ストーン(有楽町)

銀座や日比谷、丸の内が再開発で新しく姿を変えてしまう中、昔ながらの姿が残るのが有楽町です。

その昔、お仕事をしていたニッポン放送は新しくなりましたが、その周辺は昔のまま。駅前のこのビルもその名は「有楽町ビルヂング」。丸の内の「丸ビル」も、建て替え前は「丸の内ビルヂング」だったのですが、建て替え後は「丸の内ビルディング」になりました。

1966年(昭和41年)に、有楽町ビルヂングが開業した時から続く喫茶店が「ストーン」です。

この裏手にあって、ニッポン放送時代はお世話になっていたリプトンはスタバに変わりましたが、ストーンは当時のままの姿です。

こちらのお店のオーナーの実家が石材店だったという事で「ストーン」と名付けられたようですが、御影石をふんだんに使ったデザインは当時のままなのですが、他のビルが全部今風だけに、逆に3周ぐらいまわって新しい感じです。

相当前なので、記憶もうろ覚えですが、建て替え前のTBSの喫茶ロビーも石を使った感じの、当時モダン、現代レトロな感じだったような気がします。

頂いたのは、フルーツサンド640円とコーヒー530円。

サンドされたフルーツはバナナとパインで、こちらもオシャレなのか、昔懐かしなのか、その人によってどちらにでも取れる感じ。パンが厚めでクリームたっぷりなので、食べようとするとクリームと一緒にバナナが押し出されてくるので、意外と食べ方もコツがいります。

多くのビルの建て替えで、有楽町の老舗喫茶で残っているのは、ピザトースト発祥のお店「珈琲館 紅鹿舎」、交通会館の昭和レトロな純喫茶「ローヤル」、閉店した「はまの屋」を復活させた「はまの屋パーラー」などがありますが、こちらのストーンも入れて四天王と言ってもいいのではないでしょうか?

■ストーン 有楽町ビル店
■東京都千代田区有楽町1丁目10-1 有楽町ビルヂング 1F
■営業:
8:00~20:00(月〜金)
11:30~18:00(土)
11:00~18:00(日)
■定休日:無休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

東京カレー屋名店会(有楽町)

新橋のSL広場と並んで、TVのインタビュークルーが多い有楽町の交通会館前の広場。手前の3人はTVクルーです。何のインタビュー撮ってるんでしょうか?

さて、TOHOシネマズ日比谷での山下達郎のシアターライブを観る前に立ち寄ったのが、有楽町丸井の地下にある東京カレー屋名店会。東京のカレーの名店の人気メニューを一店で食べられるお店で、自分にとって辛いカレーを食べたい時の定番店です。

こちらでの定番が、上野デリーのカシミール。こちらでの一番辛いメニューなので、毎度、「辛いですけど大丈夫ですか?」と聞かれますが、全然大丈夫。同じ「カシミールカレー」だったら、柏のボンベイの方が2倍ぐらい辛いんじゃないでしょうか?

そういえば、もうすぐ実写版のアラジンが公開されますが、ランプのような、このカレーの「グレイビーボート」や「ソースポット」を観ると、アラジンを思い出しますね。

アラジンといえば、ジーニーが歌う「フレンドライクミー」が人気です。アニメの日本版では声優の山寺宏一さんが歌っていて、こちらも人気。山寺さんとはもう何年も一緒にラジオの仕事をさせて頂いているので、番組後のご飯会で色々お話を聞いたりする事もあります。

ところで、ジーニーというとアニメのアラジンが人気すぎて、実写版のアラジンはアニメのフレンドライクミーと違うという人がいるのですが、よく考えると当たり前の事なんですけどね。

アニメのジーニーは、ロビン・ウィリアムズの吹き替えだから、声質、テンポ、キーなどもロビン・ウリアムズに合わせているから、ああいう仕上がりになったのであって、今回は、ウィル・スミスの声と歌に合わせて吹き替えをするので、全く違う物になります。ロビン・ウィリアムズは高音で、ウィル・スミスは低音なので、今回は低音のジーニー。

あくまでも吹き替えなので、歌の部分だけアニメのロビン・ウィリアムズになるのはおかしな事なんですが、アニメファンは、それでいいという人が多いんですね。もちろん、新たなウィル・スミス版の吹き替えを楽しみにしている人もいますけどね。

ちなみに、実写版フレンドライクミーの日本語版は、ウチの番組でたぶん日本発解禁させてもらったのですが、早く映像とマッチしている所を観たいです。山寺さんの芸達者ぶりは健在ですから。

■東京カレー屋名店会
■東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア B1F
■営業:11:00~23:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ