ロゼ(吉祥寺)

千川通り

あなたは、旨いピラフの店と言われて、一軒あげる事が出来るでしょうか?僕は出来ません。そこで始まった、旨いピラフ探しの旅です。

元々は、昭和なナポリタンが旨い!と言っていた派だったのですが、平野紗季子さんの「生まれた時からアルデンテ」よ読んでから概念が覆され、なんでも昭和万歳教を脱会し、昭和なメニューでも、旨くないと許さない教に宗派変えしました。ナポリタンは、神泉の「フレンズ」とか茹で置きだけど固めで旨い、江古田の「トレボン」とか、ぶよぶよではないナポリタンは発見する事が出来たのですが、同じく昭和なメニューで、旨いピラフは存在するのか?そんな疑問が湧き上がって来た訳です。

で、色々回ってみると、堂々と冷凍ピラフを出してきたり、普通にチャーハンだろって所ばかりで、なかなか旨いピラフに出会う事が出来ません。
そんな中、リサーチしていたら、川越シェフがブームだった頃に、「お願いランキング」という番組の食べ歩きで、シェフが100点をつけたピラフがあるという情報を入手しました。情報は古いけど、旨いピラフのとっかかりになるのでは?と、ミニベロで、吉祥寺に向かいました。

前置きが長くなりましたが、千川通りの最終地点、青梅街道に出る前の上石神井付近は、長い間工事していましたが、めでたく道路の整備が終わっていました。
道の両サイドセットバックが終わり、両側に自転車通行可の報道が完成。といってもミニベロの自分は、車道を走るんですけど。

東急裏

吉祥寺は、放置自転車に厳しく、巡回員が回っています。この日は天気も良く、スタバのテラス席でくつろぐ人も多かったですが、その奥の、東急裏の駐輪場へ。東急でお買い物をした人はタダになるのですが、僕は30分50円で、駐輪。

ロゼ

東急裏の通りで目に入るのが、ラーメンの春木屋の看板。春木屋の中華そばにも惹かれるのですが、今回の目的地は、その2階にある老舗喫茶店の「ロゼ」です。左側の細い階段を上ります。

ロゼ

ちょっとスナックが入る雑居ビル風の趣です。昭和58年から、35年続く、吉祥寺喫茶の老舗ですが、以前は同じ吉祥寺の他の場所でお店をやっていましたが、2011年に、こちらに移転して来たそうです。

店内

思っていたのより、小さなお店ですが、ベロア張りの椅子が、昭和な雰囲気を醸し出しています。ご夫婦でやられているお店なのですが、元々カウンターの中が低いのか、腰を曲げて作業なさっているからか、カウンターの中のお二人の姿は、ほぼ見えません。声をかけると、カウンター脇からお母さんの方が出てきてくれます。

ピラフ

こちらのご主人は、長い間デパートのレストランで働いたのちに、独立してこちらのお店を開いたのだそうです。なので、喫茶店ですが、洋食メニューが人気のお店で、一番人気は、ハンバーグや手羽先揚げをワンプレートに盛った、大人のお子様ランチ風のロゼランチ。とってもとっても、そちらにも心が引かれたのですが、今回は、川越シェフが100点をつけたという、シーフードピラフのセットを注文しました。サラダとアイスティー付きで、950円です。

川越シェフの点数:100点。
文句なしのおいしさは基本形。シンプルだけどおいしい。これって簡単そうで、難しい。30年以上、つくってきた店主さんの調理加減が絶妙ってことですね。

との事だったのですが、さて、どうでしょう?味付けは、塩、胡椒、パプリカのみという事だったのですが、ほのかにバターの香りがするのは、勘違いでしょうか?胡椒もそんなに立ってなく、チャーハンのような塩胡椒感は無く、マイルドな味付け。なんたって、シーフードの具が、プリプリで嬉しい。さすが冷凍ピラフとは比べられない、口の中の楽しい食感。

来て良かった!自分の中で、ピラフの美味しいお店、暫定トップの誕生です!

■ロゼ
■東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-1 2F
■営業:11:00~21:00
■定休日:年末年始
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る

ブロ−チャーズ吉祥寺(吉祥寺)

ブロ−チャーズ

吉祥寺で人気のカフェに行ってみたのですが、見事にフラれました。
変則営業、お休みなどはSNSでお知らせするとサイトに書いてあったので、
色々チェックして、イレギュラーな事は無さそうだったので、
ミニベロを飛ばして行ってみたらお店の前に張り紙があり、
「本日、撮影の為終了」と、書かれていました。

は?
カフェ巡りの天敵は、この店主の気まぐれ休業です。

そんな訳で、すごすごと引き返す途中で、
自転車ショップの前の黒板に「CAFE」の文字を発見!
自転車+カフェ=チャリカフェの発掘に心を切り替えました。

黒板

このような黒板があったので、外から中を覗いたのですが、
カフェスペースらしきものは無し。
なので、自転車を見るついでに、思い切って入ってみました。

店内

ブローチャーズは、ストリートバイクのお店で、
店内には変速機無しのシングルスピードがずらり。
ロードだとエアロフレームと言われる、
ダウンチューブが太いタイプの物が多いみたいですね。
いわゆる自転車というより、スケートボードに近い
カルチャーとファッション。

そんな店内の片隅に目をやれば、カウンターの上にコーヒーのドリッパーが。
もしかして、あそこで立ち飲み?
どうやら、カフェというよりは、常連さんが自転車談義をしながら立ち飲みしたり、
パーツなんかのカスタムをお願いしている間に、コーヒー飲んだり、
そんな感じで使われるようです。
なので、僕みたいに純粋にコーヒーを飲みに入ると、ちょっと場違い的な。

店内

でも、いいんじゃないでしょうか。
例えば、北参道のraphaの、もっとカジュアル版というか、
自転車ショップって、ロードの走行会の待ち合わせ場所になってたりしますが、
土日ライドなどの、集合、解散の時のたまり場というか、
クラブハウス的なスペースが、自転車ショップについていてもおかしくない時代。

ピストのカルチャーがあるように、
ロードにもカルチャーがあるし、
ミニベロにも美学があったりします。
人気のショップというのは、そういう経験やノウハウ、
ネットでは知れない体験談を聞くことが出来たりします。

そういう話は、コーヒー飲みながら!

■BROTURES KICHIJOJI(ブロ−チャーズ吉祥寺)
■東京都武蔵野市吉祥寺北町1-1-2
■営業:12:00~20:00
■定休日:無し
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る