デリ&サンドイッチ 587(秦野)

587

ヤビツ峠に登る前に、古民家カフェの「なたね」を探していて、
その時に偶然見つけたのがこちらの、デリ&サンドイッチ 587。
ベーグルやサンドイッチのお店という事で、
帰りに余裕があれば入ってみようという事にしておきました。

で、ヤビツ峠ヒルクライムでエネルギーを使い果たし、
帰る前にお腹に何か入れていくかという事で、こちらに。

お庭スペースにロードバイクを置けるし、
朝9時からやっているので、ヒルクライムの前に寄ってもいいかもね。
天気が良ければテラス席もあるし。
サイクルジャージでも良さそう。

店内

自宅改装系で、奥様一人でやっているお店。
お料理は手作りで、パンに挟む具材なども注文を受けてから作ります。

ベーグル

頂いたのは、ベーグルてりやきサンドイッチ460円。
ベーグルと言っても具材が満載なので、
グルメバーガーみたいにボリュームがあり、なかなか食べ応えがあります。

お一人でやられているので、大人数の団体には対応出来ないそうですが、
小グループでのんびりするのには、いいかも。
次にいつヒルクライムに来られるかわかりませんが、
女性サイクリストも増えている事だし、
こうして、自転車乗りの聖地の近くのカフェ発掘もしたいなと思っています。

■Deli & Sandwich 587
■神奈川県秦野市曽屋5871-18
■営業:
9:00〜14:00
16:00〜18:00
■定休日:月曜
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ヤビツ峠ヒルクライム

ヤビツ峠へ

自転車乗りの聖地、ヤビツ峠。
僕の場合もう一つの聖地でもありまして、
℃-uteの矢島舞美がヒルクライムした激坂めぐりの一つでもあります。

富士山の5合目までロードバイクで行くために、
そのトレーニングとして、ヒルクライムの名所に挑戦。
その1つがこのヤビツ峠だった訳です。

矢島舞美は、かつて東京から静岡久能山までロードで行った事があるのですが、
そのコースもファンの間では聖地になっていて、
僕もそのコースを走りました。

静岡・久能山東照宮への自転車旅(前編)
静岡・久能山東照宮への自転車旅(中編)
静岡・久能山東照宮への自転車旅(後編)

他のアイドルの聖地めぐりと違って、めちゃくちゃ体力使うのですよ。
まあ、そういう自転車チャレンジものきっかけで、ファンになった訳ですけどね。

名古木交差点

そんな自転車乗りの聖地と、アイドル聖地めぐりをかねたヤビツ峠ヒルクライム。
おなじみ「名古木交差点」からスタートします。
「なこぎ」と読んでしまいますが、実は「ながぬき」。

ここから、神奈川県道70号秦野清川線を道程11.7km、
平均勾配5.6%というヒルクライムがはじまります。
5.6%というと、たいしたことないように感じますが、平均だから。
当然、途中には激坂区間もある訳です。

はじまってすぐ

山の方に行ってからキツいのかなと思ったら、交差点を渡ってすぐにかなりの傾斜。
ガーミンの斜度を見ていると、時折10%という表示が。
まだ住宅街っぽいのに、え?なにこのしょっぱなから。

鳥居

こちらも、まだ序盤も序盤、中央分離帯の木々に隠れているけれど「鳥居」がある場所。
実は、ここも目印で、このあたりから傾斜がきつくなっていくのです。
前半の踏ん張りどころです。

難関

ヤビツ峠までの最大の難所がここ、蓑毛のバス停に続く上り。
推定12%の上りが1キロ弱続きます。
ここで足を付こうと何度思った事か。
ただ、ここさえ登り着れば後は斜度がぐっと緩やかになるので、
それを心の支えにゆっくりと登りました。

蓑毛バス停

急勾配を上りきったところにある蓑毛バス停。
バスの折り返し場所で、休みたい誘惑を放つ広場。
息はゼイゼイとあがっているし、マジで休みたい。
でも、ここからは緩くなるという言葉を信じで、ボトル給水しながらゆっくりと。

ヤビツはここまでの前半戦が一番つらいです。

ところで、℃-ute矢島舞美のヒルクライムをみたら、ここがスタート地点なのね。
まあ、さすがに前半戦の激坂は無理でしょ。アレ。
でも、ここからでも残り9㎞ぐらいを登りっぱなしだから、それでも凄いと思うけどね。

標識

蓑毛バス停から山岳コースにはってすぐに現れる
「ゆっくり走ろう」の標識。
言われなくても、ゆっくりとしか登れません。

峠道

蓑毛バス停までの道が、確か斜度12〜3%だと思ったのですが、
あれを越えると、5〜7%平均ぐらいのペースになるので、
給水しながら、息を整えていきましょう。
一気に給水してしまうと、先が長いので、ボトルが空になってしまうので注意。

展望台

展望台で、のんびり風景を眺めたい所ですが、
帰りの楽しみにとっておきます。
横目で眺めながら通過。

峠道

この辺が約10㎞地点。
けっこう先の方まで見通せるので、「え?まだまだ続くの?」と心が折れます。

℃-uteの矢島舞美が、オジサンのヒルクライマーに「こんにちわー」と挨拶していたのが
たぶん、この付近と思われます。
あんな余裕なかったぞ!俺。

頂上

途中、何度も心が折れつつ、
沢山のクライマーに抜かされ、
三輪車のようなスピードで登る区間もありつつ、
なんとかたどり着きました。ヤビツ峠!
やったぜ頂上!
タイムは恥ずかしくて言えないぐらいかかりました。

弱虫ペダルでは、クライマーがリドレーに乗っているせいで、
リドレー=クライマーみたいなイメージがありますが、
俺は弱ペダが流行る前にリドレー買ったんだよ!
イメージが違うのは、俺のせいじゃない!
…と言いたい。

そういえば、頂上には箱学ジャージの2人(男性)がいたなあ。

広場

頂上へは、1日にほんのわずかだけどバスが来るので、
登山、トレッキングの人達の拠点ともなっています。

自販機

頂上が見える前にボトルを飲み干したので、給水しようと思ったんだけど、
水が倍の値段!
商売人だねえ。
買うだろ、みんなボトル空にして登ってきてるんだから。

ウインド

さて、帰りはコレの登場です!

ウインド

こちらはコンパクトに折りたためるウインドブレイカー。
小さくなるので、サドルバッグの中に忍ばせています。

ヒルクライムすると、下りの時に汗の気化熱で、メチャ寒くなります。
ダウンヒルの風を受けての空冷と、汗の水冷のダブルの冷却システムみたいな。

なので、ヒルクライムする時は、こちらを持っていきましょうね。

下界

帰り道は、ちょっと景色を楽しむ余裕あり。
こうしてみると、結構、登って来てるんだよね。

展望台

登って来るときに、泣く泣くパスした展望台へ。

展望台

やはり1000m行かないにしろ、山の天気で、雲の流れに左右されやすいです。
太陽が隠れると、メッチャ寒い。
太陽の力は偉大!

落書き

ところで、ヤビツの展望台にあった落書き。
なんやら、J-POPの歌詞みたいな奇跡と感謝系。
まんま歌詞になりそうな。

さて、みなさんはこの落書きを読んで、どのアーティストを思い浮かべますか?
答えは、コメント欄に!

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ