カフェ・ラパン(御徒町)

アメ横

年末の風物詩としてよくニュースでも映像が流されるアメ横。
新巻鮭や、数の子やイクラなど、おせちの材料を買い求める客でごったがえしてる。
これから、そんな映像が、幾度となく流れるでしょう。

アメ女ロケ地

また、今年は「あまちゃん」のアメ横女学園の舞台ともなったので、
今年を振り返る映像としても、登場する可能性が大です。

…と、まあ皆さんが知ってるアメ横はこんな感じでしょう。
テレビもそんな風にアメ横を切り取って映し出しますしね。

でも、実際に行ってみると、あまりの変わりように驚きます。

確かに高架下には魚や水産加工品を売るお店が並んでいるのですが、
その道を挟んだ向かいは、エスニック街になっていたのです。
立ち並ぶ小さな店は、ケバブにタコス、肉まん、小籠包など、
アジアのエスニックなグルメのお店がズラリ。
半屋台みたいな所で食事している人達も、
インドだとかフィリピンだとか、中国だとか、
観光客なのか、在住者なのかわからないけど、外国人だらけ。
外国語が飛び交っている訳ですよ。

この高架の反対側は洋服屋さんが立ち並んでいるのですが、
そこの店員さんは、黒人の方々がズラリと道に出て客引き。

ええっ!ここってもう外国じゃんって感じなのですよ。

日本の風物詩、年末ムードをあおるためにアメ横流す訳だから
カメラの切り取り方で、そういう映像は映らないようにすると思うけどね。
ただ、足を運べばわかります。
今は昔のアメ横とは違うってね。

ワイズロード

そんなアメ横を通り抜けて御徒町へ。
目指したのはワイズロードの上野ウエア館。

他のスポーツと違って、自転車のウエアって、
いろんなメーカーを一同に集めているショップって意外と少ないんですよね。
なので、いろいろ比較したい時は困ります。
今回は冬のウエアを下見しに、こちらへ。

自転車雑誌のカタログには色々載っているのですが、
実物がなかなか見られない。
メーカーによってサイズ感も違ったりするので、試着したいじゃないですか。

今の悩みは、チームジャージの下に何を着るのかという事。
春先や秋なら、アームカバーだとかで対応すればいいけど、
さすがに冬はダメでしょ。
みなさん、何を着て対応してるんでしょう?謎。

ラパン

ワイズロードの上野ウエア館の真向かいにあるのが、
カフェ・ラパン。
ショウウインドウからは、珈琲豆を自焙煎している様子が見えます。
ちょうど入る時には、女性店員の方がハンドピックで、
悪い豆を選別している所でした。

お!これなら珈琲が期待出来そう!

店内

店内は古きよき喫茶店という雰囲気。
でも懐かしさだけの昭和喫茶じゃなく、
長年珈琲専門店としてやってきました…という風情。
なんか誇りというか自信のようなものも感じます。

ホットドッグ

頂いたのは僕がお試しや比較の時によく頼むキリマンジャロ。500円。
すっきりしているので、雑味とかがないかとか、わかりやすいです。
自分の中で。

一緒に頂いたホットドッグは、350円。
シンプルながら旨い。
コーヒーと一緒に味わうなら、
ケチャップ&マスタードはあまりつけない方がいいかも。
パンの味を味わった方が、コーヒーとは合う気がします。
ケチャップ&マスタードは、コーラの時だね。

この界隈だとルノアールとか、大箱チェーンが目についちゃうけど、
路地裏にこんな名店があったとはね。
ワイズロードのおかげで、見つけたお店でした。

■カフェ・ラパン
■東京都台東区上野3-15-7
7:00~19:00(平日)
7:00~18:00(土曜)
■定休日:日祝日
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る