パン工房 ゼルコバ(西武立川)

上水桜通り

珈琲館くすの木のモーニングで腹ごしらえした後は、
玉川上水の南側に沿って走る、上水桜通りを使って、西へ西へ。

五日市街道

小平から先で、五日市街道は急に細くなり、渋滞も発生。
西へ向かう場合、ここが一番走りにくい区間となります。
乗用車の場合は間をすり抜けられるけど、トラックやダンプだと危険。
注意して走りましょう。

すずかけ通り

なので、五日市街道で立川の砂川十番の交差点まで来たら左折。
五日市街道の一本南側の「すずかけ通り」に出ます。
こちらの方が道幅が広いので、安心。
五日市街道と平行して走っていて、昭和記念公園を越えた当たりまで行けるので、
福生だとか、西へ向かいたい人へお勧めのルートです。

ロードバイク

ご覧の通り、ロードバイク軍団もいたりするのですよ。
このチームは、ビギナーの女性を連れての走行という感じで、
ゆっくりと安全を確かめるように走っていました。
だから、この走りやすい道のチョイスなんでしょうね。
一番後ろには、ベテランライダーがついて、こまめに振り返って状況をたしかめ、
「車が来た」などの指示を送っていました。

看板

横田基地のちょっと手前、旧五日市街道との分かれ道あたりまで来たら、
路面が急に濡れています。
どうやら一雨通り過ぎた後らしい。

そこで、iphoneアプリの「雨ッシュ」で確かめると、
この後も雨がこちらに向かってくる模様。

雨ッシュ

余談ですが、自転車乗りには、このアプリ超お勧めです。
どっち側からどのように雨雲が流れていているのかわかるので、
それを回避するように自転車を走らせる事が出来るからです。

本来は、檜原村からヒルクライムで奥多摩湖を目指そうと思っていたのですが、
奥多摩もこの後、ゲリラ豪雨が来そうなので、先に進むのは断念。
そういえば、この付近に人気のベーカリーカフェがあるのを思い出し、
目的地を変更する事に。

さっき、パンを食べたばかりなのに、またパンかよ。
ああ、いいか。

前に檜原村を目指したとき、ここで朝飯を補給しようかと思ったのですが、
行列が出来ていたので、断念したお店です。
今回は大丈夫でしょうか?

蔵

蔵の脇を入っていきます。
月曜と土曜には、この蔵の脇で野菜も売られているそうです。

農家

ここは、鈴木農園という農家が経営するお店。
奥にはお店の方の物らしき、クロモリのロードが止まっているのですが、
こういう景色の中には、やっぱりクロモリが似合いますね。

ゼルコバ

そして、こちらが「パン工房 ゼルコバ」への入り口。
なんか、ジブリの世界っぽい雰囲気。

母屋

ちょっとした木のテラスの奥に、お店の入り口が。
この日は雨だったので、テラス席は使われていなかったですけど、
天気が良かったら外も気持ちいいかもね。

店内

この写真では左側にパンが売られている棚があり、
まずはそこでパンをチョイスし、
お会計の時に、テイクアウトかイートインを言うと、それ用に準備をしてくれます。

持ち帰りの人も結構多いのですが、それでも店内の席は満席気味。
僕の時は、ちょうど一つ席が空いていてラッキーという感じでした。
古民家の和の雰囲気ですが、横田基地が近いせいか米軍ファミリーなどの姿も。

思ったんだけど、こういう雰囲気と外人さんって、結構似合うんですよ。
和なのに、ヨーロッパの古都みたいな感じで。
魔女の宅急便のパン屋が、ヨーロッパなのにどこか和の感じもするのの反対で。

パン

頂いたのは、左が、野菜カレーパン250円
じゃがいもや玉ねぎ、茄子など、
夏野菜とスパイスだけで作っているカレーをくるんであります。
夏だけの限定発売。

右が、イチジクとクリームチーズ250円
カンパーニュの生地で
イチジクとクリームチーーズを包んであります。

ドリンクは、一律、420円なのですが、
ライスドリームという聞き慣れない物があったので、注文してみました。
玄米から作られた穀物ミルクだそうです。
お米の汁っぽいけど、クセもなくスッキリな後味。

雨で予定が変わってしまったけど、
前から入りたかったお店に入れたので、結果オーライとしましょう。

■窯焼きパン工房 ゼルコバ
■東京都立川市西砂町5-6-2
■営業:10:00~16:00
■定休日:火水木
場所はこのへん
お店のブログ

昭和記念公園

帰りも「すずかけ通り」を使ったのですが、
途中、昭和記念公園があり、砂川口という入場口が通り沿いにあったので、
ちょっと寄り道してみる事にしました。

ゲート

昭和記念公園って国営の公園だけど、有料なんですね。
入場料は、大人400円。

サイクリングロード

園内は、サイクリングロードと歩道が分離されていて、
移動は自転車か、歩き。
歩きの人は、パークトレインという乗り物でも移動できるけど、
そちらは、1日乗り放題で、500円。
園内は、かなり広いので、移動は大変です。

標識

サイクリングロードは、このようなサークル型の交差点で、
ツールドフランスなどで見る、ヨーロッパの交差点がこの形式なので、
なんだか、ツールの選手な気分ですよ。

バーベキュー

中にはバーベキュー場もあり、賑わっていました。
いいね、バーベキュー!

広場

園内で一番広い、「みんなの原っぱ」は、開放感たっぷり。
CMの、♪この木〜なんの木、気になる木的な、風景が。

あれはココという人もいるけど、
あのCMに出てきた木は、ハワイのオアフ島にあるモアナルア・ガーデンパークです。
番組で使う豆知識の為に、前に調べた事あるんです。

でも、ここもあの雰囲気に負けない、幸せな気持ちにさせてくれる風景ですね。

雨のおかげで、結果、いい休日になったじゃん。
こういう事もあるさ。

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ガーデン&クラフツ・カフェ(立川)

五日市街道

天気予報を見て、思わずカッツポーズが出ました。
土曜日、久々の一日中晴れマーク!
これで遠出が出来る!

自転車を始める前の趣味は単なる飲み歩きだったので、
雨だろうが晴れだろうが関係なかったのですが、
チャリカフェを始めてからは、天気には敏感になりました。
明日晴れてくれ!なんて、こんなに願うのは小学校の遠足以来じゃないでしょうか?

という訳で、自転車で遠征。
五日市街道を使って立川を目指します。

古民家

砂川九番の交差点から立川通りへ。
そんなに下調べもせずに行っているので、
目にとまる物があればすぐに自転車を止めて、写真をパチリ。

外観から何かの郷土資料館か何かのたぐいかな?と思ったのですが、
立派な民家でした。
郊外には、こうした庄屋さん的佇まいのお屋敷が多く残るのですが、
蔵もあるし、何かご商売で材をなした家筋なのでしょうか?

立川駅前

立川駅前まで到着。
これを南口方面へ抜けて、多摩川方面へ向かいます。

ガーデン&クラフツ

甲州街道が奥多摩街道へと名前を変える、日野橋交差点の少し国立寄り。
多摩川サイクリングロードからもすぐです。
こちらが、今回の目的地、ガーデン&クラフツ・カフェ。

自転車置き場

どの駅からも徒歩20〜30分という離れた場所にあるので、
地元の方も車か自転車で訪れていました。
自転車置き場は裏手にあり、僕の青いGIOS号も右端に。

店内

店内は、レンガや木の温もりを生かした内装。
二階は雑貨ショップと案内が出ていたのですが、
目の前の階段を上がってみると、ガーデニング系のお店でした。

二階

こちらが二階。

どうやら、庭造りしている会社が、カフェとショップもプロデュースしている模様。
自転車置き場の所にオフィスらしきものがあったのですが、
こちらのショップが、ショールーム的な役割も兼ねているようです。

カウンター

とはいいつつ、カフェも本格的。
立川でも人気のカフェらしく、つねに満席。
1時前に到着したのですが、
本日のランチメニューの中にも一部売り切れがありました。
ソファー席もあったのですが、一人だったので大テーブルを利用したカウンター席へ。

前菜

チョイスしたのは、本日に限り1500円が1300円となっていた、
地鶏雛のオーブン焼き、ローズマリーガーリック風味。
前菜は、彩りサラダとオムレツ。

黒板には、サラダを2人で分けるのは禁止という事が書かれています。
ボリュームがあるので一品を頼み、
1人がサラダを食べ、もう1人がメインを食べて済まそうという人がいるんでしょうか?
大盛りのラーメンを、2人で1つ食べようとする学生カップルが多い
…という話しは聞いた事ありますけど。

とは、言いつつ、
「小さいお子様の場合はシェア大丈夫なので、取り皿お持ちしましょうか?」
という心遣いも見受けられました。

チキン

メインの地鶏雛のオーブン焼きは、
スパイスが効いていて、香ばしく、ガーリックも程よくなかなか美味。
ライスとパンが選べるのですが、
鶏の下には、マッシュポテトも敷かれているので、パンで正解かな。

こちらでは、赤毛のアンとかキャンディキャンディが大人になった的イメージの
ロシア人の女性が、フロアで働いています。
受け答えの日本語が丁寧で、イントネーションも正しいし、奇麗。
明るくて、とにかく楽しそうに働いていて、
注文したりすると、
「ありがとうございます!」
と、満面の笑みで返事をしてくれます。

日本人でもサービスの素晴らしい店員さんはいっぱいいるけど、
この、はつらつとした明るさは、なかなか出せる物ではない。
ディズニーリゾートの中にあるショーレストランを地でやっている感じ
…といったら、少しは想像出来るでしょうか?

なんか、食事をしながら、彼女を見ているだけで、
こちらも笑顔になってくるのです。

看板

表にインフォメーションの書かれたボードがあったのですが、
帰りに、その裏側に目をやると、女のコのイラストが!
偶然に差し込んだ光も、彼女の明るさを表現しているかのようです。
そうそう!まさに、こんな感じの彼女なのでした!

see you!

■ガーデン&クラフツwith多根 (Garden&Crafts Cafe)
■東京都立川市錦町6-23-18 Garden&Crafts 1F
■営業:11:00~21:00
■定休日:水曜
場所はこのへん
お店のサイト

地図

自転車で都内のカフェ制覇の旅。
立川市、制覇の巻!

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村