かるまる池袋(池袋)

池袋の西口に出来た、関東最大級のサウナに行って来ました。ロサ会館の裏手にある「かるまる池袋」。

「かるまる」とは「湯につかる」と「泊まる」から作られた言葉で、元々ここにあったカプセルホテルを大改装して作られました。

サウナ好きならわかる、東口の「タイムズスパ・レスタ」に対し、西口の「かるまる」。ただし、レスタが男女OKでモデルさんみたいなサウナ女子もいるのに対し、かるまるは、男性専用です。

2019年12月3日にグランドオープン。初日には行列も出来たし、店内も混雑したそうです。この日も、平日の18時に入館したのですが、すでに仕事帰りのサラリーマンでいっぱいでした。

12月中はオープン記念で、2,980円が、2,480円に。

エレベーターで6階まであがったら、靴箱に靴をいれ、そのシューズロッカーの鍵が全ての鍵を兼用します。まずは改札のようなゲートに鍵をタッチして入館。その後、館内着を受け取ってロッカーへ。ロッカーは空いている所を使うスタイルで、どこを使ってもかまいません。

そして着替えて館内着のまま9階の浴場へ。浴場にも館内着用の小さな鍵付きロッカーがあるので、スマホなども持って行っても大丈夫です。

タオルは浴場前に山ほど積まれているので、そちらを使いましょう。

お店のサイトから画像拝借。

4つのサウナと、4つの水風呂があるのですが、メインは岩サウナ。定員25名のサウナで、こちらでアウフグースなども行われるのですが、時間の時に早めに行かないとすぐに満室になります。あと、通常の時も仲間と来ている人が多いので、おしゃべりでうるさいです。

この日は、19時のアウフグースに参加出来たのですが、座るなら3段目がオススメ。5段目などの上段は天井などの関係で、タオルは勢いよく振れないようでした。

サウナ好きが多い為か熱波師が「今日はカモミールのアロマ水です」と焼けた石にかけると、「香りがいいーー」とか、皆さん、結構騒ぎます。

静かなサウナが好きな方は、ケロサウナがオススメ。9名入れるサウナで、BGMなし。セルフロウリュで、焼けた石の音を聞きながら、静かに過ごします。と、言ってもサウナマニアが来ると、相変わらずうるさいですが。

立って入る蒸サウナは、立って焼く日サロのカプセルみたいなのに入るので、閉所恐怖症はつらいかも。薪サウナは、まだオープン出来ていませんでした。

水風呂は9度のシングルがありますが、アウフグースの後は、一斉に入って来るので温度があがってしまうようです。ズラして入った方が吉。

大浴場の中にも整いチェアーはありますが、笹塚のマルシンスパのように9階のベランダにもあります。また屋上にもあるので、天気の良い日には、そちらも良さそうです。

レストランは手元のタブレットで注文するタイプ。まだバイトのシフトなども確立してないようで、オペレーションが落ち着くのは、もう少しでしょう。

休憩室は、ブックホテルのように本棚にベッドが組み込まれている所と、通常のリラックスチェアも。

人気の施設誕生で、サウナ好きが殺到中。12月中は少し安いですが、可能であれば平日の方がいいかもしれませんね。

■かるまる池袋
■東京都豊島区池袋2丁目7−7 6階
■営業:11:30~翌10:00
■定休日:年中無休
場所はこのへん
公式サイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

グローバル リング カフェ(池袋)

池袋西口公園がリニューアルされて「GLOBAL RING」という愛称の劇場型公園に生まれ変わっていました。

「GLOBAL RING」とは、池袋の地名の由来ともなった「丸池」にちなみつつ、情報発信と観光案内機能を備えた発信拠点として作られたのです。

池袋ウエストゲートパークの舞台で、喫煙所があったせいですさんでいた西口公園が、オシャレになっていました。

円の中心には噴水があり、時間ごとに噴水ショーが行われます。

また「グローバルリングシアター」というステージも備え、クラシックから演劇、ダンスなどのライブやイベントにも対応。周りを取り囲む柱にはスピーカーも埋め込まれ、ステージのPAとも連動しています。

またステージ上部のモニターは、噴水ショーと連動しVJのような役割を果たします。

以前、ここにあったステージでは民謡とかハワイアンとか高齢者向けのイベントが多かったですが、東口がアニメ色を強めているので、西口はダンスとか、ストリートミュージシャンに開放するようなイベントをやった方が、今時の文化が生まれそうな気がします。

ただ、こういう立派なのを作ると、敷居を高くしてしまって、機動性が悪くなりがちなんですけどね。

さらに公園の一角にはカフェも出来ていました。それが「グローバル リング カフェ」。

南池袋公園の「公園+カフェ」の成功から来ているんでしょうね。中池袋公園にはアニメイトカフェが出来たし、池袋はそれぞれの公園の色にあったカフェで構成されていくのでしょう。

西池袋は、外国人向けの観光発信基地の色合いでした。各国語のパンフレットもあるし、池袋紹介の映像も流され、ディープだった西口が、グローバルにむけて一歩踏み出しました。

カプチーノは440円。たぶんエコの為にプラスチックの蓋を、紙の蓋に変えているのですが、正直飲みづらいです。逆に普通は段ボール風のスリーブが巻かれるハズなのに、ビニール成形のスリーブになっている謎。これも紙にすべきだったのでは?

ただ、かつての南池袋公園がホームレスの隠れ家だったのに、リニューアルでファミリーの拠点となったように、カップ酒と喫煙者のたまり場だった西口公園にたたずむ人達の客層が、印象良くなったような気がするのは、最初の一歩かもしれませんね。

音楽や演劇の発信基地となっていく事を祈りたいと思います。

■グローバル リング カフェ (GLOBAL RING CAFÉ)
■東京都豊島区西池袋1-8-26 池袋西口公園内
■営業:7:00~23:30
■定休日:無休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ