SLOPE (上井草)

和田サイクル

吉祥寺からの東京女子大通りが青梅街道にぶつかり、
すぐの所にあるのが、ミニベロの専門店「和田サイクル」
日本で一番ミニベロを売ると言わるお店で、
特にブロンプトンは、色やオプション、アクセサリーが充実しています。
今は買えないけど、ホントはブロンプトンも欲しいんですよねえ。
で、覗いてしまいました。

和田サイクルさんは、ミニベロの書籍も出しているので、
非常に専門的な事も相談出来ます。
ブロンプトンの8速化も、相談出来る数少ないお店です。
まあ、ブロンプトンの8速化を調べるような人は、
検索の時点でもう、和田サイクルにたどり着いていると思いますが。

公園

青梅街道から上井草方面に向かう途中に、
桃井原っぱ公園があります。
かつては、日産荻窪工場があった場所ですが、
その前は、中島飛行機の工場があり、
ゼロ戦のエンジンなどがこの場所で作られていました。
のんびりした風景から、ゼロ戦には結びつきにくいとは思いますが。

桜

ソメイヨシノが散ると皆、桜の事を忘れてしまいますが、
八重桜は4月の中旬から下旬が見頃です。
これ何の種類だろう?色からすると普賢象のような雰囲気ですが。
この公園のど真ん中で昼寝をしている人がいますが、
それほど、この日は天気が良く気温も高く、気持ちのいい日でした。
ゼロ戦を作っていた場所で昼寝が出来る、平和な時代です。

寺

さらに上井草方面に進むと、観泉寺があります。

今川

この付近は、杉並区今川という地名なんですが、
あの桶狭間の戦いで敗れた、今川義元の子孫にちなんでいます。
息子の今川氏真は、桶狭間後、徳川の傘下に入り、
さらにその息子、直房は、江戸幕府の元で忠誠を示しました。
その為、江戸時代に、杉並の領地を与えられ、ここで暮らしました。

寺

今川義元から3代目となる直房は、この観泉寺を今川家の菩提寺として、
今川一族の供養を行うようになりました。

もみじ

え?春なのに、赤いモミジがある!と調べてみたら、
ノムラモミジという品種のようです。
春の新緑の季節に赤くなり、
夏から秋にかけて緑となり、
秋には再び紅葉が楽しめるという、1年に2回楽しめるモミジです。
知らなかった。

墓

観泉寺を外から見ると、広い日本庭園でもあるのかと思いますが、
卒塔婆がちょこっと顔を出しているように、広い広い墓地です。
ちなみに、この観泉寺は、江戸時代に裁判所や刑場の役割も持っていて、
敷地の一角に処刑場がありました。
現代における、「大島てる」物件ですね。
そのため、刑場のあった場所は、現代でも家やビルを建てたがる人はいなく、
長らく駐車場になったままです。

坂

こうやって見ると、道の真ん中がへこんだ窪地になっていますが、
あそこはかつて、井草川が流れていた場所で、
今は、川に蓋のされた暗渠となっています。

僕は都市計画もマニアなんですが、こうしてブラタモリのように、
街に隠された歴史や秘密を探っていくのも好きです。

SLOP

さて、その井草川の坂道の上にあるカフェが、
坂道からその名がとられたSLOPE です。

看板

お目当ては、看板にもある桂ファームの卵プリン。
桂ファームは、埼玉県の入間にある養鶏場で、
埼玉農業大賞のグランプリを受賞した、人気の卵を生産しています。
自転車で狭山湖を抜けて、
八高線沿いに飯能に抜ける途中に、あるんだよねえ。

プリン

以前、何度か来て、プリンが売り切れだったので、
恐る恐る聞いてみると、あるとの事だったので、注文!
アイスカフェラテは、ラージで420円。
暑かったので、ゴクゴクと。
桂ファーム卵プリンも420円。
濃厚な味ですが、キャラメルもくどくなく、
とっても、後味がすっきりしたプリンです。
念願のプリン、ごちそうさまでした。

■SLOPE (スロープ)
■東京都杉並区上井草2-35-2
■営業:9:00~19:00
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のツイッター

Pocket
LINEで送る

cotito ハナトオカシト(西荻窪)

女子大通り

吉祥寺の帰りは、いつもと道を変えて、
いわゆる東京女子大通りへ。
交差点から100mぐらいは、拡張工事準備中で、
入り口から、都市計画マニアの心をくすぐられます。

東京女子大

「とんじょ」「ぽんじょ」「つだじゅく」「おちゃのみず」と、
名門女子大の一角を担う、東京女子大。
民放の女子アナといえば、慶応大学などミスコン系が多いですが、
NHKの女子アナが意外と多いのが、東京女子大です。
竹下景子さんも、東女で、才色兼備の代表とされたりしました。

自転車

この通称「東京女子大通り」は、ちょっと変わったお店が多く
この壁面に自転車が貼り付けられているのは、
ARROW TRADING 西荻窪店
1972年の創業以来オリジナル自転車を製作しているお店です。
フェッション誌で取り上げたり、
CMなどで使われたり、ちょっと変わった自転車が欲しい時に、
こちらにオーダーする人が多いようです。

ギャラリー

こちらも小窓が全開していて、
中に何かが見えるので、近づいてみたら絵でした。

ギャラリーカフェ

ギャラリーとカフェのDoodleで、
今年(2018年)の、4月にオープンしたばかりのようです。

続いては、花屋さんとお菓子屋さんとカフェが合体した
「cotito ハナトオカシト」です。
「伊集院光とらじおと」みたいな語感の店名です。

何度かカフェ本などでお見かけしていましたが、
営業日が変則的なので、なかなか入れずにいました。
人気のお店なのですが、ちょうどドッっと人が出た所だったので
ラッキー!と入る事にしました。

植物

花と言っても、いわゆる普通のお花というよりは、
サボテンだったり、多肉種だったり、なんか意味ありげな植物が。

店内

僕が入ってちょうど満席になったのですが、
女子に人気のお店で、次々にやってきます。
おっさんが一つテーブル占領して申し訳ない。
女の子達は、電話番号を伝えていき、
空いたら呼び出してもらうシステムです。

ケーキ

頂いたのは、果物と花のシロップのソーダ割り、650円と、
お花のパウンドケーキ。
インスタ映えスポットとしても人気で、
お花のクッキーを、買い求める人もひっきりなしに。
見事に男性客は、自分一人というカフェ羞恥プレイでした。

■コチト (cotito)
■東京都杉並区西荻北5-26-18
■営業:11:00~19:00
■定休日:不定休(営業日・要確認)
場所はこのへん
お店のサイト

駅的には、西荻窪なんですが、駅から10分以上離れた住宅街で、
空き待ちの女の子達も駅まで戻るわけにも行かず、
みんなセブンイレブンの前で待機してました。
そんな待っても入りたい、インスタ映えスポットです。

Pocket
LINEで送る