アスロンコーヒー焙煎所(飯能)

名栗

県道53号線を使って飯能の奥座敷、名栗方面へ。
表の道に出ると日差しを浴びるので、少し暑いぐらい。
汗ばむけど、買ったばかりのraphaのベースレイヤーが、
いい具合に汗を外に出してくれるので、
ジャージが貼り付く事もなく快適!

看板

今年初のヒルクライムで正丸峠に行こうと思っていたのですが、
え?全面通行止め?マジで?
仕方がないので予定を変更して、とりあえず有間ダムへ。

有間ダム

久々の有間ダムはキツいですねえ。
ガーミンで、最大14%。
長い距離じゃないのですが、半年以上ぶりのヒルクラムなので、
完全に勘が鈍っています。
スピードも遅い。
たぶん、シッティングでのヒルクラの方法が間違ってるんでしょうね。
あと、体重が増え過ぎだ。
ダイエットもしないといけませんなあ。
正面の有間峠にリベンジしたいけど、この調子じゃ無理だなあ。
勘を取り戻さないと。
本当は、冬の間も凍結してない時に登っておいた方がいいですね。
半年以上ぶりだと、もう、
スキルメーターが限りなく0に近くなっていました。

アート

有馬ダム周辺では、野外アート展みたいなのをやっていましたね。
石碑の周りには、木製の巨大なアリの集団が。

クラブハウス

ボトルの中身が切れたので、スポーツドリンクを求めて
レイクサイドテラスへ。
汗をかく時期は水だと塩分不足になり、足がつりやすくなるので、
水ではなく、必ずスポーツドリンク。
さらに、塩タブレットも持っています。
走行中に足をつるというより、家に帰って来てからつる事が多いのですが、
つると言うより痙攣と言うぐらい、足がビーンと張って
ものすごい痛いので、塩分対策は慎重にしています。

張り紙

こんな張り紙がありました。
やはり外来種駆除に苦労しているんですね。
名栗湖の水全部抜きますとか出来ないだろうし。

アスロン

さて、正丸峠が駄目なら、仁田山でも登って行くかと思ったのですが、
ご飯を食べると、わりと早めにトイレに行きたくなるタイプ。
なので、その前に鳥居観音の公衆トイレへ。
水洗だし、ウォシュレットついてるし、きれいなのでここをチョイス。
この日は、セパレートのハーフパンツジャージだったのですが、
肩紐のついたビブを着ている人って、トイレどうしてるんでしょうか?
前にそれでトイレに入ったところ、ほぼ全裸状態にならないと、
用が足せず、大変だったのですが。

鳥居の所に、ワゴン販売のアスロンコーヒーがいたので、
ホットコーヒーを飲む事に。
有馬ダムからの下りで、ちょっと冷えました。
というか、それだけ汗をかいたという事ですね。

コーヒー

アスロンとは、トライアスロンからとったもので、
こちらのご主人も自転車乗りです。
なので、しばし自転車談義。
「正丸峠に行こうと思ったんですが、通行止めなんですね」と言うと、
「え?平日だけですよ!土日は通れます」
「ええ?」
後で、看板の写真を見直してみると下の方に、
「土日祭日は除く」とありました。
一旦正丸スイッチをオフにしてしまったので、
再稼働するまで時間がかかりそうで、
そのまま、仁田山に登ることにしました。

■アスロンコーヒー焙煎所
■出店場所:埼玉県飯能市上名栗3198
■営業:お昼頃〜夕方まで
■定休日:月〜木
出店場所はお店のツイッターをチェック
お店のサイト

入り口

仁田山は去年の桜の時期に登って以来。
アスロンコーヒーのご主人とも話したのですが、
一度登っている山は、ツラくてもコースがわかっているので、
我慢のしどころ、力の入れどころがわかるので、
他よりクリアしやすく、復帰戦には向いているという事に。

仁田山立体ルート

ここも、最初15%の坂がやってきますが、
桜並木の所まで行けば、一旦落ち着き、息を整えられます。
その後、コア山の石碑までまた15%が続き、
それを乗り越えたら、10%前後の坂が楽に感じられる!
…というのが、頭に入っています。

なので、超遅いですが、前に走った情報をトレースしながら、
ノロノロと登ってて行きました。

仁田山

木製になって、ちょっと立派にバージョンアップしていた
仁田山の表札?的なもの。

登り

峠クリアと思いきや、さらに登る、頂上詐欺。
まあそれでも、ゆっくりなら登れない事もありません。
よく、ツールなどで、勢いで登るコンタドールと、
ペースで登るフルームが比較されていましたが、
マイペースで登るというのを覚えれば、峠はクリアしやすくなる!
…というのを思い出しました。
まあ、フルームのペースで登るとは全く違いますが。
行けるとこまで行こうと、がむしゃらに行くと、
途中で息切れしちゃうんですよね。
どんなにゆっくりでも、登れればOKと思っていくと、意外と登れます。

見晴らし

名栗側の峠は、登っても見晴らしがいい所は少ないのですが、
仁田山は終盤戦に、パっと開けるところがあります。
こう見ると、登ってきたなあと思えますね。

下り

右手のガードレールの所を下ってきて、
Uターンして飯能方面に帰る事に。
下りの時に、raphaのジレを着用したのですが、
気化熱でちょっと寒かったです。
ウインドブレーカーにすれば良かったなあと少し後悔しました。

あと、一つご注意を。
交通量の少ない山道での下りなので、
ペダルを回さずとも勢いで下って行くのですが、
耳に風が当たり、風切り音が凄いです。
そんな中、山道徐行で、EVモードで走行の、ほぼ無音のプリウスが、
カーブの先から、「ひょっこりはん」する事があり、
少しヒヤっとする事がありました。

交通量が少ないと油断する事なかれ。
カーブの先には車がいるかも。

Pocket
LINEで送る

Kitchen2687(飯能)

飯能

土曜日、東京は気温27度まで上がるというし、天気もいいので、
今週こそ飯能へサイクリングしようと思っていたのですが、
前日、ジロ・デ・イタリアを見ながら、酒飲んで、
酒が進んだせいで、まんまと寝坊。
本来なら自走で行くはずだったのですが、
飯能駅まで、輪行という名のルーラを唱えて、ワープしました。

河原

天気はいいのに、河原はわりとスッカスカ。
どうやら皆さん、GWで力を使い果たしてしまったらしく、
バーベキューの人達もまばら。
本来なら空いていてラッキーな感じなんでしょうけど、
いないと逆にさみしい感じもしてしまうのは、どうしてなんでしょう。

裏道

東京を出るときは、少し蒸し暑い感じだったのですが、
飯能の裏道は、蒸し涼しいです。
湿度は高い物の、今の時期、まだ山道の木陰は肌寒いぐらいで、
湿度の高い涼しさ、蒸し涼しい(造語)が体験出来ます。
日向では、蒸し暑かったので、急な蒸し涼しいに脳がついていけず、
何か変な感じなのですが、肌が変化を感じます。

湿り気のある空気は、空気が重いというか、
極端な話をすると、肌にヌルっと来る感じ、
プールの中を歩くような抵抗の、超軽い版を肌で感じます。
エアコンに慣れている人は、何を言っているのかさっぱりだと思いますが、
自転車乗りの人ならわかってくれると信じたい。
湿度の高さが、肌に感じる抵抗の高さでわかるというもの。
雨が降りそうな時も、こんな感じだったりします。

川

いわゆる、のんびりポタリング系なので、
名栗方面に行くときは、極力埼玉県道53号線を使わずに、
川を挟んだ反対側の道を行くようにしています。
その方がこういう川の風景も楽しめますし。

集団で走るのが苦手なのは、スピードと距離重視になりがちで、
風景を楽しめず、自転車が移動手段になってしまう事。
別にレースに出ようとか思っていないので、
そういうトレーニングは、僕には必要ありません。
ましてや時短の為のコンビニ飯や、チェーン店での補給などもっての他です。
自転車で、ただ旨いものを食べに行く。
同じ趣味の人、いそうでなかなかいないんですよねえ。

橋

飯能の唐竹地区から、橋を渡って県道53号線に戻る事に。

清流

この橋を渡った所にあるのが、今回の目的地の一つです。

外観

前から気になっていた、Kitchen2687。
出来たのは1年前からチェック済みだったのですが、
木金土営業なので、日曜にサイクリングする事が多かったので、
なかなか入る機会がありませんでした。
お店の前にバイクラックあり。
車で飯能方面から来ると、カーブの内側にあるので、
見逃されがちと、お店の方が言っていました。
実際、僕が入っていくと「お電話くれた方ですか?」と言われたのですが、
電話したのは、後で入ってきた、お車の方。
やはり、カーブで見落としてし、行き過ぎてしまったと言っていました。

内装

窓の大きな明るい店内。
ギャラリーのようにもなっていて、アートが展示されています。
高ポイントだと思ったのは、トイレがパナソニックもアラウーノだった事。
トイレマニアの方々と話したとき、
「飲食店は全てアラウーノにすべき!」と熱弁していました。
蓋をあけると、水のたまる部分に泡が敷き詰められ、
男性のおしっこが飛び散らず、臭わないないという最新のトレンドです。

テラス

汗もかいたので、風そよぐ外のテラスへ。
この時期、暑くも無く寒くも無く、テラス最高日より!
木立の向こう側は名栗川なので、耳を澄ませば流れる水の音が。
こういうのがデジタルデトックスの成果で、
座ってすぐにスマホを開いてしまうと、そちらに気をとられ、
気づかないかもしれません。
エアコンとスマホは、人の五感を鈍らせる元凶だなあ。(持論)

階段

音に誘われて、そちらの方向に目をやると、茂みの中に階段が。
「川に降りられるんですよ」とお店の方に教えてもらい
料理を待っている間に、行ってみる事に。

デッキ

河原にデッキが作られていて、
川面が夏のような日差しで照らされています。

川

しゃがんで川面を覗くと、湧水のような透明度。
テラスから約20歩で、こんな風景が見られるんだから、
スマホいじってる場合じゃないでしょと。
スマホいじるなら、ツイッターとか見るより、写真撮りなさいよ。

このお店、「川のそばに住みたいね」と話していたオーナー夫妻が
この場所にめぐり合ったことが、カフェオープンのきっかけに。
店名は、オーナーが「じろう」さんと「はなよ」さんのお店という事で、
kitchen2687に。
kitchen26874になる可能性もあったという事ですね。

ちょうど一週前までは、GWで山あいの川にも人が溢れ、
橋から川に飛び込んだり、水遊びする人達で賑やかだったそうですが、
GWから一週間後は、こちらも静寂の風景でした。

定食

さて、頂いたのは、椀プレート、1000円と、
セットドリンクのルイボスティー200円。
牛肉がたっぷり入った汁物と、玉子かけご飯、
今日の小鉢は、厚揚げのそぼろ餡かけと、小松菜と油揚げのおひたし。
平日、不健康な酒飲みなのに、なぜに週末急にヘルシーになる?
田舎料理は味は濃いめになりがちですが、繊細な薄味。
もし足りなかったら、お醤油をちろっとかけてくださいと言われましたが、
そのまんまで十分。
持って来て頂いた時、「黄身が双子でした!」と笑顔で言われ、
なんか、いいことありそうだぞ!と、これだけで幸せ気分に。

あまりにも快適なソファーの事を、
人を駄目にするソファーとか言っちゃうけど、
ここは、人を駄目にするカフェだね。
風、水音、美味しい料理、もう動きたくない。
このままテラスで、ボーっとしてたい。
そんな気分を振り切るのが、大変でした。

P.S.
お店を出る時に、「ボトルに水とか氷とか大丈夫ですか?」と
声をかけてくれました。
自転車乗りに優しいカフェです。

■kitchen2687(キッチンニロクハチナナ)
■埼玉県飯能市 赤沢185-2
■営業:11:30~19:00
■定休日:月、火、水、日
場所はこのへん
お店のfacebook

Pocket
LINEで送る