cafe arica(ときわ台)

arica

ときわ台にサイクルラックのあるカフェが出来たと情報を頂き、
さっそく行ってきました。
南口から線路に近い道を上板橋方面に向かい、
商店街が切れる所にお店はありました。
cafe arica

店内

この付近は、ちょっとさびれた感じの
居酒屋やスナックが立ち並ぶ一帯なんですが、
その中に突如として、オシャレなカフェが出現します。
夜は、飲めるダイニングという感じみたいです。
実は、一度前に来てみたのですが、
近所の奥様らしき人達で満席で、2度目の挑戦。

13時オープンだったので、きっかりに来たらまだ自分だけ。
今回は、セーフ。

炭酸水

セルフのお水は、フルーツが漬かった炭酸水で、
香りも口当たりも爽やか。

スリランカカレー

頂いたのはスリランカカレー700円と、
セットドリンクは200円引きになるので、
アイスラテ300円で、1000円ちょうど。

インドもタイも日本のカレーも周りに店があるので、
新たなに挑戦したという、スリランカカレー。

オイルや肉を使わず野菜とハーブ中心で、
お米も極細のインディカ米なので、
どっしりというライスという感じではありません。
カレーというより、サラダを頂いているような感覚。

境目を混ぜながら食べてくださいとの事で、
崩しながら頂くと、後味がスパイシー。
ルーという感じよりはドライカレーの感覚に近いですが、
確かにカレーです。
夏の食欲のない時なんかにピッタリのメニューです。

■カフェ アリカ (Cafe arica)
■東京都板橋区南常盤台2-3-12
■営業:13:00〜22:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のfacebook

ケストレル

ところで、バイクラックにあるこの自転車を見て、
ピンと来た人は、かなりの自転車好きですね。

ピンと来た人の為に、ここからはマニアックな話を。

こちらはご主人のバイクなんですが、
トライアストンで一世を風靡したケストレル500。
ご主人は、トライアストンをやっているので、
サイクルラックを置きたいと作ったのだです。
こちらのケストレルは、ハンドルをフラットに換装しているので、
競技用からの役目を終えて、街乗り用にされたのでしょうね。

ケストレル

この自転車は、ちょっと変わっていて、
ご覧の通り、シートポストがありません。
このバイクのデビューは、1992年なのですが、
風洞実験で、シートポストが無い方が優位である事が証明され、
多くのトライアスリートがこのバイクに乗るようになり、
一世を風靡しました。

かつてはロータスとか、
こんな感じの斬新なデザインのバイクが
タイムトライアルなどで、人気でしたが、
UCIの規定変更で使えないようになり、
管轄外のトライアスロンの世界で生き延びてきました。

単体の写真ではわからないと思いますが、
ロードバイクより一回り小さく、
一瞬、子供用?と思ってしまいました。
というのも、タイヤが650Cという今では珍しい規格。

最近では、700Cが標準になってしまったのですが、
これは大柄な欧米人を標準にした規格。
たぶん最低身長が、160ぐらいの設定。
ロードバイク女子が増えた日本では、
700CだとXXSサイズでも大きいという小柄女子は、
ミキストぐらいダウンチューブに角度をつけた
スローピングフレームに乗っている人多いですね。

その辺の苦労を面白おかしく書いたブログ
「あ、はい。安かったんで。」
小柄な女子でロードバイクを始めたい人は、
こちらを読んでみたらどうでしょうか?
じわじわ笑いがこみ上げてきます。

さて、マンガ好きの方で、お気づきの方いらっしゃいますでしょうか?
はい、こちらのケストレル500は、
マンガ「のりりん」で、主人の女性織田輪が乗っているバイクです。

女性が乗っていると、ライトウエイトスポーツカーのような、
カッコ良さがありますね。
マンガ読み返そうっと。

Pocket
LINEで送る

ルコックスポルティフィ アヴァン ハラジュク(原宿)

ルコック

また新たなチャリカフェの登場です!
ルコックの原宿店が、リニューアルオープンしていました。
あまりの様変わりに、最初ここだって気づきませんでした。
以前は、こんな感じでした。

それが、le coq sportif avant (ルコックスポルティフ アヴァン)として、
都市型生活者の、スポーツブランドの旗艦店に変更となりました。
デザインは、しまなみ海道サイクリングでおなじみ、
尾道市のサイクリングをコンセプトとした、
ホテル、カフェ、自転車ショップなどの複合施設、
ONOMICHI U2を手がけた、サポーズデザインオフィス。

カタログ

いかにもサイクルジャージとか、スポーツウエアというより、
自転車を降りてからも…を提案するスタイルに。
僕がインスタでフォローさせて頂いている女性も、
オシャレしながら、クロスバイクでカフェ巡りという方も増えつつあり、
こういうスタイルも芽を出しつつあるのかもしれません。

スタンド

店内にはバイクラックが2台分。
ここがふさがっていても、店内の窓際の方に置かせてもらえるそうです。
そして、アパレルだけでなく、
サイクリストや、各種スポーツをしている人に話題の、
小物などもセレクトショップ風に揃えられています。

ベル

例えば、サイクリストに、デザインが話題の
KNOG Oi のベルとか。

エッグショップ

お店には、ルコックの鶏マークにちなみ、
卵料理を扱う、エッグスタンドが併設されています。
料理を手がけるのは、代々木八幡のビストロ&カフェのPATH (パス) 。

たまごサンドから、プリン、クリームパンなど、
玉子を使ったメニューがいくつか。
そのうち、カヤバ珈琲のタマゴサンドとか、
有名店の人気玉子メニューとコラボするイベントなどやったら、
面白そうですね。

カフェ

頂いたのはクリームパン340円と、カフェオレ300円。
暖かくなってきたので、外のテラス席でも十分。
外観から、カフェかな?と覗きに来る人も多数います。
実際に、ロードバイクで来て、店内に止め、
カフェ利用していく人もいました。

まだ、オープンしたてですが、
カペルミュール渋谷も近いし、
徐々に人気のスポットになっていくんじゃないでしょうか?

■le coq sportif avant HARAJUKU(ルコックスポルティフ アヴァン ハラジュク)
■東京都渋谷区神宮前6-17-10 原宿アールビル1F
■営業:11:00~20:00
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

メンズ

ところで、こちらのお店、
アーバンスポーツみたいなコンセプトが打ち出され
まだオープンしたてなので、
本格的なサイクルジャージは、店の奥に男性のが少しあるぐらいです。
ただ、やっぱり自転車乗りは、そこを見に来るそうで、
サイクルジャージコーナーも出来るでしょうね。
だって、一カ所で済ませたいじゃないですか。

ルコックは、世界のサイクルジャージのトレンドでもある
シンプルな方向性に舵を切っているので、
最初の一枚にでもオススメなデザインの物が多数。

こちらも、フランスのナショナルジャージっぽいデザインですね。

レディース

女性サイクリストで、ルコックを着ている人もよく見かけるのですが、
シンプルにオシャレに、かつスポーティーにという人が多いですね。

>ルコック (le coq) レディース UVソフトメッシュジャージL QC-746471 [分類:サイクリング サイクルウェア] 送料無料【05P04Feb17】【P04Feb17】

価格:5,443円
(2017/3/30 19:58時点)
感想(0件)

女性ビギナーでサイクルジャージに悩む人多いですが、
これなんか6千円切っていてお手頃ですし、
シンプルで色々合わせやすそうじゃないですか?
最初の一枚にオススメです。

キャットストリート

このルコックの裏手は原宿のキャットストリートなんですが…。

マンハッタンポーテージ

ほぼ真裏にあるのが、メッセンジャーバッグの
マンハッタンポーテージ。
ルコックが提案する都市型のサイクルライフに親和性あるかも。

WISM

この近くには、ストリート系アパレルのWISMがあるのですが、
なんとお店では、レンタサイクルもやっているのです。
ジャパンメイドの逸品
「Hill Cheater(ヒルチーター)」の電動アシスト自転車。

レンタサイクル

すぐ近くの、ルコックやマンハッタンポーテージ、カペルミュール。

表参道から外苑西へ向かえば、
ブリジストンのRATIO &C、シマノのオーブ、
サイクルアパレルのパンダーニ、
フレームビルダーのケルビム、
自転車ショップの成島フレンド。

北参道のナリフリ、rapha、盆栽自転車店、
自転車のお守り、鳩の森神社。

頑張れば徒歩でも回れる圏内に、
これだけの自転車関連ショップが!

青山から原宿は、本格的に自転車タウンになってきましたね。

竹下通り

完全に余談ですが、
この日は渋谷で打ち合わせがあった後、
次の現場に行く合間に、こうして原宿巡り。
これ、平日の昼2時ですよ!
なんですか!この竹下通りの人混みは!

Pocket
LINEで送る