EAT. RACE. WIN.

サイクルロードレース好きに観て欲しいのが、
Amazonプライムの、オリジナルドキュメンタリー、
「EAT. RACE. WIN.」
邦題「食べて 走って 勝って~レースに勝つための食事。」

2017年ツール・ド・フランスで、
オリカ・スコットに帯同した女性シェフのお話。
シェフに密着して、選手が勝つためにどんな物を、
どんなタイミングで食べているのか?というのもわかるのですが、
彼女に密着する事で、レースの色んな事が見えてくるドキュメンタリー。
これを観ておくと、レースの裏側が想像出来て、より楽しめると思います。

●オリカ・スコットのエース争い
●リタイアさせるかどうかの判断
●レースの作戦と、アシストそれぞれの役割
●選手のコンディションと対策としての食事
●食材へのこだわりと料理法

まず、面白いのはチームカーでの無線の指示を全て見せている事。
下見部隊が、本体に道幅や路面の状況や風など、
とっても細かく報告していて、
それを元にチームカーが、「その先急に狭くなるぞ」など、
細かく指示を出しています。
時にはライン取りまで。

また、レース前の指示も。
逃げに乗るもの、分断を阻止するもの、補給を徹底するもの
そして、エースの風よけ要員。
風よけで30%ぐらい体力温存出来るのだとか。
エースには、他のチームの主力と一緒に動くよう指示。
このように指示を出しても、その通りに動けないメンバーもいて、
後で、監督から追求されたり。

そしてメインの、女性シェフ、ハンナ・グラント。
彼女の口癖は、「最高の燃料を用意する」
「人は食べたもので作られる」。

レースをしながら、食材は現地で生産車を尋ねて調達。
肉ではあれば、抗生物質の使用の有無を確認したり、
野菜であれば、農薬の使用の確認。
ドーピングに引っかからないようにというチェックもしつつ
おいしさとしての最高の食材を揃える為に、
生産者と話し、市場でもこだわりを聞き、選んで行きます。
旅するレストランのようで、グルメ視点で見ても面白いです。

そして、選手の疲労回復と、モチベーションをあげる為、
休養日前には、豪華な肉料理を用意します。
レース中は、胃にもたれないような物を用意するのですが、
翌日が休みなら、ガッツり肉を食べてもいいだろうと。

昔は、シェフが毎日同じ料理を作っていたそうですが、
選手のモチベーションをあげるのに、
旨い料理が不可欠であり、食がいかに大事かを見せていきます。

僕みたいに自転車で旨いモノを食べに行くという趣味の人にもピッタリ!
アマゾンプライム会員なら無料で観られるので、ぜひ観てください。
前編を続けてみると、3時間弱なのですが、
30分ずつ、6話のエピソードに分かれているので、
1日1本ずつ見て行ってら、ちょうどブエルタ開幕です!

食べて 走って 勝って~レースに勝つための食事~ (字幕版)

Pocket
LINEで送る

ツール・ド・フランス2018開幕!

ついに、ツール・ド・フランスが開幕しました!
ワールドカップは一足お先に閉幕して、ツールに貼り付きとなります。
ワールドカップは、自分の含め、ニワカが沢山いて、
試合後の感想などでも盛り上がりましたが、
ここからは、周りにはサイクルロードレースで
一緒に盛り上がれる人が少ないので、ボッチで盛り上がります。
ツールで渋谷の街が、荒れる事はないので、ご安心を。

サッカーで日本と対決したベルギーですが、
僕が応援しているのは、そのベルギーのチーム、ロット・ソウダル。
英語の実況を聞くと、ロット・スダールって聞こえますが、
日本では、ロット・ソウダルと呼ぶのが主流です。

チームのツイッターでは、ブラジル戦を見て、
ベルギーの勝利に興奮している姿も。

さて、ロット・ソウダルというチーム、
今年は、スプリンターのアンドレ・グライペルの為のチームです。

サイクルロードレースは、今年から1チーム8人制。
個人競技に見えますが、チーム戦で、
一人のエースを勝たせる為に、他の7人が犠牲になるスポーツ。
風よけになったり、ボトルなどの補給を運んだり、
パンクすれば、自分のタイヤを外して差し出し、
最悪の場合は、自分の自転車を差し出してまで、
エースを勝たせようとするスポーツです。

171.アンドレ・グライペル
172.ティシュ・ベノート
173.ジャスパー・デブイスト
174.トーマス・デヘント
175.イェンス・ケウケレール
176.トマシュ・マルチンスキー
177.マルセル・シーベルグ
178.イエール・ヴァネンデル

クイックステップフロアーズのガビリアや、
チーム カチューシャ・アルペシンのキッテルなどが本命視され
ベテランのグラウペルの注目が薄くなっていますが、
昨年、調子が悪かっただけに、今年こそ頑張って欲しいです。

このチームは、他チームのファンの方も応援してくれる
逃げのスペシャリスト、トーマス・デヘントがいますので、
初めて見る方は、ぜひ、デヘントにも注目してみてください。

あと、ヤングライダー賞争いに絡みそうな、
172.ティシュ・ベノートにも、注目!
去年もツール総合20位だし、十分狙えます。

今年のジャージは、シーズン前の白基調ユニフォームから
真っ赤な俗称「赤ロット」に戻ってくれたので、
空撮の時に見つけやすくて嬉しいです。
今年のモデルのレプリカ出たら、買うかも!

ちなみに、総合争いでは、
他チームですが、BMCのリッチーポートを応援しています。
王者フルームのかつての献身的なアシスト。
BMCに移籍してからは、不運な落車などに巻き込まれていますが、
今年こそ、フルームに牙をむいて欲しいです。

あとは、奇策というか、エースを3人立ててきたモビスター、

71.ナイロ・キンタナ
75.ミケル・ランダ
78.アレハンドロ・バルベルデ

そして大本命のチームスカイのクリス・フルーム。
ジロ・デ・イタリアでは、弱虫ペダルの御堂筋もビックリの
キモい怪走をみせての、大逆転優勝!
どんな圧倒的な力を見せるのか、こちらも注目です。

Pocket
LINEで送る