バニラビーンズ ラストライブ  -adieu-.

渋谷

去年から今年にかけて、
好きなアイドルグループがどんどん解散してしまいましたが、
好きなグループ、バニラビーンズも今日がラストライブでした。

アイドルヲタクはフレッシュな新人にどんどん流れるファンが多いのですが、
自分は、10年以上続くベテランが好きで、
歌にしろ、ダンスにしろ、トークにしろ、どこか職人気質な人が好み
その中で、バニラビーンズ=バニビは、楽曲もいいし、
とにかく二人ともトークが上手。
ラジオ業界なので、アイドルのライブでもトークをチェックするという、
職業病でしたが、バニビは、トップクラスでした。
自分の番組のDJ、元チャオベッラチンクエッティの岡田ロビン翔子さんは、
「TOKYO IDOL FESTIVAL」の、2代目アイドルしゃれべれる女王でしたが、
この初代女王が、バニビのレナさん。

そのトーク力をラジオで生かして欲しいと、
何度かゲストに来て頂いた事もあり、ラストライブにご招待頂きました。

バニビ

ラスト曲だけスマホでの撮影OKだったので、ステージの写真をパチリ。


よゐこの浜口さんもお写真をUPしていましたが、
髪の毛がボサっとなっているのが自分です。
すみません。浜口さん。いい場所を占拠して。

会場

それにしても、最後までバニビらしいライブでした。
飄々として、そしてホンワカで。

北欧の風に乗ってやってきた
清楚でイノセンスな雰囲気を持つガールズ・ユニット、
バニラビーンズ

という設定だったので、解散は「帰国」という表現に。
ざっくり「北欧」という設定だったので、
アンコールでは、ファンの皆さんがそれぞれ、
ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、アイスランドなどの
小さな国旗を振りお見送りするというサプライズも。
ちょっとウルウル来てしまいました。
ライブ終了後にファンの方が、国旗とサイリウムを回収していましたが、
あれって自分たちが自費で用意して会場に配り、
そして、ゴミにならないように回収しているんですよね。
ベテランアイドルの会場では、よく見かける光景。
ファンの方の愛も感じられ、素敵でした。

メッセージ

最後に「またどこかで」というメッセージが。
「どこか」は「ラジオ」であって欲しいなあ。
もちろん、自分もbayfmの局内で猛プッシュしていますが、
TBSラジオのゲストが決まったりもしていて、
局を越えた争奪戦が展開して欲しいです。
ラジオ業界の方々、バニビのトーク力は宝ですぞ!

Pocket
LINEで送る

チャオベッラチンクエッティ解散ライブ

豊洲ピット

豊洲PITで開催された、
チャオベッラチンクエッティの解散ライブに行ってきました。

元々はハロプロの研修生「ハロプロエッグ」出身で、
つんく♂さんに選抜されて、
THE ポッシボーというグループ名でデビュー。
その後、改名して、チャオベッラチンクエッティに。
今年で、結成12周年というアイドルグループです。

きっと、他のグループも羨ましがるだろうなと思える幸せなライブでした。
解散ライブを「幸せ」と表現すると、不思議に思う人も多いと思いますが、
とにかく、やりきった感が凄かった。
そして、ファンにスタッフに愛されている感が凄かったです。

僕も少し関わらせて頂きましたが、
最後の最後にピークを持って来たいというメンバーの希望で、
12年間溜めたエネルギーを最後にスパークさせました。
解散ライブらしい泣きの演出や振り返りもなく、
ホントにこれ解散ライブ?というぐらい、楽しくて素晴らしいライブでした。
これが出来ちゃうのが、12年間で積み上げた実力なんだなあ。

そして、YahooのTOPニュースにもなっていましたが、
最後の最後に、嬉しいサプライズも。
この日の最後、ダブルアンコールの最後の曲で、
グループを先に卒業して芸能界を引退していた二人が乱入。
通常、解散ライブって、ライブDVDにもなったりするので、
権利や肖像権の関係で、引退したり、事務所をやめた人が出る事は、
ほとんどありません。
それが、最後の最後に元メンバーが登場して、
会場がどよめき、そしてすぐに大きな歓声に包まれました。

ここが、他のグループのファンが羨ましがるポイントです。
昨年解散した℃-uteも、元メンバーは会場に駆けつけましたが、
ステージには登場しませんでした。
今年は、他の中堅アイドルグループも解散が続いていますが、
元メンバーが出て来て、最後に全員揃うという事はありません。

そういう意味では、出てきてくれたら嬉しいけど
無理だろうなあと思っていた、ファンの夢を
最後に叶えたライブとなります。
きっとこのニュースを見た、他のアイドルグループのファンも、
最後はそうして欲しいと思ったハズです。

「もう最後やし、出たらええやん!お前らもポッシボーやろ!」
そう言ったかどうかわかりませんが、
勝手に関西弁のマネージャーの声が脳内で再生されます。
あのマネージャーで良かったんだよ。他の人じゃ出来ない。

歌、ダンス、バンドとのコラボ、12年選手だから出来ることの全てを
思う存分堪能させて頂きました。
この日は、チャオベラを慕う
多くのアイドルが最後を見届けに来ていました。
パンパンの会場を、生歌で揺さぶり、ダンスで魅了し、
ファンを煽って、どんどん熱くさせていく、
自分たちの憧れのステージがそこにあったからです。
アイドルで出来る事の全てを見せてくれた4人のメンバーは、
グループを解散し、アイドルを卒業しても、
次の活躍の場があるというのを、見せてくれるハズです。
それに期待しながら、これからも見守りたいと思います。

元メンバーのツイッター!
大ハッピーエンドだよ!

Pocket
LINEで送る