自転車でヒートテックは間違い

ヒートテック

よく初心者がおかす間違いの一つに、
寒いのでユニクロのヒートテック着て、サイクリングに出かけた。
…という物があります。

近所のスーパーへ自転車でなら、間違いではありません。
ある程度の距離を乗る「サイクリング」では、
ユニクロのヒートテックは厳禁です。

初心者の方に

「冬は中にヒートテック着るんですか?」

と聞かれたので、ハッとしました。
たぶん、そういう誤解をしている人多いんじゃないかと。
特に弱虫ペダルなんかから自転車を始めた人は、
初めて迎える冬でしょうから、こういう間違いを犯す人も多いかと思います。

コレ、冬の登山なんかの時にも、必ず初心者に注意する項目なんですが、

「ユニクロのヒートテックは、速乾性がないからダメ」

あくまでも運動する時という視点ですよ。

ユニクロのヒートテックは、レーヨンを多めに使っているのですが、
レーヨンは発汗が大量だと「吸水率が飽和」してしまう傾向にあります。
そして「乾くのが遅い」という特性があります。

最初の漕ぎ出しぐらいは、じんわりと汗をかくので熱いくらいなんですが
「乾くのが遅い」という特性がある為に、
汗をかきすぎると、濡れたままの状態が続き、
汗冷えを起こし、結果、体が冷えるという現象を起こします。

特に、ペダルを漕がない下りが続くと確実に汗冷えします。

登山の場合は、頂上で休んだり下山の時に、
濡れた状態になっている事が多い為に、汗冷えを起こして、
逆に体を冷やしてしまいます。

厳冬の冬山登山では命にかかわるのでヒートテック禁止が常識です。

ちなみに、富士登山で4回、初心者を連れて登っているのですが、
夏の場合は、コットンのTシャツとジーンズ禁止。
これも同様に、登っている時に汗をかいてしまい、
乾かないので、冷えてしまうからです。
夏でも富士山の山頂の朝は、冬なみの気候なんです。

なので、自転車に限らず、山岳、ウインタースポーツに使う
スポーツメーカーが開発している発熱アンダーウエアは、
必ず、吸着熱の他に、速乾性を備えた物となっています。

こちらは、自転車ウエアでお馴染みのパールイズミ「ヒートテックセンサー」
「ヒートテックセンサー」という名前なので混同されそうですが、
吸汗速乾素材「アクアステルス」を使うことで、
ウェア内部の蒸れを防ぎ、身体を冷やしにくくする効果も備えています。

このように、名前は似ていますが、スポーツ用のアンダーは機能が違います。

ウインタースポーツに強いミズノが出しているのが、ブレスサーモ。

登山に強いモンベルが出しているのがジオライン。

これらは速乾性も兼ねているので、
もし冬のちょとしたサイクリングに出かけるつもりがあるなら、
ユニクロのヒートテックではなく、
これらのスポーツ用のアンダーを1枚持っていた方がいいと思います。

あと良く勘違いしがちなのが、アンダーアーマー。
コールドギアが「冬用」
ヒートギアは、「夏用」なので、パッと見で勘違いしないように。

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

「耳をすませば」の自転車

耳をすませば

ひょんな事からジブリアニメの「耳をすませば」に登場する自転車の
実在するモデルを知る事になりました。

「アオバ自転車店へようこそ」というマンガの2巻の第一話、
「瞳こらせば」というお話し。
表紙を見て貰えばわかるように「耳をすませば」をテーマにしています。

スタジオミドリの「瞳こらせば」という設定になっていますが、
ジブリの「耳をすませば」をモチーフにしている事は間違いありません。

高校の学園祭で自主制作の映画を撮る事になり、
「瞳こらせば」の実写版を作ろうという話になる。
主役をつとめる事になった女のコは、
ママチャリじゃ雰囲気が出ないと、自転車屋さんに相談。
アニメの絵をそのお店のオジサンに見せると、
「この自転車は実在するよ」
と、自転車探しをする事になるというストーリー。

このマンガの作者「宮尾岳」さんのツイート。

スーパーライト

「ブリヂストン」の「スーパーライト」という自転車で、
1980年にグッドデザイン賞を受賞しているモデルです。

アルミフレームや軽合金パーツを大量に採用した自転車。
12.8kgと軽量設計車で、ダイカスト製法のフレームで、堅牢さも十分。

アニメ登場車は、ハンドルをカスタムにしているんでしょうね。
当時は少年マンガ雑誌には、自転車のパーツの通販があって、
いろんな形のハンドル売っていたもんなあ。
そんな風に自転車をカスタムするのが流行っていた時代でした。

「アオバ自転車店へようこそ」の中では、
見つけたのは1983年モデルで、内装3段ギアつきなので、
坂をすんなり登れてしまうので、
「耳をすませば」のように、シングルスピードに変えて、
必死に登るようにして、リアリティーを出すというシーンが。

ただ、1980年モデルは、元々シングルスピードなんだよな。
話しをドラマチックにする為に、あえて1983年モデルを選んだのかな?

耳をすませば

無粋ですが、念の為に言わせてください。
自転車で二人乗りするシーンが、青春で胸キュンと受けていますが、
道交法で決められているように「違反」です。

そしてこの画像の中にはあと2つの違反が。

無灯火と、右側通行「逆走」です。

このアニメの作画監督は、「茄子 アンダルシアの夏」の高坂希太郎さん。
自転車に詳しいのに、なぜ、こんなに違反を描いているんでしょうか?
宮尾岳の「アオバ自転車店へようこそ」の中でも、実写版を撮るにあたって
二人乗りをするというストーリー。
こちらも、自転車乗り。

青春時代の無茶を描く為のリアリティーでしょうか?
今は、これらの危険行為で、3年以内に2回検挙された場合、
安全講習の受講が義務づけられることになりますので、ご注意を。

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村