アンドレ・グライペル

ツアー・ダウンアンダー2018 第6ステージ
アンドレ・グライペルがステージ2勝目をあげました。

今年は、調子良さそう!
サガンがいた上での2勝なので、価値ありでしょう。
去年のツールで一勝も出来ず、年齢問題も不安視されましたが、
それを払拭する走りでした。

グライペルと戦った、ミッチェルトン・スコットのカリブ・ユアン。
敵チームながら、極端な前傾姿勢が
弱虫ペダルの御堂筋すぎて、結構好きかも。

あとは、総合争いで、BMCのリッチーポートが2位になったのも嬉しい。
ボーナスタイムの関係で、ダリル・インピーに僅差で負けたけど、
通常のタイムでは、ポートの方が早かった事になります。
SKY時代の名アシストぶりで、リッチーポートが好きになったのだけど、
BMCに移籍してエースになってからは、不運続き。
今年は、いい位置を狙って行けるんじゃないでしょうか?

新城選手が所属するバーレン・メリダはチーム優勝。
チームの力はあがっているので、
新城選手にもステージ一勝を期待したいです。

今年を占う前哨戦のツアー・ダウンアンダー。
応援している選手がいい成績を収めて、
まずは、いい滑り出しです。

Pocket
LINEで送る

サントス・ツアー・ダウンアンダー開幕

サントス・ツアー・ダウンアンダーが開幕。
ついに今年の自転車レースが始まりました。
まずは、今年の運試しのようなクリテリウム、
「ピープルズチョイスクラシック」。
ジャパンカップや、さいたまクリテリウムを見ている人だったら驚く、
高速クリテリウムです。
これを見ちゃうと、日本のクリテは少し物足りなく感じます。

トレック・セガフレードの別府史之選手が逃げにのり、
実況でも日本人名が連呼されます!

ロットソウダルのグライペルが得意としているコースですが、
最後の最後に、サガンに差されて、残念ながら2位。
かつては、盤石のトレインを組んでいたのですが、
早々に2枚になっていて、
去年のツールでのトレイン崩壊が頭をよぎりました。
今年こそ、ビューティフルトレイン見せて欲しいなあ。

そして、第1ステージ。
こちらは見事にグライペルがリベンジしてくれました。
弱虫ペダルの京伏、御堂筋のような極端な前傾姿勢の、
ミッチェルトン・スコット、カレブ・ユアンを差してのステージ勝利。
すぐ後ろにサガンが来ていて、ひやりとしましたが。
グライペルは、去年のツールで一勝も出来ず、
もう終わった的な事をいう人もいましたが、
なんとか一勝して、面目躍如です。

こちらの動画の方が、空撮とかもあるので楽しめます。
アナウンサーが、グライペルの勝利に「ゴリラーーー」と叫んでいます。
こっちも興奮するねえ。
頼むぞ、ロットソウダル!
頼むぞ、グライペル!

Pocket
LINEで送る