アエル コーヒーストップ(赤羽)

岩淵水門

サイクリストの皆様!朗報です!
荒川サイクリングロード岩淵水門の近くにカフェが出来ました!
しかも隣はロードバイクのお店になる予定!
岩淵水門といえば、下流から来て、ここで折り返し。
または、上流に行ってきて、帰りはここから一般道へ。
など、サイクリングロードの休憩スポットとなっている場所です。
前々から、この付近にチャリカフェがあればいいのにと思っていましたが、
ようやく、そういう文化が花開きそうです。

荒川CR

では、その新しいカフェへの行き方です。
カフェに行くには、この写真の見た目の背中側、
つまり上流方面へと向かいます。

荒川CR

サイクリングロードの本線は、右土手下へと下っていくのですが、
下らずにそのまま土手の上を直進してください。

スロープ

すると国道122号線の岩槻街道の橋、新荒川大橋が見えて来るのですが、
その手前に土手下左へと向かうスロープが見えてきます。

桜

ソメイヨシノは散ってしまいましたが、
4月5日(木)現在、八重桜の一種、フゲンゾウが満開となっています。

岩淵橋

スロープを下ると、岩淵橋が見えてくるので、それを渡り、
突き当たりを、右手へと進みます。

スロープ

降りたら左に曲がり横断歩道を渡ります。

路地

そして、路地を入っていきます。

八雲神社

入ってすぐの所に八雲神社がありますが、そこの立て看板によると、
この付近は江戸時代に、岩槻街道の最初の宿場町、岩淵宿でした。
一般の旅人は日光街道を使い、北千住を宿場町としていたのですが、
徳川将軍は、岩槻街道を使って日光に向かっていたそうです。
そのため、将軍専用日光社参専用道路、日光御成道とも呼ばれました。
徳川家康の遺骸を、静岡の久能山東照宮から、
日光東照宮に移送する時に、初めて使われ、
そこから将軍の日光参りの道となったようです。

路地

その路地を進んで行き、正面にピンクの建物が見え、
銭湯の煙突が見てきたら、目的地は、もうすぐです。

銭湯

岩の湯は、男湯と女湯の間に、ペンキ絵の富士山が鎮座する
昔ながらの銭湯です。
営業時間は、15:30~24:00で、金曜日が定休日。
夏とか、ひとっ走りして、銭湯でスッキリというのもいいかもしれません。

アエル

そのすぐ近くに出来た待望のカフェが、アエル コーヒーストップ。
いろんな人に会えるという意味合いがあるようで、
この左隣に、ロードバイクのサイクルショップが出来る予定です。
となると、後楽園のリンズ・トーキョーのように、
自転車屋さんと、カフェが並ぶショップとなります。
自転車屋さんは、R-Factoryというお店で、5月にオープンの予定だとか。

自転車

今のところ、隣に自転車屋さんが入っていないので、
このように塀の中にも駐輪出来るし、お店からも見えるので安心です。

自転車屋

この付近は、古くからの長屋が多いのですが、
それだと高齢者しか住まないので、
思い切って一体をリノベーションして、
若者の集まる店舗を入れて、活性化しようという試みです。
左の建物の手前が、サイクルショップに。
その隣が、アエル・コーヒー・ストップで、
その右隣の建物は、今のところ空き店舗で、
月1ぐらいで、「宿場町まるしぇ」が開催され、
いろんなお店の出店で、賑わっているようです。
楽しそう!

ホットサンド

さて、この日、頂いたのは、カプチーノ550円と、ホットサンド、800円。
豆はオーストラリアから輸入しているそうで、
この日、そのコーヒー農園のオーナーが遊びに来ていました。
ラグビーとかやっていそうな、ごっつい人でした。
フレンドリーな若いご夫婦でやっているお店で、
いろいろ教えてくれました。

朝7時からやっているので、早朝サイクリングで朝活した後に、
寄っていく人も多いそうで、すでに週末にはサイクリストも多数。
前から、この付近にサイクリスト向けのカフェが出来ると、
絶対に人気になると提唱して来たので、
ついに出来たか!と、感動しております。

■アエル コーヒーストップ (AERU COFFEE STOP)
■東京都北区岩淵町15-8
■営業:7:00〜18:00
■定休日:水曜日
場所はこのへん
お店のfacebook

Pocket
LINEで送る

プチモンド(赤羽)

石神井川

中板橋で石神井川を超えて赤羽へ。
赤羽というと、「センベロ」というイメージの人も多いと思いますが。
実は、インスタ映えスイーツのスポットでもあります。

西口の「anzu to momo」は、出来てまだ1年なんですが、
開店と同時にインスタ映えスポットとなり、
お昼の12時オープン後すぐに、
人気メニューは3時には売り切れとなってしまいます。

同じく西口の豆電コーヒーは、プリンが人気で、
インスタ目当てで人が集中しすぎた為に、
一時期、プリンを止めて、撮影禁止にしたほどです。

プチモンド

そして、赤羽スイーツ御三家の1つが、
同じく西口にある、プチモンドです。
もともと人気があって混んでいましたが、
この日は行列が出来ていました。
「孤独のグルメ」に登場したり、
人気グルメライター平野紗季子さんの特集に登場したり、
直近では、テレビの食べ歩きで、織田信成さんが訪れ、
その影響で、行列が出来ている模様でした。

行列

9時開店(4月から10時開店)なのですが、
この日は平日にもかかわらず人が集中しすぎてしまった為、
途中で、一旦閉店。
その後、残りの食材等を確認したうえで、
2時から20人限定で、再オープンという事でした。
僕は、18番目。
40人ぐらい並んで、お店の人にここまでしか入れませんと、
後ろの人を帰したのに、知らない人がやって来て、また並び始めます。
再び、後ろが帰されたのですが、
それでも「二人ぐらいなんとなんじゃね?」と、
粘って並ぶカップル。
入店の時に断られていましたが。

看板

20名が入った後は、このように閉店のサインが出されます。
それでも、店内に入ってきて、
「せっかく来たのに、ダメ?」と、粘る人多数。
ご夫婦二人でやられているのですが、
この人気に完全にパニックになっていました。
運良く入れても、ここから待ちます。
ご主人一人で作っているので、
最初のお客さんの物から順番に作り、
18番目の僕のメニューが出て着たのは、ほぼ1時間後。
最初のお客さんが食べ終わって帰ると、
他の客が席を移らせろとか、わがままを言い出したりして、
見ていて、ちょっと気の毒な感じになりました。

パフェ

お目当てのフルーツサンドは、10人目ぐらいで売り切れだったので、
第2候補の、フルーツパフェを注文。
忙しい中、丁寧に作られた一品がこちら!850円。
旬のフルーツがふんだんにちりばめられ、
今年の初スイカは、このプチモンドとなりました。

僕が食べる頃には、オーダーも一段落し、
それまで必死の形相で作り続けていたご主人も、
穏やかな表情に戻っていました。

現在は、テレビ番組の影響などで、プチパニックになっていますが、
落ち着いたら、フルーツサンド、リベンジしたいなあ。
赤羽スイーツ恐るべし!

■プチモンド
■東京都北区赤羽台3-1-18
■営業:10:00~18:00(現在変則営業)
■定休日:木曜日、金曜日
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る