横浜ボンベイ 高田馬場店(高田馬場)

タモリ倶楽部でやっていましたが、高田馬場には中国人向けの予備校が沢山あるんですね。カラオケの看板の上下は中国人向けの予備校の看板です。

というのも、中国人には慶応より早稲田が人気だそうです。早稲田は明治時代から中国人留学生を受け入れていたので、中国共産党の創設メンバーや、初代書記長が早稲田出身。それで名が知られているからだそうです。

ただし、予備校生と言っても中国人のセレブが多く、バイトなどは日本の文化やコミュニケーションを学ぶ為で、お金には困っていないのだとか。早稲田の学生は、日本人の方が貧乏かもですね。

こちらは、NHKドキュメント72時間「学生街・高田馬場 いつかの“青春ロータリー”で」で紹介された駅前ローターリー。早稲田の飲み会待ち合わせなどがメインですが、OB達が、何十年かぶりにここで待ち合わせるというドラマも追っていました。

さて、今回、高田馬場にやってきたのは、カシミールカレーを出す「横浜ボンベイ」がお目当。

上野デリー発祥のカシミールカレーは、支店のデリー銀座店や、東京の人気のカレーを集めた有楽町の「東京カレー屋名店会」。デリーの流れをくむ柏市の「ボンベイ」などで食べられるのですが、高田馬場でも食べられると聞いて、一番近いカシミールをチェックしにやってきました。

ボンベイカレーと、カシミールカレーの欲張り2種カレーに。1600円。

上の赤みがかったのがボンベイカレー。玉ねぎをベースとしたもので、辛みがありつつほのかに甘味も感じられるカレーです。

対する黒みがかったカシミールは、刺激的な辛さ。ただ、他店に比べれば少しマイルドなのかな?デリーの方がより辛く、さらに柏のボンベイの方が汗が止まらず舌がヒリヒリする辛さです。

恵比寿に柏のボンベイの支店があるそうなので、今度はそこでも食べてみようかな。

食後にデミタスのコーヒーが出るのは柏風。ただ柏のようにめっちゃ沸騰したコーヒーじゃないですが。笑

■横浜ボンベイ 高田馬場店
■東京都新宿区高田馬場1-32-11 小澤ビル 1F
■営業:
11:00~14:30
17:00~21:30(平日)
17:00~20:30(土日祝)
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

ICON(南新宿)

ドコモ

インフルエンザが大流行の為、週末にかけて引きこもっていました。ネットニュースなどでは、お仕事をした事のあるアーティストやアイドルのライブが、メンバーインフルエンザの為に中止になったというニュースも流れて来て、身近な所まで忍び寄って来ているのを、ヒシヒシと感じています。

東京都感染症情報センターの発表によると、昨年は年頭から4週〜5週目ぐらいがインフルエンザのピークだったのですが、今年は2週目の段階で去年を上回る勢い。しかも地域別で見ると、意外と練馬区の感染率も高く、さらに下町と呼ばれるようなエリアの感染率が高いです。わかりやすく言うと、「マツコの月曜から夜更かし」のインタビューに出てくるようなエリア。アレは極端だと思うけど、確かに衛生面に対するリテラシーは低そうです。

ホントは、今日も出かけたくなかったのですが、どうしても仕事で新宿に行かなければならなかったので、「マスク&手袋&テピカジェル」という、ドラクエで言うところの防具で固め、大江戸線で。公共交通機関での感染率が高いというので、ホントは電車に乗りたくなかったのだけど、帰りの荷物がどうなるか分からなかったので、仕方なく。

もう、駅に向かう間、ホームにいる間、電車の中で、マスクをしないで咳をしながら近寄って来る人を見ると、バイオハザードとかのゾンビにしか見えません。確実に病原菌をまき散らしているのに、なぜにマスクをしない?だから練馬区のインフル感染率とか高いんだよ。もう。

一応、手袋をしているけど、つり革やエスカレーターの手すりも触らないようにしました。この時期、握手会とかしているアイドルとか、怖いだろうなあ。

ICON

さて、新宿に来たついでに、南新宿のハンバーガー屋さんに行ってみる事にしました。僕がインスタにハンバーガーの写真を載せると、いいねを押してくれるハンバーガーマニアの方々がいるのですが、その人達の写真を見ると、必ずと言っていいほどこちらの写真が載っていました。

到着時に待っている人は4人ですが、小さなお店で、ハンバーガー自体にボリュームがあり、食べるのが遅い女性客が多いので、割と想定より待つ時間は長めです。

季節限定

グランドメニューの他に、テーブルの上に季節限定のメニューがあったのですが、多くの人がインスタに載せていたのが、一番上の「マッカンバーガー」です。

マッカン

マッカンバーガーとは、「マカロニ&チーズの雪崩バーガー」1500円。コーラ300円。プロレス技に雪崩式ブレンバスターとか、雪崩式DDTとかありますが、こちらは雪崩式マカロニチーズです。

どうやって食べるの?と思うと思いますが、見えていない後ろの部分は普通にハンバーガーで、そこをつまんで持ち上げると、こぼれたマカロニチーズは分離して、サイドディッシュに変身します。ハンバーガーをバーガー袋に入れて、フォークで、マカロニチーズをハンバーガーに足してみたり、単品でつついてみたり。

こうして写真だけみるとインスタ映えメニューに見えますが、味もしっかりしていて、パティはハンドチョップなので、肉の線維が残り、ステーキに近い荒々しい食感です。なので、こうしたマカロニチーズにも負けていません。さらに隠し食感として、スモークドナッツも仕込まれているので、時折カリッとして新鮮な驚きも与えてくれます。

そして、特筆すべきなのは、ランチタイムにはサービスでついてくる牛すじスープ。これが絶品なのです。

パティを作った時に出た肉片や脂身を使って胡椒でまとめたスープなのですが、肉からのエキスや、背脂チャッチャみたいなほどよい脂身。そこに適度な黒胡椒の刺激。全てのバランスが良いのです。

このセンスから想像すると、インスタ映えのマッカンバーガーも良かったのですが、季節限定のメニューの一番下にある、ペッパーペッパーペッパーバーガーが旨いんではないかと思いました。ブラックペッパー、レッドペッパー、生胡椒と3つの胡椒を効かせたバーガーで、これならワイルドなパティの旨みを一番引き出してくれるんじゃないかと、スープを飲みながら想像しているだけで、食べてみたい欲求が加速していきます。

もちろん、再訪決定です!

■ICON(アイコン)
■東京都渋谷区代々木2丁目30-4 ヨシダペアランドB棟101
■営業
11:30-15:30/18:30-21:30(火水金)
11:30-15:30(木土日祝)
※しばらくは全日ランチのみの変則営業なので要注意!
■定休日:月曜
場所はこのへん
■お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ