しゃけスタンド(代田橋)

新宿

蜃気楼のように浮かぶ、新宿の高層ビル群を見ると、
SF映画の1シーンを思い出します。
近代的な中央の高層ビル群には権力者達が住み、
その下には、闇市を抱える貧民の暮らしがあって、
権力者からの逃亡者が、そこに逃げ込むという物。
こうして見ると、自分は貧民の側の方にいる事になります。

沖縄タウン

実際には庶民の暮らしがある訳ですが、
ここ和泉名店街は、沖縄タウン化した商店街です。
ドラマ「一つ屋根の下」の柏木クリーニング店などのロケ地でもありますが、
かつては、ご近所の買い物客で賑わった物の、どんどん衰退し、
町おこしの一環として、沖縄タウン化されました。

市場

沖縄料理のお店があったり、三線のお店があったり、
沖縄をテーマとした小さなお店が集まってきたのですが、
最近では、その沖縄とは別のお店が注目を集めています。

小島

旨い鮭の料理を食べさせる専門店「しゃけ小島」
沖縄タウンなのに、思いっきり真逆の北海道料理。
お店を経営する人が、
「死ぬ前に食べるならしゃけの皮だよね」と言ったことがきっかけで、
徹底的に、しゃけにこだわるこのお店をひらいたそうで、
ここのしゃけを食べたら、他のは食べられないと
口コミで広がったお店です。

しゃけスタンド

そのお店の2号店が、お隣にある「しゃけスタンド」
いわゆる立ち飲みのお店で、
リーズナブルでお手軽なしゃけ料理屋、おつまみがあるのですが、
こちらも、意外なメニューで注目されるお店。

dunchu

沖縄タウンの中の異色な北海道料理のお店の一品、
「カレー」が、スパイスカレーブームにのり、
今発売中のdanchuでも取り上げられています。
というか、スパイスカレー特集があったら、
だいたいこのお店が載っています。

こちらのお店、あらかじめ作り置きしていた物をポンと出すのではなく、
注文があってから一つ一つ丁寧に作るので、
出てくるまで少々お時間がかかります。
そこは沖縄タイムだと思って、のんびりと待ちましょう。

しゃけカレー

しゃけカレーは、1080円。
スープカレーに近いサラサラのカレーで、
ご飯にかけて食べるか、
スプーンでご飯をすくってカレーに浸すか迷いました。
スプーンがよくベトナム料理店で使われているような
ペナペナの薄い金属製のチープな物で、
このスプーンを口に入れただけで、
勝手に脳内がアジアにトリップ。

真ん中にゴロンゴロンと鮭の切り身が隠されていて、
シーフードカレーというよりは、
南インドのフィッシュカレーと言った感じ。
酸味が少しきいています。

食べ終わる頃、カレーヲタク的な男の人が入っていたけど、
暑さもあって、めちゃダラダラと汗を流しながら、
一つ一つの行動が、セカセカしています。
さっきまであっち側だった自分が、
この空間とカレーに染まって、いつの間にかのんびりと余裕側。

落ち着いて、落ち着いてと、心の中でお客さんに話しかけながら、
なんだか上から目線です。(勝手)

■しゃけスタンド
■東京都杉並区和泉1-3-15
■営業:
16:30~23:00(火〜土)
15:00〜22:00(日)
■定休日:月曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る

サイクルカフェ・プロトン(新代田)

プロトン

※こちらのお店は閉店しました。

久々に自転車乗りの為のサイクルカフェを見つけましたよ!
場所は環七の新代田。
ラーメン好きなら、環七「なんでんかんでん」の近くと言ったらわかりやすいかな?

自転車好きなら、まずプロトンという名前に、グっと来るでしょう。
自転車ロードレースでのメイン集団の事。
そして看板の虹色。
ロードレースの世界では、マイヨ・アルカンシエルと言って、
世界選手権の優勝者に与えられるジャージの胸のラインの色。
これを獲得した選手は、王者の証しとして、
翌年の各大会にそのジャージを着て出場する事が許されています。
2011年の王者は、イギリスのマーク・カヴェンディッシュ。
なので、彼はツールドフランスに、このジャージを着て出ていました。

今年2012年の王者は、ベルギーの「フィリップ・ジルベール」。
なので、来年は彼がこのアルカンシエルをまとう事になります。

バイクラック

お店の前にはバイクラックがあります。
なので、ロードバイクの皆さんも安心して立ち寄れます。

メニュー

お昼の営業、ランチは、土日祝日のみ。
お店の前にイタリアの国旗が出ているように、
料理は、イタリアンがベースです。

まあね、大会でいうと知名度のあるのはツールドフランスですけど、
自転車メーカーでいうと、老舗の多くはイタリアだし、
自転車乗りとってイタリアンというのは、しっくり来ます。
でもってエネルギーい変わりやすいパスタは、
ロングライドの前の食事としてもバッチリだしね。

カウンター

店内の大型モニターでは、やっぱりツールドフランスが流れていました。
映像を見ながら「HTCがいるし、あのトレインは2010年だね。」
…とか、言えるようになっちゃったよ。

店内

店内奥に段ボールが見えると思いますが、「DE ROSA」と書かれている。
明日、ここでトークショーを行う
狂言師の茂山宗彦さんの愛車が送られて来た所だそうだ。
茂山さんは、NHKの「男自転車ふたり旅〜チェコ編」に出ていた方。

パーツ

店内の奥には、自転車のパーツなどが売られています。
パンク用のチューブや、サイコンやライトなどの為の電池類。
そして、常連さんが取り外した程度の良いパーツ。
いろんなものが置かれています。

シャワー

まあ、ここまでなら他のサイクルカフェでもありがちなのですが、
このお店のすごい所は、シャワー完備という所。
元々は、ご主人が町田からここまで自転車で通ったりしていたので、
いろいろと汗対策をしていたのですが、
どうせならシャワー作っちゃえという事になったのだそうです。

サイクルカフェって、なんだかシャイなオーナーの人が多い気がしますが、
ここのオーナーは陽気なラテン系。
写真撮影の許可を求めても
「もう、ジャンジャン撮って宣伝してください」的な。

で、お店の中もいろいろと紹介してくれました。
「今夜、ジロ・デ・ロンバルディア放送するから、また来てくださいよ。」と、
メチャメチャフレンドリー。

自転車乗り、特にロードバイクはシャイな人が多いから、
こういう受け入れムード満載のお店って嬉しいですね。

グレービーライス

さてさて、ランチメニューの中からチョイスしたのは、
グレービーライスのセット、サラダとドリンクがついて980円。

グレービーソースに絡められた挽肉が、肉汁度をUPして旨い。
ランチは土日祝だけですけど、今度は夜も伺ってみたいっすね。

※こちらのお店は閉店しました。

■PEROTON
■東京都世田谷区大原1-24-7 萩原ビル1階
■営業
17:00~4:00(平日)
11:45~4:00(土)
11:45~0:00(日)
11:45~14:30(土日祝のみランチタイム)
■定休日:火曜日
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る