アエル コーヒーストップ (赤羽)

台風19号で水没した荒川サイクリングロード。どのぐらい回復したのか、まずは岩渕水門付近を観に行く事に。

その前に、岩渕水門近くのアエル コーヒーストップ にお邪魔して、腹ごしらえ&情報収集。

お隣の自転車ショップのR-factoryにあるサイクルラックには、アエルコーヒーとのダブルネームがプリントされているので、カフェのお客さんも使っていい模様。

木曜の平日お昼だから、お客さんはチラホラなものの、ご近所の若い美人ママ的な方々がちょくちょくいらして、店内にいると二子玉気分。

もしかして、このエリアって新しいお店とか増えてるんですか?と聞いてみると、古い住宅街だけに色々出店の制限が多く、新しいお店は出しにくいそうです。

ただ、出店してから知ったそうなのですが、岩渕水門がサイクリストの聖地になっているので、夏の朝はお店はサイクリストですぐに満席になるそうです。なので、朝の補給用の朝メニューも作ったのだそうです。

でも、やはり台風の15号、19号の被害が続いてから、ガクンと客足が落ちたとの事で、荒川サイクリングの影響は大きいと言っていました。

たまごサンド610円と、カプチーノ550円。

「たまごサンドは辛子を効かせますがだいじょぶですか?」と聞かれたので、OKに。上井草のサンドイッチ専門店カリーナもそうなのですが、ほんのりマスタードの効いたサンドイッチは、味が締まって好みの味です。ボリュームも満点で、大満足です。

■アエル コーヒーストップ (AERU COFFEE STOP)
■東京都北区岩淵町15-8
■営業:7:00〜17:00
■定休日:水曜日
場所はこのへん
お店のfacebook

さて、台風19号から、およそ10日がたちました。10月24日(木)の、岩渕水門付近の風景はこんな感じです。

遊歩道の所にどっさりと、流木とか枯れ草が堆積していました。

増水した水が、ここまで来たであろう爪痕。

赤水門の方に行ってみると、綺麗なのですが、ここは水没しなかったみたいですね。

水門を渡って島に行ってみると、かなりギリギリまだ水が来ていたらしいです。

当日は水没したであろう河原では、ピクニックしている人達の姿も。ここだけ見れば台風がウソのようです。

台風の時はあの青水門が閉じられた事で、隅田川流域が氾濫する事はありませんでした。

元々、荒川というのは、下流が隅田川で、よく氾濫していた為に、現在の荒川放水路というのを人力で掘ってそちらに水を流し、隅田川の氾濫を防ぐように治水されているのです。

この荒川放水路事業は明治44年(1911) に着手され、下流は畑や田んぼ、住宅街だった所を掘って川を作った訳で、八ッ場ダムとかスーパー堤防の比じゃない大工事だった訳ですよ。赤羽から下流の荒川は自然の川ではなく、人間が掘った川である事を覚えておいてください。

これより少し上流の彩湖や秋ヶ瀬公園のエリアも、荒川が増水した際に、水没させて貯水する為に作られたエリア。

こういう治水工事が行われてきたから、今回の19号で、荒川は決壊する事なく、氾濫を抑える事が出来たのです。

かつて「スーパー堤防はスーパー無駄」と笑いなら仕分けした議員がいましたが、予算だけで見るのではなく、100年に1度の台風が来てもいいように、きちんと仕組みをしった上で、治水を語る必要があると思います。

江戸川だって、首都圏外郭放水路という普段は見えない地下大神殿があったから、守られた訳ですし。今回、それが実証されましたね。

興味のある方は、岩渕水門脇の荒川知水資料館(アモア)で、荒川の治水の歴史などが、イラストや模型などで学べるので、ぜひ足を運んでみてください。月曜休館ですが、基本10:00~17:00で、入場料は無料です。

さて、岩渕水門付近のサイクリングロード。一生懸命泥などを取り除かれたようで、乾いた土埃はありますが、自転車で走る事は可能です。

水没したトイレも復旧され、トイレットペーパーも備えつけられ、使用出来るようになっていました。

トイレで下流から来たロードバイク乗りの方がいらしたので、下流の様子を聞いてみると、江北橋のあたりに泥があったので、土手の上を走りましたが、それ以外は、以前のように走れるとの事でした。

「海まで行けますよ」と言っていたので、下流のサイクリングは、江北橋あたりに気をつけて、行ってみましょう。

この後、戸田橋あたりまで、自転車で走ってみました。

ちなみ、台風翌日の岩渕水門の様子は、アエルコーヒーショップの隣りの自転車屋さん、R-factoryのブログに掲載されているので、そちらをみてください。かなり堤防ギリギリの満水だった事がわかります。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

アエル コーヒーストップ(赤羽)

岩淵水門

サイクリストの皆様!朗報です!
荒川サイクリングロード岩淵水門の近くにカフェが出来ました!しかも隣はロードバイクのお店になる予定!岩淵水門といえば、下流から来て、ここで折り返し。または、上流に行ってきて、帰りはここから一般道へ。など、サイクリングロードの休憩スポットとなっている場所です。前々から、この付近にチャリカフェがあればいいのにと思っていましたが、ようやく、そういう文化が花開きそうです。

荒川CR

では、その新しいカフェへの行き方です。カフェに行くには、この写真の見た目の背中側、つまり上流方面へと向かいます。

荒川CR

サイクリングロードの本線は、右土手下へと下っていくのですが、下らずにそのまま土手の上を直進してください。

スロープ

すると国道122号線の岩槻街道の橋、新荒川大橋が見えて来るのですが、その手前に土手下左へと向かうスロープが見えてきます。

桜

ソメイヨシノは散ってしまいましたが、4月5日(木)現在、八重桜の一種、フゲンゾウが満開となっています。

岩淵橋

スロープを下ると、岩淵橋が見えてくるので、それを渡り、突き当たりを、右手へと進みます。

スロープ

降りたら左に曲がり横断歩道を渡ります。

路地

そして、路地を入っていきます。

八雲神社

入ってすぐの所に八雲神社がありますが、そこの立て看板によると、この付近は江戸時代に、岩槻街道の最初の宿場町、岩淵宿でした。一般の旅人は日光街道を使い、北千住を宿場町としていたのですが、徳川将軍は、岩槻街道を使って日光に向かっていたそうです。そのため、将軍専用日光社参専用道路、日光御成道とも呼ばれました。徳川家康の遺骸を、静岡の久能山東照宮から、日光東照宮に移送する時に、初めて使われ、そこから将軍の日光参りの道となったようです。

路地

その路地を進んで行き、正面にピンクの建物が見え、銭湯の煙突が見てきたら、目的地は、もうすぐです。

銭湯

岩の湯は、男湯と女湯の間に、ペンキ絵の富士山が鎮座する昔ながらの銭湯です。営業時間は、15:30~24:00で、金曜日が定休日。夏とか、ひとっ走りして、銭湯でスッキリというのもいいかもしれません。

アエル

そのすぐ近くに出来た待望のカフェが、アエル コーヒーストップ。いろんな人に会えるという意味合いがあるようで、この左隣に、ロードバイクのサイクルショップが出来る予定です。となると、後楽園のリンズ・トーキョーのように、自転車屋さんと、カフェが並ぶショップとなります。自転車屋さんは、R-Factoryというお店で、5月にオープンの予定だとか。

自転車

今のところ、隣に自転車屋さんが入っていないので、このように塀の中にも駐輪出来るし、お店からも見えるので安心です。

自転車屋

この付近は、古くからの長屋が多いのですが、それだと高齢者しか住まないので、思い切って一体をリノベーションして、若者の集まる店舗を入れて、活性化しようという試みです。左の建物の手前が、サイクルショップに。その隣が、アエル・コーヒー・ストップで、その右隣の建物は、今のところ空き店舗で、月1ぐらいで、「宿場町まるしぇ」が開催され、いろんなお店の出店で、賑わっているようです。楽しそう!

ホットサンド

さて、この日、頂いたのは、カプチーノ550円と、ホットサンド、800円。豆はオーストラリアから輸入しているそうで、この日、そのコーヒー農園のオーナーが遊びに来ていました。ラグビーとかやっていそうな、ごっつい人でした。フレンドリーな若いご夫婦でやっているお店で、いろいろ教えてくれました。

朝7時からやっているので、早朝サイクリングで朝活した後に、寄っていく人も多いそうで、すでに週末にはサイクリストも多数。前から、この付近にサイクリスト向けのカフェが出来ると、絶対に人気になると提唱して来たので、ついに出来たか!と、感動しております。

■アエル コーヒーストップ (AERU COFFEE STOP)
■東京都北区岩淵町15-8
■営業:7:00〜17:00
■定休日:水曜日
場所はこのへん
お店のfacebook

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ