珈琲亭 郷(鷺ノ宮)

すぎ本

目白の「さんかく」でラーメンを食べ、
荻窪の春木屋とか、野方の七彩とか、
自分は、こういうシンプルでスープが澄んだ醤油ラーメンが好きというのを書いたら
だったら鷺ノ宮の「すぎ本」がオススメと教えて頂き、さっそく行ってきました。

故・佐野実さんのお弟子さんがやられているお店です。

ラーメン

スープが澄んでいます。
そして魚粉だの余計な物が入っていません。
もう見た目からして好みなラーメンです。

醤油ラーメンですが、鶏ベースのスープは醤油が強くなく、
とてもまろやかな味。
麺は細麺。

師匠の佐野実さんの「支那そばや」も、
出来れば胡椒を使わないで欲しいという事でしたが、
こちらも、カウンターに胡椒は置かれていません。
これが完成系という自信をもった一杯なんだと思います。

がしかし、あまりにも上品でマイルドな味だから、
これに黒胡椒をほんの少しパラリとかけたらどうなるんだろう?
味が引き締まるんじゃないかと、脳内妄想しながら、
スープを口に運ぶレンゲが止まらない。
あっという間に飲み干してしまいました。

うん、こういう事なんだろうな。

カレーや

食後に鷺ノ宮のコトナコーヒーで、お茶して行こうと思ったら、
この日はイベントで、喫茶は14時からという事でした。
あと15分ぐらいなので、鷺ノ宮を散策。

そんな時に見つけたのが「カレーや うえの」。
気になるなあコレ。
どんなカレーなんだろう?
最近、インドネパール系は個人店多いですが、
商店街に個人店カレー専門店って少なくなりましたよね。

うーん、気になる。

郷

いろいろ路地裏を散策しているうちに、
なんか古民家風の喫茶店を見つけました。
珈琲亭 郷。
建物は普通の民家なんだけど一階部分が観光地にありそうな民芸喫茶の香り。

張り紙

張り紙をみると、26時までって深夜2時じゃん!
え?こんな住宅地の路地裏に深夜喫茶?

なんだか面白そうなので入って観る事にしました。

店内

天井には太い梁が通っていて、田舎の古民家という風情。
囲炉裏もあって、鉄びんがぶら下がっています。
なんか旧街道の宿場町にありそうな雰囲気のお店。

ところで、この囲炉裏の所にいるカップルの女性が、メッチャ可愛かったのですよ。
どこかのテレビ局の女子アナにいそうな感じなんだけど、
派手じゃなく、女子アナにありがちな野望ギラギラ感もなく、
素朴に美味しそうに、ところてんを食べている訳ですよ。

美女と昭和喫茶って、萌えるわ〜。
ホイップクリームでデコレーションされたパンケーキじゃなく、
ところてんをチョイスした所が素晴らしい!

美女と昭和喫茶ねえ。
このシリーズありだな。
誰かモデル探そうかなあ。

クリームソーダ

メニューを見たら、ウインナコーヒーなんてある。
若い人は知らないと思うけど、生クリームが入った昭和なメニュー。
これは昭和だな!と思ったら、クリームソーダがありました。

友人達とシャノアールからクリームソーダが消えたという話しで盛り上がりましたが、
ナポリタンやミートソース、エビピラフなどと同様に、
消えゆく昭和メニュー。

後から老夫婦が入ってきたら、お店の方が「いつものでよろしいですか?」と。
そして運ばれてきたサンドイッチが美味しそうでした。
でも、ラーメン食べたばっかりだからな。

そういえば、後で調べてわかりました。
26時、深夜2時までの秘密。
19時からは「夜cafe郷」という名前で、違う方がお店に立ち、
居酒屋風の夜cafeになるそうです。

飲酒運転はダメだから夜カフェは無理だな。
でも、サンドイッチは食べてみたいな。

■珈琲亭 郷
■東京都中野区鷺宮4-3-16
■営業
10:00~19:00(郷)
19:00~2:00(夜cafe郷)
■定休日
水曜日(郷)
火曜日(夜cafe郷)
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る

コトナコーヒー(鷺ノ宮)

みやこや

最近、ハマって観ているのが「孤独のグルメ」というドラマ。
テレビ東京で毎週深夜0時43分から放送中。
でも、1クール(3ヶ月)ドラマだろうから、もうそろそろ最終回かな?
松重豊さん扮する井之頭五郎が、路地裏をさまよい、
何を食べようか葛藤しながら、旨い物と出会い、
その内なる喜びを描くという、
「吉田類」の居酒屋放浪記のドラマ版みたいな感じです。

この原作の漫画はもちろん、作者の久住昌之さんが泉晴紀さんと組んで
泉昌之名義で書いていた頃からのファンなので、やはり、ツボります。
メニュー選びの葛藤とか、食べ方の段取りとか、内面を描く事が多く、
たぶん、チャリカフェもそういう影響を受けているでしょうね。
きっと。

あの声優の山寺宏一さんも、泉昌之時代から好きで、
飲むと「かっこいいスキヤキ」とか「ダンドリくん」などの話しで
よーく、盛り上がりました。

なので、当然、このドラマも注目していたのですが、
その鷺ノ宮編で登場したのが、この「とんかつ・みやこや」。
ドラマを観たときに、「あれ?この通り知ってる」と思ったもの。

というのも、この写真の背後にあるのが、和カフェの「つゆ草
この先にあるのが、コトナコーヒーと、
この道はよく通っているからです。

コトナコーヒー

「とんかつ・みやこや」も興味あったんですが、
お腹がいっぱいだったので、今回はスルーして、
向かったのは、50mぐらい先の「コトナコーヒー」。

店内

スペシャルティーコーヒーのお店で、
生産国、産地エリアや農園名、コーヒーの品種、精製方法などにこだわった
自家焙煎の豆も買うことが出来ますし、
開放感のある広い空間のカフェで、のんびりと頂く事も出来ます。

ガトーショコラ

頂いたのは、グァテマラ450円と、ガトーショコラ400円。
セットにすると100円引きです。

チャリカフェをはじめた頃は、
男一人でガトーショコラもかなりハードル高かったのですが、
今や何の問題もなし。

一人で、ケーキが食べられない男子。
一人で、ラーメンが食べられない女子。
一人で、飲み屋の暖簾をくぐる勇気のない、飲んべえ。
みんな損してるよね。
旨い物好きだったら、そっち優先!人の目は二の次!
まずは、本能のままに、旨い物を。

グルメは孤独。
それこそが、孤独のグルメの世界なのです。

■KOTONA COFFEE(コトナコーヒー)
■東京都中野区鷺宮3-18-7
■営業:11:00~19:00
■定休日:火
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る