祭の湯(西武秩父)

名栗川

久々の飯能、名栗ライド。
そろそろ長袖ジャージかな?と思ったけど、
気温は25度以上あり、まだ半袖で大丈夫でした。
ただし、日陰に入ると、少しひんやりします。
北海道では紅葉が始まったそうですが、この付近は、まだまだ緑。

栗

ただし、街道沿いには所々で栗が落ちていて、
秋なんだなあというのを実感。
吹きだまりのような所には、落ち葉も集まっていました。

仕事場で、この日の話になった時に、
「街道沿いに栗が沢山落ちていた」
という話をしたら、そういう実感がないのか驚かれました。
栗ってお菓子の秋限定とか
ケーキなどに登場して、秋を感じるみたいで、
都会に住んでいる人は、栗が落ちているを目にする事はあまりないのですね。

ただ、靖国神社には、ぎんなんが落ちているらしく、
近くのスタジオに行くときに、踏まないように気をつけた!
…という話はありました。
都内のいちょう並木も、ぎんなんのシーズンなんですかね?

ラジオにありがちな「小さい秋みつけた」というテーマの時、
若手の作家は、ネットで調べたニュースを出してくるのですが、
こういう写真をDJに見せながら、栗とかぎんなんの話をして、
リアルな体験談を伝えられるのが、実践派の作家の強みです。

Kitchen2687

さて、飯能から名栗方面は、続々カフェがオープンしていて、
まだ全部チェックしきれていません。
赤沢の、Kitchen2687は、基本、木金土しかオープンしていないのですが、
ここの所、土曜日に雨が降る事が多く、まだ行けていません。
写真でもわかるように、バイクラックありのお店です。

新店

そして、その先には、川を見下ろすテラスのある
アウトドア料理の「ブルータープ」がオープンしていました。
こちらも、次回のチェック候補ですね。
こちらも中央の青い旗の下にあるのが、バイクラックです。

ログハウス

さて、この日は久しぶりに山越えをする為に、名栗の奥へ。
ログハウスの集まる集落が見えてきました。

新井不動尊

名栗の奥にある『不動の名水』として知られる新井不動尊。
真夏などは、ここにロードバイクが集まり、
給水している姿がよくみられます。
「霊験崇高な恵水です。参拝して召上り下さい」と看板が立っていますので
お参りして、給水させていただく事にしました。

瀧

滝の上流からホースで水を引いています。

水

蛇口がある訳でもなく、ステンレスの流しに、流しっぱなし。
真夏ほどではないですが、意外と汗ばんでいたので、
顔を洗ってから、給水。

入口

さて、お久しぶりの山伏峠。
初心者向けの峠です。
というか、ここぐらいは登れるようになっておきたいですね。

山伏峠(やまぶしとうげ)
距離:4.2km
平均勾配:6.7% 最大勾配:14%
獲得標高:281m 標高:327m~607m

久々のヒルクライムなので、リハビリがてら登ります。

風景

最初だけペースをつかむのに苦労しました。
どのぐらいのスピードで、どのぐらいのギアで行けばいいんだっけ?
…というのを忘れています。
だから、「え?こんなに登れなかったっけ?」と愕然とします。
ツールやらブエルタやら見て、
勝手にスイスイ登れるイメージがついていたんでしょうね。

思い出しました。
自分は、ノロノロ、ヨチヨチヒルクライムであった事を。
それさえ自覚出来れば、あとはマイペースで登れます。
途中、14%の材木置き場付近の坂がありますが、
そこさえ通過すれば、あとは6〜7%です。

山伏峠

という訳で、やって来ました山伏峠。
車やバイクの人にとってみれば、ただの通過点でしかない
なんでもない峠ですが、自転車乗りは、記念写真を撮りたくなります。
この飯能には、子の権現というラスボスがいますが、
山伏峠をドラクエに例えると、
スライムナイトを倒したぐらいのレベルでしょうか?

武甲山

芦ヶ久保方面に降りて、299号を秩父方面に。
299号は、名栗側と違って、車は飛ばしているし大型車も多く、
自転車乗りとしては、あまり快適ではありません。
秩父までは下り基調なので、飛ばして行きます。
本当は、行きたいカフェがあったのですが、
閉店時間が早く、断念。

西武秩父

駅前に出来たという祭の湯を覗いてみようかと思い、
西武秩父駅へ。

祭の湯

祭の湯の前の広場では、サイクリスト達が輪行の準備。
縦型輪行袋が多かったのですが、
レッドアローで帰る事を考えてでしょうか?
あれだと、特急の後ろの席にすっぽり入るので。
(詳しくは、秩父サイクリングのコツ、参照)

開業時、サイクリストにも利用して欲しい的な
キャッチコピーがあったのですが、
バイクラック等、自転車乗り向けの施設は見当たりません。
西武線沿線の駅にある、有料自転車置き場のような物はありました。
ただ、あれにロードバイクを置くのは、盗難が心配。
そこで、電話で問い合わせてみたのですが、
輪行袋に入れれば、フロントで預かってくれるそうです。

預けて入っていこうかとも思ったのですが、
帰りの特急が結構売れてしまっていたので、断念。

ホーム

普通の電車の快速急行で帰る事にしました。
今度は、縦型輪行袋を持ってきて、フロントに預け、
風呂入って、ビール飲んで、レッドアローで帰りたいと思います。
次回、リベンジをお楽しみに!

Pocket
LINEで送る

カールヴァーン・キャンプ(飯能)

飯能

ここのところ週末は、ずーっと雨模様で、
特に出かけたい土曜日は、昼ぐらいに雨マーク。
先週末も、土曜は午前中雨予報だったので、早々にあきらめ
仕事を前倒しにして土曜日に済ませ、日曜日に出かける事にしました。
久々の飯能です。

徐々に輪行組も増え、駅を出ると、
あちこちでロードバイクを組み立てている姿が。
声をかければ改札内のコインロッカーも使えますが、
構内の階段下にも欲しいよなあ。
スペース広いんだから。

同様に、輪行や登山の玄関口となっている武蔵五日市は、
週末はコインロッカー争奪戦!
需要あるんですよ。こういう場所は。

駅ナカ

飯能も、登山ハイキング客と、自転車乗りで、
観光客おこしが出来ると気づいたのか、
徐々に施設が整って来ています。
たしか、携帯ショップか何かだった駅ナカのスペースは、
登山を中心としたアウトドアショップに。

駅前に、空気入れとかチューブとか、補給食とか、給水とか
自転車乗り向けのサービスをするお店が、
そのうち出来ても良さそうな。
多摩湖では、付近の自転車ショップが、
自転車乗り御用達のファミマに出張し、
自転車の点検をしたりする事もあるぐらいだし。

飯能

さて、いつものように割岩橋を通って裏道に。
この日、写真を撮り忘れたので、過去Pic。

河原

上流側は、いつもようにBBQやキャンプをする人達が。
子供達、泳いでいるけど、まだ水は冷たくないのかな?

建物

そして、反対側、下流方面に、
川を見下ろす黒い建物が出来ていました。
検索して、サイトをチェックしてみたら、
高級そうなレストランなので、自転車では寄れそうもないけど、
一応チェックしに行く事にしました。

カールヴァーン

ブルワリーを併設し、クラフトビールやワイン、
地中海料理、焼きたてのパンを楽しむという、ビアレストラン。

ドレスコードもあって、

当店ではTシャツ、短パン、タンクトップ、ビーチサンダルなどの
ラフな服装でのご来店はご遠慮頂いております。

なので、自転車乗りはもちろんの事、
河原に来たついでに覗きに来たという、輩もダメ。
ジャケット着用を義務づけられています。
まあ、予約もしないとダメっぽいですが。

看板

さて、外観だけチェックして帰ろうとしたら、
看板に「この上でビアガーデン開催中」の文字が。
しかも、こちらはカジュアルでOKとの事。
お?もしかして、こっちはいける?
ちょっと、覗いてみますか。

ビアガーデン

お店の上の丘には、
外に作られたキャッシュオンデリバリーのビアレストラン、
カールヴァーン・キャンプがありました。
カジュアルが棲み分けされています。
こちらは、Tシャツの若者、お子様連れなど、
気軽な感じで立ち寄った人達が多数。

バイクラック

とはいえ、サイクルジャージは浮くだろうなと思っていたら、
バイクラックもあるではありませんか?
お店の方に、こちらはサイクルジャージでも大丈夫ですか?と聞くと、
テラス席は、OKとの事。
外のテラスエリアは、初夏から秋までの営業らしいのですが、
秋の紅葉ライドまで、使えそうです。

テラス

まず、建物の右裏手にあるテラス席。
まずは、注文しお金を払うと、フードコートなどで使われている、
無線の呼び出しベルを渡されます。
なので、こちらでのんびりしながら、食事を待つという感じ。

下テラス

ちなみに、ここからの景色はこんな感じ。
この下にらせん階段を降りていく、下のテラスがあり、
そちらも、カジュアルOKです。
レストランの方のテラス席は、川沿いにあり、
レストラン側とは、店員さん以外、行き来出来ないようになっています。
野球場の内野指定と、自由席の境目みたいな感じで。

キーマ

女性の店員さんに、下のテラスも気持ちいいですよと勧められたので、
らせん階段をおりて来てみました。
うっかりな親子達が、下でオーダーを取ってもらえる物と思い込み、
注文せずに下に降りてきてしまって、また登るという事をしていたので、
皆さんは、先に注文し、料理を受け取ってから、降りた方がいいでしょう。

頂いたのは、キーマカレー。1000円。
そしてビアガーデンですが、自転車乗りなので、
辛口のジンジャエールに。400円。

将来的にはベーカリー、ジェラート、ゲストハウスなどを加え
CARVAAN RESORTとなる予定だそうです。

夏は、この下の飯能河原は、駅近のBBQスポットとして人気だし、
山登り、自転車乗りで、観光客増。
さらに、高級リゾート系と、カジュアルを棲み分け、
女性に人気のベーカリーと、ジェラートが出来たら、
全方位型の観光スポットになりそうですね。

■CARVAAN CAMP(屋外エリア)
■埼玉県飯能市大河原32-1
■営業
17:30~21:00(金)
11:30~21:00(土日祝)
■定休日:月〜木(週末のみの営業)
場所はこのへん
オフィシャルサイト

Pocket
LINEで送る