キイトス茶房(神楽坂)

神楽坂

神楽坂と一口に言っても、近くに3つの駅があります。
JRでいうと飯田橋駅。
そこから坂を上ると頂上は、神楽坂上の交差点。
まっすぐ突っ切って早稲田通りを進めば、東西線の神楽坂駅。
大久保通りを左に折れれば、大江戸線の牛込神楽坂駅。

普通はどこの駅が近いかなんて話しをするのでしょうが、
自転車の場合、神楽坂で重要なのは、どこの傾斜が少ないのか。

神楽坂という名前だから、当然坂の街で、
道筋を一本間違えば、坂の角度も違って来ます。
こういう事もあるので、自転車だと地名に敏感になって来るのです。

市ヶ谷を囲む地名は、飯田橋、市ヶ谷、江戸川橋、早稲田、
川や谷、湿地にまつわる地名で、高度は高くない事が想像出来ます。
そこに囲まれた地名が神楽坂だから、ここが山のてっぺんだという事もわかります。

そんな中でどういう進路を取り、どこに陣を張るのか、
戦国武将のような気分になったり、
高低差マニアの「ブラタモリ」みたいな感じになってくる訳ですよ。

にしても、最近、妄想の度合いがどんどん濃くなってますね。
大丈夫でしょうか?

キイトス茶房

今回、訪れのは神楽坂上から大久保通りを進んだ、牛込北町交差点近くにある
「キイトス茶房」。
ビルの2階にあります。

看板

看板の女性が全てを表しているのですが、ここはBOOK CAFEです。
今放送中の月9ドラマ「私が恋愛できない理由」のタイトルバックで
ブックカフェが出てきますが、あちらは新宿3丁目のブルックリン・パーラー
それを見ていたら、新たなBOOK CAFEめぐりに出てみたくなったのです。

神楽坂カレー

頂いたのは神楽坂カレー。
サラダと温泉玉子、ドリンクがセットになって900円。

温泉玉子

キーマのトップに穴を掘って、温泉玉子をこうしてみた。
どうだ!旨そうじゃないですか。

キーマはほどよいスパイシーさなのですが、
そこに温泉玉子を絡めることによって、マイルドになります。
かき混ぜると旨いんだけど、絵的に旨そうに撮れない。
かき混ぜ物って撮るの難しいね。

アイスティー

さて、こちらのお店、一方には大きな本棚があって、
ご主人がセレクトした本がズラリと並んでいます。
その並びを見ていると、お客さんの層は30代以上かなあ。
大人が読んで面白い本が多いです。

そして、周りを見渡すと大人な女性が多い。
大人というのは年齢の事を言っているのではなく、
こういう場での過ごし方を知っている人という意味です。

皆といる時は、皆との時間、
2人でいる時は、2人の時間、
1人でいる時は、1人の時間、
それぞれの楽しみ方を知っているのが大人のような気がします。

今、全ての時間、メールなどで他人に依存しないと過ごせない人が増えすぎてる。
そいうのを見過ぎてるせいか、自分の時間をすごせる女性っていいと思う。

たまたま手に取った嵐山光三郎さんの本に、
マスターがつけたと思われる付箋が貼られていました。
その箇所には「おかゆ」をどう旨く食べるかという事が書かれていました。

ふと隣を見ると、大人な女性がおかゆセットを食べています。
なんか旨そうに見えるなあ。
今度はアレを食べてみたい。

■キイトス茶房
■東京都新宿区箪笥町25野吾ビル2F
■営業:11:00~21:00
■定休日:月・第3土曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

マンヂウカフェ・麦マル2(神楽坂)

看板

神楽坂上交差点から、少し飯田橋方面に向かった所に、猫の絵の看板が出ています。

路地裏

そこから路地を覗いてみると、なにやら人だかりが。

mugimaru2

そこは麦マル2という、マンヂウカフェ。

メニュー

饅頭のテイクアウトも出来るので、お店お前に人だかりが出来ていたのですね。

元々は谷中に古アパートを利用した饅頭屋さんの「麦マル」があり、
その建物が壊されることになったので、閉店。
今度は神楽坂の古民家を利用してお店を作ったので
「麦マル2」という名前になった模様です。

1階席

1階には古いミシンを使った席があります。
「猫を飼っております」という看板があったけど、
お店自体が劇団四季のキャッツのセットみたいな感じ。
雑然としていて、それが何だか不思議な味となっている。

2階

2階席もあるというので、せっかくなのであがってみました。
6畳ほどの板張りのお座敷席。

まんじゅう

一番プレーンな「白地につぶあん」120円と、コーヒー520円。
コーヒーはポットでも注文出来、それだと600円。

何でもできたては美味しいのだけど、マンヂウも蒸かしたては旨い。
1階から2階にあがるときに、蒸籠からいい香りがしていたけど、
今度はそれが口の中で広がります。

こちらのお店でもアラフォーとおぼしき方達がガールズトーク。
部屋が6畳ぐらいと狭いのと、関西人のお二人という事で声が大きい。
盗み聞きしなくても、ガンガンに話しが耳に飛び込んで来ます。

「なかなか条件に合う人おらんなあ」

その条件は、
「持ち家の人がいいけど、二世帯はイヤで、家の中で繋がってない方がいい」
から始まって、様々な項目が細部に至るまで煮詰められていました。

速記の書記でも全てはメモするのが困難なぐらいの早口で、
1ギガのメモリーカードには収まらないぐらい膨大で、
司法試験に合格するのと同じぐらいハードルが高い理想を、
二人で、まくし立てていました。

今後、その狭き門を突破出来る人は現れるのでしょうか?
…と余計な心配をしながら、その条件はまだまだ続きそうだったので
お先に失礼させていただきました。

■mugimaru2
■東京都新宿区神楽坂5-20
■営業:12:00~21:00
■定休日:水曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村