℃-ute 中野サンプラザ。

サンプラザ

℃-uteの解散は、6月12日の「さいたまスーパーアリーナ」ですが、
℃-ute本来の魅力を堪能するなら、中野サンプラザだろうという事で、
江古田のハロプロ好き8人で、中野へ。

もちろん、解散コンサートも観たい。
でも、特別な演出で、しんみりとさせられるライブよりも、
大きなステージを一杯に使うために、
いつものフォーメーションを崩して、横一列になってしまうライブよりも、
5人の、いつものダンスが、ビジョンを通じなくても観られる
中野サンプラザのライブが、どうしても観たかったのです。

そして、中野を選んで正解でした。

アイドルヲタクじゃない人達が、
それでも、このアイドルいいねという場合って、
楽曲が良かったり、ビジュアルが良かったりと、聞くのだけど、
テレビやラジオ、パソコンやスマホで観ているから、
ライブの凄さという概念は、なかなかおわかり頂けない。

テレビカメラを通したライブって、定点で撮った物はほぼ無く
カメラ割りで、表情などを抜いていく映像がほとんどです。
歌割りじゃないメンバーは、映ることが少なく、
この瞬間、グループ全体がどうなっているのか、わかりません。

サッカーでボールを持っている人のアップだけが続いている状態です。
この間に、他のメンバーが、サイドを駆け上がったり、
相手DFを引きつけたりしてるのに、
そのチームプレイというのは、スタジアムでないと堪能出来ません。
特に、オシム監督の時は、連係プレイが一番の売りだったので、
スタジアムに行かないと、その凄さを堪能出来ませんでした。

カメラ割り無しで、さらに会場のビジョンの力を借りずに、
俯瞰で全体像を楽しめる、ライブ。
それを一番いい状態で堪能出来るのが中野サンプラザなのです。
5人の、一糸乱れるフォーメーションと、
精密機械のようなシンクロするダンス。
これを思う存分、楽しめました。

本人達も、今日の5人は無敵と言っていましたが、
なにか特殊部隊を観ているような、凄みがありました。

そして歌も、ライブ会場に足を運ばなければ、
本来の魅力を味わう事は出来ません。

仕事柄、いろんなライブを観てきましたが、
特に、アイドルのライブで気になるのが、ボーカルの音圧。
楽曲がいいアイドルって、いっぱいいるのだけど、
でも、歌はCDを聞いているような、
レベルが抑えられた音が、ほとんど。
音量を大きくしても、歌が前に出てこない。

でも、この日の℃-uteは、凄かった。
ハロプロの歌姫と呼ばれる、鈴木愛理が歌い上げる。
それに対し、ロックシンガーのような岡井千聖がシャウトする。
メチャメチャ歌の上手い二人が、
対抗するかのように、歌い上げて行くのです。

やはり、TVやDVD、CDではリミッターをかけられてしまう音圧が、
そのままの状態で、バンバン体に響いてきます。
まあ、思い入れたっぷりの精神的な意味もありますが、
物理的にも、歌が胸に響きました。

同行した友人も、「今日のライブは圧が凄かったね」と。

こんな凄いライブをするグループがいるのに、
もうすぐ観られなくなってしまうのかと思うと、せつない。
モーニング娘。OGが、結婚したり、子供を産んだりした後で、
ドリームモーニング娘。として、武道館に立ったように、
℃-uteも、アイドルという鎧を脱ぐことが出来た後で、
再結成して、大人の℃-uteが観てみたい。
あと、高橋愛リーダー期の、プラチナモーニング娘。も。

そんな淡い期待を抱きながら、今はこの余韻に浸ることにしよう。

解散のSSAは、スペシャルなライブになるだろうから、
今日の中野が、通常バージョンの完成形なんだろうなあ。
本当に凄いライブでした。
今まで観てきた℃-uteのライブの中で、一番でした。
ありがとうございました。

Pocket
LINEで送る

TOKYO IDOL FESTIVAL2016

ガンダム

出演するアイドル301組。
昨年より日程が一日延びて3日間開催となったTIF2016
その3日目に行ってきました。

うちの番組にゲスト出演してくれたグループのライブを観るのと、
評判になっているグループのチェックするのが目的。

有料エリアと無料エリアに分かれているのですが、
タイムテーブルを見たら、
ラッキーな事に無料エリアで、その大半が見られる事がわかり、
今回は無銭で参加。

夢眠

その前に、腹ごしらえで入ったダイバーシティ東京に、
江古田住民としては懐かしの夢民があったので、食べていく事に。

高田馬場に本店があったカレー屋さんで、江古田は2店舗目。
その後、チャオカリーとしてフランチャイズ化し、手を広げるのですが、
気がついたら江古田店を筆頭に次々に閉店して、
西新宿店と、汐留店の2店舗だけになっていました。

高田馬場本店も閉店していたのですが、
フジテレビが企画する夏のイベント「お台場夢大陸」に出店したのをきっかけに、
ダイバーシティ東京のフードコートに復活しました。

一番人気だったベーコンエッグ野菜カレー。
懐かしい!

さて、TOKYO IDOL FESTIVAL2016。
あくまでも「個人的な感想」と、前置きしつつ書いてみたいと思います。

TIFも曲がり角に来てるのかなあ…というのが、ざっくりとした感想。

去年より、注意事項、禁止事項、警備も強化されているのに、
去年より荒れている現場が多かった事。

いわゆる「厄介」「ピンチケ」と呼ばれる人たちが、
荒れそうなライブのにおいをかぎ取って、どんどん集まって来る。
そして、盛り上がりと暴れるを勘違いして、場を荒らす。
または、やりたい放題な地下アイドルの現場のノリそのままが通じると思い
やらかし、警備員につまみ出されている人も。

こんな感じだと、また規制入るでしょうね。
荒れるグループは出られないステージ作るとか。

悪かった所を先に書きましたが、いいところも多数ありました。

一時期のコンセプト先行型アイドルが、ぐっと減り、
ダンス、ボーカルを強化して出てきたアイドルが増えた事。
それに伴い、生歌も増えていました。
スキルが高いグループが好きな自分からするとうれしい事です。

だから企画ステージでは、
歌うまアイドルが各グループから選抜されコラボをしている。
prediaの湊あかねさんと、大阪春夏秋冬のMAINAのコラボでの
AIのstoryは、各所から絶賛されていましたね。

見ることは出来なかったけど、話題になっていたのは、
キャラクターが強烈な「生ハムと焼うどん」
ステージでショートコントを繰り広げ、
すでに深夜番組などで取り上げられる事も多いので、
これから、どんどん売れていくと思います。

楽曲派に話題だったのは、「フィロソフィーのダンス」通称「フィロのス」。
Chicのナイルロジャースのような、カッティングギターがメインの
Funk曲が多く、いい曲が多いと話題になっていました。

自分が見た中で良かったのは、
5人から4人になった、9nineかなあ。
一人卒業したのを感じさせない4人のバランス感と、
ダンスと歌のクオリティが非常に高かったです。

そして、うちの番組のDJをつとめてくれている
10年を迎えた、チャオベッラチンクエッティ。

そのほか、13年目のNegiccoとか、
ここまで続けてこれたベテラン勢のライブは、
続けてこれる何かがあります。
安心してみていられるし、客を惹きつけるすべを知っている。

バニラビーンズや、風男塾など、
10年選手だけが出られるステージというのも見てみたいです。

さて、出場した300組のうち、来年は何組が残っているのか。
アイドル戦国時代も終盤戦。
アイドルは、見れる時に、見とけ!

Pocket
LINEで送る