レストラン・オオタニ(大山)

レストラン・オオタニ

落としどころが分からなくなってしまった、ピラフの旅。
もっと簡単に美味しいピラフを見つけて、
ついに発見!と、終わるはずだったのに、なかなか終われません。
これまでの経験から、付け合わせのサラダがダメな所は、
メインのメニューもダメである確率が高いことがわかりました。
じゃあ、サラダの旨い店に行ってみればいいんじゃ無いの?
と、候補地に思い浮かんだのが、大山のレストラン・オオタニです。

こちらは、セットになって出てくるキャベツサラダが旨いので有名!
手作りのマヨネーズで、酸味が少なく、
キャベツの甘みを引き立ててくれるので、美味しいのです。
ここは、サラダで外すことは無いので、期待が高まります。

ピラフ

頂いたのは、タラバガニたっぷりのピラフ、1400円。
ほぐしたタラバがたっぷり!
お皿の脇には銀紙に包まれて、美味しいキャベツサラダが!
ん?ちょっと待てよ!味噌汁?
ピラフは洋食だから、てっきりスープがついてくると思ったのに、味噌汁?
チャーハンだとしても、中華スープでしょ!
何故に味噌汁なんでしょう?

味は洋風なんだけど、あのバターを感じるいわゆるピラフ味じゃなく、
焼き飯との中間ぐらいの味。
というか、たぶん、味噌汁の味にひっぱられて、
もしかしたら脳がそのように誤変換しているのかもしれません。
途中で、味噌汁を挟むと、意外と引っ張られるんですよ、そちら側に。

かき氷のシロップって、実は色が違うだけで、
味は同じって話聞いた事ありますか?
味は同じだけど、色と香りを変えるだけで、
脳みそが勝手にその味に変換してしまうという物。
実際には、抹茶味にはほんのり抹茶を入れていたり、
レモン味には果汁を入れていたり、少し味を変えているそうなんですが、
ほぼ原材料は一緒で、目をつぶって鼻をつまむと、
かき氷の味は、区別つけられないのだそうです。
だけど、かき氷のあの色を見ると勝手に、
赤はイチゴ、黄色はレモン、緑はメロンに感じてしまうのだとか。
それと全く同じではないけれど、味噌汁を隣に置いて一口飲むと、
勝手に和の焼き飯に近い味に、変換されてしまう気がするのです。

誤解無きように!
旨いんですよ!
旨いんだけど、これが旨い王道ピラフだ!って言い切って、
ピラフって何問題を決着させてしまったいいのだろうか?
…と、食べ終わってから、モヤモヤした気持ちになったのです。
なんか、糸口が見えないなあ。
これ、逆に回って、川越シェフが10点をつけた
吉祥寺のロゼで上がりにすれば良かった。
TV番組なら、そういう編集をするでしょうね。
ブログは、失敗の過程をそのまま見せて、なんぼかなという気がします。

■レストランオオタニ
■東京都板橋区熊野町47-8
■営業:9:00~24:00
■定休日:無休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る

マテリエル(大山)

大山

最近、X-JAPANのTOSHIさんが、
スイーツハンターとして食レポをしているのですが、
先日は、板橋区のハッピーロード大山に出没していました。
TOSHIさんを発見したオバチャンが、
「あんた!今度は女の人にお金取られるんじゃないわよ」
と、お構いなしのツッコミ。
それを笑ってやり過ごし、カットもせずにO.Aとは、
あの時は違う意味で、達観なされたんだなと思いました。

マテリエル

そのTOSHIさんが、スイーツハンターとして訪れたのが、マテリエル。
取材拒否のお店なので、お店からケーキを買ってきて、
商店街のベンチで食べていたのですが、
その食レポが、とっても美味しそうだったのです。
よくあるお昼のTV番組の食べ歩きって、パターンにはまっていて、
「肉汁が」とか「小麦の味が」とか定型文を言いがちなんですが、
だいたい、小麦の味って何だよ!まず、それがどうなのか説明しろよ!
…と、見ていて、いつもツッコミを入れてしまいます。

TOSHIさんの場合は、まだグルメ番組に染まっていないとうか、
食レポに慣れていないので、
「うわっ!」とか「あっ」とか「ふふっ」とか
擬音多めなのですが、素直なリアクションが本当に美味しそうでした。

で、その食レポに影響されて、
レストラン・オオタニに行った帰りに寄ったのですが、
みんな同じ考えだったようで、
ケーキはフロマージュクリュ、460円、一種類しか残っていなく、
しかもラスト6個ぐらい。
あとは焼き菓子だけしか残ってませんでした。

続々と訪れるご近所の主婦の方々が、口々に
「えええーーー!もうこれしか残っていないの?」」
と言っていたので、いつもより、かなり早い品切れだったのでしょう。

なんとか滑り込んで、店内でイートイン、
ダージリンティー200円をつけて、いただきました。

うん!ほー!うわっ!
TOSHIさんの場合、絵があるから擬音で表現が成立しますが、
WEBでリアクションを文字だけでするのは難しいなあ。
スルっとフォークが入り、ねっとりと舌にまとわりつく。
んー、普通じゃん。
味が普通なんじゃなくて、自分の表現が普通以下。
旨いもの食べてHAPPYだったのに、
なんだか落ち込むモードになっちゃったよ。

あ、このお店でTOSHIさんが食べて「うふっ」って声が漏れて、
とっても美味しそうだったのは、和栗のモンブランです。
春だからもうすぐ和栗無くなるよね。
早めにリベンジしてみたいと思います。

■マテリエル (materiel)
■東京都板橋区大山町21-6 白樹舘壱番館1F
■営業:10:00~19:00
■定休日:水曜日
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る