東京カレー屋名店会(有楽町)

有楽町

お盆の帰省客を乗せた新幹線を見送りました。
ただ僕の場合、帰省というと東北新幹線であり、
乗るだけで郷愁がこみ上げてきますが、
東海道新幹線は旅行で使うのみなので、
どちらかというと、ワクワクを乗せて走る電車です。

さて、お盆休みも取れずにいますが、
旅行や帰省出来ない人達の為に、
各県のアンテナショップが集まっているのが、有楽町です。
自分の担当している番組で、
3時のおやつに全国の銘菓を食べるというコーナーがあり、
その買い出しにやってきました。

駅前の交通会館だけでも、かなりの県のショップが入っていて、
皆さんお忘れかもしれない、カーリング女子のもぐもぐタイムで、
一躍話題となったチーズケーキ「赤いサイロ」が
東京で唯一売られているのが、交通会館の「どさんこプラザ」です。
そんな事もあったなあとお思いでしょうが、
今も入荷すると瞬殺で売り切れる人気商品。
あったら北海道のお菓子として番組で試食会するつもりなのですが、
未だに買えていません。

全国銘菓というと、池袋西武、東武にも、
各県のお菓子を扱うコーナーがあるのですが、
今回扱う、石川県のお菓子は無かったので、
有楽町からすぐの銀座一丁目の
いしかわ百万石物語・江戸本店」に行ってきました。

イトシア

その帰りに寄ったのが、有楽町のイトシア。
有楽町には全国の物産が集まるアンテナショップがあると言いましたが、
こちらには、東京の有名カレーを、一軒で味わえるという
カレーミュージアム的なお店があるのです。

東京カレー名店会

地下一階の、東京カレー屋名店会というお店。
実は、昨年で10周年を迎えたお店で、意外と歴史があり、
かつては池袋西武にもお店があったようですね。
全然知らなかったのですが。

現在は、神保町の「エチオピア」「カーマ」「ペルソナ」
湯島の「デリー」、三宿の「ビストロ喜楽亭」と
5店舗のカレーを食べる事が出来ます。
このお店への加盟店は、もっとあるので、
もしかしたら、期間を区切ってローテンションしているのかも。

2店盛り

頂いたのは、2店舗のカレーのハーフ&ハーフが楽しめる2店舗盛りで、
エチオピアのチキン450円と、デリーのカシミール510円で、計960円。
手前が、デリーのカシミールで、
お店の方にも「辛いですよ」と言われましたが、
柏のボンベイのカシミールも食べているし、
江古田プアハウスの極辛カレーに慣れているので大丈夫。
自分的には、豊島園・食堂八のチキンカレー、
あれが、舌先が痺れるほど辛くて、最近では一番辛かったかな。
エチオピアのチキンは、味に深みがあって自分好み。

食べていて思ったのですが、これだけカレー食べ歩いていて、
自分好みの名店会を作るとしたら、
江古田「プアハウス」、上石神井「ふんだりけ」、要町「かえる食堂」
豊島園「食堂八」、高円寺「青藍」かなあ?今のところ。
まだまだ気になるお店ありますが、今のところの暫定ベスト5です。

■東京カレー屋名店会
■東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア B1F
■営業:11:00~23:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る

さぼうる2(神保町)

神保町

なんか面倒くさい事に首を突っ込んじゃったなあ。
仕事でも無いのに、一生懸命調べてる。
「ピラフ」って何が正解なのの?って事を。
仕事場でまわりのスタッフに聞くと、
もう何年も食べてないという人が多く、
食べても困った時の冷凍食品という人も多いです。
学生時代は、喫茶店でピラフばっかり食べてたんですけどねえ。
なんて人は、最近は全然食べてなくて、
ピラフは、思い出の中にしか存在しない、幻の食べ物になっていました。

同じく昭和なメニューのナポリタンは、
「ナポリタンは旨すぎちゃダメ!」なんて、
不思議な思い出補正をかけられて、生き延びて来ましたが、
昭和教を脱会したら、補正が消えて、
マジで、だいたいのナポリタンは不味いです。
ぶよぶよのナポリタンが旨いは、洗脳ワードです。
固め、アルデンテなナポリタンの方が絶対旨いから!

じゃあ、学生時代あれだけ食べたピラフは、
なんで今、絶滅危惧種になっているの?という疑問にたどり着く訳です。

さぼうる

吉祥寺の喫茶店「ロゼ」のピラフは、
元々洋食屋さんのご主人がつくっているだけに、
「旨いピラフあるじゃん!」と、
早いうちにこの問題も終結すると思っていたのに、
その後、ぱったりと旨いピラフに当たらなくなってしまいました。
え?あれ以外で旨いピラフは無いの?
そこで、昭和喫茶の本丸、神保町にやってきた訳です。
ここなら懐かしの昭和メニューが、存在し続けているだろうと。
やって来たのは、ナポリタンで有名な「さぼうる2」です。

ピラフ

ちょっと、先に運ばれて来たサラダを見た時に、ヤバいなあと思いました。
シェフの気まぐれサラダならぬ、やっつけサラダだ!
付け合わせのサラダに手を抜く店は、ダメ説を唱えていますが、
嫌な予感が当たりました。
味付けも薄く、一緒に出された塩をかけてちょうどいいぐらい。
薄味派の自分がですよ。
「昭和」ってワード、マジで色んなダメを、誤魔化してしまっているなあ。
食べたいピラフは、コレジャナイ!
見た目はなんとなく美味しそうに見えるのが、不思議です。

■さぼうる2
■東京都千代田区神田神保町1-11
■営業:8:30~22:00
■定休日:日曜日
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る