【サイクリストの為の】飯能名栗地区のカフェ完全ガイド

徐々に暖かくなりサイクリングの季節に。
初心者にお勧めなのが、飯能の名栗地区。
交通量も大型車も少なく、
初心者ヒルクライム向けの峠から、
中ボス、ラスボスと、トレーニングの段階を踏めます。

またカフェが多く、ほとんどのお店がバイクラック完備。
初心者の女性サイクリストを連れて行くのに最適です。
疲れたら西武線での輪行も出来、輪行袋を持って行くと安心です。

赤いマークが、カフェ。
緑が峠です。

まずは、飯能の名栗方面にあるお店
飯能に近い順から紹介しましょう。

加藤牧場
森牛乳・加藤牧場直売センター

加藤牧場のジェラートのジェラートが楽しめます。
この前の裏道を使った方が、名栗方面には快適に行けます。

カフェ・キキ
カフェ・キキ
埼玉県飯能市上赤工15-5

サイクリストのお客にはスポーツドリンクと塩羊羹をサービスしてくれるお店。
名栗周辺のいろんな場所に、バイクラックを寄贈する運動もしています。

壺小屋
■壺小屋 (喫茶ギャラリー 壺小屋喫(ここや))
埼玉県飯能市赤沢311

ジブリに出て来そうな山小屋風の陶芸ギャラリー&カフェ。
ベーグルやパンが人気商品。バイクラックあり。

無地
■無地
埼玉県飯能市赤沢952-1

名栗川を見下ろすテラス席あり。カレーが人気のお店。

月輪
月輪 (gachirin)
埼玉県飯能市下名栗1063-5

シンプルでアンティークな雰囲気のお店。
お店の裏手にテラス席があり、バイクラックも設置されました。

古民家
古民家ひらぬま
埼玉県飯能市上名栗201

土日しかオープンしない古民家カフェ。
景観重要建造物に指定されています。
バイクラックはありませんが、門の中に停めさせてくれます。

ターニップ
ターニップ
埼玉県飯能市大字上名栗243-1

名栗のサイクリストの聖地の先駆け。
有間ダムのヒルクライムをした後、一休みという人も多いお店。
バイクラックあり。

綵珠
ケーキ工房 綵珠(あず)
埼玉県飯能市上名栗293

天目指峠へ向かう道の入り口付近にあるケーキ屋さん。

名栗の杜
名栗の杜
■埼玉県飯能市上名栗571

県道395号南川上名栗線、天目指峠に向かう道の入り口付近のギャラリーカフェ。
天目指峠のヒルクライムの時にでも。

紗蔵

コーヒー 紗蔵
埼玉県飯能市上名栗1749

築200年の蔵を改築したカフェ。バイクラックあり。
山伏峠、正丸峠のヒルクライムの帰りにでも。

奥村茶屋
奥村茶屋 (おくむらちゃや)
埼玉県飯能市南川447-2

正丸峠にある茶屋。ヒルクライマーの他登山客で賑わいます。
豚肉の正丸丼が名物。午後2時ぐらいには売り切れる事が多いそうです。
山伏峠&正丸峠のヒルクライムの時に。

名栗側からヒルクライムして反対側の国道299号側に降りて
西武池袋線で輪行して帰る事もあります。

そこで、国道299号線と西武池袋線沿いのお店の特集を。
飯能寄りのお店から紹介していきます。

むささび亭
むささび亭(高麗駅)
埼玉県日高市台20-3

秋には高麗の巾着田で、秋に曼珠沙華の群生が観られるのですが、
その群生地の近くのバスを改装したカレーカフェ。

日月堂

カフェ・日月堂(高麗駅)
埼玉県日高市高麗本郷729-1

ベーカリーカフェで、窯焼きのピザも食べられます。
川を見下ろすテラス席もあるので、初夏や秋にお勧め。
巾着田の曼珠沙華の群生地も割と近く。

あがのん

カフェ&ベーカリー あがのん(東吾野駅)
埼玉県飯能市白子390-7

越生の黒山三滝から笹郷線をヒルクライムし、
一本杉峠から阿寺線を下ると東吾野。
川を見下ろすテラス席もあるベーカリーカフェ。
スタンド式のバイクラックあり。

吾野宿

カフェギャラリー吾野宿(吾野)
埼玉県飯能市坂石町分213

顔振峠と、子の権現に挟まれた谷底に位置するのが、吾野宿。
国道299号に、自転車は旧街道へという案内があり、その旧街道沿い。
町おこしのために若者達が旧家をリノベーションしたカフェです。

ロックガーデンカフェ

ロックガーデンカフェ(西吾野)
埼玉県飯能市吾野493-1

名栗から天目指峠を越えて国道299号方面へ。
山の岩肌の見える庭に面したカフェ。登山客多し。
カレーパンが名物。
バイクラックあり。

ヒルクライムで輪行帰りの際の参考にどうぞ。

Pocket
LINEで送る

VIA(指扇)

今年初のロードバイク!
初陣は荒川サイクリングロードへ。
飯能と迷ったんだけど山の方は、まだ寒いかな?と思ったのと、
天気予報を見たら、風は強くなかったので荒川をチョイス。
しかし、これがちょっと失敗でした。

しばらく荒川に行っていなかったのですが、
この日は、初心者の女子を連れたグループが多かったです。
それはそれで、自転車業界を盛り上げるには良い事で大歓迎なのですが、
初心者をケア出来ていないグループが多かったのが気になりました。
実は、僕もその巻き添えをくらったのですが。

荒川の右岸から左岸へ渡ろうとおもったら、
橋の向こうから初心者連れのグループが来ました。
男性陣は橋を渡りきった所で、道を横断しようと
斜め横向きになって待機しはじめました。
そしたら最後尾に着いていた初心者女性ライダーが、
マネをして横向きになろうとして、急に90度向きを変えたのです。

男性陣は橋から少し先の所で待機していたのですが、
遅れてきた最後尾の女性は、僕の前で慌てて横向きになったので、
橋の出口で歩道をふさぐ形となりました。
僕は急に前をふさがれて、慌ててブレーキをかけましたが、
砂利ですべって、転倒しそうになり、
とっさに欄干を掴もうとして、突き指してしまいました。

女性は前に出て横になったつもりだったのでしょうが、
後輪の分を計算していなかったのでしょうね。
それより、初心者を連れて走るのあれば、
先頭と、後ろに経験者を置いて、真ん中に挟むべきであり、
これは先導していた、男性陣のミスもあると思います。

相手もあきらかに初心者女子だったので、
怒鳴るわけにもいかず、その場をやりすごしましたが、
指はジンジンするし、テンションは、だだ下がり。
あーー、飯能に行ってればなあと思いましたが、後の祭りです。

その他、女の子と併走してあれこれ教えている人、何人かいました。
女の子につきっきりで、アドバイスしたい気持ちはわかるけど、
基本、併走はダメでしょ。
後ろから、他のロードが来ているの、気づいていないし。

女性サイクリストを養成するのは大歓迎ですから、
ぜひ、マナーや禁止事項、サイクリング中の注意点なども
教えてあげてください。

竹林

さて、気を取り直してサイクリング。
この日は、風もなかったので、本来なら快適サイクリングにはるハズ。

ところで、この竹林区間。
何度も舗装をし直しているのに、相変わらずの凸凹で、
パリルーベのパヴェ(石畳)区間のような気分。
竹や笹の根は強くて、地割れを防ぐ一方で、
家の基礎や水道管などを傷めるとも言われていますが、
この道路の舗装の荒れも、笹の根なんでしょうか?

ハンドルも凹凸に取られてガタつきますが、
突き指している左薬指もジンジンしているので、
ブレーキを握るのが、ためらわれます。

公園

久々の荒川サイクリングロードは、いくつか変わっている場所もありました。
川越線を渡る手前の、西遊馬公園の所は、
以前は直角に伸びる土手沿いに走っていましたが、
工事中らしく、今は西遊馬公園のテニスコートなどの間を走るルートに。

VIA

その西遊馬公園近くにあるのが、サイクリスト御用達のカフェ、VIA(ヴァイア)。
サイクルラックもいくつもあり、最近は利用者も増えたので、
大きなテラス席も出来ていました。
でも、この日は最高気温10度いかないぐらいだったので、
テラス席は、まだ寒いかなと、店内に。

サンドイッチ

頂いたのは、本日のサンドイッチ、ベーコン&アボカド、600円と、
寒かったので、ホットゆず500円。
ホットレモネードの、ゆず版みたいなものです。
インスタで、何日か前に、イチゴあまおうのサンドイッチがあったので、
かすかに期待していたのですが、ありませんでした。
残念!インスタ、イチゴ狩りならず!

テンションだだ下がりだった心に、ホットゆずが沁みますなあ。

■VIA(ヴァイア)
■さいたま市西区西遊馬3131
■営業:10:00〜17:30(土日)
冬季は15:30閉店?
■定休日:月〜金
場所はこのへん
お店のfacebookページ

rapha プロチームソフトシェルジャケット

さて、この日は、paphaのPRO TEAM SOFTSHELL JACKET
こちらのデビューも兼ねていました。
外からの風を99%ブロックし、通気性を維持しながら、
高い耐水性と保温性を備えたジャケット。
…という触れ込み。

レビューには、
気温5℃~10℃であれば、ベースレイヤーの上に
SOFTSHELL JACKET一枚で概ね快適です。

とありました。
この日は最高9度の予報でしたので、
ベースレイヤーに、SOFTSHELL JACKET1枚で出撃。
確かに走っている間は、これで十分かも。
ただし、休憩後、走り出してしばらくは、寒い。

実は前日に、MIZUNOのショップで、
ブレスサーモって、もう暑いですかねえと聞いたら、
正直、シーズンも終わり際ですかねと言われ、
買うのをやめたのですが、
発熱性のブレスサーモでちょうど良かったかも。
ヒルクラとか行ったら、下りは少し寒いかもです。

彩湖

突き指が気になって、注意散漫になっていたので、
榎本牧場や、吉見のイチゴスイーツは諦めて、
VIAから折り返しで、早々に帰ることにしました。
彩湖を眺めながら、ゆっくりとポタリング。

彩湖

今年初のロードバイク、初陣は散々な感じでしたが、
徐々に慣らしながら、シーズン開幕と行きたいと思います。

Pocket
LINEで送る