オーセンティック(赤坂)

オーセンティック

音楽が引き金となり、それを夢中で聴いていた頃を思い出し、
ちょっぴりせつない気分になったりする事があります。
引き金は、食べ物だったり、写真だったり、
最近ではSNSのオススメに、懐かしい顔が出てくるというのも、
思い出タイムスリップのきっかけの一つかもしれません。

このお店の近くの道を通ると思い出すのが、
テレビ番組の構成作家をしていた時代です。
正しくは構成作家見習い時代。

六本木通りから、全日空ホテルのあたりで左折し、赤坂に抜ける道は、
テレ朝で仕事をして、TBSに向かう時によく通っていました。
先輩がいればタクシーだったのですが、一人の時は徒歩。
赤坂寄りにはお城の形のラブホがあったりして、
いけない場所に来た感もあり、
若かった当時、通るだけで心拍数が少しあがっていた気がします。

そんな道の中程に、今のラジオ番組を担当している制作会社があり、
2週間に1度全曜日のスタッフが集まり、制作会議を行っています。
すぐ近くに、旨いハンバーガーショップがあるのは知っていたのですが、
いつも、会議の時間ギリギリに飛び込むので、ここまでお預け状態。

そこで、今回は早めに行って、ランチをしてから仕事に行くことにしました。
赤坂と溜池山王のちょうど中間ぐらいにある、
オーセンティックというお店です。

店内

このお店、ランチは4時までなのですが、
ラストオーダーが始まるちょっと前に行ったので、
お客さんは、店内に僕一人。
普段ならすぐにスマホを取り出して、
Twitterやらインスタなどを見てしまうのだけど、
腕組みしながら、TV時代の懐かしい光景を思い出していました。
一人だから雑音も聞こえず、ひたってしまったんでしょうね。

それはまだ放送作家見習いだった駆け出しの時代、
扱いはほぼADと同じで、雑用、使いっ走りがメイン。
先輩のタバコを買いに走らされたりしたのですが、
売っている所の少ないレアな種類の物だったりすると、
「売ってませんでした」と報告出来ず、とにかく探しまわりました。
当時のテレビ業界は、今で言うブラック企業で、パワハラなんて当たり前。
なので、怒鳴られるのが怖くて、そのレアなタバコを見つけた際に、
次に言われた時用も買って、鞄にKEEPして置くという技も身につけたり。

TVの収録では、華やかな芸能人を遠目で見ながら、
モデル会社から派遣されたアシスタントを目で追ってたなあ。
仲良くなりたいけど、なかなかハードルが高かった。
番組の打ち上げがあっても、そういう子達は、
プロデューサーやら、チーフディレクターの脇が指定席で、
僕らは、メイクさんのアシスタントとか、歌番組のバックダンサーとか、
「ただいま修行中」のグループが出来て、飲みながら夢を語ってたなあ。

遠い目…。

テレビからラジオへと主戦場は変わったけど、
その時代から、なんとか仕事を続けて来れた所は、
自分を褒めてあげてもいいのではないかな。

チーズバーガー

あの頃、本当にお金が無くて、
マクドナルドでビッグマックなんて注文出来なかった自分が、
その頃を思い出しながら、1100円のチーズバーガーを食べています。
ドリンクつけたら、+190円。

あの頃の自分は、ハンバーガーといえばマクドナルドで、
こんなハンバーガーがある事さえ知りませんでした。

ふわっとしていて、鉄板で焼いた面がパリっとしたバンズ。
シンプルな味付けのパティに、絡まるオーロラソースとチーズ。
新鮮なレタスの食感。

おーい!あの頃の自分!
君は、おっさんになってもその仕事を続けていて、
旨いハンバーガーを食えるようになってるぞ!

■オーセンティック (Authentic)
■東京都港区赤坂2-18-19-101 赤坂シャレー2 1F
■営業
月〜金
11:00~16:00(ランチ)
17:30~21:30(ディナー)
土日祝
11:00~19:30
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


プアハウス(江古田)

プアハウス

季節の変わり目になるとこのブログに登場するのが、江古田のプアハウス。
体調を崩しやすい時期に、ここの極辛カレーを食べると、
汗が噴き出すような感じになり、体が活性化されるのです。
それでも怪しい時、風邪の初期症状かな?という時には、
葛根湯を念の為に飲んでおくというのが、自分のルーティーンです。

明石家さんまさんも同じような事を言っていて、
風邪かな?と思ったら、メロンを食べると決めているのだそうです。
メロンを食べて一晩寝たら直ると自分に暗示をかけているので、
風邪の初期症状はあるけど、一晩持ち越したことは無いと言っています。

ちなみにマリナーズ時台のイチローが、
ブランチに毎日カレーを食べていたというのは有名ですが、
あれは、違う物を食べる事で、マズかった場合に気分が落ちたり、
体調に変化が起きたりするのを防ぐ為で、
野球に向かう前に、食べ物でのリスクを入れたくないという理由でしたね。

イチローは、負のメンタルを断ち切るのもルーティーンで、
試合後にグラブを磨いている間までは、今日の反省もするが、
磨き終わったらいっさい考えない。
仕事を球場外に持ち出さないというのも日課にしていたそうです。

これは自分も似たような事をやっていた時期があって、
仕事で煮詰まったり、悩んだりしている時は、
仕事仲間と飲みに行かずに、江古田に戻って、
一人で「ぽかんと」というBARに行く。
そして、マスコミ関係じゃない人と、仕事と関係ない話をして、
脳を切り替えてから、家に帰るという事をしていました。

仕事仲間と仕事の愚痴をいいながら飲むというのは、
ストレス発散ではなく、ストレス増幅だと気がついてから、
行動パターンを変えてみたのでした。

病は気からといいますが、風邪をひかないのでおなじみの自分も
去年は、仕事納めの夜に本格的に風邪をひいて、翌日病院に。
たぶん、気が緩んだんでしょうね。
風邪をひかない事に気を張っていると、なかなかひかないもんです。

張り紙

ところで、自分のルーティーンに組み込まれている、
プアハウスが、しばらく休業するとの張り紙がありました。
怪我の療養との事。
これは困った。
ちなみに、代わりになる食べ物を探して、
まずは、江古田のインドカレー料理屋さんを食べ歩いてみたのですが、
体が熱くなるようなカレーに、まだ出会えていません。

辛くお願いしてみたりしているのですが、
口の中がヒリヒリする物はあるものの、
体にガツンと来る感じが無いんですよねえ。
発想を変えて、担々麺とかにしてみたりもしたのですが、
こちらも、まだピンと来るもの無し。
このあと、極寒の日々が来て、また体調を崩す日もあるかと思いますが、
その時、どうしよう。

看板

休業の張り紙だけでなく、看板も取り外されているので、
長期化してしまうような予感もしたり。

桜台の「まるよし」の赤玉タンメンが食べると汗をかくのだけど、
小盛りにしても、自分には多くて食べるの大変なんだよなあ。
一応、セブンイレブンの蒙古タンメン中本のカップ麺と、
こちらもセブンイレブン、鳴竜の担々麺のカップ麺は、
多めに買ってストックしてあります。

それよりも、プアハウスが復活してくれるのが一番で、
早めの回復、お祈りしております。

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ