シムシム(練馬)

このビルにはかつて、あだち充先生のタッチで、南ちゃんの家の喫茶店「南風」のモデルとなった喫茶店「アンデス」がありました。

ビルの老朽化からの建て替えで惜しまれながら閉店しましたが、そのビルからテナントが全て撤退して、いよいよ解体に入りそうです。

さて、最近は池袋西口のエスニックをせめていましたが、練馬にも気になっていたのに、まだ入った事が無いお店がありました。ハラール料理の「シムシム」。

ちなみに、自転車でお越しの際は、一時停止の標識のある3角のエリアに止めてくださいとの事。歩道だと撤去されてしまうので。

ハラール料理という事で中東のメニューが多いのですが、メニューごとに国旗が描かれていて、どんな料理かという説明書きがしてあります。ハラールとは、簡単に言うと、イスラム教で食べるのが許されてい物。

この日、他のテーブルに中東っぽい男性2人組がいたのですが、やはり、こういう料理が頂けるのは貴重なんでしょうね。時々、日本語で話したり、アラビア語?で話したり、色々と混ぜて会話していたのですが、断片的に聞こえて来た日本語をつなげると、「不動産投資はどこが狙い目か」という話しでした。石油王とか金持ちなんでしょうか?

頂いたのは、シムシムチキンフォーで、ベトナムとエジプトのコラボメニュー。

エジプトのチキン料理とベトナムのフォーを合わせたもので、全体的にはエスニックなカレーうどんのような感じ。エスニックといってもクセがありません。池袋に沢山あるベトナム料理屋さんにも、カレーのフォーがあるか、リサーチしてみましょう。

話し好きな奥さんがお一人でやっていますが、手の空いている時は、色々と料理を説明してくれます。左下のサラダはサウジアラビア風のドレッシングとの事でした。

■Sim Sim(シムシム)
■東京都練馬区練馬1-7-2
■営業
12:00〜15:00(月火水木金)
18:00〜21:00(月火水金)
12:00〜18:30(土日)
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る

ぎょうざのブッタ(江古田)

新しくできたお店の中では、いつも賑わいをみせているお店「ぎょうざのブッタ」。

江古田で餃子を出すお店は街中華系のお店が多いのですが、こちらは綺麗で女性の一人客でも入りやすいような雰囲気。働いている人達も若くて、餃子屋さんなのにカフェ的な雰囲気もあったりします。

初回に訪れた時は、この界隈では珍しい鶏白湯汁餃子をチョイスしたのですが、今回は王道の「三段餃子重」を選択しました。

ちなみに14時でランチは終わり、そこからは夜メニューへ。夜も10個の焼き餃子にご飯スープをつければ餃子定食になるので、飲まない人で、サクっとご飯を食べたい人でも大丈夫です。

「三段餃子重」は5個入りの四角い羽根つき餃子が3枚入っています。計15個という事になりますが、餃子の1個は小ぶりですので、ペロっといけてしまいます。

コロナ中、補助金などで何とか持ちこたえたお店たちも、その後、客足が戻らず、今になって閉店するお店が続出しています。

そんな中で、人気を集めているお店ですから、江古田の新たな名物店となってくれれば良いなと思います。

■ぎょうざのブッタ 江古田店
■東京都練馬区栄町1-10 菊屋第2ビル
■営業:
11:30~14:00
14:00〜23:00
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のInstagram

Pocket
LINEで送る