ブロ−チャーズ吉祥寺(吉祥寺)

ブロ−チャーズ

吉祥寺で人気のカフェに行ってみたのですが、見事にフラれました。
変則営業、お休みなどはSNSでお知らせするとサイトに書いてあったので、
色々チェックして、イレギュラーな事は無さそうだったので、
ミニベロを飛ばして行ってみたらお店の前に張り紙があり、
「本日、撮影の為終了」と、書かれていました。

は?
カフェ巡りの天敵は、この店主の気まぐれ休業です。

そんな訳で、すごすごと引き返す途中で、
自転車ショップの前の黒板に「CAFE」の文字を発見!
自転車+カフェ=チャリカフェの発掘に心を切り替えました。

黒板

このような黒板があったので、外から中を覗いたのですが、
カフェスペースらしきものは無し。
なので、自転車を見るついでに、思い切って入ってみました。

店内

ブローチャーズは、ストリートバイクのお店で、
店内には変速機無しのシングルスピードがずらり。
ロードだとエアロフレームと言われる、
ダウンチューブが太いタイプの物が多いみたいですね。
いわゆる自転車というより、スケートボードに近い
カルチャーとファッション。

そんな店内の片隅に目をやれば、カウンターの上にコーヒーのドリッパーが。
もしかして、あそこで立ち飲み?
どうやら、カフェというよりは、常連さんが自転車談義をしながら立ち飲みしたり、
パーツなんかのカスタムをお願いしている間に、コーヒー飲んだり、
そんな感じで使われるようです。
なので、僕みたいに純粋にコーヒーを飲みに入ると、ちょっと場違い的な。

店内

でも、いいんじゃないでしょうか。
例えば、北参道のraphaの、もっとカジュアル版というか、
自転車ショップって、ロードの走行会の待ち合わせ場所になってたりしますが、
土日ライドなどの、集合、解散の時のたまり場というか、
クラブハウス的なスペースが、自転車ショップについていてもおかしくない時代。

ピストのカルチャーがあるように、
ロードにもカルチャーがあるし、
ミニベロにも美学があったりします。
人気のショップというのは、そういう経験やノウハウ、
ネットでは知れない体験談を聞くことが出来たりします。

そういう話は、コーヒー飲みながら!

■BROTURES KICHIJOJI(ブロ−チャーズ吉祥寺)
■東京都武蔵野市吉祥寺北町1-1-2
■営業:12:00~20:00
■定休日:無し
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る

珈琲館くすの樹(武蔵境)

五日市街道

ここのところ荒川方面が続いていたので、奥多摩方面へ行ってみる事にしました。
千川通りから五日市街道へ。
多摩湖サイクリングロードへの入り口あたりまでは、
五日市街道も広くて、交通量が少ないので、自転車で走りやすいです。

…という訳で、サイクリングの人たちも目立ちます。

くすの木

僕が目指すのは、西武ドームがある多摩湖ではなく、
東京の西のはずれ、奥多摩方面。
奥多摩へは、五日市街道から玉川上水を挟んだ反対側の道、
上水桜通りを使って西へと向かうのですが、
その前に、腹ごしらえしておこうと思いました。

五日市街道沿いにある、山小屋のような喫茶店「珈琲館・くすの樹」
ここは朝の9時からやっているので、モーニングを食べていくことに。

店内

店内は、高原にある古いロッジみたいな感じで、
ランプがあったり暖炉があったり。
2階もあるのですが、2階は喫煙席だというので、1階へ。
朝の9時すぐなのに、店内はすでに満席。
その多くが家族連れでした。
この付近のファミリーは、休日にはここで朝食を頂くのが習慣なんでしょうか?

なんだか、名古屋の喫茶店って感じの雰囲気ですね。

モーニングセット

モーニングセットは、ドリンクとサラダがついて、620円。
パンは半分に切られていて、中にハムが挟まっています。
そこへお好みで、ポテトやパンプキンを挟んで、ハンバーガー風にして食べました。

さくっと食べて、さくっと出かけようと思ったのですが、
休日で、しかも満席という事もあり、出てくるまでに少々時間がかかる感じ。
でも、僕みたいにせっかちに出かけるのではなく、
のんびり、まったりしたいなら、ちょうどいい時間の流れです。

おかわりコーヒーも200円だしね。

多摩湖サイクリングロードの入り口も近いし、9時からやってるし、
自転車乗りにとっては、覚えておいていいお店だと思います。

■珈琲館 くすの樹
■東京都西東京市新町5-19-10
■営業:9:00~22:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る