さぼうる2(神保町)

神保町

なんか面倒くさい事に首を突っ込んじゃったなあ。
仕事でも無いのに、一生懸命調べてる。
「ピラフ」って何が正解なのの?って事を。
仕事場でまわりのスタッフに聞くと、
もう何年も食べてないという人が多く、
食べても困った時の冷凍食品という人も多いです。
学生時代は、喫茶店でピラフばっかり食べてたんですけどねえ。
なんて人は、最近は全然食べてなくて、
ピラフは、思い出の中にしか存在しない、幻の食べ物になっていました。

同じく昭和なメニューのナポリタンは、
「ナポリタンは旨すぎちゃダメ!」なんて、
不思議な思い出補正をかけられて、生き延びて来ましたが、
昭和教を脱会したら、補正が消えて、
マジで、だいたいのナポリタンは不味いです。
ぶよぶよのナポリタンが旨いは、洗脳ワードです。
固め、アルデンテなナポリタンの方が絶対旨いから!

じゃあ、学生時代あれだけ食べたピラフは、
なんで今、絶滅危惧種になっているの?という疑問にたどり着く訳です。

さぼうる

吉祥寺の喫茶店「ロゼ」のピラフは、
元々洋食屋さんのご主人がつくっているだけに、
「旨いピラフあるじゃん!」と、
早いうちにこの問題も終結すると思っていたのに、
その後、ぱったりと旨いピラフに当たらなくなってしまいました。
え?あれ以外で旨いピラフは無いの?
そこで、昭和喫茶の本丸、神保町にやってきた訳です。
ここなら懐かしの昭和メニューが、存在し続けているだろうと。
やって来たのは、ナポリタンで有名な「さぼうる2」です。

ピラフ

ちょっと、先に運ばれて来たサラダを見た時に、ヤバいなあと思いました。
シェフの気まぐれサラダならぬ、やっつけサラダだ!
付け合わせのサラダに手を抜く店は、ダメ説を唱えていますが、
嫌な予感が当たりました。
味付けも薄く、一緒に出された塩をかけてちょうどいいぐらい。
薄味派の自分がですよ。
「昭和」ってワード、マジで色んなダメを、誤魔化してしまっているなあ。
食べたいピラフは、コレジャナイ!
見た目はなんとなく美味しそうに見えるのが、不思議です。

■さぼうる2
■東京都千代田区神田神保町1-11
■営業:8:30~22:00
■定休日:日曜日
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る

ディゾン (水道橋)

ディゾン

最近、気になっているメニューの一つがトーストですが、
インスタでトーストの写真でよく登場するお店が、
水道橋にあるDIXANS(ディゾン)です。
DIXANSとは、フランス語で10歳の事。
武蔵小山のパティスリー「ドゥ ボン クーフゥ」が、
10周年を迎えたのを記念して作られたカフェです。

店内

店内は細長く、お店の中程にあるカウンターで、
先に注文してお金を払うと、席まで持ってきてくれるシステムです。

テーブル

奥には大きなテーブルがあり、
店内にはフリーWi-Fiも飛んでいて、コンセントもあるので、
ノマドに優しいお店となっています。

ところで、最近、テレビを見ていて気になっている事があります。
若いコ達が、食事の事を話す時に、
「机で食べる」というような発言を何度も耳にしています。
いやいや!食卓はテーブルで、仕事や勉強するのが机でしょ!
常識だと思っていたのですが、机と発言するコ、結構います。
食卓や、テーブルを囲んで食事をするとはいいますが、
机を囲むとは言わないでしょ!
自分の番組だったら、絶対に注意するけど、なんでスルーなんだろう?

トースト

小ぶりながら厚めのパンを十字に切り、その真ん中にバターをひとかけら。
いわゆるインスタ映えするトーストに、かわいいラテアート。
トーストドリンクセットは、800円です。

さて、気になるのはトーストの焼き具合です。
自分は焼きすぎでない、いわゆるカリっとするまで焼かないトーストが、
今の主流なのでは説を唱え、
実証する為にこの人気店に来たかったのですが、
見た目はこんがりしていますが、さて、どうでしょう?
四つ切りの一切れを取り出して、食べてみると、
やっぱり表面だけ、薄皮一枚ぐらいの食感で、サクっとしますが、
あとはふんわり、もちもち。
実に繊細な焼き具合です。

TVで、トーストはパリパリに焼くのを、さも主流派のように言っていたので、
「え?」と思っていたのですが、
こちらも、「サクっとしっとり、もちもち」。
やっぱり、あの人達の言っていたトーストは、焼きすぎなんだって!
このトーストを食べて「ほら!やっぱりな!」と、
こっち側に一票入った気分で、ちょっと嬉しかったです。

■ディゾン (DIXANS)
■東京都千代田区西神田2-7-11 北村ビル 1F
■営業:
8:00~19:00(月〜金)
11:00~17:00(土日祝)
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る