クレアホーム&ガーデン(日野)

多摩川

立川から日野橋を渡って多摩川を越えました。
天気がいいから、まだまだ行くぞ!とペダルを漕ぎ続けます。

看板

そして次のターゲット、日野市に突入しました。
…と言っても、下調べして来なかったので、日野と言ってもイメージが湧きません。
確か、土方歳三と忌野清志郎の出身地だったなあ…というぐらいですかね。

モノレール

多摩都市モノレールがあったのですが、駅名は「甲州街道」。
え?一つ前の記事で、
日野橋の交差点で、甲州街道から奥多摩街道に名前が変わったと書いたけど、
あそこで終わったんじゃなく、
左に直角に折れて、日野橋を渡るように甲州街道は続いていたんですね。

それにしても、遠出とは言っても、舗装された道を自転車で走ってきた訳で、
昔の人は、ここを歩いて甲府まで旅していた訳でしょ。
そう考えると、現代人って凄いんだか凄くないんだか、わからなくなります。

でもね、こうして自転車で走っていると、
「え?オレ結構出来ちゃう?」
と、少し自分の能力が覚醒したかに思える所が、快感だったりもするのですよ。
たぶん、自転車で遠出している人達は皆、そうなんじゃないかなあ。

クレアホーム&ガーデン

下調べはしてないと言いましたが、お店だけは目星をつけていました。
ガッツリではなく、だいたいと言った感じですけどね。
こちらは、イギリスとかの田舎にありそうな外観が気になっていたお店
「クレアホーム&ガーデン」

洋館

16世紀頃の英国木造建築、チューダー様式のハーフティンバーの建物だそうです。

イギリスのチューダー王朝時代に作られた建物に多いもので、
ハーフティンバーというのは、柱やなどの骨組みを外にむき出しにし、
その間に煉瓦やをつめて壁とした、西洋の木造建築の方法。

なるほど、今度から、柱が見えてる建物があったら、知ったかぶりしよう。
「ああ、ハーフティンバーね」

庭

庭は600坪。
手は入っているけど、あまり作り上げず、
自然を再生させたビオトープに近いかもしれません。
どちらかというと、自然な田舎の風景を目指したって感じ。

写真だけ見ると作った風に見えないかもしれませんが、
実はこの回りは、普通の住宅街なのですよ。

キャッシャー

入り口を入ると、受付チックなキャッシャーがあります。
あの奥が、雑貨屋さん。

雑貨売り場

大きな暖炉があったり、鉄のストーブがあったり。
テーブルや棚の上には、こんな家の中で使いたい陶器やガラス製品など、
生活用品と呼ぶには、ちょっとオシャレな物たちが並んでいます。
イギリスだけあって、ティータイムの為の道具も充実していました。

階段

階段を昇って二階に行ってみると…。

屋根裏部屋

魔女の宅急便で、キキが住んでいたパン屋の屋根裏部屋みたいな部屋も。
こういうの好きな女性って、多いんじゃないですかね。
そして、自分が魔法が使える事、妄想しちゃったりね。

そういうの見越して、
「窓からほうきに乗って飛び降りないでください」
とか小さな張り紙あったら、クスリとしてしまいそう。

カフェ

さて、1階のキャッシャーを挟んで、雑貨売り場の反対側が、
カフェになっています。
こちらにも大きな暖炉が。

これだけデカかったらサンタも楽々入ってこれるってモンですよ。

ケーキセット

頂いたのはコーヒーとケーキのセット、700円。
ケーキは選べるのですが、こちらは豆乳とゴマのモンブラン。
しまった!イギリスなんだから、ティーセットにすれば良かったね。
こういう所で、ツメが甘いんですよ。
まったく…。

モンブランの他にアイスクリームやチーズケーキ、
そして何て種類かわからないけど、少し細長い葡萄のスライスも。
豪華だねえ。

こういうのを男一人で楽しむっていうのは、
優雅っていうのかいわないのわかりませんが、
でも、お店には確かにそんな時間が流れているのです。

■クレアホーム&ガーデン(CLARE HOME & GARDEN )
■東京都日野市日野本町7-10-6
■営業:10:00~18:00
■定休日:日、月
場所はこのへん
お店のサイト

地図

自転車で都内のカフェ制覇の旅。
日野市、制覇の巻!

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村