ゴッホ展 – 上野の森美術館

「プレミアムフライデーって何?旨いの?」なんてジョークをツイートする人が多いのですが、実際の所、結構、早あがりして余暇を満喫している人は多いのです。

正直、僕も実感してなかったのですが、9月の最終金曜日、15時で仕事が終わったので、冗談のつもりでプレミアムフライデーごっこと称し、上野の東京都美術館で行われている「コートールド美術館展」に行って、同じく上野のサウナ北欧に行ったら、どちらも大混雑。

サウナでサラリーマンが話しているのを聞いたのですが、働き方改革で早めに帰されるし、ノー残業デーや、プレミアムフライデーは会社にいれなくなるので、早めにサウナに来て整ってから飲みに行くという事を言っていました。17時過ぎなのにサウナ室が満室。休めない人がプレミアムフライデーはどこ行った?と言ってるのであって、休んでいる人は、休んでいるんだなあと、その時に初めて気づいたのです。

まあ、早く帰されたら帰されたで、残業代がつかないので、給料は下がるので一長一短らしいですが。

さて、今回は11月のプレミアムフライデーという事で、上野の森美術館に「ゴッホ展」を観に来たました。

上野公園の銀杏は黄色く色づいているのですが、その前の桜の木に花が咲いているのが見えました。台風の時に季節外れの桜が咲いたというニュースがありました。葉から出る成分が開花を抑えているのですが、台風で葉が全部落ちてしまったので咲いたとの事でした。

こちらもそうなのかな?と思ったのですが、桜の種類をチェックしたら「十月桜」と言い、4月の桜の時期と10月過ぎの二度、花を咲かせる種類なんだそうです。なので、対比の為に紅葉する木の近くに植えられる事が多いのだとか。なるほど、だから銀杏とのコントラストが面白いと思ったのは、そういう狙いにまんまと乗っかった訳ですね。

さて「ゴッホ展」こちらも平日15時過ぎなのに大混雑でした。

最初、写実的にデッサンしていたゴッホが、どうやってあの作風にたどり着いていくのかというのを見せてくれるのですが、見ているうちに、この前観た映画「ジョーカー」と重なっていきました。

貧しい中、弟の支えもあり、絵を描き続けるゴッホ。自分なりの絵を描こうと実験的な事をしてみると、画家の仲間から批判され孤立。モデル代を払えないので娼婦と同棲しながら絵を描くと、周りから縁を切られ、あらぬ疑いをかけられ、どんどん追い詰められていき、精神的に病んでしまいます。

展示では、精神病の療養為に入れられた療養所時代から作風がガラリと変わり、みんなの知るあのゴッホのタッチに。

この糸杉の前に立った時に、不遇な運命からの怒りを他人に向け、凶悪犯となった「ジョーカー」と、自分に向けて精神的に病んだゴッホが重なりました。ドラマの中のジョーカーとは違い、実在の人物だったゴッホの事を想ったら、悲しくなって涙が出て来てしまいました。

この糸杉を書いているゴッホの姿は、どんな感じだったのでしょうか?

ちょっと絵がバッドなストーリーとシンクロして、引きずられそうだったので、サウナに飛び込んでリフレッシュする事に。御徒町の「プレジデント」3時間1100円。

写真的には夜ですが、実は17時頃なのに、サウナの中は大混雑。プレミアムフライデーのオッサンでごった返していました。

サウナ通の間で旨いと話題のプレジデントの牛バラ肉のカレー。マジ旨い!これだけ楽しんでまだ18時台。恐るべしプレミアムフライデー。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

コートールド美術館展

先週の金曜日、9月27日のお話。Twitterのタイムラインを見ていたら、プレミアムフライデーというワードが飛び込んできました。そういえば、そういうのあったなあ…と思いつつ、仕事終わりがちょうど15時というのもあって、せっかくだからプレミアムフライデーごっこをする事にしました。

東京都美術館も金曜日は20時までだし、ゆったり回っても余裕があるなと、美術館に行くことにしました。

美術館の後は、上野のサウナ「北欧」へ行く事にし、美術館〜サウナという上野コースを堪能する事にしました。

上野公園では、多数の大道芸人が出ていて、それぞれ人だかりが出来ていました。マッスル系のアクロバットは見応えあり。

金曜日の夕方、こういうベブンアーティストがいっぱいるので、公園を散歩するだけで、色々な芸を堪能出来ました。

さて、まずは上野プレミアムフライデー、最初の目的地東京都美術館へ。ただ今、「コートールド美術館展 魅惑の印象派展」が行われています。

印象派・ポスト印象派の作品を多く集める、「コートールド美術館」は現在改装中で、そのために普段なら借りられない作品も多数出展されています。

印象派が評価されていない時代から、誰もが楽しめるムーブメントになると買い集めました。そのときの領収書も一部展示されていたのは、これまでの美術展では見たことがありあせん。

面白かったのは、、「コートールド美術館」では、画家の手紙も多数保存していて、ゴッホの「花咲く桃の木々」の注釈には、手紙の一部から「アルルで日本的な景色を見つけた」と喜ぶ様子が抜き取られ、画面の右奥には、雪をかぶった富士山のような山が描き足されていました。

ゴッホは本当に日本が好きだったんだなあ。

今、ラグビーワールドカップで来日した選手達が、「おじぎ」「片付け」など、日本の文化にリスペクトして行っている事が話題ですが、画家の視点を通じて、日本の良さを再発見出来るのもいいですね。

10月11日からは上野の森美術館で、「ゴッホ展」がスタート。芸術の秋、楽しみましょうかね。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ