アンジュルム 武道館

武道館

アンジュルムは、いつからこんなカッコイイグループになったんだろう?
ハロプロをあまり知らない人の為に説明しておくと、
元スマイレージだったグループで、
3期が加入して9名になったと共に、改名してアンジュルムに。

今回が2回目の武道館ですが、前回よりさらにカッコ良くなっていました。

かつては「楽しい」がメインであり、踊りもバラバラで、
斜めのラインを作っても、デコボコみたいな、ゆるいグループでした。

自分が観た中で「変わったな」と、はっきり思ったのは、
2014年の「Hello! Project ひなフェス」でした。
「ミステリーナイト!」という新曲が発表されたのですが、
そのダンスやフォーメーションの精度が格段にあがっていたのです。

その後、ダンスの得意な3期を入れた事で、
さらにグループとしてのスキルが上がって見えました。
でも楽しさを忘れてはいない。
℃-uteと、Berryz工房の中間ぐらいの立ち位置ぐらいにいるんじゃないだろうか?

この日発表された新曲の「臥薪嘗胆」が、これまたいいのですよ。
ハロプロファンクというか、「大器晩成」の路線でありながら
モーニング娘。の「THE 摩天楼ショー」のように、
ホーンセクションを多用した、ブラコンのアレンジ。

しかし、アンジュルムは、最近、いい曲引くなあ。
こういうの℃-uteとかに欲しいヤツだわ。

さて、この日は、初のハロプロという女子を連れて行きました。
他のグループは観たことあるそうでアイドル好きなんですが、
ハローは観たことないというので、誘いました。
ちょうど、ぷっすまのアイドルダンス部で、
アンジュルムをやったのですが、それを見て、ライブを観てみたいと。

初ハローの感想が楽しみだったのですが、
オープニングアクトの段階から、
ハロプロは歌が上手いと、驚いていました。
確かに、Juice=Juiceとか、ボーカルグループとしてのレベルが上がってるし。

そして、アンジュルム。
田村芽実、絶賛祭り!

実は一緒に連れ行った女子は、音大出て、
バンドでドラムをやっているのだけど、
ドラマーから見て、リズムの取り方が素晴らしいと。
「後ノリだから、ブラックミュージックやらせたら最高だ」
「ドラム叩かさせたら、どんなリズム刻むか見える」
など、ドラマー視点で、誉める誉める!

実は、パフォーマンスヲタの自分も、田村芽実推しなので、
この反応は嬉しかったです。

そして、このコンサートでは、
卒業を発表した福田花音さんについても、触れなければならないでしょう。
今年11月29日の武道館公演をもって卒業。

昨年の春にモーニング娘。’14の道重さゆみ卒業発表。
昨年の夏にBerryz工房、活動停止発表。
そこからのスイッチの切り替えと、卒業までの加速を見てるけど、
本当に燃えつきるように、駆け抜けて行きました。
何かを決断し、ゴールを設定した人の凄さを見せつけられました。

そして福田花音さんも、もうすでにスイッチが入っていました。
燃えつきる為、大気圏に突入したのがわかります。
ここからのアンジュルムは、見逃しちゃダメです!

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

イニシエーションラブ

イニシエーションラブ

映画が終わると客席がざわつきました。
「え?何?意味がわからないんだけど」

たぶん、原作を読んでいない人達でしょう。
そういう意味では、

映像化不可能と言われた『イニシエーション・ラブ』がついに実写映画化!!

これには成功しているのでしょう。
ツイッターなどを見ても、高評価のツイートが多かったです。

ただ!これは原作を読んでいる人と、読んでいない人では、
大きく評価が変わる作品だと思います。

残り3行で全てが覆る

と絶賛された原作。

あの仕掛けをどう映像化するのか?という視点で見に行くと、
大きな肩すかしを食らう事になります。

え?まさかこの、チープな仕掛けじゃないだろうな?

でも、そのまさかでした。
一番騙されたのは、

「原作とは異なる衝撃のエンディング!」

そう予告編でうたっているのだけど、たいしてかわりません。

原作を読んでいない人にネタばらしをする為につけた、
おまけのようなエンディングの事を言っているのだと思いますが、
わかりやくしすぎてコントのオチみたいになっています。
なので、原作を読んだときの後味の悪さ、怖さが全て消えてしまっています。

まあでも、当然、初見の人が多いわけだし、
作品としては、十分インパクトを与える作品に仕上がっているのでは?と
思わせました。

ただ、原作を読んでいる人は、あせって観なくてもレンタルで十分だと思います。
ちゃんと自費で観たので、このぐらいの事は言わせて貰います。

たぶん、この時代を知っている人間で、しかも男だから、
映画に登場する懐かしのアイテムが、すぐに認識出来、
あれ?これ変わってるじゃんと、すぐに仕掛けがわかってしまいます。
そういう意味では、女性の方が騙されやすいかも。

そして、仕掛けを成立させる為に、
前半戦をコメディーよりもっと大袈裟なコント寄りの演技に演出しています。
そこで、いろんな演出をデフォルメして、仕掛けを隠そうという作戦。

後半線は徐々にシリアスにして、作品のクオリティーを取り戻そうとするのですが、
そんな構成の為、
コントチックに演出された前半の主役、前田敦子さんと、
シリアスに演出された後半の主役、木村文乃さんの演技力の差が激しすぎて、
ちょっと前田さんが可哀相。
前半と後半では、求められている演技の質が違いますからね。
意図がわからないと、単なるヘタな人に見えてしまいます。

今となっては笑える肩パット的ファッション、ソバージュ
80年代半ばの、バブル時代の品の無いファッションをまとい、
1986 OMEGA TRIBEの君は1000%とかの当時の音楽がかかり、
デフォルメされたコントチックな演技をするから、
当時を知る人間からすると、安手のカラオケビデオにしか見えません。

ビデオって!
カラオケがレーザーディスクだった頃のムービーのクオリティーって事です。

たとえばこれ、清純派イメージだった、若き宮﨑あおいとか、若き蒼井優とか
清純派で演技力ある女優が、さらっと前半戦をやったら、
もっと怖い映画になるんだろうなあ。

んーそうなると仕掛けが機能しないか。

…と、まあ、ありがちな原作厨、信者みたいになってしまったけど、
この作品においては、手品のタネを知っていて、
それでも騙してくれるんでしょ!とプラス1を期待して観てしまう作品なので、
え?まんま?と厳しくなってしまうのは、致し方ない事だと思います。

ただ、8割なのか、9割なのか、
原作を読んでいない人達が、まんまと騙されているので、
「映像化不可能」を「映像化させた」というのは、
ある意味正しいと思います。

原作を読んでない人は、観たら面白いと思いますよ。
シックスセンス的な、大逆転が待っています。

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村