喫茶店ゆば(青梅)

飯能

今週もまたまた飯能へ。
先週のバテバテが悔しかったので、もう一度チャレンジ。
自走はつらいので輪行で。
すっかりサボりグセがついてしまいました。
でも、飯能は輪行組が多いので罪悪感も薄くなりがち。

先週のバテバテは暑さなのか、酒が残っていたのか、それとも体力が落ちたのか検証。

ちなみに暑さでいえば、今週の方が30度を超え暑いけれど、
湿気は先週より少ない模様。

酒は控えめにしておいたので、残ってません。
チェイサーもガブ飲みしておいたのが良かった。

自走したい気持ちが薄れてきたのは、
体力が落ちているからか?根性がなくなったのか?

今日は、このへんを体と対話しながら走ってみる事にしました。

ゆば

名栗に向かう前に、まずは青梅方面へ。
青梅から名栗へとアプローチするサイクリストのブログに
よく出て来るお店「喫茶ゆば」が、まず最初の目的地です。

住所は青梅だけど、飯能の方からが近いです。
小さな温泉街、岩蔵温泉の中にあり、旅館「儘田屋」さんがやっているお店です。

サイクリストも寄る人が多いらしく、バイクラックもありました。

テラス

この日は、まだ他にお客さんはいなかったのですが、
汗をかいているからテラス席を選びました。

池

テラスからは旅館の庭園を見下ろす事が出来、池に水草が浮いています。

自らテラスを選んだものの、日当たりが良すぎて暑すぎ。
この日は33度ぐらいになる予報だったのですが、
かんかん照りで、座っているだけで体力を奪われて来ているので、
テラスは断念し、室内へ。

店内

自転車がぶら下がっているのですが、どうやら先代の愛車だったものらしいです。

バードウォッチ

室内からも庭園に向いたカウンター席もあり、
バードウォッチ用の双眼鏡が置かれていました。

年を取ると「花鳥風月」のどれかの趣味にハマるといいます。
「花鳥風月」の意味が、自然の美しい景色だから、
ロードバイクに乗っている時点でハマっているのですが、
それぞれ単体で、ハマりやすくなるという説もあります。

例えばロードバイクの場合、春先は菜の花、そして桜。
夏はひまわり、秋は曼珠沙華と、
花のある景色もサイクリングのテーマとなりますが、
鳥を見に行こうってのは、まだ無いなあ。

でも、多摩湖、狭山湖あたりを通ると、
巨大な望遠レンズを持ったカメラマン達が
バードウォッチしている所に出くわします。

ポケモンとかあんな感じで、レアキャラをカメラに収める楽しみなんでしょうか?
「オオタカGETだぜ!」みたいな。
ちょっと何がレアキャラなのか、全然わからないので、
知っている鳥の名前の中から、それっぽいの言ってみましたが。

そういえば、京急のサイクルトレインに参加した時
ホームには、撮り鉄の方々が待ち構えていて、
サイクルトレインというレアキャラ撮ったと喜んでいました。
やっぱ、そういうのあるんでしょうね。

カレー

メニューを見せて貰ったら食事類が無くて、ケーキだけだったのですが、
「食事は無いですか?」と聞いてみると、
カレーの千円のランチセットなら出来ますとの事。
食事はそれだけらしいです。
メニューには載っていないので、食べたい方は聞いてみてください。

「ちょっとお時間頂きますけどいいですか?」と言われたのですが、
急ぐ旅でもないので、いや急ぐ気力もないので、もちろんと返事。

静かなお店で、しかもこの時間はお客も僕1人。
サイクリングスタート前だっていうのに、すでにのんびり状態。
あ、なんか眠くなってきたぞ。
普段、不眠症気味なのに何でだろう?
どこに眠りのツボがあったんだろう?知りたい。

走る前から、スリープモードに。
ヤバイ…。
なぜ、この状態が家で来ない?

■喫茶ゆば
■東京都青梅市 小曽木5-3142
■営業:10:00〜18:00
■定休日:月〜木
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

パセアール(東青梅)

坂道

「夏への扉」のすぐ裏手に青梅鉄道公園があるというので、行ってみる事にしました。

実は、鉄っちゃんだったりもします。
小学校2年の時に岩手から東京まで一人旅したりと、筋金入りの乗り鉄。
その話を作文に書いたのですが、覚えている事を全部書いたので、
小2で原稿用紙40ページの長編になりました。
今思えば小2で40ページってスゴイな。

しかし、地図でみたらスグだったのに、いろは坂みたいなスゲー坂道。
くるねコレ。

青梅鉄道公園

てな訳で、必死こいてやってきましたよ。
青梅鉄道公園。

電車

かつて秋葉原にあった鉄道博物館に行ったときもビックリしたのですが、
鉄道公園は、美人ギャルママの宝庫!
鉄ちゃんのオレも、車両ほったらかしでそっちに目がいってしまうほど。

男のコは鉄道好き。
その男のコをカートに乗せて、ギャルママ達が園内をウロウロしてるのですが、
めちゃめちゃ短いミニスカやショートパンツで、
ミュール履いてるから、足もスラーっとして長い!
もう、オレ的には、青梅鉄道公園に集まるギャルママ鑑賞公園。

本物の鉄ヲタは、ほんの少ししかいない。
なぜわかるかって?
鉄は一人でカメラを持って、シャツもTシャツも、インしてるからさ!

ED161

ED161。
EDとは男性機能が低下してる訳ではなく、
Eは、ELECTRIC。つまり電気で走るという意味。
Dは動輪の数。
モーターで駆動する車輪がいくつあるかという事で、DはADCDの4番目なの4つ。
車の4駆とは違い、片側4つなので、計8つという事になります。

SLのD51も、動輪が4コだから、Dで、
3つの場合はC62など、Cとなります。

0系

こちらは、東海道新幹線初の車両0系!

と、鉄道ヲタの本能をチラチラとさせながらも、
視線はやっぱりギャルママをチラチラ。

同級生の鉄道ヲタには「超キモイんですけど」とか行ってたギャルが、
ママになって男のコが出来ると「ほら!0系」とか言っちゃうのが不思議。

実は知り合いにも一人、鉄の息子を持つママがいるのだけど、
この話に関しては、そこいらのママ友よりも、僕の方が話が合うみたいで、
ちょいちょい盛り上がる。

鉄ヲタよ!鉄ママを狙え!

東青梅

さてさて、青梅の旅からの帰り道、東青梅にさしかかりました。
青梅がレトロなのに対し、東青梅は新興住宅地。
今風の作られた町並みが続きます。

パセアール

そんな中にあるのが、ギャラリーカフェのパセアール。
パセアールとはスペイン語で「散歩する」という意味だそうで、
チャリ散歩の途中にピッタリではありませんか!

アイスカフェラテ

頂いたのはアイスカフェラテ550円。
陶器のザラザラとした感じと器の薄さ。
口に運んだ時に、すごい舌触りがいい。

このお店の奥にはギャラリーもあるのですが、
青梅には陶芸家さんとか多く住んでいるらしく、
いろんな企画展が行われているようです。

■ GALLERY CAFE PASEAR(ギャラリーカフェ・パセアール)
■東京都青梅市東青梅1-8-3
■営業:
11:00〜19:00(平日)
11:00〜18:00(土日祝)
■定休日:月曜
場所はこのへん
お店のサイト

玉川上水

せっかくこちらまで来たので、帰りに羽村の玉川上水取水口に寄り、
涼んで行く事にしました。

自転車

ここを多摩川サイクリングロードを使ったサイクリングの終着点としている人も多く、
いい自転車が、あっちこっちに。

ナチュラ

最後に、フィルムカメラのナチュラクラシカで撮った写真を一枚。
ホント、フィルムで撮った写真って、思い出っぽい味があるよね。

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村