あかぎカフェ(神楽坂)

飯田橋

久々に飯田橋へ。正確には、こちらは牛込橋。
武道館の入り口にある田安門から、九段下に降りずに、
直進すると、この牛込橋に到着します。
かつては、外堀の牛込見附門があったのですが、
現在は、石垣のみが残されています。
田安門から早稲田通りが始まり、
この牛込橋を渡り、背中側にある神楽坂をのぼると、早稲田に。

あおもり

自分の担当番組に、3時に全国の銘菓を食べるコーナーがあり、
今回は青森という事で、飯田橋にある青森のアンテナショップへ。
「パティシエのりんごスティック」というお菓子を購入しました。
青森県産りんごを大きめにカットし、
スポンジ生地と一緒にそのままパイで包みした物。
なかなか美味しかったです。

東京大神宮

こちらに来たついでに、東京大神宮へ。
江戸時代、伊勢神宮への参拝が難しかった時代、
東京における伊勢神宮の遥拝殿として作られた物で、
ここを参拝すると、伊勢神宮を参拝した事になります。
現在では、縁結びの神様としても有名で、
この左手の緑の垣根の向こうには休憩所があり、
アラフォーの女性が沢山!
お綺麗な方が多いのですが、高望み系なんでしょうか?
絵馬が願い事を見られないように、
全部、きっちり裏返しにしてあるのが面白かったです。

神楽坂

せっかくなので、神楽坂側にも足を伸ばしてみました。
やはり和を感じさせるスポットなのか、外国人の方が目立ちますね。
街をポタリングしていて思うのは、
和の香りの強いスポットは欧米系の方が多く、
ネオンの輝く都市部には、アジア系の方が多い気がします。
あくまでも自分の感覚ですが。

北の

神楽坂側にも、「北のプレミアフード館」があり、
北海道、青森のグルメが揃っているので、チェックしました。
お菓子というより、お酒や海産物、加工品などが多かったです。
なんで牛込橋を挟んだ南北に青森のアンテナショップがあるんでしょう?
津軽藩の屋敷は錦糸町で、この付近は酒井忠勝の屋敷のはず。

YS

坂の途中に自転車屋さんのY’sロードがあったのですが、
ほぼ電動アシストの自転車ばかりですね。
そういう意味では、神楽坂で試乗出来るので、
アシスト具合が体感出来る、いい機会でしょう。

赤城神社

さて、神楽坂を登って早稲田方面にある赤城神社へ。
神社の脇で、なにかロケをしていて大勢の人がいたのですが、
上から覗いてみたら、嵐の相葉雅紀さんでした。
10月からの深夜ドラマ『僕とシッポと神楽坂』のロケだったようです。

こちらにも外国人の参拝客が多かったのですが、
面白かったのは、日本人の参拝の方法を離れた所から見ていて、
二礼、二拍手して、手を合わせ、最後に一礼というのを、
マネして覚えようとしていたのです。
昔、ドリフのコントに、お茶の作法を外国人がマネしようとして、
途中に、日本人がクシャミをしたのもマネるというのがあり、
それを思い出しました。
なんかCMでも、そういうのありましたよね。

あかぎカフェ

赤城神社内にある「あかぎカフェ」へ。

メニュー

メニューを見ていて面白いなと思ったのは、
「お神酒のジェラート」
日本酒のジェラートなんでしょうけど、
神様にお供えするお酒ですから、何だか縁起がよさそう。

御神酒

口に入れ、溶ける瞬間に日本酒の香りがします。
ジェラートで日本酒の香りというのは不思議な感じ。
慣れるまでは、ちょっと違和感あります。
山形とかのフルーティー系の日本酒というよりは、
米の香りのガッツリ日本酒系ですね。
これ食べて、なにか御利益あるといいのですが。

■あかぎカフェ
■東京都新宿区赤城元町1-10 赤城神社境内
■営業:
10:00~21:30(平日)
11:30~21:30(土曜)
11:30~17:00(日曜)
■定休日:火曜日、第2月曜日
場所はこのへん
お店のサイト 

Pocket
LINEで送る

キイトス茶房(神楽坂)

神楽坂

神楽坂と一口に言っても、近くに3つの駅があります。
JRでいうと飯田橋駅。
そこから坂を上ると頂上は、神楽坂上の交差点。
まっすぐ突っ切って早稲田通りを進めば、東西線の神楽坂駅。
大久保通りを左に折れれば、大江戸線の牛込神楽坂駅。

普通はどこの駅が近いかなんて話しをするのでしょうが、
自転車の場合、神楽坂で重要なのは、どこの傾斜が少ないのか。

神楽坂という名前だから、当然坂の街で、
道筋を一本間違えば、坂の角度も違って来ます。
こういう事もあるので、自転車だと地名に敏感になって来るのです。

市ヶ谷を囲む地名は、飯田橋、市ヶ谷、江戸川橋、早稲田、
川や谷、湿地にまつわる地名で、高度は高くない事が想像出来ます。
そこに囲まれた地名が神楽坂だから、ここが山のてっぺんだという事もわかります。

そんな中でどういう進路を取り、どこに陣を張るのか、
戦国武将のような気分になったり、
高低差マニアの「ブラタモリ」みたいな感じになってくる訳ですよ。

にしても、最近、妄想の度合いがどんどん濃くなってますね。
大丈夫でしょうか?

キイトス茶房

今回、訪れのは神楽坂上から大久保通りを進んだ、牛込北町交差点近くにある
「キイトス茶房」。
ビルの2階にあります。

看板

看板の女性が全てを表しているのですが、ここはBOOK CAFEです。
今放送中の月9ドラマ「私が恋愛できない理由」のタイトルバックで
ブックカフェが出てきますが、あちらは新宿3丁目のブルックリン・パーラー
それを見ていたら、新たなBOOK CAFEめぐりに出てみたくなったのです。

神楽坂カレー

頂いたのは神楽坂カレー。
サラダと温泉玉子、ドリンクがセットになって900円。

温泉玉子

キーマのトップに穴を掘って、温泉玉子をこうしてみた。
どうだ!旨そうじゃないですか。

キーマはほどよいスパイシーさなのですが、
そこに温泉玉子を絡めることによって、マイルドになります。
かき混ぜると旨いんだけど、絵的に旨そうに撮れない。
かき混ぜ物って撮るの難しいね。

アイスティー

さて、こちらのお店、一方には大きな本棚があって、
ご主人がセレクトした本がズラリと並んでいます。
その並びを見ていると、お客さんの層は30代以上かなあ。
大人が読んで面白い本が多いです。

そして、周りを見渡すと大人な女性が多い。
大人というのは年齢の事を言っているのではなく、
こういう場での過ごし方を知っている人という意味です。

皆といる時は、皆との時間、
2人でいる時は、2人の時間、
1人でいる時は、1人の時間、
それぞれの楽しみ方を知っているのが大人のような気がします。

今、全ての時間、メールなどで他人に依存しないと過ごせない人が増えすぎてる。
そいうのを見過ぎてるせいか、自分の時間をすごせる女性っていいと思う。

たまたま手に取った嵐山光三郎さんの本に、
マスターがつけたと思われる付箋が貼られていました。
その箇所には「おかゆ」をどう旨く食べるかという事が書かれていました。

ふと隣を見ると、大人な女性がおかゆセットを食べています。
なんか旨そうに見えるなあ。
今度はアレを食べてみたい。

■キイトス茶房
■東京都新宿区箪笥町25野吾ビル2F
■営業:11:00~21:00
■定休日:月・第3土曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る