マヒ グローバル ダイニング (江古田)

江古田にも、日常の光景として外国人の方が増ました。

千川通りのウイークリーマンションには、何かの研修とかで英語圏の外国人グループが泊まっていて、南口の「ぽかんと」などのBARで、お酒をサクっと飲んで帰るという姿も見られます。

観光客以外でも、住んでいる方もかなり増えました。コンビニでは、中国人の店員さんと、中国人のお客さんが、中国語で話していたりする事もあるし、牛丼屋さんなどでバイトしている人も、タイとかベトナムとか、東南アジア系の店員さんがいる時も。

住んでいるから外食をする事もあって、江古田南口の中華屋さん「龍華園」に行ったら、中国語で話しているカップルがご飯を食べていたりして、中国人が食べに来る中華だから、きっと美味しいに違いないと思ったりしてました。

江古田にある、カレーのお店の中で、インド系のお客さんと遭遇する率が高いのが、千川通り沿いの「マヒ グローバル ダイニング」。厳密にいうと、インド・バングラデシュのお店。正直いうと、どこの国の方かはわからないのですが、インドから中東にかけてのと言った雰囲気の方々と遭遇する事が多いのです。

お店の方に聞いたら「ほとんど日本人だヨ」と言っていましたが、他のインド系のお店で、あちら系のお客さんに遭遇した事はないので、自分の中では高確率という事になっています。

最近は、こちらで定番セット以外の物を頂くのが、個人的な流行り。

以前は、骨付きの羊肉のスパイス煮で、少しとろみのついたスープの「ニハーリカレー」を頂きました。少しクセがあるのですが、結構、お気に入りで、リピートしています。

メニューを見ながらお店の方に色々聞いて、今回頂いたのは、カダイマトンカレー。

「カダイ」とは鍋の事で、トマトベースで香辛料がたっぷり入ったドライタイプのカレーです。「ガダイ」の事を「カラヒ」とも言ったりするらしいです。

鍋といえば、チゲも鍋だし、タジンも鍋。だからチゲ鍋もタジン鍋も「鍋鍋」になってしまうというのは良くあるネタですが、これに「カダイ(カラヒ)」も加わりましたね。

カラヒの方で調べてみたら池袋にパキスタン料理の「マルハバ」というお店があって、チキンカラヒなどが人気なんですが、中華鍋ぐらいの大きなで出てくるらしいのですが、こちらは小鍋タイプです。

野菜もたっぷり入っていて、普通のセットより綺麗でテンション上がります。「中に唐辛子入ってるから、よけて食べてね。カライヨ!」と言われ、注意して頂きました。

激辛って訳じゃないのに、食べているうちにじんわり汗をかいて来る辛さで、なかなか良いです。ナンとライスから選べたのですが、ライスで正解!

ここで食べた事のないメニューに挑戦してると、脳内が「孤独のグルメ」みたいになりますね。よし!次はマサラ系に挑戦してみよう!

■マヒ グローバル ダイニング (Mahi Global Dining)
■東京都練馬区旭丘1-57-12
■営業
11:00〜15:00(ランチ)
17:00〜22:30(ディナー)
■定休日:金曜
場所はこのへん
お店のTwitter

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

江古田HUT(江古田)

「整いました」というと昔は大喜利の「ねづっち」でしたが、今はすっかりサウナ用語。3連休中は、練馬のティップネスでサウナ三昧。昼に行くと貸し切り状態というのを発見して、昼サウナを堪能していました。

広めのサウナなのに、昼は2〜3人。しかも、ティップネスのサウナに入っている人って、あまり外気浴の椅子を使う人がいなくて、2脚しかないのに、いつも座り放題。

なので、しっかり整いました、いや、整いすぎたと言ってもいいかもしれません。と、なぜか村西とおる口調に。

喉が渇いて炭酸が飲みたい気分。最初は練馬のアンデスのクリームソーダが思いついたのですが、アンデスは日曜定休。江古田に戻って来る自転車で、そういえば、江古田HUTに、気になっていたけど、まだ飲んだ事の無いメニューがある事を思い出しました。

コーヒートニック600円。

コーヒーをトニックウォーターで割ったもので、トニックウォーター自体に酸味があるので、コーヒーの酸味もより強調される感じに。なので爽やかで、欲していた炭酸ののどごしも堪能出来て大満足です。

連休あけたら少し肌寒くなってきたので、この日「炭酸を飲みたい」という本能に従ったのは、正しかったみたいですね。

珍しくビールじゃなく、ノンアルコールの炭酸が飲みたいと思ったのは、お導きだったのかもしれません。

■江古田HUT
■東京都練馬区栄町46-4
■営業:11:00~20:00
■定休日:月曜
場所はこのへん
お店のfacebook

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ