鈴木愛理さんをゲストに迎えて

僕が担当している番組、bayfmのThe BAY☆LINE DJはバズーカ山寺(声優の山寺宏一)&岡田ロビン翔子のゲストに鈴木愛理さんをお迎えする事が出来ました。

まだ℃-uteというアイドルだった頃、2012年に初めてライブを観に行ってファンになってから7年越し。番組のゲストって、公私混同して好きな人を呼べるという物ではないので、色々なタイミングが合致するまで7年かかった訳です。感慨深い。初めてライブを観に行った時のブログはこちら

℃-uteが解散してから僕もアイドルヲタクを卒業(ヲタク用語で「他界」)したし、鈴木愛理さんも、今やアーティストとして活躍している訳ですから、アイドルヲタクだった片鱗は見せてはいけないと思いつつ、ガマン出来ずに打ち合わせでポロリ。

「神聖なるペンタグラム(ツアー名)から解散までライブ通ってたんですよ」と言うと、「神聖なるペンタグラムってステージが星の形になってたの覚えていますか?あの三角って結構尖ってて、先端で踊るのメッチャ怖かったんですよ」と、ヲタク冥利につきる会話に。他界したハズなのにゾンビのように瞬間蘇ってしまいました。

興奮してじんわり汗をかいたらヒートテックが熱量倍増させて、謎の滝汗に。恥ずかしかった。憧れの人に会うときはヒートテック禁止です。

今回ははセカンドアルバム「i」リリースの話題と、その中に収録されているofficial髭男dism提供楽曲の「Break it down」が、O.Aされる曲を選曲するディレクター達の間でも話題になっていて、そこに先駆けてうちの番組のゲストとしてオファーしました。

最近やっと「あいみょん」を覚えたというオジサン達が多いですが、今年の紅白にも出場する「official髭男dism」(オフィシャルヒゲダンディズム)は、知らないという人が多いです。今年一番ヒットしているのがこの「髭ダン」です。

CDの時代が終焉を迎え、サブスクリプションのストリーミング聴き放題サービスの時代となりましたが、そこで今年1億回再生で1位となったのが、「髭ダン」の「Pretender」。

「髭ダン」のメジャーデビューは、2018年4月ですが、その前から「髭ダン」に目をつけていて、楽曲提供を依頼していたのが、鈴木愛理さんです。

この「Break it down」も、1年以上前に収録したものなのですが、「髭ダン」の楽曲提供である事を隠し、ライブで歌い続けて来ました。今聞けば「髭ダン」っぽいって皆が言うのですが、当時は3人ぐらいしか気づかなかったそうです。

他の女性アーティストが嫉妬するぐらいカッコいい曲になっているので、ぜひ、フルて聞いて欲しいです。Apple MUSICに入っている人なら、そのまま飛んで試聴出来ます。髭ダンのファンの方もぜひ!

昨日の放送では、マネージャーが「今日はよく喋るな」というぐらい、色々話してくれました。満足。

楽曲提供に至るまでとか、レコーディングの話、その歌い方に至るまでとか、他ではあまりしていない裏話をしてくれています。

興味のある方は、Radikoで、一週間12月10日(火)まで聞けるので、ぜひ聞いてみてください。

ゲスト登場分:17時から。
12月10日(火)までradikoのタイムフリーで聴取可能

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

SEKAI NO OWARI TOUR 2019「The Colors」

幕張メッセで行われたSEKAI NO OWARI TOUR 2019「The Colors」に行ってきました。

通常なら写真禁止なハズなのに、会場では写真を撮っている人達が多く、周りに確認してみるとSEKAI NO OWARI は写真OKとの事。そこで何枚か写真を撮りました。

またSNSへの掲載はどうなっているのかも確認すると、かまわないとの事。

海外のアーティストでは逆にSNSへの掲載OKをプロモーションと考えるアーティストが多いですが、日本ではまだまだ珍しいですね。

カルチャーショックだったのは、若者というより、小学生のお客さんが多いという事。うちの近所の小学校でも、運動会の時はSEKAI NO OWARI の音楽が使われていたりして、小学生にとってはポピュラーな存在なんでしょうね。

先日行った、山下達郎のコンサートとは真逆の方向性で、達郎がシンプルに歌と最高の音質だけで聞かせて満足させるの対し、照明やプロジェクションマッピング、連動型LEDとか、光の演出含めた世界観を作るエンターテイメント。

どちらがいいというのでは無しに、小学生をはじめとする10代を興奮の渦に巻き込んでいるのは、こちらの方。

ラジオをやっていて思うのは、40過ぎると、新曲、今の音楽が体に入ってこなくなって、懐メロに浸る人達がどっと増えます。そういう人達って、「今の音楽は」「昔は良かった」が口癖なんだけど、番組を作る人間は、そっちに合わせてしまったら終わりだなあと思っています。

切り捨てるのではなく、スピッツを源流に持つ「あいみょん」とか、40代でも歌詞が聞き取れ、どこか懐かしいメロディーで、受け入れられているアーティストもいます。そういう人達を紹介しながら、新しい音楽離れをさせないのが、僕らの使命かなと思ったり。

『NHKの2020五輪応援ソング』プロジェクトで、米津玄師が「パプリカ」を書き下ろし、菅原小春が振り付けして、子供達が踊る映像がNHKで流されていますが、子供達は、今、これに夢中になっています。小さい子供がいる、親しかわからないと思いますが。

それのライブ版がSEKAI NO OWARI のコンサートなんだなと。子供達が夢中になって、盛り上がっている姿を見られて良かったです。

少なくとも自分は「セカオワなんて」と言ったら、その世界観が理解出来ない自分が負けだなと、思い知りました。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ