デコボコ・カフェ(保谷)

たぬの湯

なんか視線を感じる…という事があります。
この時もそうでした。

石神井公園から旧早稲田通りを保谷方面へ自転車を走らせていると、
住宅街の奥から力強いオーラのような物を感じました。
ふと目をやると、立派な銭湯の建物がドーンと、その存在感を示しています。

Uターンしてその前へ。
「たつの湯」という銭湯でした。
破風造りの銭湯は、神社でもお参りしているような、厳かな気分になってきます。
そして、眺めているうちに何だか顔のように見えて来ました。
スターウォーズの帝国軍、ダースベイダーとかストームトルーパーみたい。
顔のように見えたから「視線」と感じたのでしょうか?

 

看板

旧早稲田通りを道なりに行くと、保谷の駅前に到着。
その保谷駅南口の道路沿いに、お目当てのカフェの看板がありました。
お店の名は、Decoboco cafe(デコボコカフェ)。

デコボコカフェ

道路から車の駐車場3台分ぐらい奥まった所に、建物があります。

なぜ、このここに来てみたかったというと、
実は、自転車屋さんが経営するお店だったからです。

アサノサイクル

かつては、現在カフェになっている所で、自転車屋を営んでいたのですが、
三代目になってカフェに商売替えをしようとした所、
自転車の修理は続けて欲しいと、お客さんからの要望があったのだそうです。
お爺ちゃんの代から買ってくれた人達がいるので、自転車の面倒はみようという事で、
カフェの脇のスペースで、自転車のメンテナンスなどをする事に。
カフェ営業していると「自転車パンクしました」と持ってくる人もいるそうです。

現在は自転車を並べて売ったりはしてませんが、注文販売はしているとの事。
とは言っても、昔から保谷に住んでいる人でなければ、
ここが自転車屋さんだとは気づかないでしょうね。

でも、自転車乗りなら、ぜひ覚えておいて欲しいカフェです。

スパイシーキーマカレー

さて、頂いたのはスパイシーキーマカレー、880円。
ドリンク付きでこのお値段だったので、アイスティーにしました。
さらにプラス100円でデザートもつけられるのですが、
ダイエット中だったので、そっちは我慢。

にしても、これで880円は安い。
ライスは黒米入りだし、ワンプレートといえど、サラダもついています。
カレー自体も、こくがあって美味しいし、さらにドリンク付き。
最近、セットにすると1500円近くいくお店が多いだけに、これは嬉しい。
かなり得した気分。
地元の江古田もそうだけど、西武池袋沿線は物価が安いですね。

■decoboco cafe(デコボコカフェ)
■東京都西東京市東町3-11-22
■営業
11:30〜15:00(cafe)
18:00〜23:00(bar)
■定休日:日祝、第3土曜
場所はこのへん
お店のサイト

保谷駅

ところで、保谷といえば鉄ヲタの聖地でもあります。
かつてここには、保谷車両管理所がありました。
車両基地と、鉄道員の養成所などもあった為、敷地が広く見晴らしがいいので
絶好の撮影ポイントとなっています。
こんな風にメーテルが描かれたスリーナイン号が停まっていたり。

歩道橋

歩道橋の上には、ほら、やはり先客がいらっしゃいました。

SL

元車両基地のあった向こう側には、シートをかぶった変わった形の物体が!
西武鉄道5号機関車というSLと、E12という小さな電気機関車だそうです。

クロモリというクラシカルな自転車に乗っているせいか、
こういう古い乗り物には、なぜか親近感を覚えてしまうのでした。

地図

自転車で都内カフェ制覇の旅。
西東京市制覇!

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!→人気ブログランキングへ  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村