ストーン(有楽町)

銀座や日比谷、丸の内が再開発で新しく姿を変えてしまう中、昔ながらの姿が残るのが有楽町です。

その昔、お仕事をしていたニッポン放送は新しくなりましたが、その周辺は昔のまま。駅前のこのビルもその名は「有楽町ビルヂング」。丸の内の「丸ビル」も、建て替え前は「丸の内ビルヂング」だったのですが、建て替え後は「丸の内ビルディング」になりました。

1966年(昭和41年)に、有楽町ビルヂングが開業した時から続く喫茶店が「ストーン」です。

この裏手にあって、ニッポン放送時代はお世話になっていたリプトンはスタバに変わりましたが、ストーンは当時のままの姿です。

こちらのお店のオーナーの実家が石材店だったという事で「ストーン」と名付けられたようですが、御影石をふんだんに使ったデザインは当時のままなのですが、他のビルが全部今風だけに、逆に3周ぐらいまわって新しい感じです。

相当前なので、記憶もうろ覚えですが、建て替え前のTBSの喫茶ロビーも石を使った感じの、当時モダン、現代レトロな感じだったような気がします。

頂いたのは、フルーツサンド640円とコーヒー530円。

サンドされたフルーツはバナナとパインで、こちらもオシャレなのか、昔懐かしなのか、その人によってどちらにでも取れる感じ。パンが厚めでクリームたっぷりなので、食べようとするとクリームと一緒にバナナが押し出されてくるので、意外と食べ方もコツがいります。

多くのビルの建て替えで、有楽町の老舗喫茶で残っているのは、ピザトースト発祥のお店「珈琲館 紅鹿舎」、交通会館の昭和レトロな純喫茶「ローヤル」、閉店した「はまの屋」を復活させた「はまの屋パーラー」などがありますが、こちらのストーンも入れて四天王と言ってもいいのではないでしょうか?

■ストーン 有楽町ビル店
■東京都千代田区有楽町1丁目10-1 有楽町ビルヂング 1F
■営業:
8:00~20:00(月〜金)
11:30~18:00(土)
11:00~18:00(日)
■定休日:無休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

珈琲専門店 エース(神田)

新橋は良く行くのに、同じサラリーマンの街、神田はあまり縁の無かった街です。というより、周辺の神保町、秋葉原、日本橋に直接行ってしまい、中心部の神田に直接用事があって足を運ぶ事がありませんでした。

今回は、こちら目的でやって来ました。老舗喫茶の名店、エースです。純喫茶本、パンの企画の一つのサンドイッチ特集で、必ずと言っていいほど掲載されているお店にもかかわらず、抜け落ちていました。

谷中、カヤバ珈琲の「たまごサンド」だったり、鶯谷、デンの食パンをくり抜いてグラタンをつめた「グラパン」だったり、かなり初期に攻めているのに、このエースがぽっかりと抜け落ちていた訳です。

こちらの名物メニューは左上!「のりトースト」170円です。

トーストとバターまでは定番なのですが、そこに海苔を挟んだ不思議な逸品。のり弁をヒントに、ご飯をパンに変えて作ったというのですが、不思議な甘塩っぱさがあります。昭和だとこの味なんでしょうけど、令和になるとオッサンの自分にも少ししょっぱめ。だけど、嫌な感じはしません。

ただし、昭和な喫茶店らしく全面喫煙可。お隣の席はまだ加熱式たばこだったので、なんとか大丈夫だったのですが、一つ飛ばした席では、雑誌の編集者らしい女性が、ヘビースモーカー。

昭和な喫茶店は好きですが、嫌煙家なので、来年の4月の都内の飲食店全面禁煙化を待ち遠しく、今は我慢の時期を送っております。

■珈琲専門店 エース
■東京都千代田区内神田3-10-6
■営業
7:00~18:00(月〜金)
7:00~14:00(土)
■定休日:日曜・祝日
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ