ぎょうざの満洲(東長崎)

ラジオのリスナーのタイプって、大きく分けて2つに別れて、1つは自分たちの知らない事、言葉だけは聞いて気になってる物を、先取りして解説してくれるのを聞きたいという人達。サブカル好きなどに多いタイプですね。

もう一つは自分達の知っている話に、「あった!」「自分もやった」と共感したいタイプ。こちらはどちらかというと、懐かしい話をしたいタイプに多いです。

ただ、懐かしい話というと「昭和」というキーワードが出て来ますが、一番新しい昭和が昭和64年で、今から32年前。それより前の昭和話だと40才〜50以上の人しか知らない話になってしまい、オジサン、オバサンしか楽しくない番組になりがちなので、注意が必要です。

そこで、皆が知ってるけど新しい物という事で、チェーン店を取り上げる事があります。先日、番組で取り上げたのがローカル発のチェーン店の特集。その中でも、埼玉発の「ぎょうざの満洲」が、コロナ禍で苦しむ飲食業界の中で、業績を伸ばしているというニュースがあり、飲食に詳しいライターの方と電話を繋いで、色々と教えて頂きました。

カフェじゃないんですが、話が面白かったので、こちらでも紹介する事に。

出店の条件が、家賃の上限が坪2万円という事で、元々、比較的家賃の安い私鉄沿線に進出しています。江古田の近辺でいうと、椎名町、東長崎、千川という感じ。また割と、近くに店を集める事で、セントラルキッチンからの配送の手間を減らし、材料や商品が足りない時には、近隣の店舗同士で融通し合い、食品ロスなども防ぎます。

それと当たっているのが健康志向です。この「チャーハンと餃子」にどんな秘密があるのかというと、チャーハンは玄米と白米が半々なのです。「金芽ロウカット玄米」というものを使い、表面の固い部分を取り除いているので、食感は言われなければ玄米が入っているとは気づきません。

見た目もこのような感じで、一見わからないのですが、よく観察すると白っぽい粒と、茶色っぽい粒が入り交じっています。

しかしメニューではしっかり玄米売入りをアピールしているのです。玄米は白米よりカロリーが30%抑えられているのですが、これが女性に人気というより、メタボ気味で罪悪感のある男性に人気があるのだとか。そういう僕も30円引きの小盛りにしてもらいました。このぐらいの料で十分。

玄米を入れる事でパラパラになりやすく、玄米特有の香ばしさも際立ちます。チェーン店のチャーハンにしては美味しいと思います。

定食につくライスも白米と玄米が選べ、約4割が玄米を選ぶそうです。といっても「玄米」を免罪符に大盛を頼む人が多いそうなんですが。普通盛りの玄米ライス単品が180円なのに対し、大盛は240円。大盛に誘導する事で、客単価も上がります。

そして、コロナ禍の前から、全売り上げの3割がレジ横の冷蔵庫で売られいている生餃子。ファミレスのロイヤルホストもレジ前の冷凍食品「ロイヤルデリ」をアピールしはじめましたが、ぎょうざの満洲は、コロナの前からその戦略。

コロナ禍になって急にテイクアウトを始めたお店も多いですが、元々テイクアウトの割合が多いのです。しかも、注文のタッチパネルでは、テイクアウト餃子の情報が度々流れ、料理を待っている間どに、すっかり洗脳されそうに。

さらに、元々飲み客を当てにしておらず、閉店は通常21時30分。緊急事態宣言の8時閉店でも、ダメージは最小限に抑えられました。

恐るべし先見性「ぎょうざの満洲」ですよ。

■ぎょうざの満洲 東長崎南口店
■東京都豊島区南長崎5-28-10 ロイビル 1F
■営業:
11:00~21:30(月〜土)
11:00~21:00(日)
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

コロナ禍になって同様の戦略と取り始めているのが、大阪王将。こちらも最近、東長崎に出店しました。江古田を飛ばして桜台にもありますね。

こちらもコロナ禍になってから、新宿、渋谷、池袋などターミナル駅への出店をやめました。ターミナル駅の店舗は、ちょいおしゃれ中華的だったのですが、私鉄沿線の駅は黄色と赤の街中華カラーの店舗で、家賃を抑え、お安いイメージで、テイクアウト餃子を売り物に。夕方になると、東長崎も桜台も、お店の前に行列のようにテイクアウト待ちのお客さんが、たまっていますもんね。

こういう話をラジオで取り上げていたら、餃子やチャーハンが食べたくなったというリスナーがお店に飛び込み、番組のTwitterのタイムラインにチャーハンと餃子の写真を投稿。いい意味で飯テロが出来ました。

チャーハン&餃子、食べたくなりました?

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

ロイヤルホスト 江古田店(新江古田)

ファミレスの季節のスイーツは、シャインマスカット派と栗派に分かれていますね。

デニーズ、COCO’S、ジョナサンは、シャインマスカットのパフェ。まあ、ぶどうの旬を考えると、途中で栗とかモンブラン系にスイッチするのでしょうが、ロイヤルホストは夏のメロンから、ぶどうを飛ばして一気に秋の栗のパフェにスイッチしました。

名作と名高い栗のパフェが、9月に入り登場しています。

渋皮栗とほうじ茶のブリュレパフェは、1,078円(税込み)

毎年恒例の秋のパフェなんですが、去年との違いは、グラスのトップに栗の甘露煮そのままではなく、チョコレートでコーティングされて毬栗に見立てた物が乗っているところ。

クレームブリュレをパリっと割って登場するのが、モンブランクリーム、マロンアイスと、栗の味をリレーする濃厚ゾーンが続き、飽きないようにどうやって変化つけるんだ?と思ったあたりで、まずは食感を変えるピーカンナッツ。今年は大ぶりなのを3つ配置。ねっとりとしたマロンから、ザクザクとした食感に変わるのですが、ナッツなので、濃厚さはリレー。

その下の果肉入り赤すぐりソースの酸味で、濃厚さが続いたのを一旦断ち切り、リフレッシュ。さらにホイップクリームで、完全にリセット。

濃厚が続いた所で、酸味というパターン、去年の目白のデリーモのモンブランパフェだと、モンブランの濃厚な栗が続いた後で、その下にナガノパープルのジェラートを隠してあり、リフレッシュさせていました。

「濃厚が続いたら、酸味が来る」これ、パティスリー系のパフェの鉄則なので、覚えておきましょう。ロイヤルホストはファミレスなのに、パティスリー系のクオリティで来るので、さすがです。

後半は、ほろ苦さの出たほうじ茶ゼリーと、カットされたマロンで、和の味わいでフィニッシュ。

このクオリティをほぼ1000円で食べられるなんて、やはりロイヤルホストは凄い!

レジの前には、ロイヤルホストの味を家庭でも楽しめる、冷凍食品の「ロイヤルデリ」が売られているのですが、僕の前にお会計している奥様は、大量に買い込んでいました。若干、商品がスカスカ気味なのは、そのせいです。

僕もジャワカレーや、カシミールカレーを時々買っています。もちろん、お値段はスーパーのレトルトよりもお高いんですが、味もレトルトの数段上です。スーパーの冷凍食品に飽きた方、ぜひ、一度お試しあれ!

■ロイヤルホスト 江古田店
■東京都中野区江原町3-33-10
■営業:9:00-24:00(緊急事態宣言下で、8:00〜20:00)
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ