ちひろ美術館・えほんカフェ(上井草)

ちひろ美術館

人が癒やされたり、回復する場所をパワースポットと呼びます。
それは通常、水しぶきがあがる滝があったり、霊気を放つような巨石があったり、自然の中の場所を指すことが多いのですが、神社など信仰の対象となる場所も、そう呼ばれたりします。
僕は美術館も、その一つなんじゃないかと思うのです。上井草にある「ちひろ美術館」に来ると、なんだか癒やされるのです。

プロジェクション

今年は、いわさきちひろ生誕100年という事で、期間を変えて、様々なアーティストとのコラボ展示が行われているのですが、
こちらは映像アートのplaplaxとのコラボで「あそぶ」。
「いわさきちひろ」の作品は撮影禁止なのですが、コラボの映像は、カメラOKマークがあり、撮影可。

ちひろの作品が映し出されるプロジェクターの前に立つと、自分の影が、その中に投影され、作品の中に入る事が出来るのです。子供と一緒に映し出されている白い大人は、カメラを構えた僕。ボクと書くと、でんぱ組.incだった、最上もがさんぽくて違和感。最初から自分って書けば良かった。

絵の具

こちらは、画材道具に手で触れると、色が広がるという作品。

絵の具

この絵の具も天井からのプロジェクションマッピングで、パレットを触ると、このように絵の具が浮き出して来ます。

絵の具

こちらの小さなパレットからは、子供の姿が浮き出してきました。
手で触れて遊ぶうちに、いつしか童心に戻り、そんな気持ちで、子供達の絵を見るという仕掛け。いろんな絵が浮き出し、次は何だろう?と触っているうちに、無心というか、雑念が消えて、自分で言うのもなんですが、ピュアな気持ちになっていきます。

部屋

穏やかな気持ちになって、館内を回っていると、特別展示で、ちひろの絵の描かれた遊具があり、子供達が遊んでいました。
すると、3才ぐらいの男の子を連れたママに、写真を撮って欲しいとお願いされたのです。
そこで、黄色の部分の壁側に、親子を座らせて、絵の中に溶け込むように、写真を撮りました。
「これでどうでしょう?」と確認してもらうと、「わー!素敵!」と、凄い喜んでくれたのです。なんか、いいことした気がして、こちらまでいい気分に。やはり、ちひろ美術館は、癒やされパワースポットなんだなあ。

この体験があったから、海浜幕張からの仕事帰り、京葉線に舞浜から乗ってきたTDL帰りの親子、遊び疲れてグッタリしている子供をだっこしたお父さんに、席を譲ったら、メチャメチャ感謝されました。
こういう事を照れずにすんなり出来るスイッチを、ここで入れてもらっていたんだと思います。

庭

実は、この美術館で一番好きなのは2階にある図書室です。
来館した方がノートに思いを綴った「ひとこと ふたこと みこと」というノートがあります。大学ノートを辞書風のバインダーでまとめた物なのですが、多くの人が、何かに迷ったり、上手く行かない時、ここに来ると、リセットされるという事を書いています。

今回目に止まったのは、女子大生と思われる方の書き込み。

最近、ずーっと疲れてて、バイトとか学校で色々あって、人のことを思う優しさなんて、忘れてしまって自分本位になって、やさしくなれたらいいけど、そんな事出来そうにもない。

だけど、ここに来るたびに思う事は、明日の朝、目が覚めたら、笑ってみんなに「おはよう」って挨拶が出来そうだって事。そして、今なら、大好きなあの人の結婚を祝福できそう。
ちひろさんの絵って不思議ですね。

前回来た時に見つけたのは、こんな書き込み。
みんなが優しい気持ちになって帰って行きます。

館内にある、えほんカフェでお茶をしながら、さらにまったりと。

ババロア

いちごのババロアと、ドリンクセットで、780円。
ちひろが大好きだった「新宿 すずや」のいちごのババロアを、60年前のレシピをもとに「上井草カランドリエ」のパティシエ指田さんが再現したメニューです。

■ちひろ美術館・えほんカフェ
■東京都練馬区下石神井4-7-2
■営業:
9:00~17:00(美術館)
10:30~17:00(カフェ)
■休館日:月曜
■入場料:
大人800円、
高校生以下無料
場所はこのへん
公式サイト

Pocket
LINEで送る

SLOPE (上井草)

和田サイクル

吉祥寺からの東京女子大通りが青梅街道にぶつかり、すぐの所にあるのが、ミニベロの専門店「和田サイクル」日本で一番ミニベロを売ると言わるお店で、特にブロンプトンは、色やオプション、アクセサリーが充実しています。今は買えないけど、ホントはブロンプトンも欲しいんですよねえ。で、覗いてしまいました。

和田サイクルさんは、ミニベロの書籍も出しているので、非常に専門的な事も相談出来ます。ブロンプトンの8速化も、相談出来る数少ないお店です。まあ、ブロンプトンの8速化を調べるような人は、検索の時点でもう、和田サイクルにたどり着いていると思いますが。

公園

青梅街道から上井草方面に向かう途中に、桃井原っぱ公園があります。かつては、日産荻窪工場があった場所ですが、その前は、中島飛行機の工場があり、ゼロ戦のエンジンなどがこの場所で作られていました。のんびりした風景から、ゼロ戦には結びつきにくいとは思いますが。

桜

ソメイヨシノが散ると皆、桜の事を忘れてしまいますが、八重桜は4月の中旬から下旬が見頃です。これ何の種類だろう?色からすると普賢象のような雰囲気ですが。この公園のど真ん中で昼寝をしている人がいますが、それほど、この日は天気が良く気温も高く、気持ちのいい日でした。ゼロ戦を作っていた場所で昼寝が出来る、平和な時代です。

寺

さらに上井草方面に進むと、観泉寺があります。

今川

この付近は、杉並区今川という地名なんですが、あの桶狭間の戦いで敗れた、今川義元の子孫にちなんでいます。息子の今川氏真は、桶狭間後、徳川の傘下に入り、さらにその息子、直房は、江戸幕府の元で忠誠を示しました。その為、江戸時代に、杉並の領地を与えられ、ここで暮らしました。

寺

今川義元から3代目となる直房は、この観泉寺を今川家の菩提寺として、今川一族の供養を行うようになりました。

もみじ

え?春なのに、赤いモミジがある!と調べてみたら、ノムラモミジという品種のようです。春の新緑の季節に赤くなり、夏から秋にかけて緑となり、秋には再び紅葉が楽しめるという、1年に2回楽しめるモミジです。知らなかった。

墓

観泉寺を外から見ると、広い日本庭園でもあるのかと思いますが、卒塔婆がちょこっと顔を出しているように、広い広い墓地です。ちなみに、この観泉寺は、江戸時代に裁判所や刑場の役割も持っていて、敷地の一角に処刑場がありました。現代における、「大島てる」物件ですね。そのため、刑場のあった場所は、現代でも家やビルを建てたがる人はいなく、長らく駐車場になったままです。

坂

こうやって見ると、道の真ん中がへこんだ窪地になっていますが、あそこはかつて、井草川が流れていた場所で、今は、川に蓋のされた暗渠となっています。

僕は都市計画もマニアなんですが、こうしてブラタモリのように、街に隠された歴史や秘密を探っていくのも好きです。

SLOP

さて、その井草川の坂道の上にあるカフェが、坂道からその名がとられたSLOPE です。

看板

お目当ては、看板にもある桂ファームの卵プリン。桂ファームは、埼玉県の入間にある養鶏場で、埼玉農業大賞のグランプリを受賞した、人気の卵を生産しています。自転車で狭山湖を抜けて、八高線沿いに飯能に抜ける途中に、あるんだよねえ。

プリン

以前、何度か来て、プリンが売り切れだったので、恐る恐る聞いてみると、あるとの事だったので、注文!アイスカフェラテは、ラージで420円。暑かったので、ゴクゴクと。桂ファーム卵プリンも420円。濃厚な味ですが、キャラメルもくどくなく、とっても、後味がすっきりしたプリンです。念願のプリン、ごちそうさまでした。

■SLOPE (スロープ)
■東京都杉並区上井草2-35-2
■営業:9:00~19:00
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のツイッター

Pocket
LINEで送る