トレックス トラノモンカフェ (虎ノ門)

シェアサイクル

前から試してみたかったシェアサイクル。
スマホからの事前登録が必要なのですが、
一度、登録してしまえば、簡単に貸し出し、返却ができるという物。
料金は、30分ごとに150円。
電動アシストなので、坂道があっても大丈夫です。

港区、渋谷区、新宿区、文京区、
中央区、千代田区、江東区、品川区、大田区、
ポートが色んな所にあり、好きな所に返却出来ます。
今回は、新橋で借りて、色々寄り道しながら
夜のネット放送の仕事場である赤羽橋まで向かう事にしました。

利用方法は、こちらので動画でチェック!

シェアサイクル

実際に港区では、かなりこのシェアサイクルが浸透しています。
写真に写っている3人とも、シェアサイクルで走っています。
虎ノ門ヒルズ周辺は、新橋からも虎ノ門からも、歩くと距離があるので、
虎ノ門ヒルズ周辺で借りて、新橋駅周辺に帰すとか、
会社員の間でも、普通にシェアサイクルを使っている人が多いです。
新虎通りも、歩道に自転車通行帯が整備されていますし、
これは快適ですよね。

バイシクルコーヒー

途中、バイシクルコーヒーのあった場所は改装中。
お店自体は、金町に移転したみたいです。

トレックス

その代わりに、新しい自転車ショップ+カフェの
チャリカフェが出来ていました。
「TREX TORANOMON CAFE」
トライアスロンショップの「メイストーム」が、
ショップとカフェ、そして外国人向けのサイクルツーリズム、
自転車でめぐる東京ツアーの拠点として作りました。

実際に、自転車+外国人観光客というのは、人気を呼んでいて、
例えば、シェアサイクルを使ったツアー、
Cycling HolidayTokyo も、人気を呼んでいます。
自転車でめぐる東京の楽しさは、
地下鉄移動という固定観念のある日本人より、
外国人観光客の方に、先に知られていくのかもしれませんね。
東京オリンピックまでには、さらに充実していくハズ。
豊島区もやってくれたら、山手線内は、自転車移動が楽になるのに。

自転車屋

ファクトリーの方は、自転車の販売や整備、フィッティング、
またトライアスロン知識の案内もしてくれます。
さらに、東京サイクリングのコンシェルジュも。

ローラー

店内には、パワーメーターを備えたローラー台があり、
20分の測定でパワーを調べ、
月間チャンピオン、年間ポイントチャンピオンには
オリジナルプレゼントもあるそうです。

カフェ

そのファクトリーの隣にあるのがカフェ。
バイクラックがいっぱいあるので、グループで来ても大丈夫。
日曜日のパレスサイクリングの後なんかに寄るのにちょうどいいですね。

店内

お店は、朝、昼、夜でメニューが違って、
夜は、ダイニングとなり、飲み屋メニューでした。
朝は、1000円で食べ放題のブレックファスト。
昼は、豚の生姜焼き定食。
夜は、sake BARとなり、おつまみ。

僕が入った時は、saka BARモードになっていたのですが、
カフェ使いのつもりで入ったので、選択にちょいと困りました。
この後、仕事だし、自転車なので飲むわけにもいかないし。

玉子かけご飯

その中から選んだのは、玉子かけご飯400円をベースに
つくね500円を組み合わせて、どんぶりの上でほぐし、
焼き鳥親子丼風にアレンジしました。

■トレックス トラノモンカフェ (TREX TORANOMON CAFE)
■東京都港区西新橋2-17-4
■営業:
7:00〜11:00(ブレックファスト)
11:00〜15:00(ランチ)
15:00〜23:30(sake BAR)
10:00~20:00(土曜)
10:00~18:00(日祝)
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

東京タワー

その後、東京タワー周辺を観光して、赤羽橋のポートに返却。
約1時間半のポタリングで、お値段450円。
家からの都心までのポタリングだと、ハードル高い人多いでしょうが、
新橋から浜離宮まわって、築地に行って食事とか、
これまで歩いて観光していたコースを、気軽にサイクリング出来ます。

港区、渋谷区、新宿区、文京区、
中央区、千代田区、江東区、品川区、大田区、

この中だったら、自由にポートを組み合わせてサイクリング出来ます。
豊島区も始めてくれないかなあ。

Pocket
LINEで送る

カネコ(虎ノ門)

カネコ

お店を巡っていると、そこでの発見がつながる事がある。
…というのは、一つ前の記事で書きましたが、
このお店との出会いが、ビビって入るのをためらっていた、
目白のお店につながる事になるとは…。

虎ノ門の路地裏にあるKANEKO。
虎ノ門界隈は、早く閉まってしまうお店が多く、
18時前後は、カフェの陸の孤島に。
このお店も17時閉店なので普段なら無理なんですが、
一つ前の収録が早く終わったので、時間つぶしにやってきました。

店内

この付近のサラリーマンやOLさんは、
スタバなどのチェーン店に行くか、虎ノ門ヒルズに行くかで、
雑居ビルの2階にある喫茶店は、スルーされているので
実にのんびりとしたムードです。
喫煙可でハラハラしていたのですが、
サラリーマンは来なくて、定時退勤したであろう、
年齢高めの(余計なお世話だ)OLさんが、のんびりお茶していました。

シンフォニー

頂いたのは、シンフォニー、560円。
シンフォニーとはなんぞや?というと、
上からコーヒーゼリー、ホイップクリーム、コーヒーゼリー、バニラアイス。
コーヒーゼリーに自信があるのか、通常のコーヒーゼリーもあるのですが、
その豪華発展版がシンフォニーです。
チョコレートパフェや、フルーツパフェほど甘くなく、
黒、白、ベージュとモノトーンに近い層で、
あまりインスタ映えもしない、男のためのデザートという感じ。
でも、この甘く無い感じが好きです。

■カネコ (KANEKO)
■東京都港区虎ノ門1-8-4 虎ノ門オーディーエービル 2F
■営業:10:00~17:00
■定休日:日祝
場所はこのへん

虎ノ門

虎ノ門を突っ切る通称マッカーサー道路と呼ばれる環状2号線。
太平洋戦争に勝った米軍GHQが、
アメリカ大使館から竹島桟橋までの道路を計画していると噂され、
この道の計画をマッカーサー道路と呼んで来たのですが、
何の根拠も無く、ただの都市伝説。

東京オリンピックの選手村などが出来る、
豊洲方面への接続路として整備されているのですが、
道路を作るに当たり、この付近にあった雑居ビル等を、軒並み潰しました。
その道の真ん中にあったのが、蔦の絡まる「般若」という喫茶店。
そのお店を師匠とし、親戚筋に当たるのが、
この日訪れたお店、カネコだという事がわかりました。

看板

道路拡張工事で建物を潰された「般若」は、
しかたなく、実家を改装し、新たな喫茶店を作ったのだそうです。
それが、目白にある「般若」。
看板も当時の物を使っています。

般若

自転車で文京区方面に行った帰りは、
自転車乗りの裏道として、よくこの前を通っていたのですが、
「般若」という名前と、その雰囲気にビビって入れずにいました。
だけど、カネコの親戚筋とわかっただけで、急に親近感。
今度入ってみようと思います。

しかもブログでは順不同になっていますが、
MACのphotoアルバムの日付を見ると、
この般若の写真を撮った後に行ったのは、
元あった場所の近くの喫茶店、新橋ヘッケルンでした。
再開発が進む虎ノ門・新橋界隈で、残れたお店と、移転したお店。
それを知らずに、数日の間に両店を目にしているのですね。
そして、その事実が判明したのが、3年後。
人は気づかぬドラマを持っていますね。
こういうのが後で発覚すると面白いですね。

Pocket
LINEで送る