珈琲館 紅鹿舎(有楽町)

珈琲館 紅鹿舎

○○発祥のお店というのは、いろいろありますが、
今回は、ピザトースト発祥のお店を発見!

有楽町の日比谷シャンテのすぐ近く。
ガード下沿いにそのお店はありました。
珈琲館 紅鹿舎。

サンプル

昭和な喫茶店を思わせるショウウインドウのサンプル。
そこに「ピザトースト発祥のお店としてテレビで紹介されました」という案内が。

店内

こちらのお店、昭和32年(1957年)という老舗喫茶。
カフェというと若い店員さんがアルバイトしていたりするのですが、
こういう老舗では、ベテランさんが多いですね。
ウエイターの方も、手際がよかったりして。

ピザトースト

創業当時からのメニューというのが、ピザトースト。
ドリンクつきのセットで1250円と、少々お高め。
それは有楽町という一等地の場所柄でしょうか?
それとも老舗のプライドでしょうか?

創業当時からのメニューという事ですが、
まだピザ自体が一般的ではなかった時代、
ピザ生地をトーストで代用してみてはどうだろうかと考案されたそうで、
今風にいうと「ピザらず」みたいなもんですかね。

うちの近所にも、ピザトーストが名物の喫茶店「モカ」があるのですが、
そのルーツがこのお店だったとは。

■珈琲館 紅鹿舎 (コーヒーカンベニシカ)
■東京都千代田区有楽町1-6-8 松井ビル 1F
■営業:9:30~23:30
■定休日:無休
場所はこのへん

ピザトーストを頂いていると、
観葉植物で仕切られたお隣の席から、話し声が聞こえてきました。

50代ぐらいの、男女のお客さん。
会うのは20年以上ぶりらしい元彼と、元カノ。

男性は未婚だけど事実婚の内縁の妻がいるらしい。
女性は夫はいるけれど、うまく行っていないらしい。

そして目の前にいる2人は、忘れていた男、女が急速解凍されたように、
20年前にタイムスリップして、1人の男と女になっています。

ピザトースト発祥のお店で、恋は生まれるのか。
続きがきになりましたが、映画の時間がせまっていたので、
お店を後にしました。

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村