ツール・ド・フランス2018開幕!

ついに、ツール・ド・フランスが開幕しました!
ワールドカップは一足お先に閉幕して、ツールに貼り付きとなります。
ワールドカップは、自分の含め、ニワカが沢山いて、
試合後の感想などでも盛り上がりましたが、
ここからは、周りにはサイクルロードレースで
一緒に盛り上がれる人が少ないので、ボッチで盛り上がります。
ツールで渋谷の街が、荒れる事はないので、ご安心を。

サッカーで日本と対決したベルギーですが、
僕が応援しているのは、そのベルギーのチーム、ロット・ソウダル。
英語の実況を聞くと、ロット・スダールって聞こえますが、
日本では、ロット・ソウダルと呼ぶのが主流です。

チームのツイッターでは、ブラジル戦を見て、
ベルギーの勝利に興奮している姿も。

さて、ロット・ソウダルというチーム、
今年は、スプリンターのアンドレ・グライペルの為のチームです。

サイクルロードレースは、今年から1チーム8人制。
個人競技に見えますが、チーム戦で、
一人のエースを勝たせる為に、他の7人が犠牲になるスポーツ。
風よけになったり、ボトルなどの補給を運んだり、
パンクすれば、自分のタイヤを外して差し出し、
最悪の場合は、自分の自転車を差し出してまで、
エースを勝たせようとするスポーツです。

171.アンドレ・グライペル
172.ティシュ・ベノート
173.ジャスパー・デブイスト
174.トーマス・デヘント
175.イェンス・ケウケレール
176.トマシュ・マルチンスキー
177.マルセル・シーベルグ
178.イエール・ヴァネンデル

クイックステップフロアーズのガビリアや、
チーム カチューシャ・アルペシンのキッテルなどが本命視され
ベテランのグラウペルの注目が薄くなっていますが、
昨年、調子が悪かっただけに、今年こそ頑張って欲しいです。

このチームは、他チームのファンの方も応援してくれる
逃げのスペシャリスト、トーマス・デヘントがいますので、
初めて見る方は、ぜひ、デヘントにも注目してみてください。

あと、ヤングライダー賞争いに絡みそうな、
172.ティシュ・ベノートにも、注目!
去年もツール総合20位だし、十分狙えます。

今年のジャージは、シーズン前の白基調ユニフォームから
真っ赤な俗称「赤ロット」に戻ってくれたので、
空撮の時に見つけやすくて嬉しいです。
今年のモデルのレプリカ出たら、買うかも!

ちなみに、総合争いでは、
他チームですが、BMCのリッチーポートを応援しています。
王者フルームのかつての献身的なアシスト。
BMCに移籍してからは、不運な落車などに巻き込まれていますが、
今年こそ、フルームに牙をむいて欲しいです。

あとは、奇策というか、エースを3人立ててきたモビスター、

71.ナイロ・キンタナ
75.ミケル・ランダ
78.アレハンドロ・バルベルデ

そして大本命のチームスカイのクリス・フルーム。
ジロ・デ・イタリアでは、弱虫ペダルの御堂筋もビックリの
キモい怪走をみせての、大逆転優勝!
どんな圧倒的な力を見せるのか、こちらも注目です。

Pocket
LINEで送る

2018ジロ・デ・イタリア第19ステージ

野球では、大谷翔平選手がメジャーで
ベーブルース以来の2投流で活躍し、
ホームランは打つわ、投げては7回1死まで完全試合とか、
漫画以上の活躍をしているのが話題になっています。

しかし、昨日はジロ・デ・イタリアで、弱虫ペダルでもかけないような、
漫画以上のものすごいレースとなりました。
あまりの面白さに、もう1回オンデマンドで見直してみたぐらいです。

【ハイライト・英語版】

レース前のコメントで、この凄いレースを予感させるような事を
フルームが言っていた事がわかりました。

前のレースで仕掛けて、
イエーツが完璧な状態ではないのがわかったので、
フィネストレ峠で何かを起こす余地がある

2016年のにニバリは、4分差をつけられていて
このチマコッピのステージで逆転して、総合優勝したんだ。
まだわからないよ

今日は、ビッグチャレンジが出来る!

その言葉通り、前日のレース第17ステージの最後、
ここまでの総合リーダージャージ、マリアローザを着る
サイモン・イェーツの余力を見るために、アタック!
イェーツがついて来られない事を確認。

そして、翌第18ステージ。
標高2,178mはチーマコッピ(今大会最高地点)のフィネストレ峠に入ると、
強力なアシスト陣のいるチーム・スカイが、一団でスピードアップし、
他のチームのアシスト陣の脱落を誘っていきます。
そして、調子の悪そうだったリーダージャージの
サイモン・イェーツが、徐々に遅れ出しました。

さらにスピードをあげ、今回の総合優勝を争うトム・デュムランとの
タイム差を逆転させる為に、
長い長い登りの途中で、単独アタックで独走!
まだ残り80㎞もあるので、これは無謀だろうと、
トム・デュムラン達は追うものの、無理に捕まえないので、
徐々にタイム差が開いていきました。

フルームは単独、
追うデュムラングループは5人いるものの、
ヤングライダー賞争いをしている
リチャル・カラパスと、ミゲルアンヘル・ロペスの二人が、
先頭交代のローテーションに加わらず、
結果、3人で先頭交代をするものの、差は縮まらず。

結局、無茶だと思われた80㎞を、
山岳タイムトライアルのように独走し続けて、ステージ優勝。
3分差あったタイム差も逆転し、
総合4位から総合1位にジャンプアップ!
ものすごい逆転劇になってのでした。

ツール・ド・フランスでは、SKYとフルームは強すぎて
アンチ目線で見ているのですが、
今回ばかりは応援せずにはいられないのでした。

いやー、これまで見てきたレースの中で、一番凄いレースだったなあ。

しかし今回のジロ・デ・イタリアは、どのチームも攻め攻めで面白いねえ。
きっちり相手の弱点を探って、勝つためにそこをついて来る。
「自分たちの試合をすれば大丈夫」とか
弱いのに呑気な事をいう、某スポーツの方々に見て欲しいレースでした。

漫画のようなレース、
弱虫ペダルを知っている人向けに書けば、
昨日のフルームは、京都伏見の御堂筋くんのようでした。
ちょっと思いつきで、御堂筋風のエセ関西弁で書いてみます。

イエーツ君、前半頑張りすぎたとちゃうの?
残り3日間が一番過酷だけど、エネルギー残してないとちゃうの?
昨日、試させてもらったけど、最後、足残ってなかったもんな。

今日の、チマコッピ、ついてこれんの?
今回のジロで一番キツい山やで!
ザク!スピードあげや!
イエーツ君を切り離しや!
ほら、ついてこられへん!
余力も残さんと全力で走るなんて、若いね。
去年までなら、それでもヤングライダー賞獲れたのにな。

ザク!ついでに、デュムラン君も切り離すで。
どうせ、ピノ君と協調するつもりやろ。
あいつらは、一人では何も出来へんやつや。

はあ?80㎞を一人で逃げるのは無謀?
あいつらは、人数を多くしようと、
ライヒェンバッハを待つつもりやろ。
キモ!
でもなあ、あいつは、ザクやで。
遅いヤツ待ってどないすんの?
仲良しこよしで、やってたらええねん。
その間に、僕は逃げるでーーーーーーー!
キモ!キモ!キモ!キモ!

自転車レースも、弱虫ペダルもわからない人には、
何の事だかわからない文章になりました。
たまには許してください。
それだけ興奮するレースだったという事です。

Pocket
LINEで送る