。

おおきなパイプがありました。

つかれたので、すこしやすみました。

あつかったので、アイスをたべました。

うらに、ウシがいました。

かぜがつよくて、すこしつかれました。

えのしまのちかくで、バーベキューをしました。

たのしかったです。

Pocket
LINEで送る

アポロンズゴールド(江古田)

バトー

区画整理のおかげで個人店が壊滅的だった江古田に
空き店舗を利用して、徐々に個人店がオープンし始めました。
古くからの商店が軒並み変転してしまい、
シャッター通りだった、江古田ゆうゆうロード。
焼き菓子のバトーさんが出来て、なかなかの人気。
そして、その隣に、今度はコーヒースタンドが出来ました。

アポロンズゴールド

アポロンズゴールドというハンドドリップのお店。
そういえば、サードウェーブブームは、どこに行った?
丁寧にハンドドリップがウリだったハズのブルーボトルも、
行列が出来るようになったら、ドバドバお湯を注ぐように。
それ、サードウェーブの主旨からズレちゃってるじゃん。

そんな中、江古田にコーヒースタンドが出来たと聞き、偵察に。
メニューみたら、オープン記念の特別価格となっていますが、
ゲイシャ種が、700円って書いてあるじゃないですか!
思わず「700円って、安すぎない?」って聞いたら、
「わかって頂けますか?」と、若いご主人。

ゲイシャ種って、貴重な豆で、スタバで出すときは、
一杯2000円〜3000円のコーヒーでニュースになるアレですよ。
豊島園の隠房で飲んだ時も、
「一杯千円ですが、他店よりかなりお手頃です」と言われましたが、
それが、700円って!
もう、コレにするしかないでしょ!

ゲイシャ種

店内に置かれていた菓子は、石神井公園「パティスリー・アブルーム」の物。
ザ・ペニンシュラ東京の副料理長だった人のお店で、
こちらも買うしかないでしょ!
アブルームが夏休みに入ったので、お菓子は今あるだけの事。

さてさて、お楽しみのゲイシャ種。
パナマ、ベルリナ農園のベイビーツリー。
ベルリナ農園は、2005年にゲイシャ種を栽培しはじめ、
試行錯誤の末、2010年に、たった2㎏だけ収穫出来るようになりました。
そこからのスタートなので、まだ若い木で、ベイビーツリーと呼ばれます。

さて、お味の方は、雑味もなく口当たりがなめらか。
舌に後味が残るのではなく、
口の中にコーヒーの香りだけが残るという感じ。
最初にコレを飲んでしまうと、他の種類と比べるのが怖くなりますが、
やっぱ700円のうちに飲んでおくしかないでしょ!
みなさんも、今のうちに!

お菓子も旨い!
こちらも試す価値ありますね。
若いご主人も、お菓子の美味しさに負けてしまわないか心配と、
言っていましたが、いやいや、いいバランス。
これから、色々と試してみたくなりました。

■Apollon’s Gold(アポロンズゴールド) 
■東京都練馬区栄町36-4
■営業:11:00~19:00
■定休日:火曜日、第2第4木曜日
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る