栗原コーヒー(羽根倉橋)

【ご報告】痔がが治りました。

芸能人の「ご報告」ネタでくだらない事をやってみたいと前々から思っていたのですが、マジネタで痔が完治したご報告です。

最近、全然ロードに乗らないなあと思っていた方もいると思うのですが、実は春先に痔になってしまい、その手術をした為に医者から自転車禁止令が出ていたのです。

痔と自転車は関係なくて、どちらかというとお酒の飲み過ぎが原因の痔瘻になり、自然治癒はないので、日帰り手術をしました。術後1ヶ月ぐらいしてから、ジョギングはOKだけど自転車はしばらく見合わせてくださいと言われ、7月いっぱいまで控えていたのですが、その後、猛暑〜台風でロードに乗る機会を失っていました。

11月になって今年初のロードバイク、荒川サイクリングロードです。

台風で水没し、分断されている荒川サイクリングロードの様子を確かめる為にリドレーで出かけました。今回は笹目橋から上流方面です。

笹目橋付近のサイクリングロードは泥の堆積などもなく快適でした。ただ、グラウンドの野球少年達は練習ではなく、グラウンドの整備でした。流れ着いた石などを拾い、流されたマウンドを構築するという作業。家族も作業の合間の水分補給など、サポートをしていました。

朝霞水門の所で休憩している自転車乗りに話しかけたら、下流に行って来た帰りで、戸田橋の浸み出し以外は快適でしたとの事。ただ、この辺から街に降りるらしく上流はわからないとの事でした。

朝霞水門を越えてすぐの場所、通常なら土手下なのですが走れるのか?それとも右岸の土手上を行ったらいいのか悩んでいたら、下からロードが何台か来たので、土手下に下る事にしました。

羽根倉橋までは、荒川サイクリングロードの泥なども綺麗に清掃され、河川敷のゴルフ場なども復活していて台風以前と変わらない感じ。

ただ、羽根倉橋の下で、車からドラムセットを降ろし叩いている人がいます。通常なら秋ヶ瀬公園の中央あたりが、野外ドラムの練習エリア。そこで「秋ヶ瀬公園」をTwitterで検索してみると「通行禁止」のツイートがいくつかあったので、本来なら左岸にわたる所を、わたらずに右岸を上流に向かう事にしました。

あ…河原は上流から下流をみて、右手が右岸、左が左岸です。

ところが、羽根倉橋付近の右岸は、工事中で土手の通行禁止。

そこで、看板に記されていた迂回路を使う事に。

土手を降りてまっすぐ行くとY字路が出て来ます。それを右折。

右折して、またすぐ右折すると水門が見えてきますので、そちらへ向かいましょう。

右岸土手上を羽根倉橋方面へ。下にも道があるのですが、通常は左岸の秋ヶ瀬公園を使うので、右岸は整備されていませんでした。

羽根倉橋手前で、河原にピンクの一帯があるのを発見。

土手下に降りてみると、水没したものの、その後見事に咲いたコスモス畑でした。葉っぱなどは結構枯れているのですがそれをも華を咲かせる生命力の強さ!

羽根倉橋は、上流側、左側の歩道が工事の為封鎖されていたので、右の歩道を。逆走した訳ではありません。

秋ヶ瀬公園は遊水池で、荒川が氾濫しないように、いざという時には水を溜める場所。なので、あのように水が漏れるように堤防が低く作ってある場所があります。

そういう意味で今回の水没は予定通りなのです。

羽根倉橋の上からみた秋ヶ瀬公園内の荒川サイクリングロード。このもうちょい先がカフェdo秋ヶ瀬といわれる自販機エリアです。まだ泥が堆積しています。

というのも、秋ヶ瀬公園は通行禁止になっているからです。反対エリアは通行禁止の標識が無かったらしく、迷い込んで、ここで出ようとして、通行禁止を知ったローディーがいたのですが、まだ中は泥だらけで走りにくいとの事でした。

閉ざされたゲートにも「閉門」のお知らせが!
本来なら、この後上流に向かい、西遊馬公園方面に行きたいのですが、途中倒木で通行できないとの情報があったので、近くのカフェで休憩する事に。

羽根倉橋の左岸、土手を降りた住宅地にあるのが、栗原コーヒー。

バイクラックも完備していて、秋ヶ瀬付近で休憩したい人達はこちらに立ち寄るようです。1年ブランクで、こちらの情報、キャッチ出来ていませんでした。

頂いたのは、トマトとモッツァレラのパニーニと、本日のコーヒー。コーヒーカップは好きな物を選べるシステム。

本日のコーヒーは、ドミニカのナチュラルフルーティー。「ナチュラル」好きの自分ですが、だいたいナチュラルとうたっているのはエチオピアが多いので、「ナチュラルってドミニカにもあるんですね」と聞いてみると、日本ではドミニカの豆自体が珍しいとの事。

とりあえず、西遊馬公園、指扇方面の足止めはくらったものの、羽根倉橋にカフェがあるのを知ったのは収穫ですね。

■栗原コーヒー (栗原coffee)
■埼玉県さいたま市桜区下大久保1168-3
■営業:10:00~18:00
■定休日:月曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

アエル コーヒーストップ (赤羽)

台風19号で水没した荒川サイクリングロード。どのぐらい回復したのか、まずは岩渕水門付近を観に行く事に。

その前に、岩渕水門近くのアエル コーヒーストップ にお邪魔して、腹ごしらえ&情報収集。

お隣の自転車ショップのR-factoryにあるサイクルラックには、アエルコーヒーとのダブルネームがプリントされているので、カフェのお客さんも使っていい模様。

木曜の平日お昼だから、お客さんはチラホラなものの、ご近所の若い美人ママ的な方々がちょくちょくいらして、店内にいると二子玉気分。

もしかして、このエリアって新しいお店とか増えてるんですか?と聞いてみると、古い住宅街だけに色々出店の制限が多く、新しいお店は出しにくいそうです。

ただ、出店してから知ったそうなのですが、岩渕水門がサイクリストの聖地になっているので、夏の朝はお店はサイクリストですぐに満席になるそうです。なので、朝の補給用の朝メニューも作ったのだそうです。

でも、やはり台風の15号、19号の被害が続いてから、ガクンと客足が落ちたとの事で、荒川サイクリングの影響は大きいと言っていました。

たまごサンド610円と、カプチーノ550円。

「たまごサンドは辛子を効かせますがだいじょぶですか?」と聞かれたので、OKに。上井草のサンドイッチ専門店カリーナもそうなのですが、ほんのりマスタードの効いたサンドイッチは、味が締まって好みの味です。ボリュームも満点で、大満足です。

■アエル コーヒーストップ (AERU COFFEE STOP)
■東京都北区岩淵町15-8
■営業:7:00〜17:00
■定休日:水曜日
場所はこのへん
お店のfacebook

さて、台風19号から、およそ10日がたちました。10月24日(木)の、岩渕水門付近の風景はこんな感じです。

遊歩道の所にどっさりと、流木とか枯れ草が堆積していました。

増水した水が、ここまで来たであろう爪痕。

赤水門の方に行ってみると、綺麗なのですが、ここは水没しなかったみたいですね。

水門を渡って島に行ってみると、かなりギリギリまだ水が来ていたらしいです。

当日は水没したであろう河原では、ピクニックしている人達の姿も。ここだけ見れば台風がウソのようです。

台風の時はあの青水門が閉じられた事で、隅田川流域が氾濫する事はありませんでした。

元々、荒川というのは、下流が隅田川で、よく氾濫していた為に、現在の荒川放水路というのを人力で掘ってそちらに水を流し、隅田川の氾濫を防ぐように治水されているのです。

この荒川放水路事業は明治44年(1911) に着手され、下流は畑や田んぼ、住宅街だった所を掘って川を作った訳で、八ッ場ダムとかスーパー堤防の比じゃない大工事だった訳ですよ。赤羽から下流の荒川は自然の川ではなく、人間が掘った川である事を覚えておいてください。

これより少し上流の彩湖や秋ヶ瀬公園のエリアも、荒川が増水した際に、水没させて貯水する為に作られたエリア。

こういう治水工事が行われてきたから、今回の19号で、荒川は決壊する事なく、氾濫を抑える事が出来たのです。

かつて「スーパー堤防はスーパー無駄」と笑いなら仕分けした議員がいましたが、予算だけで見るのではなく、100年に1度の台風が来てもいいように、きちんと仕組みをしった上で、治水を語る必要があると思います。

江戸川だって、首都圏外郭放水路という普段は見えない地下大神殿があったから、守られた訳ですし。今回、それが実証されましたね。

興味のある方は、岩渕水門脇の荒川知水資料館(アモア)で、荒川の治水の歴史などが、イラストや模型などで学べるので、ぜひ足を運んでみてください。月曜休館ですが、基本10:00~17:00で、入場料は無料です。

さて、岩渕水門付近のサイクリングロード。一生懸命泥などを取り除かれたようで、乾いた土埃はありますが、自転車で走る事は可能です。

水没したトイレも復旧され、トイレットペーパーも備えつけられ、使用出来るようになっていました。

トイレで下流から来たロードバイク乗りの方がいらしたので、下流の様子を聞いてみると、江北橋のあたりに泥があったので、土手の上を走りましたが、それ以外は、以前のように走れるとの事でした。

「海まで行けますよ」と言っていたので、下流のサイクリングは、江北橋あたりに気をつけて、行ってみましょう。

この後、戸田橋あたりまで、自転車で走ってみました。

ちなみ、台風翌日の岩渕水門の様子は、アエルコーヒーショップの隣りの自転車屋さん、R-factoryのブログに掲載されているので、そちらをみてください。かなり堤防ギリギリの満水だった事がわかります。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ