ムトウ コーヒー ロースタリー (中野)

MUTO

カフェや喫茶店で、隣の人の会話が耳に飛び込んで来る事は多いですが、
女性のお客さんで、コーヒー自体について語り合っている場面に、
出くわす事はあまりありません。
多くの場合は、恋の話だったり、近況だったりという会話がメインで、
コーヒーは美味しければそれでいいという感じなのですが、
この日は珍しく、両隣にいる女性のお客さんが、
コーヒー自体に興味を示して、お店のご主人に質問をしていました。

中野の丸井裏にあるムトウは、美味しいコーヒーのお店として
コーヒー好きには知られていますが、
もしかして、そんな評判を聞いて、訪れたのでしょうか?

ガトーショコラ

僕がここに来るときは、中野の美容室で髪を切った時。
エチオピアのナチュラルと、ガトーショコラというのが定番です。
いつものように、ナチュラルの果実味、甘味を楽しんでいると、
右隣の女性が、焙煎機の横に置かれている麻の袋を指さし、
「この袋にコーヒー豆は、どのような状態で入ってくるのですか?」
と、ご主人に尋ねました。

「袋には生の豆の状態で入ってきて、それを、隣の焙煎機で焙煎します」
そして目の前の瓶に入ったコーヒー豆を見せて
「その焙煎の方法で、深く焙煎すると、このような濃い色になり、
 浅く焙煎すると、このような色になります」
と、ご主人。

「あまり詳しくないのですが、飲みやすいのはどれですか?」
「だったら最初は深煎りじゃなく、中煎りぐらいの、これとこれですかね」

懐かしい…。
このブログを始めたばかりの頃って、僕もコーヒー詳しくなくて、
同じような事を聞いていたなあ。

その時の記憶は鮮明で、板橋区の志村三丁目にある、
カフェ・ベルニーニに行った時の事です。
ハンドピックした雑味の無いコーヒーの味に驚き、
ご主人にあれこれ、コーヒーの事を質問攻めにしていました。
探したらやはり興奮してそのことを書いていました
2010年、8年前か。自転車はまだGIOSだったんだなあ。

さて、今度は左隣の女性。
注文したコーヒーを出された時
「ミルクはお使いになりますか?」と聞かれ、
「結構です」と答えた後に、しばらく考え込み、
「あの…。もしかして…。
 このコーヒーはミルクを入れた方が美味しいのでしょうか?」
と、尋ねました。

ご主人は、ちょっと慌てて
「ああ、ちがいます。一応聞いただけです」と答えました。

僕も隣にいましたけど、「美味しいんならその通りにしてみますけど」的な
殺気というか、探究心を感じました。

もう700軒以上カフェや喫茶店をまわっていますが、
こんなにコーヒーについて熱心に質問している所に出会ったのは初めて。
サードウェイブのブームの時にも、お目にかかりませんでしたが、
なんか、新たな波が起きているのでしょうか?
それとも、単なる偶然ですか?

■MUTO coffee roastery(ムトウ コーヒー ロースタリー)
■東京都中野区中野3-34-18
■営業:11:00~20:00
■定休日:木曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


東京カレー屋名店会(有楽町)

有楽町

お盆の帰省客を乗せた新幹線を見送りました。
ただ僕の場合、帰省というと東北新幹線であり、
乗るだけで郷愁がこみ上げてきますが、
東海道新幹線は旅行で使うのみなので、
どちらかというと、ワクワクを乗せて走る電車です。

さて、お盆休みも取れずにいますが、
旅行や帰省出来ない人達の為に、
各県のアンテナショップが集まっているのが、有楽町です。
自分の担当している番組で、
3時のおやつに全国の銘菓を食べるというコーナーがあり、
その買い出しにやってきました。

駅前の交通会館だけでも、かなりの県のショップが入っていて、
皆さんお忘れかもしれない、カーリング女子のもぐもぐタイムで、
一躍話題となったチーズケーキ「赤いサイロ」が
東京で唯一売られているのが、交通会館の「どさんこプラザ」です。
そんな事もあったなあとお思いでしょうが、
今も入荷すると瞬殺で売り切れる人気商品。
あったら北海道のお菓子として番組で試食会するつもりなのですが、
未だに買えていません。

全国銘菓というと、池袋西武、東武にも、
各県のお菓子を扱うコーナーがあるのですが、
今回扱う、石川県のお菓子は無かったので、
有楽町からすぐの銀座一丁目の
いしかわ百万石物語・江戸本店」に行ってきました。

イトシア

その帰りに寄ったのが、有楽町のイトシア。
有楽町には全国の物産が集まるアンテナショップがあると言いましたが、
こちらには、東京の有名カレーを、一軒で味わえるという
カレーミュージアム的なお店があるのです。

東京カレー名店会

地下一階の、東京カレー屋名店会というお店。
実は、昨年で10周年を迎えたお店で、意外と歴史があり、
かつては池袋西武にもお店があったようですね。
全然知らなかったのですが。

現在は、神保町の「エチオピア」「カーマ」「ペルソナ」
湯島の「デリー」、三宿の「ビストロ喜楽亭」と
5店舗のカレーを食べる事が出来ます。
このお店への加盟店は、もっとあるので、
もしかしたら、期間を区切ってローテンションしているのかも。

2店盛り

頂いたのは、2店舗のカレーのハーフ&ハーフが楽しめる2店舗盛りで、
エチオピアのチキン450円と、デリーのカシミール510円で、計960円。
手前が、デリーのカシミールで、
お店の方にも「辛いですよ」と言われましたが、
柏のボンベイのカシミールも食べているし、
江古田プアハウスの極辛カレーに慣れているので大丈夫。
自分的には、豊島園・食堂八のチキンカレー、
あれが、舌先が痺れるほど辛くて、最近では一番辛かったかな。
エチオピアのチキンは、味に深みがあって自分好み。

食べていて思ったのですが、これだけカレー食べ歩いていて、
自分好みの名店会を作るとしたら、
江古田「プアハウス」、上石神井「ふんだりけ」、要町「かえる食堂」
豊島園「食堂八」、高円寺「青藍」かなあ?今のところ。
まだまだ気になるお店ありますが、今のところの暫定ベスト5です。

■東京カレー屋名店会
■東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア B1F
■営業:11:00~23:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ