ちひろ美術館・えほんカフェ(上井草)

ちひろ美術館

人が癒やされたり、回復する場所をパワースポットと呼びます。
それは通常、水しぶきがあがる滝があったり、
霊気を放つような巨石があったり、
自然の中の場所を指すことが多いのですが、
神社など信仰の対象となる場所も、そう呼ばれたりします。
僕は美術館も、その一つなんじゃないかと思うのです。
上井草にある「ちひろ美術館」に来ると、なんだか癒やされるのです。

プロジェクション

今年は、いわさきちひろ生誕100年という事で、
期間を変えて、様々なアーティストとのコラボ展示が行われているのですが、
こちらは映像アートのplaplaxとのコラボで「あそぶ」。
「いわさきちひろ」の作品は撮影禁止なのですが、
コラボの映像は、カメラOKマークがあり、撮影可。

ちひろの作品が映し出されるプロジェクターの前に立つと、
自分の影が、その中に投影され、作品の中に入る事が出来るのです。
子供と一緒に映し出されている白い大人は、カメラを構えた僕。
ボクと書くと、でんぱ組.incだった、最上もがさんぽくて違和感。
最初から自分って書けば良かった。

絵の具

こちらは、画材道具に手で触れると、色が広がるという作品。

絵の具

この絵の具も天井からのプロジェクションマッピングで、
パレットを触ると、このように絵の具が浮き出して来ます。

絵の具

こちらの小さなパレットからは、子供の姿が浮き出してきました。
手で触れて遊ぶうちに、いつしか童心に戻り、
そんな気持ちで、子供達の絵を見るという仕掛け。
いろんな絵が浮き出し、次は何だろう?と触っているうちに、
無心というか、雑念が消えて、自分で言うのもなんですが、
ピュアな気持ちになっていきます。

部屋

穏やかな気持ちになって、館内を回っていると、
特別展示で、ちひろの絵の描かれた遊具があり、
子供達が遊んでいました。
すると、3才ぐらいの男の子を連れたママに、
写真を撮って欲しいとお願いされたのです。
そこで、黄色の部分の壁側に、親子を座らせて、
絵の中に溶け込むように、写真を撮りました。
「これでどうでしょう?」と確認してもらうと、
「わー!素敵!」と、凄い喜んでくれたのです。
なんか、いいことした気がして、こちらまでいい気分に。
やはり、ちひろ美術館は、癒やされパワースポットなんだなあ。

この体験があったから、海浜幕張からの仕事帰り、
京葉線に舞浜から乗ってきたTDL帰りの親子、
遊び疲れてグッタリしている子供をだっこしたお父さんに、
席を譲ったら、メチャメチャ感謝されました。
こういう事を照れずにすんなり出来るスイッチを、
ここで入れてもらっていたんだと思います。

庭

実は、この美術館で一番好きなのは2階にある図書室です。
来館した方がノートに思いを綴った
「ひとこと ふたこと みこと」というノートがあります。
大学ノートを辞書風のバインダーでまとめた物なのですが、
多くの人が、何かに迷ったり、上手く行かない時、
ここに来ると、リセットされるという事を書いています。

今回目に止まったのは、女子大生と思われる方の書き込み。

最近、ずーっと疲れてて、バイトとか学校で色々あって、
人のことを思う優しさなんて、忘れてしまって自分本位になって、
やさしくなれたらいいけど、そんな事出来そうにもない。

だけど、ここに来るたびに思う事は、
明日の朝、目が覚めたら、
笑ってみんなに「おはよう」って挨拶が出来そうだって事。
そして、今なら、大好きなあの人の結婚を祝福できそう。
ちひろさんの絵って不思議ですね。

前回来た時に見つけたのは、こんな書き込み。
みんなが優しい気持ちになって帰って行きます。

館内にある、えほんカフェでお茶をしながら、さらにまったりと。

ババロア

いちごのババロアと、ドリンクセットで、780円。
ちひろが大好きだった「新宿 すずや」のいちごのババロアを、
60年前のレシピをもとに「上井草カランドリエ」のパティシエ
指田さんが再現したメニューです。

■ちひろ美術館・えほんカフェ
■東京都練馬区下石神井4-7-2
■営業:
9:00~17:00(美術館)
10:30~17:00(カフェ)
■休館日:月曜
■入場料:
大人800円、
高校生以下無料
場所はこのへん
公式サイト

Pocket
LINEで送る

京都・醍醐寺-真言密教の宇宙- サントリー美術館

サントリー美術館

赤坂での会議の時間をずらして欲しいと連絡があり、
時間が空いたので、サントリー美術館へ行ってみる事に。
「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-」
音声ガイダンスが、みうらじゅんさんと、いとうせいこうさんという
仏像好きの二人という事で、それ目当てだったのですが、
二人の解説は3カ所のみ。
それ以外は、藤村紀子さんという
美術館ではおなじみのナレーターさん。
これは藤村さんが悪いのではないのですが、
台本が長く、一つの場所での説明が長すぎ。
全部詰め込みましたという感じで、もう少し簡潔にして欲しかった。

お目当ての一つは、快慶作の不動明王坐像。
運慶作品が、荒々しくエネルギッシュなのに対し、
元々、慈悲深い如来像を得意とする快慶は、
強さの中にも、どこか優しさがああります。
光背、頭上の炎の中、右下から鳥が顔を出しているのがわかりますか?
迦楼羅(かるら)と呼ばれる火の鳥で、
不動明王の光背には、迦楼羅炎が使われる事があるのですが、
もっと炎寄りの表現が多い中、
こうして、隠れミッキーならぬ、隠れ迦楼羅みたいなキャラクターとして、
こっそり置かれ、何気なく「ひょっこりはん」しているのが可愛いです。

そのほか、平安時代に作られた五大明王像とか
国宝の薬師如来および両脇侍像など見所はあるのですが、
快慶作の不動明王坐像が一番グッと来ました。
空き時間に行って、これを見れただけで、大満足です。

Pocket
LINEで送る