志むら(目白)

志むら

猛暑なのに…客足がぱったり かき氷店ため息(産経新聞)

かき氷の老舗として人気の高い前橋市の「野口商店」によると、
最高気温が35度を超えると、家から人が出なくなり、客足がぱったりと止まるという。

ホントかよ!だったら並ばずに食べられるかも!
という訳で、35度を超える日、目白の人気店「志むら」に行ってみました。
なんだよ!
2階がカフェなんですが、階段の下まで行列出来てるじゃん。
普通に。

ネットニュースで観た記事を鵜呑みにしそうになっていたのですが、
単なる一例というか、一商店の親父の勘というか、
志むらが、35度越えでも関係無い人気店なのか、
ともかく1ニュース記事とは違った現実がそこにはあった訳です。

番茶

待っている間、隣の大学生らしきグループが、
「オレ!ゴールデンタイム!」
「いいね!ゴールデンタイム!うえい!」
的にもりあがっています。
「ゴールデンタイム=金時」って事だそうです。

ラジオで喋りの仕事をしているとよくある事なんですが、
声のデカイ人の話は、内容を疑うようにしています。
素人の関西人、ウェイ系の人、オバチャン、女子高生
あばれる君やパンサー緒方さんなど、
なんか面白そうに聞こえるんだけど、
文字に起こすと普通の事を、大きい声で言っているだけの人がいます。

でも、それって効果的で、
タレントさんにしゃべりを教えるときには、
それをやってみろと、教える事もあります。

「なんかさーーー!暑いと喉渇くよね、超カラカラーーー?」
「わかるーーーー!」
こんな超普通の会話を面白げに話す。
トークには、内容以上に、話のトーンが重要な事もあります。
自信満々で話すと、つまらない事でも面白くなりがち。
オーディションの時など、緊張からから自信なさげに話すので
面白い内容でも、面白く伝わらない事もあります。
何かを伝えたい時はテンション高めで!
これ、オススメです。

さてさて、頂いたのは、
期間限定!京番茶と和三盆と、いろいろドライフルーツ1026円。
抹茶のかき氷というのは多いですが、
番茶のかき氷は、渋めで甘く無くて自分好みです。
大人の味というより、オッサンには合っている味なんでしょうね。

ドライフルーツはどうだろう?
これは好みが分かれるところかもしれません。
和の甘みの方が番茶には合うかも。
トッピングに白玉があるので、そちらが合いそうな予感。

でも番茶のかき氷は、いわゆる抹茶ミルクとは違い、
甘すぎず大人の味で好みでした。

■志むら
■東京都豊島区目白3-13-3
■営業:10:00~19:00
■定休日:日曜
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る

カフェ クーポラ メジロ(目白)

クーポラ

30度を超えるとかき氷が食べたくなるそうですが、
30度を下回る日が続き、なんと無くパフェ気分。
そんな中、インスタをチェックしていると、
目白に期間限定の美味しそうなパフェがあるではないですか。
そこで、ミニベロで目白まで。
家から10分ちょっと。しかも全部裏道。

目白通りに出来たのが、カフェ・クーポラ・メジロ。
イタリアのバルで修行したオーナーが出したお店だそうです。
店内は細長い形で、2人席、3つと、
グループで使用出来るテーブル。
あとはカウンター。

今年の春に出来たばかりなので、
まだ知らない人が多いのか、
通りかかって、お店の前のメニューをチェックし
遠目に店内を覗いて行く通行人の方が多いです。

パフェ

いくつもの桃が層になった季節限定のパフェ。
厚切りの桃、
桃のシャーベット、
パンナコッタ、ジュレ。

単にフルーツを盛っただけでなく、
上から食べていって、層が交わる時に新たな味のコラボが。
グルメ雑誌だったら、マリアージュか。
フルーツパフェって、せいぜい、生クリームや、
ジェラートとの組み合わせだったりしますが、
こちらのパフェは、結構複雑な味わい。

喫茶店のパフェも好きなんですが、
こういう味わいを考えたパフェも面白いですね。
ちょっとパフェ、調べるかなあ。
季節のフルーツを使っているから、旬を感じられるし、
それ以外のアレンジをチェックだなあ。

■CAFE CUPOLA mejiro
■東京都新宿区下落合3-21-7 目白通りCHビル1F
■営業:
8:00~21:00(火〜土)
8:00~18:00(日)
■定休日:毎週月曜、第2&4火曜日
場所はこのへん
オフィシャルサイト

Pocket
LINEで送る