ECODA HẺM(江古田)

ヘム

味覚が変わるって事ありませんか?
この間まで旨い!と思っていて食べていたものに
急にときめかなくなるとか。

今、なんとなくラーメンにときめかなくなってしまっています。
前まで旨いと思って食べていたお店に行っても、
「え?こんな感じだっけ?」と、あまり感動が湧いてこないのです。
これはお店の味が変わったのじゃなく、
完全にこっち側の問題です。

糖質ダイエットをしていた時は、
炭水化物が悪魔の塊に感じた事もありましたが、
またそれとは別の感覚。
みんなが喜ぶA5ランクの霜降り肉を
脂っこいと、たべられなくなったのは、年のせいですが、
それとは違う短期の味覚変化。

体調でも悪くて味覚がおかしくなってるのかなあ?と、
友人の中華シェフに話してたら、
酒は旨いと思えているんだから、大丈夫でしょうと。
たぶん、気分の問題なのですが、
昼飯に何を食べようかと思い浮かべても、
「あれ喰いてーーーーー!」という気分が湧いてこないというか、
なんか食欲のノリが悪いのです。
どうした!俺?今、食欲の秋だろ!

今回は、なんとなく軽い物、パンかな?という事で、江古田ヘムへ。
お目当てはベトナムのサンドイッチ、バインミー。

バインミー

定番の豚肉甘辛焼きのバインミーがすでに売り切れで、
季節のバインミー、ラオスのピリ辛ミートソース、750円と、
コーラ、350円。

挽肉で作った肉味噌に、青パパイヤと人参のなますを挟んだもので、
現地では「カオチー」と呼ばれるメニューだそうです。
パクチーの香りがいい具合にミックスされて、
フランスパンなのにエスニックという感じが好きです。
うん、このぐらいの軽い感じの物がいいな。

かつてはハンバーガー砂漠だった江古田も、
いろんなお店でハンバーガーを提供するようになって、
そうなると今度はサンドイッチが食べたくなるという…。
まあ、単なるへそ曲がり期なんだな。これは。

■ECODA HẺM(江古田ヘム)
■東京都練馬区旭丘1-74-9
■営業
2:00~17:00(16:30L.O.)  
■定休日:毎週火・水曜日
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る

カフェ エスケープ(江古田)

カフェ エスケープ

明日まで1冊読み切らなければいけない本があって、
仕事帰りに江古田のエスケープへ。
家だとテレビとかパソコンなどに気が散って集中出来ないので、
寄り道して、カフェで読書する事にしました。

入り口

タリーズ覗いたら一杯ぽかったので、
こちらに寄ってみると、幸運にも一席空いていました。

ところで、ご存じの方がいたら教えて欲しいのですが、
インスタで普通に検索すると、
cafe Escapeの位置情報が出てくるのですが、
投稿の時に位置情報を検索すると、cafe Escapeが出て来なくなるのです。
位置情報を、オンにしているのに出て来ない。
これ何で?

ミルフィーユ

頂いたのは、バナナとベリーのミルフィーユと、
ドリンクセットで、カフェラテ。

ところで、ミルフィーユというと、千葉のオランダ家さんに
「千葉ミルフィーユ」というお菓子があるのですが、
あれって、実は僕の発案なのです。
番組で、千葉のお菓子ってピーナツとか煎餅しかないねという話になり、
だったら、新しい千葉のお菓子を作れないかという事になりました。
で、色々調べたら「ミルフィーユ」って「千の葉っぱ」という意味で、
え!千葉じゃん!という事に。
だったら、千葉ミルフィーユというお菓子を作ろうと番組で提案。
「ネーミングが千葉千葉じゃん」と突っ込まれるのも織り込み済み。

リスナーから何味がいいかというのを募集し、
局の紹介で企画を持ち込んだオランダ家さんに、
千葉は酪農発祥の地だから、ミルククリームで、
蜜漬けのピーナツを挟んだバージョンと、
二十世紀梨発祥の地でもあるので、梨をサンドしたバージョンを
作って貰いました。

これが大好評だったのですが、生菓子だと日持ちの関係で、
お土産としては厳しいという事になり、
ミルククリームをミルクチョコに変更し、
外房はイチゴの産地なので、フリーズドライの苺をサンドして完成。
今では、千葉のお菓子といて、定着しています。

さよなら田中さん

ところで読まなければいけなかったのは、
14才、中学生の作家「鈴木るりか」さんが書いた
「さよなら田中さん」という本。

これが14才の視点で書いているのですが、
大人を皮肉って見ていたりして、面白いのです。
母子家庭で貧乏という設定なのですが、
その中でも、明るく生きる一家が生き生きと描かれているのです。
リスナーからのお勧めの一冊としてあがったのですが、
DJと二人ですぐ買って読み始めました。
14才でこの構成力と、文章力って凄いなあ。

10月17日は、2冊目の「14才、明日の時間割」という本が発売に
こっちも買って読もうっと。

■カフェ・エスケープ
■東京都練馬区栄町2-12 ステラⅠ 2F
■営業:11:00~21:00
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る