℃-ute さいたまスーパーアリーナ

SSA

℃-uteの解散コンサートが、さいたまスーパーアリーナでありました。
2万人入る会場も、チケットは即完売で、
関係者席も応募殺到で、今回は難しいとの事だったのですが、
僕を最初に℃-uteに誘っていただいた方から、
「見た方がいい」と、譲っていただく事が出来ました。

最初に知ったのは、アイドルとしてというより、自転車の方からでした。
TV番組をなにげに見ていたら、
アイドルが新曲のヒット祈願で、東京から静岡の久能山まで、
ロードバイクで行くという企画。

ちょうどサイクルモードのステージの構成を担当していた頃で、
自転車好きの芸能人を探していた頃だったので、目にとまったのです。

名作と呼ばれるこの企画は、
当時3千円前後だったDVDが、プレミアがついて
今、3万円前後で取引がされています。

このDVDを何度も観て、コースも聖地巡礼しました

アイドルが熱海の山越えをして、250㎞を自転車でロングライド?
そのアイドルこそが℃-uteのリーダーの矢島舞美さんでした。
スゲー、身体能力のあるリーダーだな。
…と調べるうちに、この℃-uteが凄いグループである事がわかってきました。

初めてライブを観たのは、
2012年の11月、神聖なるペンタグラムというツアー。

℃-uteは、8人いたメンバーから3人が抜け、
5人になってから低迷し、動員も減り、
コンサートもガラガラというどん底を味わいました。

そこから、起死回生の為にダンスに力を入れたライブに特化し、

℃-uteのダンスが凄いらしいぞ!

と、伝わって来たのが、このツアーでした。

100m走みたいな全力ペースで、最初から最後まで、ガンガン踊る。
観ている方もそれについていくのが大変で、
「殺人セットリスト」という言葉が生まれたのも、この頃でしょう。

渋谷公会堂の関係者席が、噂を聞いて駆けつけた関係者で溢れ
「℃-uteキテル!」感が、ひしひしと感じられました。
今は2千人前後のホールだけど、これは武道館行くな!
…と感じてから、次に来るアイドルとして℃-uteをマークする事にしました。

この頃は、まだ、冷静に仕事としての目線だったんですよね。
だけど、チェックしているうちに、
徐々にただのファンになってしまいました。
完全に「℃-uteキテル!」の上げ潮に飲み込まれましたね。

忘れもしない2013年4月3日。
この頃、番組にはスタッフのお勧めを紹介するコーナーがあり、
僕は「℃-ute」を紹介しました。
DJは、山寺宏一さんと、中澤裕子さん。
中澤さんと言ったら、ハロプロの初代リーダーですよ。
そのお方に、℃-uteの凄さを紹介する暴挙に出たのです。

今やホールツアー、SOLD OUT連発!
ダンスが凄いグループとして話題で、
関係者席でさえ、席が確保出来ないグループ。
近いうちに必ず武道館行きますよ!

そう紹介した当日、この日は℃-uteがリリースイベントをしていたのですが、
そこで、サプライズがあり、武道館決定の発表がありました。

本来なら、こういうドンピシャな予想は
情報感度が高いみたいな感じで「ほら当たった」と自慢するんですが、
単に、一ファンとして興奮し、嬉しかった事を覚えています。

ここから、友人達を巻き込み、℃-uteのライブに通う日々。
徐々に行くメンバーも増え、男女8人の団体に。
会場も、武道館、横浜アリーナとどんどん大きくなって行きました。

アイドルとして、最高峰のパフォーマンスをするグループは、
勝手にMAXのように、結婚しても続くグループなんだろうなと、
なんとなく思い込んでいました。
しかし、突然の解散発表。

当初は、なんで?と、疑問だらけだったのですが、
この日の解散コンサートをみて、全てが理解出来ました。

歌もダンスも完璧なこのグループのライブは、
失敗が許されないフィギュアスケートのような感覚で観ている
…と、このブログでも書いてきましたが、
本人たちも、選手的なピークの時に、
美しく散りたいと考えていたようです。
このへんも、アスリートだよ。

℃-uteを紹介する時に
「アイドルが憧れるアイドル」というフレーズがありますが、
この日も、AKB、ももクロほか、多くのアイドルが詰めかけました。
そのアイドル達も、口々に、
「アイドルのパフォーマンスの頂点は、℃-ute」
と、発信しました。

「歌って踊れるアイドル」という陳腐な言葉があります。
歌が上手なアイドルは、いっぱいいます。
ダンスも上手なアイドルも、いっぱいいます。
ダンサーとボーカルに別れている、
ダンスも歌も上手なグループはいます。
でも、全員が歌いながら踊って、
歌もダンスも上手なグループ、ほとんどいません。
野暮を承知で言いますが、「生歌」という意味です。
そういう意味で、℃-uteは、奇跡のグループでした。

ラストのライブ。
悲しいハズなのに、なぜか悲しいというより、
多幸感に包まれたライブでした。
のちに、本人たちもブログに書いていますが、
さいたまスーパーアリーナは、
自分達がデビューの時に出させてもらったステージで、
そこに単独で立ちたいという目標がかなった日でもありました。

その引き際が美しすぎて、
すでに、伝説のライブとして、語り継がれはじめています。

あー。その場に立ち会う事が出来て、良かった。
ありがとうございました。

Pocket
LINEで送る

℃-ute 中野サンプラザ。

サンプラザ

℃-uteの解散は、6月12日の「さいたまスーパーアリーナ」ですが、
℃-ute本来の魅力を堪能するなら、中野サンプラザだろうという事で、
江古田のハロプロ好き8人で、中野へ。

もちろん、解散コンサートも観たい。
でも、特別な演出で、しんみりとさせられるライブよりも、
大きなステージを一杯に使うために、
いつものフォーメーションを崩して、横一列になってしまうライブよりも、
5人の、いつものダンスが、ビジョンを通じなくても観られる
中野サンプラザのライブが、どうしても観たかったのです。

そして、中野を選んで正解でした。

アイドルヲタクじゃない人達が、
それでも、このアイドルいいねという場合って、
楽曲が良かったり、ビジュアルが良かったりと、聞くのだけど、
テレビやラジオ、パソコンやスマホで観ているから、
ライブの凄さという概念は、なかなかおわかり頂けない。

テレビカメラを通したライブって、定点で撮った物はほぼ無く
カメラ割りで、表情などを抜いていく映像がほとんどです。
歌割りじゃないメンバーは、映ることが少なく、
この瞬間、グループ全体がどうなっているのか、わかりません。

サッカーでボールを持っている人のアップだけが続いている状態です。
この間に、他のメンバーが、サイドを駆け上がったり、
相手DFを引きつけたりしてるのに、
そのチームプレイというのは、スタジアムでないと堪能出来ません。
特に、オシム監督の時は、連係プレイが一番の売りだったので、
スタジアムに行かないと、その凄さを堪能出来ませんでした。

カメラ割り無しで、さらに会場のビジョンの力を借りずに、
俯瞰で全体像を楽しめる、ライブ。
それを一番いい状態で堪能出来るのが中野サンプラザなのです。
5人の、一糸乱れるフォーメーションと、
精密機械のようなシンクロするダンス。
これを思う存分、楽しめました。

本人達も、今日の5人は無敵と言っていましたが、
なにか特殊部隊を観ているような、凄みがありました。

そして歌も、ライブ会場に足を運ばなければ、
本来の魅力を味わう事は出来ません。

仕事柄、いろんなライブを観てきましたが、
特に、アイドルのライブで気になるのが、ボーカルの音圧。
楽曲がいいアイドルって、いっぱいいるのだけど、
でも、歌はCDを聞いているような、
レベルが抑えられた音が、ほとんど。
音量を大きくしても、歌が前に出てこない。

でも、この日の℃-uteは、凄かった。
ハロプロの歌姫と呼ばれる、鈴木愛理が歌い上げる。
それに対し、ロックシンガーのような岡井千聖がシャウトする。
メチャメチャ歌の上手い二人が、
対抗するかのように、歌い上げて行くのです。

やはり、TVやDVD、CDではリミッターをかけられてしまう音圧が、
そのままの状態で、バンバン体に響いてきます。
まあ、思い入れたっぷりの精神的な意味もありますが、
物理的にも、歌が胸に響きました。

同行した友人も、「今日のライブは圧が凄かったね」と。

こんな凄いライブをするグループがいるのに、
もうすぐ観られなくなってしまうのかと思うと、せつない。
モーニング娘。OGが、結婚したり、子供を産んだりした後で、
ドリームモーニング娘。として、武道館に立ったように、
℃-uteも、アイドルという鎧を脱ぐことが出来た後で、
再結成して、大人の℃-uteが観てみたい。
あと、高橋愛リーダー期の、プラチナモーニング娘。も。

そんな淡い期待を抱きながら、今はこの余韻に浸ることにしよう。

解散のSSAは、スペシャルなライブになるだろうから、
今日の中野が、通常バージョンの完成形なんだろうなあ。
本当に凄いライブでした。
今まで観てきた℃-uteのライブの中で、一番でした。
ありがとうございました。

Pocket
LINEで送る