チャオベッラチンクエッティ解散ライブ

豊洲ピット

豊洲PITで開催された、
チャオベッラチンクエッティの解散ライブに行ってきました。

元々はハロプロの研修生「ハロプロエッグ」出身で、
つんく♂さんに選抜されて、
THE ポッシボーというグループ名でデビュー。
その後、改名して、チャオベッラチンクエッティに。
今年で、結成12周年というアイドルグループです。

きっと、他のグループも羨ましがるだろうなと思える幸せなライブでした。
解散ライブを「幸せ」と表現すると、不思議に思う人も多いと思いますが、
とにかく、やりきった感が凄かった。
そして、ファンにスタッフに愛されている感が凄かったです。

僕も少し関わらせて頂きましたが、
最後の最後にピークを持って来たいというメンバーの希望で、
12年間溜めたエネルギーを最後にスパークさせました。
解散ライブらしい泣きの演出や振り返りもなく、
ホントにこれ解散ライブ?というぐらい、楽しくて素晴らしいライブでした。
これが出来ちゃうのが、12年間で積み上げた実力なんだなあ。

そして、YahooのTOPニュースにもなっていましたが、
最後の最後に、嬉しいサプライズも。
この日の最後、ダブルアンコールの最後の曲で、
グループを先に卒業して芸能界を引退していた二人が乱入。
通常、解散ライブって、ライブDVDにもなったりするので、
権利や肖像権の関係で、引退したり、事務所をやめた人が出る事は、
ほとんどありません。
それが、最後の最後に元メンバーが登場して、
会場がどよめき、そしてすぐに大きな歓声に包まれました。

ここが、他のグループのファンが羨ましがるポイントです。
昨年解散した℃-uteも、元メンバーは会場に駆けつけましたが、
ステージには登場しませんでした。
今年は、他の中堅アイドルグループも解散が続いていますが、
元メンバーが出て来て、最後に全員揃うという事はありません。

そういう意味では、出てきてくれたら嬉しいけど
無理だろうなあと思っていた、ファンの夢を
最後に叶えたライブとなります。
きっとこのニュースを見た、他のアイドルグループのファンも、
最後はそうして欲しいと思ったハズです。

「もう最後やし、出たらええやん!お前らもポッシボーやろ!」
そう言ったかどうかわかりませんが、
勝手に関西弁のマネージャーの声が脳内で再生されます。
あのマネージャーで良かったんだよ。他の人じゃ出来ない。

歌、ダンス、バンドとのコラボ、12年選手だから出来ることの全てを
思う存分堪能させて頂きました。
この日は、チャオベラを慕う
多くのアイドルが最後を見届けに来ていました。
パンパンの会場を、生歌で揺さぶり、ダンスで魅了し、
ファンを煽って、どんどん熱くさせていく、
自分たちの憧れのステージがそこにあったからです。
アイドルで出来る事の全てを見せてくれた4人のメンバーは、
グループを解散し、アイドルを卒業しても、
次の活躍の場があるというのを、見せてくれるハズです。
それに期待しながら、これからも見守りたいと思います。

元メンバーのツイッター!
大ハッピーエンドだよ!

Pocket
LINEで送る

℃-ute さいたまスーパーアリーナ

SSA

℃-uteの解散コンサートが、さいたまスーパーアリーナでありました。
2万人入る会場も、チケットは即完売で、
関係者席も応募殺到で、今回は難しいとの事だったのですが、
僕を最初に℃-uteに誘っていただいた方から、
「見た方がいい」と、譲っていただく事が出来ました。

最初に知ったのは、アイドルとしてというより、自転車の方からでした。
TV番組をなにげに見ていたら、
アイドルが新曲のヒット祈願で、東京から静岡の久能山まで、
ロードバイクで行くという企画。

ちょうどサイクルモードのステージの構成を担当していた頃で、
自転車好きの芸能人を探していた頃だったので、目にとまったのです。

名作と呼ばれるこの企画は、
当時3千円前後だったDVDが、プレミアがついて
今、3万円前後で取引がされています。

このDVDを何度も観て、コースも聖地巡礼しました

アイドルが熱海の山越えをして、250㎞を自転車でロングライド?
そのアイドルこそが℃-uteのリーダーの矢島舞美さんでした。
スゲー、身体能力のあるリーダーだな。
…と調べるうちに、この℃-uteが凄いグループである事がわかってきました。

初めてライブを観たのは、
2012年の11月、神聖なるペンタグラムというツアー。

℃-uteは、8人いたメンバーから3人が抜け、
5人になってから低迷し、動員も減り、
コンサートもガラガラというどん底を味わいました。

そこから、起死回生の為にダンスに力を入れたライブに特化し、

℃-uteのダンスが凄いらしいぞ!

と、伝わって来たのが、このツアーでした。

100m走みたいな全力ペースで、最初から最後まで、ガンガン踊る。
観ている方もそれについていくのが大変で、
「殺人セットリスト」という言葉が生まれたのも、この頃でしょう。

渋谷公会堂の関係者席が、噂を聞いて駆けつけた関係者で溢れ
「℃-uteキテル!」感が、ひしひしと感じられました。
今は2千人前後のホールだけど、これは武道館行くな!
…と感じてから、次に来るアイドルとして℃-uteをマークする事にしました。

この頃は、まだ、冷静に仕事としての目線だったんですよね。
だけど、チェックしているうちに、
徐々にただのファンになってしまいました。
完全に「℃-uteキテル!」の上げ潮に飲み込まれましたね。

忘れもしない2013年4月3日。
この頃、番組にはスタッフのお勧めを紹介するコーナーがあり、
僕は「℃-ute」を紹介しました。
DJは、山寺宏一さんと、中澤裕子さん。
中澤さんと言ったら、ハロプロの初代リーダーですよ。
そのお方に、℃-uteの凄さを紹介する暴挙に出たのです。

今やホールツアー、SOLD OUT連発!
ダンスが凄いグループとして話題で、
関係者席でさえ、席が確保出来ないグループ。
近いうちに必ず武道館行きますよ!

そう紹介した当日、この日は℃-uteがリリースイベントをしていたのですが、
そこで、サプライズがあり、武道館決定の発表がありました。

本来なら、こういうドンピシャな予想は
情報感度が高いみたいな感じで「ほら当たった」と自慢するんですが、
単に、一ファンとして興奮し、嬉しかった事を覚えています。

ここから、友人達を巻き込み、℃-uteのライブに通う日々。
徐々に行くメンバーも増え、男女8人の団体に。
会場も、武道館、横浜アリーナとどんどん大きくなって行きました。

アイドルとして、最高峰のパフォーマンスをするグループは、
勝手にMAXのように、結婚しても続くグループなんだろうなと、
なんとなく思い込んでいました。
しかし、突然の解散発表。

当初は、なんで?と、疑問だらけだったのですが、
この日の解散コンサートをみて、全てが理解出来ました。

歌もダンスも完璧なこのグループのライブは、
失敗が許されないフィギュアスケートのような感覚で観ている
…と、このブログでも書いてきましたが、
本人たちも、選手的なピークの時に、
美しく散りたいと考えていたようです。
このへんも、アスリートだよ。

℃-uteを紹介する時に
「アイドルが憧れるアイドル」というフレーズがありますが、
この日も、AKB、ももクロほか、多くのアイドルが詰めかけました。
そのアイドル達も、口々に、
「アイドルのパフォーマンスの頂点は、℃-ute」
と、発信しました。

「歌って踊れるアイドル」という陳腐な言葉があります。
歌が上手なアイドルは、いっぱいいます。
ダンスも上手なアイドルも、いっぱいいます。
ダンサーとボーカルに別れている、
ダンスも歌も上手なグループはいます。
でも、全員が歌いながら踊って、
歌もダンスも上手なグループ、ほとんどいません。
野暮を承知で言いますが、「生歌」という意味です。
そういう意味で、℃-uteは、奇跡のグループでした。

ラストのライブ。
悲しいハズなのに、なぜか悲しいというより、
多幸感に包まれたライブでした。
のちに、本人たちもブログに書いていますが、
さいたまスーパーアリーナは、
自分達がデビューの時に出させてもらったステージで、
そこに単独で立ちたいという目標がかなった日でもありました。

その引き際が美しすぎて、
すでに、伝説のライブとして、語り継がれはじめています。

あー。その場に立ち会う事が出来て、良かった。
ありがとうございました。

Pocket
LINEで送る